2017年10月

大学生活を振り返って

こんにちは。小西ゼミ4回生の本江文乃です。
いつも小西ゼミのブログを読んでくださりありがとうございます。

秋学期が始まり、いよいよ学生生活に終止符を打つ日が近づいてきました。
大学生活を振り返ってみると、まさに私にとって「挑戦」の4年間だったと思います。
その「挑戦」の裏には、絶対に後悔したくないという思いが常にありました。

今まで部活動を一生懸命にやったことがなかったのに、大学では日本一を目指す厳しい部である体育会ラクロス部に入って4年間努力したこと。後輩たちに混ざって番組を制作する授業を受講し、大学に何日も泊まったこと。発展途上国に行きたい、自分にできることを見つけたいという思いで大学の留学プロジェクトに参加したこと。何か資格を身につけたくて中国語を独学したこと。

志望の大学に合格できなかった悔しさをバネに、誰にも負けない最高の大学生活を送って晴れやかな気持ちで卒業してやろうという思いを4年間決して忘れず、「やらぬよりやって後悔」を座右の銘に多くのことに挑戦し、自分の視野を広げることのできた4年間だったと思います。そして今となっては関西学院大学の総合政策学部に入学してよかったと心から思います。
神戸三田キャンパスという平穏な環境で、意識の高い友人と出会い常に刺激を受け、尊敬すべき教授から多くを学び、充実の日々を過ごせました。何より、国際政策学科に入ってグローバル問題について勉強し、自分の足で発展途上国に行くという入学前の目標を達成でき、小西ゼミの皆で行ったフィリピンへのフィールドワークは私にとって一生忘れることのないであろう貴重で最高の経験になりました。

大学生って思ったより楽しくない。これはよく聞く言葉です。当然だと思います。大学生って本当に自由で時間もたっぷりあるから。勉強するもよし、アルバイトに勤しむのもよし、世界一周だって行ける。でもどんな大学生活を送れるかはその人次第だと思います。常に熱い思いや目標を持って何事にも一生懸命に取り組めば、かけがえのない、誰にも負けない大学生活が送れるでしょう。そして大学生活とは最後の学生生活になります。

最後の学生生活で自分が何をするか、有限な時間をどのように使うか、皆さんも今一度考えてみてください。

さて私もいよいよあと半年で社会人となります。この4年間充実した大学生活を送ってきた私ですが、自分にとっての課題も沢山あります。
締め切り近くまで危機感を持てず、最後に締め切りに追われること。自分に甘く継続力がないこと。自分の意見が正しいと思えばそれを貫き通す頑固な性格。タイムマネージメント能力など。
多くのレポートに取り組み、日本一を目指す体育会の組織に属し、ゼミでもプレゼンテーションの経験を多く積んだ私の大学生活の中で浮き彫りになった課題であり、今後これらと向き合って変わる努力をしなくてはならないと思っています。また、将来的には海外の現場で働くことのできる人材になりたいため、隙間時間に語学の勉強をしたり、自らが成長できる機会には進んで挑戦したいと思います。
ただ働くのではなく、常に目標を持ち、どんな時も貪欲さや挑戦することを忘れない人生を送っていきたいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

小西研究室ホームページはこちらから↓
http://www.konishi-kg.org/language.html

Hello everyone. Thank you for reading our blog every time.
My name is Ayano Hongo, a senior member of this class.

The fall semester began and the day to finish student life finally is approaching.
Looking back on the university life. I think that it was 4 years of “challenge” for me.
In the back of that “challenge”, there was always a thought that I do not want to regret.

Although I had never worked hard in the club activities so far, I have been working hard for 4 years after entering the lacrosse club, a tough part of university that aims for Japan’s best. I took classes to create programs mixed with juniors and stayed at university for days. I wanted to go to developing countries, I joined the university study abroad project with the desire to find what I can do. I studied Chinese by myself because I decided to take a qualification.

I never forgot my desire to graduate with a radiant feeling by sending the best university life I can not lose to anyone. I think that I could grow as a person trying various things with the motto of doing better than regret without regret. I am sincerely wondering if I am glad that I entered the school for now. In a peaceful environment called Kobe Sanda Campus, I encountered highly conscious friends, received inspiration constantly, I learned much from the professors I respected, I spent a lot of fulfilling days.

I’m less fun than college students. This is a word that listen often. I think that it is natural. Because university students are really free. You can study hard, work hard at part – time, you can go around the world. But I think what kind of university life I can afford is up to that person. If you always try hard in everything with hot thoughts and goals, you will be able to live a university life that can not be defeated, irreplaceable. Please think at once about how to use finite time.

Well I will be a member of society for the next 6 months. I always work with a goal, not greedy, enjoying my hobbies and learning languages ​​at the gap time, always working with a goal, greediness and challenge at any time I want to send a life I will not forget to do.

Thank you for reading.

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2017/10/29 15:27

2017年度 フィリピンフィールドワークのご報告

みなさん、こんにちは。

私、総合政策学部 国際政策学科3回生の図師 葉月と申します。

 

この度、2017年度フィリピンフィールドワークについてご報告をしたく、この場をお借りして投稿させていただきます。

 

まず、簡単なスケジュールからご報告致します。

 

【日程】

1日目

フィリピン到着

Childhopeでのアクティビティ確認

 

2日目

アジア開発銀行(ADB)訪問

中尾総裁と面会

館内ツアー

日本人職員の方々と会食

 

Childhope(ストリートチルドレン)訪問

アクティビティ

 

3日目

TNK(ごみ山)訪問

アクティビティ

 

4日目

帰国

 

私たち3回生は、2017年度フィリピンフィールドワークでの目標である「つたえる~Smile, Share and …~」をかかげ、6月から準備に励みました。

 

まず、「つたえる~Smile, Share and …~」の目標の由来からご紹介いたします。

私たち小西ゼミ生3回生は子どもたちから私たちへ、また私たちから周囲の人々へという「つたえる」ことを大きな目標として掲げました。子どもたちの笑顔を、フィリピンでの現状を周囲に共有することはこのブログでのご報告も一つの手段ではないかと考えます。

また、・・・の部分は、一人ひとり実際にフィールドワークを終えて感じる事は異なると考え、あえて・・・に致しました。

 

フィールドワークを終えて「・・・」の部分を各自ゼミ生で感じた言葉と理由を下記にて記載したいと思います。

 

ゼミ生が感じた目標に続く言葉

・Sense:五感を使い現状を把握することが大事だと考えたから(河本 優香)

・Trigger:様々なことを子どもたちから伝えてもらうきっかけになったから(馬場 ひかり)

・Happiness:子どもたちの笑顔に私たちも笑顔になることでお互いが幸せを共有できたフィールドワークだと思ったから(図師 葉月)

・Power:子どもたちが生きる事に対して前向きなパワーを感じたから(瀧尻 和子)

・Struggling:言語の違う子どもたちに伝える難しさがあったが、試行錯誤することで伝えることができたから(小林 孝祐)

・Keep in mind:向こうで見た気持ちを忘れないことで、周りに現状を伝えることができるから(藤木 湧紀)

・Cheer:子どもたちと関わることで元気付けられたから(岡田 優苗)

・Heart:子どもたちに対して様々な気持ちや感情があったから(稲岡 美咲)

 

最後になりましたがADBの紹介とゼミ生の感想をご報告致します。

 

アジア開発銀行(ADB)

フィリピンのマニラに本部を置き、アジア・太平洋における経済成長を援助する事を目的とされた国際開発金融機関です。加盟国は現在67カ国または地域で構成されており、歴代総裁がすべて日本人という珍しい国際機関です。

ADB

 

 

ゼミ生の感想

・子どもたちが明るく、ポジティブだと思いました。また、背景をリサーチして、理解した上で実際にフィリピンに行くとさらに違った見方が出来ました。(岡田 優苗)

・恵まれない環境で生きているだけで大変なのに、輝いた笑顔を私たちに向けてくれた子どもたちのことを忘れないように、自分のできることを探していきたいです。(馬場 ひかり)

・複雑なバックグラウンドを持っている子どもたちが多くを占めると思うが、そんなことを感じさせない無邪気な笑顔に逆に元気をもらった。(河本 優香)

・子どもも含め、現地のひとが明るく元気で、すごい楽しみにしてくれていたことがとてもうれしかったです。(稲岡 美咲)

・テレビでしか見た事のなかった貧困の地域に、初めて直接目で見る事で貧困への理解が深まり肌で感じる事が出来ました。(図師 葉月)

・バスでごみ山に向かう際、どんどん景色が変わり、こんなところに人が住めるのか信じられませんでした。しかし、実際は子どもたち同士の繋がりがあり、驚いた反面私が思っているよりも大変な状況下にいる事を思うと複雑な気持ちになりました。(瀧尻 和子)

・貧困や貧しさを感じさせない笑顔が印象的でした。(藤木 湧紀)

・アクティビティを終わった後に子どもたちが寄ってきて、日本の子どもたちとはまた異なった“純粋”さを感じた。(小林 孝祐)

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

Child hope(ストリートチルドレン)とTNK(ごみ山)については、後日2回に分けて投稿いたします。

 

小西研究室ホームページはこちらから↓

http://www.konishi-kg.org/language.html

 

Hi, everyone.

I’m Hazuki Zushi, and 3rd year of Konishi Seminar student at Kwansei Gakuin University.

 

I’ll report the fieldwork in Philippine here in 2017.

 

First, I’ll report about schedule.

 

【Main Schedule】

 

Day1

Arrived at Philippine

Confirmed the activities for the next day.

 

Day2

Visited Asian Development Bank

Met Nakao president

Tour of ADB facilities

Discussed with Japanese Staff in ADB

Visited Child hope

 

Day3

Visited TNK (a mount of rubbish)

Did activities

 

Day4

Went back to Japan

 

We raised it at “convey ~Smile, Share and …~”, and prepared based on it from June.

 

First, I’ll tell you from the origin of this aim.

We wanted to “tell” from children to us and from us to neighboring people.

I think that it is one of means to tell people about our experience thorough this blog.

In addition, the part of “…” thought that an each person’s thought entered and did it in “…”. I finished the fieldwork and want to write a reason as the words that the seminar students thought about respectively.

 

Words following the aim that the seminar students felt

・Sense: because it is important to grasp the present conditions using the five senses (Yuka Kawamoto)

・Trigger: because it was a chance to have you convey various things from the children (Hikari Baba)

・Happiness: because it was able to share a smile with happiness each other (Hazuki Zushi)

・Power: because I felt forward power for living (Wako Takijiri)

・Struggling: because I was able to convey it while making trial and error (Kosuke Kobayashi)

・Keep in mind: because by not forgetting the current situation seen in the Philippines, it is possible to convey real information (Yuki Fujiki )

・Cheer: because I got cheerful by being involved with children (Yuna Okada)

・Heart: because I had various feelings for my children (Misaki Inaoka)

 

Asian Development Bank (ADB)

ADB is an international development finance institution whose mission is to support the economic growth in Asia-Pacific Region, and 67 countries are members of it. The headquarters are located in Manila, Philippines. In addition, the all presidents are Japanese from the beginning.

 

What is your impression through the fieldwork?

・The street children were cheerful and positive. I already researched and understand a background before, so I noticed new viewpoint when I visited to the Philippines. (Yuna Okada)

・Even though the street children are difficult to live everyday, they showed us many beautiful smiles. For never forgetting them, I try to look for something that I can. (Hikari Baba)

・I didn’t feel that the most children had a complicated background because they smiled a lot, and I received a spirit from such smiles. (Yuka Kawamoto)

・I was very glad that local people including the children were so cheerful and looking forward our activities. (Misaki Inaoka)

・When I visited the area of poverty that I saw only in TV for the first time, I was able to touch and understand deeply what is poverty. (Hazuki Zushi)

・I couldn’t believe that people live in the garbage mountain, but in reality there was a connection between the children even there. At the same time, I became a complicated feeling because they were very serious situation than me. (Wako Takijiri)

・Their smiles didn’t show their situation of poverty, and it was impressive. (Yuki Fujiki)

・When the children came to me after the activity ended, I felt their “pure” that is different from Japanese children. (Kousuke Kobayashi)

Thank you for reading.

I’ll post child hope (street children) and TNK (Garbage mountain) in two and post at a later date.

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2017/10/27 17:17

三年生ブログ 自己紹介①

皆さん、初めまして。

いつも小西ゼミのブログをご覧いただきありがとうございます。

 

この度、研究室ブログの担当者となりました小西ゼミ3回生の河本優香、図師葉月、加藤涼です。

本ブログでは、小西ゼミの活動やゼミ生の経験や学びについて発信していきたいと考えております。どうぞよろしくお願いいたします。

 

まず初めに、今回から9回に渡り、小西ゼミ3回生の自己紹介を投稿してまいります。

自己紹介内容はこちらです。

 

1.名前

2.出身/出身高校

3.趣味

4.海外経験

5.ゼミに対する意気込み・抱負

6.私からみた〇〇(次回投稿者)

 

第1回目は私、河本優香が執筆させていただきます。

 

 

1. 名前

河本優香 (カワモト ユカ)

 

 

2.出身/出身高校

広島県広島市/広島なぎさ高校

 

皆さん広島と聞くと何を思い浮かべるでしょうか?

宮島、原爆ドーム、もみじ饅頭、お好み焼き…様々な観光地やグルメがありますが、もし広島へ行く機会があれば是非尾道という観光地へ足を運んでみてください。尾道はドラマ「好きな人がいること」の舞台となった地でもあります。瀬戸内海の自然を大いに感じられると共に、お洒落なカフェでランチや広島名物の尾道ラーメンを堪能することができます。

 

 

3.趣味

野球観戦/旅行/カメラ

 

父が大のカープファンなので、物心ついたときからカープの大ファンです。野球観戦ももちろん好きですが、球場内で感じられるファンの一体感がとても好きです。また、よく一眼レフをもって様々な場所へ旅行します。いろんな風景を撮り、後にそれらを見返すと様々な思い出がよみがえり、まるで時間が戻ったかのように感じられます。

 

 

4.海外経験

私にとって初めての海外経験は、高校1年生の時に参加したニュージーランドでの語学研修でした。

約一か月間ホームステイをしながら現地の語学学校へ通ったのですが、そのときの経験が現在の自分を創っていると強く感じます。

また、大学2回生の秋学期は、約4か月間、関学の中期留学プログラムを利用しカナダのマウントアリソン大学へ留学しました。寮生活を通して様々な国籍の友人と出会うことができたことは、私にとっての1つの留学生活における成果です。

 

 

5.ゼミでの抱負や目標

 

自分の短所の1つとして、表現力が劣っていることが挙げられます。効率よく、また他人が理解しやすいよう物事を論理だてながら自分の考えを表現することが苦手です。なので、ゼミ内におけるプレゼン等を大いに利用してこの短所を長所へと変えていければと思っています。

また、毎年小西ゼミ生が夏休みにおこなうフィリピンフィールドワークを終え、現地で感じたことを多くの人に伝えたいと帰国後強く感じました。まずは11月におこなわれるリサーチフェアにて、フィールドワークを通して感じた学びや気付きを来場者に伝えたいです。

 

 

6.私からみた加藤涼とは

ゼミ内で彼女はりょーちゃんの愛称で親しまれています。韓国が大好きなりょーちゃんは現在、ノルウェーのオスロ大学にて留学中です。気配り上手でゼミのまとめ役である彼女がゼミに居ない今学期はどこか寂しく感じます。

 

そんなりょーちゃんが次回のブログ担当者です。どうぞお楽しみに!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

小西研究室のホームページはこちらから↓

http://www.konishi-kg.org/language.html

 

 

 

 

Hello. Thank you very much for visiting our blog.

We are the 3rd grade students of Prof. Konishi’s seminar, Yuka Kawamoto, Hazuki Zushi and Ryo Kato.

 

We would like to write about our activities, experiences and thoughts in this blog.

We would be glad if you could keep on checking this blog.

 

From the first time to the nine time, we will introduce ourselves.

 

The contents of self-introduction are following;

  1. Name
  2. Place of living and a graduated high school
  3. Hobbies
  4. Experiences in overseas
  5. Hope in Konishi seminar
  6. Introduce next writer

 

 

I am Yuka Kawamoto who introduce myself in this time.

 

  1. Name: Yuka Kawamoto

 

  1. Place of living and a graduated high school:

Hiroshima/Hiroshima Nagisa High School

 

What do you imagine about Hiroshima?

There are many places to visit or foods such as Miyajima, Atomic bomb dome, Momiji-manju and Okonomiyaki, but I would suggest visiting Onomichi if you have a chance to go to Hiroshima. Onomichi is the filming location of “Suki na hito ga irukoto”, which is Japanese famous TV drama. If you go to Onomichi, you can feel wonderful nature of Inland sea and enjoy lunch at stylish café and Onomichi Ramen which is famous food in there.

 

  1. Hobbies:

Watching baseball game/Travelling/Taking photos

 

My father is a big fan of Hiroshima Toyo Carp, so I’m also a big fan of this baseball team ever since I can remember. Not only watching baseball game, I also like feeling sense of unity with supporters at the stadium. Also, I like travelling any places with my single lens reflex camera. I often taking photos of scenery and after that, I look back these photos. At the time, memories came flooding back one after another and I feel like the time is back.

 

  1. Experiences in overseas

 

My first experience in oversea is studying abroad in New Zealand. I was 16 years old. I went to language school for a month with staying at New Zealander’s house. I strongly think the experience in New Zealand makes myself.

When I was a second grade university student, I studied abroad at Mount Allison University in Canada for 4 months. Through the life in the student dormitory, I could made many friends who have own different backgrounds and this is one of the achievements through life in Canada.

 

  1. Hope in Konishi seminar

 

I think this is my downside which is lacking the ability of expression. I don’t like express my thoughts effectively and logically. Therefore, by using chance of showing presentation in Konishi seminar, I’d like to change this downside into advantage.

Also, after finishing Konishi seminar’s field work in Philippines, I strongly feel that I’d like to tell about my experiences which could get through field work. At the first, I’d like to tell my experiences or notices for visitors in research fair which will be held in November.

 

  1. Introduce about Ryo Kato

 

She is called “Ryo-chan” in seminar. She likes Korea very much and now, she is studying abroad at Oslo University which is located in Norway. She is a good attentive and acts as a coordinator for us, so I feel somewhere sad in this semester.

 

The next writer is Ryo-chan. Don’t miss it!

 

I hope you will visit this blog next time.

Thank you for your reading.

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2017/10/20 13:20

大学4年間の振り返りと、卒業後について

いつも小西ゼミのブログを読んでいただき、ありがとうございます。
今回のブログは、四回生の木村友紀が担当します。

10月になり、夏休みが終わり、本格的に秋学期がスタートしました。
私にとっては大学で過ごす最後の学期になるので、
このタイミングで自分の大学生活を振り返ろうと思います。

大学4年間を通して、私はたくさんの人に出会いました。
大学1回生の時は、学校に通うことで精一杯でした。
しかし、大学1回生の春休みに、予てから興味があったファッションショーを作る団体に参加しました。
その時に動画制作と出会いました。
自分で調べながら短い動画を3本作りました。
この経験は、3回生以降に学校生活でもアルバイトでも役立ちました。
また、私は大学入学時に留学をするという目標を掲げました。
その目標を2回生の秋に叶え、英語学習を目的として、四ヶ月間カナダのゲルフ大学に留学しました。
留学生活では、もう少し積極的に現地の人とコミュニケーションをとればよかったという反省もあります。
しかし、一緒に学んでいた中国人留学生と仲良くなり、去年日本で会えた時は本当に嬉しかったです。
また、様々な考え方の人と過ごすことで、
自分よがりの考え方を持つのではなく、もっと広い視野で物事を見る大切さも学びました。

私の大学生活の中で、私にとって最も大きな出会いは3回生の時に参加した小西ゼミのフィールドワークで出会った子どもたちです。
私は高校生の時から発展途上国に興味がありましたが、発展途上国に行く機会もなく、3回生まで過ごしていました。
3回生の夏休みに初めて、フィリピンへ行き、子どもたちと一緒に楽しい時間を過ごしてみて、より発展途上国について学びたいという気持ちが増したように思います。
また、この経験を通して、より多くの人にフィリピンの現状を知ってもらいたいと、映像を制作したり、リサーチフェアに参加したりしました。
大学生活でなんとなく習得していた技術を活かす機会でした。
自分の経験をどう他人に伝えるか、そして自分の伝えたことをきっかけとして、人々が何を感じてくれるかということを考えました。

4月から一社会人として、生活をしていきます。
私は、フィリピンで感じた笑顔の持つ大きなパワーを忘れず、自身の接客を通して、人を笑顔にしていきたいと思います。
そして、ゆくゆくは目の前のお客様だけでなく、より多くのお客様に自社の商品と出会う「きっかけ」を提供できるような仕事をしたいです。

そして、残りのあと少しの学生生活を満喫し、たくさん学びたいと思います。

小西研究室のホームページはこちらから↓
http://www.konishi-kg.org/language.html

Summer vacation was over and new semester just start. This semester is last semester for me, so now I would like to throw over my university life.

When I was a fresh man, I could not afford to spend my time starting new challenge. However, when I was an eleventh grades student, I met making movie. It was really hard because I had to learn making movie by myself. Finally, I could achieve to finish making three pieces of movies.
On eleventh grades, I went to study abroad. It was one of my goals which I had made when I become a university student. I could make a Chinese friend and last winter I met her in japan. It made me pleased very much.
For four years, I met a lot of people throughout my university life. It was one of the best memory for me that I visited the Philippines as field trip of my seminar. I had been interested in developing country, when I was a high school student. However, it was the first time to visit developing country. The time with children in the Philippines was precious for me. Their smile was powerful and wonderful.
After this trip, I would like to study developing country more and more. I also would like to talk more people about the Philippines. I made the video about the Philippines and took part in research fair witch is held by my university. I could use my skill which I had learned throughout these experiences.

I’m going to be graduated from my university in next spring; I would like to keep in mind ‘Smile has big power’ and to make people smile. In the future, I would like to become people who can make a trigger about our products.

Finally, I would like to enjoy rest of my university life and study more and more.

Thank you for reading.

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2017/10/12 16:38

私の大学4年間 –振り返りBLOGスタート-

こんにちは。
いつも小西ゼミのブログをご覧いただきありがとうございます。
国際政策学科 小西ゼミ4年生の浅井沙也佳です。

さて、小西ゼミは、ゼミ生によるホームページを代々運営しています。
フィリピンフィールドワークや、リアルな学生生活を盛り込んだニュースレターなどを載せています。
是非一度ご覧ください!

ゼミ選択で迷っている大学3年生もぜひ参考にしてくださいね。

小西研究室のホームページはこちらから↓
http://www.konishi-kg.org/language.html

—————————————-

秋学期は、小西ゼミ4年生による大学生活を振り返った個人ブログを毎週月曜にお届けしていきたいと思います。
14人の学生生活、達成したこと、反省したこと、後輩に伝えたいこと、今後のキャリアプランなどを盛り込んでいきますので、お楽しみに!

第1回は、私 浅井沙也佳が担当させていただきます。よろしくお願い致します!

Ⅰ. 入学当初の目標
私は継続校推薦入試で入学しました。
国際関係や公共政策など、多様な分野に関心があったため、総合政策学部を選びました。大学1年生の時の私は、

1. 様々な文化・価値観に触れる
2. 講義を主体的に受けて、教養を増やす
3. 語学力を磨く

という漠然とした想い(目標)を持ち、入学しました。
思えば、少し漠然としすぎて、4年間のなかで自分自身がどのような方向に向かうべきか迷ったこともあります。
そのため、明確な目標を持つべきだったのかなと思うこともあります。しかし、このような広い漠然とした夢のおかげで、「常に自分のできること・挑戦したいことを探す(=情報収集をする)習慣」が身につきました。

Ⅱ. 目標達成状況と、大学生活を振り返って
上記の目標を、達成度100%を満点として振り返ってみました。

1. 様々な文化・価値観に触れる

  達成度80%

1か月のカナダ留学や国連セミナー、マレーシアでの4か月のインターンシップ、
また国内の東北の子どもたちと関わるボランティア活動への参加やなどを通して
様々な考え方をする人と交流する機会をもてました。

それらから学んだことは、国籍・人種・宗教は異なっても、皆人間であることは共通であり、
“自分の考えと180度異なる考え方も存在することを理解しておくことが大事である”ということです。
どの人の生き方も考え方も価値観も決して否定してはいけないということを学びました。

かな まれ

     カナダ留学(2015年1月)              マレーシア(2016年7月)

2. 講義を主体的に受けて、教養を増やす

   達成度90%

「日々の講義」を大切にした4年間でした。
2,3年次に学部成績で上位10名に入賞したことは、私の学生時代の成果の1つです。

高校時代、成績で10位以内に入ったこともなかった私ですが、なぜできたか分析してみました。

<理由1> 三田キャンパスと総合政策学部生が”好き”だったから
いやそんな理由?と思うかもしれませんが、これが私にとっては一番だと結論付けました。
三田キャンパスは静かな環境なので、集中して物事に取り組みやすく、また他の学生もよく勉強しているので非常に刺激を受けます。
私は比較的静かなところが好きで集中力がある方なので、キャンパスの雰囲気に合っていたのだと思います。
また4つ学科があるので、建築関係・国際関係・言語関係など色んな方面に興味・関心がある友人がおり、話をしていて本当に楽しいです。

大学が好きとなると大学に行きます。講義に出席すると、講義の要点もつかめてきて、試験も乗り越えられたのだと思います。

<理由2> 必修の講義に加えて、自分を律するための講義も履修した

目標の、講義を主体的に受けて~のところに当てはまるのですが、課題は多くて自分に負荷をかける講義を毎学期1つ以上履修していました。

モチベーションを保ちながら勉強できたのでこれがよかったです。


3. 語学力を磨く

達成度70%

悔いているのは、英語以外の言語を習得すればよかったなということ!
マレーシアに行ったとき、5,6か国語話せる同い年の友人がたくさんいました。
まだこれから勉強できるかなと思うので、またチャレンジしてみようかなと思います。
英語については、入学当初からTOEICの点数が250点上がりましたが、語学は使わないと忘れるので、ずっと磨いていきたいと考えています。

Ⅲ.後輩に向けて
「迷ったら、とりあえず門を開いて!ただし、目的をはっきりとさせてから。」
大学の4年間は、とにかく少しでも興味関心のあるものは、挑戦してみてください。迷うこともあると思いますが、迷う=興味がある!ということです。その先に自分の進みたい道があるかもしれません。
ただしその時、目的をはっきりさせるのがいいと思います。例えば、留学であれば、語学スコア○点UP、異文化理解、海外の友達を3人以上つくるなど、たくさんあります。そして、その目的達成できたかどうか自分で確かめ、自分に足りないところを洗い出して、次に繋げる習慣(=振り返りの習慣)を身に付けてください。きっと次の目標が見つかり、モチベーションを維持できると思います。

私自身、段階を追って目標が見つかりました。

図1

大学の4年間って、自分次第です。
自分を鍛えるか、毎日を充実させるか、どんなものから学ぶかどうかは自分自身で決めることができます
その手段は、日々の大学生活、サークル活動、部活動、趣味、アルバイト、ボランティア、どんなものでもいいと思います。
素敵な学生生活になりますように。

Ⅳ.卒業後のキャリアプランについて

卒業後は、工具を製造・販売する民間企業で働きます。ジェンダーの観点からみるとこれから女性の総合職が増える業界だと考えています。私らしくアグレッシブに頑張りたいです。
そして、就職後も、「振り返り」の習慣は続けていきたいと考えています。

長くなりましたが、最後までお読みいただいた皆様、ありがとうございました。

Hello, everyone.
Thank you for visiting this blog every time.
My name is Sayaka ASAI, a senior member of this class.

We have our own homepage. If you have interests about our seminar activities, the Philippine field work and News Letter, please visit our homepage. Thank you.
http://www.konishi-kg.org/language.html

— – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

This semester, we, senior members of Prof. Konishi seminar class will post about “a look-back of our 4 years university life”.

I am in charge of the first time.

I. The original goals that I entered university
I was interested in many fields such as International relations and public policy when I was in high school. Thus, I decided to learn at school of Policy Studies.

These are my original goals
1. Know diverse values of values and culture
2. Learn many things from classes in university
3. Improve my foreign language skills

These are too general goals, so I sometimes lost my way. However, because of this, I always try to find what I want to do and new challenges whole my university life.

II. Looking back on a university life, and having been accomplished

4. Know diverse values of values and culture
Level of achievement 80%

There were so many chances to know variety of people who have different background.
For example, study abroad in Canada for a month, United Nations Seminar which organized by KGU, internship in Malaysia for 4month and volunteer activity for children who live in Tohoku.

The most important thing that I have learned there is, although we are different from Nation/Races/Religions, we are all same people.
In addition, we need to understand there are so many different values (the way of thinking)

1. Learn many things from classes in university
Level of achievement 90%

I got Academic Award two times in my university life.
I think there are two reasons why I studied hard in university.

First reason: I love Sanda Campus and students

This was very important for me. Sanda campus is very quiet as always, so we can concentrate on our study and other activities. In addition, students study very hard. I could make friends who have interests in various fields, such as architecture, international relations, and languages. Talking time with them are very interesting for me.
I always attended the class, because I love university so that I could pass classes.

Second reason: Every semester, I took a hard class

This was motivated me.

2. Improve my foreign language skills
Level of achievement 70%

I regret that I have not learned foreign language other than English.
I saw Malaysian friends who speak 5-6 languages.
I hope I try to learn Chinese or other languages.
Of course, I will keep improving my English skill.

III. To university students
“Please do not hesitate to try new things, but you should make sure your purpose /goals”

You will be worry about what you want to do in your university life.
In my opinion, you can try it because there will be your future goals.
However, the most important thing is clarification of your purpose and goals.
For example, if you want to go abroad, your goals will be “to raise English score”, “understanding other culture” and “make 3 foreign friends”.
Then, after finish your study, please look back your achievement and reflection.

Your 4 years is just yours.
I hope your university life will be wonderful.

IV. My carrier plan
I will work at the industrial company in Japan. I am not sure yet what I do for example accounting, sales and trade. I will look back my look back regularly.

Thank you for reading.

プロフィール


NAOMI KONISHI
研究分野のキーワード 国際協力、国際人事政策、能力開発・キャリア開発 研究内容 私は着任前、国内の外資系企業及び国際機関にて、組織の人事政策や人材戦略に基づく人事管理業務に携わっており、...

カテゴリー一覧