2017年6月

“Part-time Job is not just mean that.”

こんにちは。

いつも小西研究室のブログをお読みいただきありがとうございます。

今回は、4回生の立川愛夕が担当させていただきます。今回は、私の大学生活の中でも継続してきたアルバイトについて執筆します。

私は、高校卒業時から現在に至る約3年半の期間、同じアルバイト先で働かせていただいています。スーパーの中にある精肉店で、お肉の量り売りの対面販売をしています。業種でいうと接客業になります。昨年には、今まで設けられていなかったアルバイトリーダーという役職を任命されました。その約3年半という私のアルバイト生活の中でも、特に私が学んだことについて執筆します。

①物事の伝え方

伝え方というのは、お客様に対しての商品の説明の仕方などは勿論、アルバイトリーダーとして社員さん・パートさん・アルバイトの仲介役としてそれぞれへの伝え方の難しさを痛感しました。年下のアルバイトに指導する時は、高校生も在籍しているので、言葉を噛み砕いて分かりやすく説明し、理解できているのか確認を常に取っています。特に、アルバイトからの声を聞くことが多い立場の私は、どのように上の役職である社員さんに対してアルバイトが言いにくい事柄について柔らかくも根幹が伝わり、アルバイトの意見であっても理解してもらえるのかと考える機会が多く、伝え方次第で物事の行き先が決まるといっても過言ではない程、重要なものであると学びました。

②積極的な提案

提案の重要性は、アルバイトで初めて実感したことです。今まで、ゼミ活動などでも、思いついたことは出来るだけ提案していましたが、なかなか形になることはなく、新たな提案をする重要性はあまり感じていませんでした。しかし、その考えを変えたのはアルバイト先の店長の何気ない一言でした。それは、”やってみよう”という言葉。その言葉をきっかけに店長は、私のお店に貢献したいという気持ちと提案を汲み取ってくれています。その一つに、現在も毎月恒例化している”ボード作り”の実現化があります。提案のきっかけとしては、元々、私は色紙やアルバムのデコレーションやデザインすることを好んでやっていたので、ボードで商品の宣伝をしたり、手作り感からお店の華やかさや温かさを感じられるのではないかと考え提案しました。毎月作成するにあたって、私は、”お客様が私の作成したボードを見て少しでも笑顔になったり、明るくなれるそんなきっかけづくり”を目指しています。ボードを見て話しかけて下さるお客様や、家族同士で可愛いねと笑顔で話している姿を見ると積極的に提案し、時には失敗することもあるけれど、やってみる、提案することは重要なのだと感じました。

これら2つが私が約3年半のアルバイト生活の中で学んだことです。皆さんは、アルバイトを通してどのような経験をされましたか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

Hello.

Thank you always for reading our blog.

I’m Ayu Tatsukawa, 4th year of Konishi seminar. In today’s blog, I would like to write about the part-time job I’ve been continued in my university life.

I’ve been working at the same place since high school graduates. I’m doing a service trade at the supermarket’s meet shop that measures and sells meets. Also, my boss made a part-time job leader for me which had never made. Today, especially I would like to write about what I learned from my part time job.

 

①How to convey about things

It means not only for customer to explain about products, but also for workers. This is because I’m a part-time job leader and should keep valance 3types of workers; employees, part-time workers including students and house wives. For student worker’s teaching, I always try to explain clearly by transforming of the word, because there are some workers in the high school. Especially, I often heard some opinions from student’s workers and need to think about how to tell employees. It needs to be clear but softy employees could understand even I said to them. Through the time I think about it, I felt how to convey is very important that could connect to the direction of the thing.

 

②Constructive suggestions

I learned the importance of suggestions for first time at the part-time job. I always give opinions in the seminar class, but I didn’t feel in that way before. However, at the part- time job, my suggestions executed just one word from my boss, “Let’s try that”・ Then, one of my suggestions is making a decorated board and try to make store better. From that time, that became a customary board. Because I like to decorate in the album or large square poetry card, I write them every month. I put thought into this board that this could make customer’s smile or feel better for a day. I thought giving a suggestion actively is very important even it could be a failure. This is because through this experience, I could see family is talking about the board with a smile or sometimes customers ask about that I can feel happy for making it.

Those two are what I learend from my part time job. How about you? What experiences do you have from your part time job?

Thank you very much for reading.

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2017/6/22 2:16

残りの学生生活

こんにちは。

いつも小西ゼミのブログを読んで下さり有難うございます。

小西ゼミ4回生の本江文乃です。

 

今回は私が残りの大学生活でやりたいことをお話したいと思います。

 

それは、海外や国内の未だ行ったことのない場所へ行くことです。

 

現在就職活動をしており様々な企業の方とお話をする機会があります。CMでよく見る企業も中身は全く知らないもので、日々新しい発見ばかりです。実際に行ってみなければ、話してみなければ分からないことだらけだなと感じます。

 

私は普段部活動に週に5回取り組んでいるので、週に2回のオフはどこへも行かず家でゆっくりすることが多いです。それも私にとっては至福の時間ですが、家でじっとしているだけでは勿体ないなと最近感じるようになりました。就職活動を通して様々な場所、会社へ行くため初めて知る世界が多く、それが自分にとって大きな刺激となっているからだと思います。

 

私はフィールドワークでのフィリピン以外に海外へ行ったことがないため、カナダやイギリスへ行ってみたい気持ちが強くあります。英語圏の国で自分の語学力を向上させたいからです。部活動の引退が12月末なので、海外へ行くチャンスが多くあるかは分かりませんが、国内にも知らない場所は山ほどあります。せめてオフの時間にも積極的に外の世界へと出向き、今まで行ったことのない場所でたくさんの発見、出会いを経験し、器の大きな人間へと成長して社会に羽ばたきたいと思います!

 

最後まで読んで頂き有難うございました

 

Hello everyone!

Thank you for reading our blog.

I am Ayano Hongo, 4th year Konishi seminar student.

 

Today, I am going to tell about what I want to do in the rest of my college life. It is going to somewhere I have never been.

 

I am hunting for a job and talking with society every day. It is always new discoveries because I do not know everything about society. I always think that one eye-witness is better than many hearsays.

 

I belong to a club so I am busy. In my free time, I always in my house. It is time of bliss. However, I think that it is a waste of money spending off time at home. I know the new world through my job hunting and it stimulates me.

 

I want to go to Canada and European countries in order to improve my language skills in the English-speaking world. However, there are many countries I have never been out of Japan. Therefore, Iant to go to various locations and meet with many people and grow up before my graduation.

 

Thank you for reading.

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2017/6/12 7:38

プロフィール


NAOMI KONISHI
研究分野のキーワード 国際協力、国際人事政策、能力開発・キャリア開発 研究内容 私は着任前、国内の外資系企業及び国際機関にて、組織の人事政策や人材戦略に基づく人事管理業務に携わっており、...

カテゴリー一覧