2017年5月

残りの大学生活で

こんにちは!

いつも小西ゼミのブログをご覧いただきありがとうございます。

小西ゼミ4回生の村上夏希です。

 

今回は残りの大学生活でやりたいことについてお話したいと思います。

私が残りの大学生活でやりたいことは、自分が今まで行ったことのない国々に行ってみることです。

 

私は将来、教員として働きたいと考えています。もし自分が教員になったら、世界の文化や政治、現在の世界が抱えている問題などについて教える機会があると思います。その際に、私は自分の目で見て感じたことを、自分の言葉で生徒に伝えられるような教員でありたいと考えています。実際に様々な国を訪れて、その国の価値観に触れ、ニュースで伝えられる情報だけでは感じられないことを学びたいなと思っています。

 

私が初めて訪れた途上国はフィリピンでした。今までの私のフィリピンのイメージでは、国民のほとんどが貧困で苦しんでいるんだろうと勝手に思っていました。しかし、実際に訪れてみると、貧富の差が著しいという問題を抱えた国だということが分かりました。きれいな服を着てお菓子を買ってらえる子どもと、ボロボロの服を着て今日食べるご飯もままならない子どもがいるという厳しい現状を目の当たりにしました。その中で自分の無力さや、逆に自分達にしかできないことがあるんだということに気付くことができました。

 

この経験から、大学生の間に自分が行きたいと思った国に行って、もっと自分の視野を広げ、自分のこれからに活かしていきたいと思いました。フィリピン以外の途上国や先進国など、行きたい国はたくさんあるので、残りの大学生活の中で行けたらいいなと思います。きっと自分のやりたいと思ったことに優先的に時間を使うことは、社会人になったら難しくなると思います。これを読んでいる学生の皆さんには、時間がある学生の間に自分が行きたいと思った場所に、積極的に行ってみてほしいなと思います。それが旅行でもボランティア活動でも、きっと自分にとっていい経験になると思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

小西研究室のホームページはこちらから↓

http://www.konishi-kg.org/language.html/

 

Hello everyone!

Thank you for reading our blog.

I’m Natsuki Murakami, 4th year Konishi seminar student.

 

Today, I will talk about what I want to do in the rest of my college life. It is to go to countries that I have never been before.

 

I want to work as a teacher in the future. If I become a teacher, I think that there is an opportunity to teach about the culture and politics of the world, the problems that the current world has. At that time, I would like to be a teacher who can tell students in my own words what I felt with my own eyes. I really want to visit various countries, to touch the values of the country, and to learn what can’t be felt by just the information  conveyed in the news.

 

The first developing country I visited was the Philippines. In my image to the Philippines so far, I thought that most people would suffer from poverty. However, when I actually visited, I understood that it was a country that had the problem of the difference between rich and poor. I saw a tough situation that there are big difference between children who can wear brand new clothes and buy sweets and children who are wearing tattered clothes and don’t keep today’s food.  Among them, I was able to notice my helplessness and what I can only do for them.

 

From  this experience, I wanted to go to countries where I’m interested among college student, expand my horizon and make use of it for my future. There are many countries I want to visit, such as developing countries other than the Philippines and developed countries, so I hope that I can go in the rest of my college life. I think that it will be difficult to assign time to what I would like to do preferentially when I become a worker. For students who are reading this, I would like to  you to go positively to the place where you want to go, among the students who have time. I think that it will be a good experience for you whether it is a trip or a volunteer activity.

 

Thank you for reading!

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2017/5/29 12:40

いつでもどこでも連絡がつく時代に、想うこと。

こんにちは。
いつも小西ゼミのブログをご覧いただきありがとうございます。
小西ゼミ三回生の浅井沙也佳です。

突然ですが皆さん、朝の連続テレビ小説をご覧になったことはありますか?

今回は私の日課である
朝の連続テレビ小説から学んだことをお伝えしたいと思います。
今当たり前に「人と連絡がつく」ことは、当たり前ではないのだ!と気づかされた、印象深かった回がありました。

現在放送中のドラマは、有村架純さん主役の「ひよっこ」です。
時代背景としては、東京オリンピックが始まる前。

物語の当初、主人公のみよ子は、家族と茨城に住んでおり、みよ子のお父さんは東京の建設現場で出稼ぎをしていました。(現在みよ子は東京で出稼ぎしています)

ある日、みよ子は白黒テレビで東京の建設現場で死亡事故が起きたというニュースを見ます。
不安になった家族は、家に電話はないので遠くまで電話を借りに行き、1時間も返答を待っていました。

お父さんは事故に巻き込まれておらず、安堵した家族でしたが、
私はこのシーンが非常に印象に残っています。

今は、携帯電話やSNS、メールなどで
いつでもどこでも誰とでも連絡がつきます。
必要なことも、そんなに必要ではないことも、友人と連絡をしたりします。

会いたいときに人に会えますし、調整も簡単です。

しかし、それが私自身、『当たり前になってしまっていた』ことに気づきました。
私たちの生活は、今まで技術を発展させてきた人々の努力の結晶であり、連絡したいときに連絡ができることは当たり前ではないことなのだと思いました。

それと同時に、離れた距離や連絡ができない時間に想いを馳せるのも、
人と人との関係を強くするものなのかもしれないと思いました。

ぜひ皆さんも、身の回りにある、当たり前のもの、例えばパソコン、テレビなどが「もしも」なかったら、、と考える時間を持ってみてください。
新しい気づきが生まれるのではないかな、と思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

小西研究室のホームページはこちらから↓
http://www.konishi-kg.org/language.html/

Hello, everyone.
Thank you for visiting our blog.
I’m Sayaka Asai, 3rd year of Konishi seminar student.

Have you ever watched “Renzoku Terebi Shōsetsu” which is a serialized Japanese television drama in the mornings by Japanese public broadcaster NHK.

My daily routine is watching this drama, so I would like to tell you what I have learned from this drama. One day, I was grateful to contact tools.

From this April, new drama has started the name is “Hiyokko”, and it plays about life in the last Tokyo Olympic.

The beginning of this story, a main character Mineko has lived in Ibaragi with her family and her father has worked in Tokyo for his job. (Now Mineko lives in Tokyo for her job)

One day, Miyoko watched sad news that there was an accident at construction site in Tokyo. It was her father’s job.

Miyoko and her family went to the house which has call and they called her father. It took one hour to call back from her father.

Although they were relived, I still remember this scene.

We have many kinds of contact tools such as smart phone, facebook, LINE and e-mail.
By using them, we sometimes talk to friends about not so important things.
It is sometimes very useful .

However, until 60 years ago, it was very difficult to talk with people who live in different places. We have to appreciate to the technology.

I recommend you to think about “If there were no technical things such as PC, TV, how I feel?”

Thank you for reading.

20歳以上の特権

 

こんにちは、小西ゼミ4回生の巖本敏熙です。

ブログをお読みいただきありがとうございます。

 

20歳以上の皆さんはお酒は好きですか?お酒を飲みながら人と話をするのは楽しいですよね。お酒は適度に飲むことで、食欲増進、ストレス緩和、人間関係をスムーズにする効果などがあるそうです。私は一人で飲み歩くことが大好きです。入ったことのないお店、一人でゆっくり飲むことができるお店、ワイワイガヤガヤお店全体が一体感に包まれる楽しいお店、一人でなりふり構わず飛び込みます。

 

私、4回生ということで、就職活動の波にもまれています。意外とこの趣味が、私の就職活動をするときに自分の考えを支えてくれていると感じます。お酒を飲みに行くお店にはそれぞれの違う良さがあり、そこに飲みに来られるお客さんも多種多様です。サラリーマン、大工、ダンサー、お坊さんなどなど、本当に個性豊かな方々がおられます。仕事の話を聞かせてもらったり、プライベートの愚痴を言い合ったり、自分の生活に深く関わっていない人だからこそ話せることもあります。

 

お客さんたちや店主の考え方に触れることで、新たな視野が広がることがありますし、自分の目指していることを言葉にして、話すことで他人の意見を聞くことができ、また、再確認することができます。学生に囲まれ、そのコミュニティの中で過ごしているだけでは得られないことがたくさん得ることができます。その日にみんなで仲良くなって、また明日からそれぞれの場所で頑張ろうなんて恥ずかしいセリフも、お酒がある席では言えちゃったり・・・

しかし、それらも明日から頑張ろうというモチベーションに繋がります。

 

一人でふらっと知らないお店に入るのは結構いいものですよ。一歩踏み出すだけで知らない世界が広がるかもしれません。何かうまくいかないことがあった時、知らない場所で知らない人と話してみると何かヒントが見つかるかもしれません。飲み過ぎにはご注意を。

 

 

 

Hello everyone

Thank you for reading our blog.

I’m Toshiki Iwamoto, 4th year Konishi seminar student.

 

Do you like drinking? I think it is really fun to talk with somebody with drinking alcohol. I often go to drink alone. Moderately drinking effective promotion of appetite, stress relief, making human relations good and so on. I enter pub alone.

 

I suffer from job haunting because I’m 4th year student. This hobby support my thinking centering. There are variety guests, businessman, carpenter, dancer, Buddhist monk and so on. They talk about their work. We even talk private. We can say these without caring about it because they are strangers.

 

Listening to opinions of owner and variety guests broaden my horizons and can brush up my thinking. I can get many things cannot get from fellow-student. You may say embarrassing if you drink and become friends. These fanny memories let me get motivated tomorrow.

 

I think it is better thing to drinking alone more than you have imagined.Your vision may broaden by taking the first step. You should talk with strangers in strange place if you feel boring about your life. Don’t drink too much!

 

 

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2017/5/11 0:08

私のお気に入りの吹奏楽曲

こんにちは。小西ゼミ4回生の澁谷航です。

私は中学からずっと吹奏楽を続けていますが、皆さんは吹奏楽についてどのようなイメージをお持ちでしょうか?

明るく楽しいJ-pop曲や、野球の応援歌などを演奏してばかりいるイメージがあると思いますが、実は吹奏楽曲の中にも様々なジャンルがあり、今回は私のお気に入りのレクイエムをご紹介したいと思います。

タイトルは『闇の中のひとすじの光』です。この曲はデイビッド・ギリングハムによって作られました。

1995年4月19日、アメリカ・オクラホマ州の州都「オクラホマ・シティ」にある9階建ての連邦政府ビルが爆破され、託児所の幼児19人を含む168人が死亡、数百人が負傷する大惨事が発生しました。この曲は、事件の被害者へ捧げるために作られました。

この曲の好きな理由は、情景描写が非常に細やかなところです。

導入部分はこれから来る悲劇をまだ知らないオクラホマの日常の音や車の流れを、jazzやwestern musicなどを取り入れて表現しています。ドラムやサックス等が爽やかなメロディーを奏でる曲中で最も華やかな部分です。

そこへ不穏な空気が流れ始めテロが発生し、不協和音や金属音が鳴り響く中盤が始まります。サイレンや爆発の音などを見事に再現した演奏は鳥肌が立ちます。

最後に被害者への弔いの美しいメロディーが流れ始め終わり迎えます。激しい中盤部とは一変し、フリューゲルホルンやイングリッシュホルン、フレンチホルンをメインとした豊かで暖かなハーモニーと共に、最後は一筋の光が差し込むかのようなロングトーンで曲は終わりを迎えます。

日本に住む私たちにはあまり知られてない事件ですし、この曲を知っている人は多くないと思います。本当に名曲だと思うので、ぜひ1度この曲を聴いてみてください。

『闇の中のひとすじの光』↓

小西研究室のホームページはこちらから↓
http://www.konishi-kg.org/language.html/

Hello everyone.

Thank you for reading our blog.

I’m Wataru Shibuya, 4th year of Konishi seminar student.

Today, I’ll introduce my favorite music ”A light Unto the Darkness” by David Gillingham.

The song is requiem to the victims of the Oklahoma City bombing disaster on April 19, 1995. I can imagine the scene of Oklahoma by listening this song. That’s why I like it.

The song is in three main sections.

The first section deals with the everyday routine of Oklahoma City which is completely unsuspecting of the terrible fate which is knocking at the door. The cosmopolitan nature of Oklahoma City is suggested through the music with references to the hustle and bustle of traffic, country western music, jazz music.

The second section express the disaster itself with loud explosive articulations in the percussion, driving rhythms and unyielding dissonance.

The final section begins with a lament by the English horn and a mournful call by the flugelhorn followed by a warm, reassuring melody which culminates the movement. I think last tone is like a light unto the darkness.

This song is really great so please listen it.
Thank you for reading.

”A Light Unto the Darkness”↓

URL for the Konishi seminar’s homepage. Please visit us. ↓
http://www.konishi-kg.org/language.html/

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2017/5/1 23:19

プロフィール


NAOMI KONISHI
研究分野のキーワード 国際協力、国際人事政策、能力開発・キャリア開発 研究内容 私は着任前、国内の外資系企業及び国際機関にて、組織の人事政策や人材戦略に基づく人事管理業務に携わっており、...

カテゴリー一覧