2017年11月

三年生ブログ 自己紹介③

こんにちは。小西ゼミ3回生の馬場ひかりです。

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

自己紹介企画の第3回目として、私が執筆いたします。

 

1.名前

馬場ひかり(ババヒカリ)

 

2.出身/出身校

愛知県名古屋市/愛知県立瑞陵高等学校

 

約16年間名古屋に住んでいて、大学進学を機に関西に引っ越してきました。そんな私からみた名古屋は、とても暮らしやすい街です。愛知県全体が車社会ということもあり、どこに行くのも車を利用していました。そんな県民性から、小さなカフェやパン屋さん、美容院にも必ずと言っていいほど駐車場がありました。しかし、大阪には駐車場が少なく、車での移動が不便だと感じることがあります。

 

3.趣味

カフェ巡り/旅行

 

毎日4杯以上コーヒーを飲むほど、大のコーヒー好きで、おいしいコーヒーを探すためにカフェ巡りをしています。大阪の梅田周辺にはたくさんのカフェがあり、よく通っているのですが、まだまだたくさん行きたいところがあります。グーグルマップに行きたいカフェにチェックを付けているので、卒業までにそれらすべてに行くことが目標です。

 

4.海外経験

趣味の旅行でアメリカからカンボジア、スペインまで、幅広く行ったことがあります。その中でも、もう一度行きたいと強く思ったのがスペインです。スペインサッカーに興味があったことや、第二外国語でスペイン語を勉強していたことから、行ってみたいという気持ちがあり、今年の2月、ようやく行くことができました。実際に生でスペインサッカーを見たり、サグラダファミリアに行ったり、パエリアを食べたり、とても有意義な旅行になりました。

 

5.ゼミでの抱負や目標

私は人前で話すとき、練習でうまくいっても、本番とても緊張して、言いたいことが言えず、伝えきれないことがあります。ゼミ内ではプレゼンテーションを行う機会が多々あり、すでに何回か行っていますが、最初に比べてよく話せるようになったと思います。しかし、私の思い描いているプレゼンテーションにはまだまだ程遠いのが現実です。卒業までには自信をもって、「私はプレゼンテーションが得意です!好きです!」と言えるようになりたいです。

 

6.私からみた藤木湧紀とは

ゆうきはやるときはやる、とても頼りがいがあり、男らしい性格の持ち主です。車が好きで、学校にも車で来ることもあり、ゼミ生を駅まで送ってくれたりします。また、ゼミの会計係を務めており、そこでは几帳面な性格を見ることもできました。

 

そんなゆうきが次回のブログ担当者です!どうぞお楽しみに。

最後まで読んでいただき、ありがとうございした。

 

小西研究室HPはこちらから↓

http://www.konishi-kg.org/index.html

 

 

Hello everyone, I’m Hikari Baba, 3rd year student in Konishi seminar.

Thank you always for reading blog.

I will write about introduce myself as a 3rd student.

 

1.Name

Hikari Baba

 

2.Place of birth / a graduated high school

Aichi / Zuiryo High School

I lived in Nagoya in Aichi for about 16 years and moved to Osaka as a university admission. Nagoya seen from me is a city that is very easy to live. Aichi prefecture is a car society, wherever I go I use a car. From such a prefectural citizen, there is a parking in some small shops, for example café, bakery, beauty salon and so on. However, there are few in Osaka and it makes inconvenient to move by car.

 

3.Hobbies

Going to a café / Travel

I like coffee enough to drink coffee more than four cups a day, so I often visit a lot of cafes to find delicious coffee. There are many cafes around Umeda in Osaka, and I go there frequently. However, I still have plenty of places I want to go. I’m marking them, so my goal is to go to all of them by the time I graduate.

 

4.Experiences in overseas

I have been to a wide range from America to Cambodia, Spain and others. In that, Spain is the one I strongly wanted to go again. I wanted to go to Spain long ago, because I was interested in Spain football and studying Spanish as a second foreign language. In February of this year, I was able to go there. Watching Spanish football live, visiting many world heritages including Sagrada Familia, eating paella, it became a very meaningful journey.

 

5.Hope in Konishi seminar

I want to acquire presentation skills. When I speak in public, I get nervous and I can not do what I was doing with practice. In the seminar, there are many opportunities to do a presentation. I have been done it several times, so I think that I became able to speak better than I did at the first time. However, it is far from the presentation I’m envisioning. I would like to be able to say with confidence, “I’m good at presentation! Like it!” by the time I graduate.

 

6.Introduce about Yuki Fuji

Yuki is the person who is reliable and masculine. He likes car, sometimes comes to school by car, and sends seminar students to the station. Moreover, he is a treasurer of the seminar, and we were able to see a thorough character.

 

The next writer is Yuki. Please look forward to it!

Thank you so much for reading to the last.

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2017/11/24 10:39

4年間の振り返り

こんにちは。小西ゼミ4年の荻野峻宏です。

今回は、大学4年間の振り返りと、卒業後について書こうと思います。

私は、この4年間で少しでも興味を持ったことを突き詰めることの大切さを学びました。

私は、関西学院大学に入学した当初、明確な目標はありませんでした。やっと受験勉強が終わり、ほっとしていたと同時に、大学で何をしたいのか自分でもわかりませんでした。関西学院大学を選んだのも何となく海外、特に途上国に興味があり、海外留学プログラムが充実していたからという漠然とした理由からでした。そのため、入学後、半年ぐらいは大学で学ぶ意味を見出せずにいました。

そんな時に、先輩に勧められ、ベトナムでのフィールドワークに参加する機会がありました。これが大きなターニングポイントだったと思います。このプログラムの中で、ベトナム人学生とディスカッションをする機会がありました。その時に、日本のジェンダー政策や働き方改革などの社会問題について質問されましたが答えられず、自国のことすら知らない自分を恥ずかしく思いました。帰国後、ディスカッションでも話題となった育児休暇やジェンダーにより興味を持つようになり、自ら意欲的に学ぶようになりました。また、そこから次第に関心が広がっていき、3、4年次には、ノルウェーで1年間家族政策を学んできました。1年生の時から比べると、関心は大きく変化しましたが、それはこの4年間で様々な環境に飛び込んでいき、多くの経験をすることで、主体的に考え、行動できるようになった証でもあると思います。

来年からは、社会人として働き始めます。その中で、仕事と私生活の両面において、常にやりがいと楽しさを追求していきたいと思います。仕事面では、定期的にキャリアプランを描きながら、自分の掲げている目標に向けてスキルアップしてきたいと思います。そのために常に挑戦するという姿勢を大切にしたいと思います。私生活面では、積極的にいろいろなことにチャレンジしたいと思います。今は、ハイキングやピクニック、トレーニングなどアクティブな趣味が多いので、今後は、音楽や絵画など芸術にも触れたいと思います。そして、趣味を通じて様々な人々と関わりたいです。

自分自身、この4年間でものの見方や考え方が大きく変わりました。それは、少しでも疑問に思ったことを追求していった結果だと思います。皆さんも、一つの出会いやきっかけを大切にしてくださいね。

 

 

小西研究室のホームページはこちらから↓

http://www.konishi-kg.org/language.html

 

 

Hello, I’m Takahiro Ogino, a member of Konishi seminar. Today, I’m going to share with you what I have learned in KGU and what I’m going to do after I graduate from KGU.

What I have learned in KGU is that it is important to have curiosity and pursue what I get interested in. When I entered KGU, I didn’t have clear goals that I wanted to have done in 4 years. This is because I have never thought about my future profoundly before, and I don’t know where my interests are. Also, I expected almost nothing for KGU, but only various international programs that KGU offers attracted me to come to study. Therefore, I was struggling to find why I was studying in KGU for a while in the first year.

However, a turning point came when I was about to finish the first year. I was asked to join a field trip to Vietnam by my friends, and I went to see a developing country for the first time. In this program, I got an opportunity to discuss social issues in both Japan and Vietnam with Vietnamese students. Then, they asked me what’s going on about gender equality and work environment in Japan, but I couldn’t answer these questions because I was not familiar with the issues. I realized that I didn’t know even about my country and got embarrassed. Since then, I started to put my concern on what happens around me, and I gradually got interested in childcare and gender issues which had been discussed in Vietnam. Through these processes, I ended up studying family policy in Norway for one year. As I mentioned above, my interest has varied many times. This means that I came to be curious and took actions to achieve goals through stepping into new places and encountering various people.

I want to pursue what I can be excited and get fulfilled even after I begin to work from the next spring. Regarding work, I want to be greedy to achieve goals and improve my skills. I believe that I’ll get great achievements if I face hardships and try to overcome such difficulties. I also want to try something new such as music or art. I have played sports for many years so far, so I really like to do physical activities such as hiking and working out. Therefore, I want to enhance my life more thorough enjoying music and art.

I’m pretty sure that the experiences in KGU changed me dramatically because I tried to do whatever I’m interested in. It is important to have opportunities to see someone and go to somewhere, and be inspired by them to change yourself. Therefore, curiosity could help you widen your perspectives.

三年生ブログ 自己紹介②

  1. 皆さん、こんにちは。
    今回も小西ゼミのブログをご覧いただきありがとうございます。
    自己紹介企画の第二回目として、加藤涼が執筆いたします。

1 名前
加藤 涼(カトウ リョウ)

2 出身/出身高校
滋賀県東近江市/彦根東高校

琵琶湖というよりも、山の方に近い自然がたくさんあるところで育ちました。実家から離れて初めて、その環境がとても素晴らしいことに気がつきました。
母校は、彦根城のお堀内に建っていて、春には通学路で満開の桜を楽しむことができます。高校時代は箏曲部に所属し、最高の仲間と毎日3時間ほどお箏を弾いていました。現在は弾いていないので少しもったいないなと思っています。

3 趣味
おいしいチョコ探し

私は自分自身をチョコホリック(チョコ依存症)と呼んでいます。知らないうちにチョコホリックになってしまい、今ではチョコがない毎日は考えられません。チョコは幸せの味がします。

4 海外経験
大学一年生:ソノマ州立大学英語研修(1ヶ月間)
大学三年生〜:ノルウェー・オスロ大学に交換留学中(1年間)

これまで「なぜノルウェーに留学するの?」とたくさんの人に聞かれてきました。それに対して、「welfare systemとgender issueに興味があり、その分野を学べるのがノルウェー・オスロ大学だからです。」と答えてきました。でも、これが答えなのか正直わかりません。今はノルウェー・オスロ大学への留学が間違ってなかったこと、自分が一番挑戦してみたかったことをやっていると強く感じています。本当の答えなんてあるのかもわかりませんが、留学中にじっくりと考えてみたいと思います。

5 ゼミに対する意気込み・抱負
私が小西ゼミに入ったきっかけは、「ここは自分が成長できる場所だ」と強く感じたからです。なにか直感のようなものでうまく説明ができませんが、そう感じました。
小西先生に相談に行くと、毎回私の心が見えているのかと思うくらい鋭いアドバイスをもらいます。そして、「やらなくちゃ」とエネルギーに溢れるのです。これも一つの成長のきっかけになるのだと思います。また、これまでオープンキャンパスでのゼミブースを企画から行い、無事やりきった時には達成感を感じました。ゼミ仲間や先輩とも仲良くなる機会になり良かったです。
現在、交換留学中で積極的にゼミの活動に参加できていません。しかし、帰国後になんらかの形でゼミに還元できたらいいなと思っています。

6 私からみた〇〇(次回投稿者)
さて、次回の投稿はひかりです。
私から見たひかりは、笑うと笑顔がくしゃっとなってかわいくて、車の運転が好きで、名古屋訛りの優しい話し方をして、いつも大人っぽい服を着ています。こんなステキなひかりの自己紹介もぜひご覧ください!

F2539D36-2DF1-4444-96F5-3A15DF86AF63 B0B7ADB7-8BB2-4271-8CDC-3E24DC4770AF

左:Viking Ship Museumを訪れた際の写真

右:夏のオスロの風景

 

小西ゼミHPはこちらから↓

http://www.konishi-kg.org/

 
Hello everyone, tank you for visiting our blog!
I will write about introduce myself as a 2nd student of Konishi seminar.

1. Name
Ryo Kato

2. Place of birth / a graduated high school
Shiga / Hikone Higashi High School
I grow up in the countryside near by the mountain, and there is beautiful nature.
My high school is located in moat of Hilkone castle. In the spring, we can enjoy cherry trees in full blossom while going to school. This is great, so if you have a chance, try to visit there in spring.
Do you know Koto? It is one of Japanese traditional instruments, and when I was a high school student, I belonged to Koto club. Though I played for three hours every day at that time, I haven’t played it now after graduating.

3. Hobbies
Looking for delicious chocolate
​I call myself chocoholic, addicted to chocolate, because I’m great fun of chocolate. I cannot imagine no chocolate life. The chocolate is taste of happiness.

4. Experiences in overseas
1st grade: the English and Fieldwork Program in Sonoma State University
3rd grade-now: the exchange program to Oslo University
​A lot of people asked me “Why Norway?”, and I always answered “Because I’m interested in welfare system and gender issue, and in especially Oslo university I can study it deeply.” However, I’m not sure this is true answer, so I would like to seek for it during exchange program.

5. Hope in Konishi seminar
The reason why I decided to enter Konishi seminar is that I intuitively felt “This is the place where I can be mature”. One of the experiences is a seminar booth at the open campus in 2017. I planed a seminar booth from the beginning at the open campus 2017. When we finished the event totally, I felt sense of accomplishment. In addition, this becomes opportunity to get along well with my friends and seniors in this seminar.
​Currently I am not able to actively participate in seminar activities while I am studying exchange. However, I hope to do something to seminar after going back home.

6. Introduce next writer
Next writer is Hikari. She is the person who is lovely when she smiles, likes driving a car, talks with the Nagoya direct, and always wears beautiful clothes.
Thank you so much for reading today. Please check out next time introduce of Hikari also!

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2017/11/17 7:53

小西ゼミ リサーチフェアのご案内

皆さん、こんにちは。

いつも小西ゼミのブログをご覧いただきありがとうございます。

小西ゼミ3回生の河本優香と申します。

 

今回は、来たる11月17日(金) に開催されるリサーチフェアについてご案内させていただきます。

 

私たち小西ゼミはⅡ-209にて自由形式展示「愛 can change the world ~小西ゼミ生×フィリピン~」を実施します。

 

当展示では、主に夏休みにおこなった小西ゼミフィリピンフィールドワークの活動報告、そこからゼミ生が得た学びについて発表する予定です。

 

また、ゼミ生の活動報告のみならず、来場者の皆さんも共に貧困問題について考えることができるワークショップもご用意しております!(11:00~11:30,14:00~14:30の二部制です。)

是非私たちと一緒に、貧困問題解決に向けていったい何が出来るのか考えてみませんか?

 

ゼミ選択で迷っている2回生の皆さんや、貧困問題や小西ゼミの活動に興味のある方々のご来場、小西ゼミ生一同お待ちしております!

 

最後までお読みいただきありごとうございました。

無題111

無題

こちらは今夏ストリートチルドレンの元を訪ねた際に撮った写真です。

(This is the picture which was taken in this summer when we visited street children.)

小西ゼミHPはこちらから↓

http://www.konishi-kg.org/

 

 

Hello, thank you for reading our blog.

I‘m Yuka Kawamoto, 3rd year student in Konishi seminar.

 

I’m going to write about “Research Fair”, which will be held in Sanda campus of Kwansei Gakuin University in 17th November.

 

We will do one program which is “ Ai (Love) can change the world ~Konishi seminar students ×Philippines~” at Ⅱ-209.

 

In this program, we’ll report Philippine field work which was held last summer and what we learned through this field work to visitors.

 

Also, we prepare one work shop. Through this work shop, you can learn about the poverty. (This work shop will be held two times: 11:00~11:30, 14:00~14:30) Won’t you think about the poverty and what we can do with Konishi seminar students?

 

We, Konishi seminar students look forward to having you join us!

 

Thank you for reading.

 

This is Konishi seminar’s HP↓

http://www.konishi-kg.org/

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2017/11/15 11:02

2017年度 フィリピンフィールドワークのご報告3

こんにちは。小西ゼミ3回生の瀧尻和子です。

 

長かった夏休みもついに終わり、9月20日より秋学期が始まっています。休暇中、学生の皆さんは様々な経験をされたかと思います。小西ゼミでは、8月29日から9月1日にかけてフィリピンにてフィールドワークを行いました。

 

フィールドワークでは、アジア開発銀行への訪問、street childrenやゴミ山の子供たちへの教育支援活動などのプログラムを実施しました。今回は、ゴミ山の子供たちへの教育支援活動についてお話させていただきます。

 

フィールドワーク3日目、私たちは宿泊していた高層ビルが立ち並ぶマニラの中心部から車で1~2時間移動し、ゴミ山に住む子供たちを支援しているフランスのNGO団体、TNK(Tulay Ng Kabataan)へ訪問しました。

 

皆さんは、ゴミ山での生活を想像したことがありますか?

訪問前、私は、昨年フィールドワークに参加された先輩や先生からのお話や写真を参考に、ゴミ山の状況について様々な想像をめぐらしていました。しかし、実際現地に着いてみると、その環境は想像を絶するもので、大量のゴミの隙間で人々が生活しているという感じでした。臭いもきつく、大きなハエが大量に飛んでいました。もちろん道路なども整備されておらず、少し雨が降っただけで、ひざ下まで泥水がたまっていました。

 

このように、現地の環境はとても子供たちが心身ともに健康に生活できる環境とはいえませんでしたが、子供たちは決してネガティブな様子は見せず、私たちが用意したプログラムに目を輝かせて参加してくれました。

以下が、私たちが現地で実施したプログラムです。

1.自己紹介

2.オリンピックの紹介

3.またくぐりリレー

4.ゴム飛び

5.歌

6.エビカニクスのダンス

7.ミサンガ・あめのプレゼント

(詳しくは前回のストリートチルドレンの投稿をご覧ください。)

 

今後は、このフィールドワークでの経験を多くの人に共有していき、少しでも多くの人が途上国における教育問題に目を向けてくれればと思っています。

 

ブログ写真

 

小西研究室のHPはこちらから↓

http://www.konishi-kg.org/index.html

 

Hello everyone. I am Wako Takijiri, a student in Konishi seminar.

 

The long summer vacation has ended. The fall semester started on September 20 and students return to the campus. I think students went through a variety of experiences during summer vacation. In Konishi seminar, students went to Philippine on our field trip for four days.

 

We visited Asia Developing Bank and did educational support activities for the street children and the children in the Garbage Mountain.

Today, I am going to talk about the educational support activities in the Garbage Mountain.

 

We stayed in the center of Manila with tall buildings. The third day of the field trip, we moved to TNK (Tulay Ng Kabataan), which is a French NGO supporting children in the Garbage Mountain. It took an hour or two from hotel by the car.

 

Have you ever imagine the life in the Garbage Mountain?

Before I visited there, I heard the story about last year’s field trip and imagined the environment of the Garbage Mountain. However, it was beyond our imagination. People lives in garbage. It has a strong odor, and a lot of fly was flying. There is no road in good condition.

 

Like this, the environment of the Garbage Mountain is bad. It is hard to believe people live in there, but children are not negative. They participated in our activities positively.

We did some activities:

  1. Self-introduction
  2. Introduction of Olympic
  3. Creep between somebody’s legs
  4. Jump rope
  5. Sing a song
  6. EBIKANICS
  7. Present

 

From now on, we are going to share this experience in Philippine. We would like a lot of people to think about the educational problems in developing countries.

 

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2017/11/10 17:01

2017年度 フィリピンフィールドワークのご報告2

こんにちは。小西ゼミ 三年生の岡田 優苗(おかだ ゆうな)です。

 

6月から着々と進めていたフィリピンフィールドワークも終わり、少し寂しい気持ちになりますが、次はその経験を活かしてアウトプットするリサーチフェアに向けてみんなで準備をしております。

 

フィリピンでのフィールドワークは、たくさんの学びを得ることができたとゼミ生のみんなが感じられるものでした。

 

その中でも、今回はフィリピンのストリートチルドレンの為に活動する、NGO団体のCHILD HOPEでのゼミ生の活動についてお話し致します。

 

フィリピンでは、都市の中心地の街路で一日のほとんどを過ごす子どもたちがいます。彼らはストリートチルドレンと言われています。

彼らは、貧困、虐待や家庭環境の問題によって、一日6時間から14時間程働きながら、路上で暮らすように強いられています。

そんな子どもたちのための保護がない状態では、彼らはたくさんのリスクに晒されます。例えば健康問題、薬物中毒、性的暴行などが挙げられます。

 

そんな彼らのために、無償で教育やヘルスケアを行うNGO団体がCHILD HOPEです。今回のフィールドワーク二日目では、CHILD HOPEの職員の方に協力して頂き、アクティビティを行いました。

 

アクティビティの内容は以下です。

 

・自己紹介(各自の特技)

・アイスブレイク(オリンピックについて)

子ども達に2020年に開催される東京オリンピックを、アニメを踏まえて紹介するため。

・メインアクティビティ(馬とび、ゴムとび、手つなぎ鬼)

子ども達にほかの子ども達と一緒に遊ぶ楽しさを知ってもらうため。また、私たちが帰った後でも継続して遊んでもらうため。

・サブアクティビティ(世界の挨拶の歌)

世界の挨拶を歌通して学び、世界の広さ、言語の多様さを知ってもらうため。

・ダンス(エビカニクス)

ダンスを通じて、身体を使って表現する楽しさを知ってもらうため。海などの環境に対する知識や、エビやカニを中心とした生物の知識を増やすことで、普段の生活に新たな視点を見出す。

 

 

終了する際には、お土産としてゼミ生が作ったミサンガをプレゼントしました。

 

私がアクティビティを行う中で感じたことは、子どもたちがとても興味を持って話を聞いてくれていたということです。多少段取りが悪くなったり、途中で雨が降ったり、と様々なハプニングがあったとしても、全力で楽しんでくれていました。

 

また、アクティビティ以外では、車から降りた瞬間から子どもたちに囲まれて歓迎され、みんなが笑顔いっぱいで積極的に話しかけてくれました。

 

ストリートチルドレンのネガティブな背景をまるで感じさせない子どもたちに、私たちが元気をたくさん与えられました。本当に言葉では伝えきれないほどです。

 

さらに具体的にお伝えするために、以下にフィールドワークの写真を掲載致しますので是非ご覧ください。

↓ダンスの様子

ダンス

↓お土産を渡す様子

お土産

Hello, I’m Yuna Okada, the third-year student.

 

I’m just feeling little bit lonely because we finished the field work which we had planned hardly since July. But now, the next event, “Research Fair” is proceeded to put out our experience and make it deeper.

 

We all are sure that the field work was worthful because we had precious activities. Today, I’ll write about the one of activities we did, especially the activity with “CHILD HOPE” for street children.

 

In Philippine, there are so many children who are spending an almost day on a street in the downtown. They are forced to live there and to work for 6 hours to 14 hours because of poverty, neglect or some domestic problems.

 

For those children,” CHILD HOPE” provides opportunities of Education and Health Care as a group of NGO. The 2nd day, we present our activities to children who are protected by “CHILD HOPE” with those staff.

 

The contents:

. Self-introduction

. Ace Breaking (Talk about the History of the Olympic Games)

To introduce the Tokyo Olympic Games in 2020 with Japanese famous cartoons.

. The Main Activity (UMATOBI, GOMUTOBI, TETSUNAGIONI)

To know how fan it is to play with other children. Hopefully, children will play continually after we leave.

. The sub-activities (The song of the world greetings)

To know the variety of languages and how broad our world it is.

. Dance (EBIKANIKUSU)

To know the pleasure of expressing with the body. Acquiring the knowledge about the sea or some environments and the knowledge about creatures, especially shrimps and clubs, children can get new points of view in their life.

 

At the end of our activities, we presented “MISANGA” as a gift.

 

In my opinion, I was surprised because children are extremely interested in what we did than I thought. Even we came across some happenings like rain or somethings, children did enjoy themselves completely.

 

In addition, children were so positive that they talked us actively since when we had arrived.

 

We were cheered by children who are smiling and they did not let us feel the negative background. I cannot say that in my words.

 

If you would like to know more about the Philippine Field Work, please watch the pictures below.

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2017/11/3 22:41

How was your 4 years at KGU?

いつも小西ゼミのブログをお読みいただきありがとうございます。
今回は、4年の立川愛夕が“4年間の振り返り”について執筆致します。
4年生の集大成としてのブログ、どのように振り返ろうかとても考えました。私らしい振り返り方って何だろう…。そこで作成したのが、このバイオグラフィーです。
IMG_7927
アルバイト先でもボード作成をしていたりと、デザインすることが好きでかつ、手書きの手作り感が好きなので、私らしさが出ているかなと思い今回このバイオグラフィーを元に私の関西学院大学 総合政策学部での4年間を振り返ります。
①4年間を振り返っての感想
このバイオグラフィーを作成して一番初めに感じた事は、本当に様々な事があったなと実感しました。よく大学の4年間は本当にあっという間に過ぎてしまうよと耳にしていましたが、想像以上に本当に1年1年過ぎるのがとても早く感じました。最近は特に、もう4年も経ってしまってのかと考えることが多かったのですが、その4年間に詰まっていたものは多く、本当は長かったのだなと実感しています。多くの出会いと別れ、自分の挑戦と失敗を繰り返し、今日の私があるんだと再確認しました。特に、私の4年間を一言で表すならば、“人との繋がり”が全てではないかと考えています。
②大きな変化をもたらした出来事
私にとって大きな変化と成長をもたらした出来事は、主に4つあります。
第一に、大切なひとたちの死です。この4年間の間で、大切な家族、愛犬が亡くなりました。それまで元気になるようにと、一生懸命頑張っていた自分の糸が切れた瞬間でもありました。初めは、気持ちの整理をしてその悲しみを乗り越えなくてはいけないと考えていた。しかし、時間が少し経ってから気持ちの変化が出来ました。無理をして乗り越えようとしなくていいから、その気持ちと一緒に自分らしく生きていけばいいと。乗り越えるという言葉は私には少し違う気がしています。そして、そのどのポイントでも支えてくれる友人と家族が私の周りには沢山いたことに気付きました。そこでの私の大きな成長は、今まで以上に大切に思う気持ち、感謝の気持ちを素直に彼らに伝えるようになりました。これからの大切にしていきたいと強く決心したのも私の中での気持ちの変化だったと感じています。
第二に、成人式での新成人代表スピーチです。本当は、成人式に出席しない予定でした。高校が地元ではなかった私にとって、知り合いが殆どいなかったためです。しかし、誰よりも私の成人式を楽しみにしていた母のためにも、母へ向けてのメッセージ、そして成人する同級生に母から学んだ大切なことを伝えなくてはいけないと考えたときには、代表スピーチに応募していました。応募者多数で抽選の中、私を含め3人が選出されました。そして、私は一番最後に指名していただきました。これまで、大学での授業などでプレゼンテーションの授業を沢山とっていたり、人前で話すことは経験してきましたが、このスピーチほど緊張感に敵うものはありません。やはり、小さい頃からの自分のことを知っている人が殆どで、知り合いが多かったため今まで経験したことのない緊張の度合いでした。前日から緊張でなかなか眠れず、朝ご飯は一切入らなかった程でした。いざステージに立って、初めの数十分は緊張で心臓が飛び出そうだったことをよく覚えています。その緊張感になれたのは、自分の順番が最後だったからだと感じています。この経験からの大きな変化は、人前で話すことに良い緊張感で臨めるようになったことです。それまでは、やはり緊張で頭が真っ白になったこともありますし、聞いてくれている人の顔を見て話すことが難しいと感じていました。今でも勿論、緊張はしますが、自分の力を精一杯出すための緊張へと変わりました。そして、友人などからの感想を直に聞き、伝わること、聞いている人の生活の一つのエッセンスになることの本当の喜びを感じ、私は使命感や責任感が強く、多くの人に伝えていく役割なのではないかと気付きました。その気付きが今日のBridge for Children,KGUでの活動やイベントなどで発表の場があれば参加するなど、その後の大学生活への変化をもたらしています。それは、今後も変わらないと感じています。
第三に、アメリカでの短期インターンシップです。これは、入学前に決めていた目標でもあり、出会いと学びが私に大きな変化をもたらしていると感じています。出会いとは、ホストファミリーとの出会いです。高校時代に留学経験があり、ホームステイをしていた私はホストファミリーに良い印象を持っていなかったため、良い出会いを期待していませんでした。しかし、本当に温かい家族に出会えました。オーストラリアのホストファミリーには、珍しがられネガティブな解釈としてされていた日本人であることを、人種や国籍など関係なしに歓迎してくれたのです。それは、私が日本人だからではなくて、人として平等に接してくれたことが本当に嬉しかったです。そして、毎日往復二時間掛けて職場まで送迎してくださったり、本当に家族の一員として大切にしていただきました。改めて、自分らしくいることの大切さを実感し、今後も自分らしく生きることを教えてもらったのは、この出会いがあったからです。又、ある日、ホストファザーに相談をしていたときに言われた言葉は、私にとって大きな変化をもたらしたものでした。
“Sometimes you just need to follow your heart and not thinking about anything else. Don’t wait chances to come, just take it.”―時には、他のことを何も考えずに自分の心を信じて従った見てごらん。チャンスが来るのを待つのではなく、自分から掴みに行くんだよ―
この言葉を聞いて、躊躇していた大きな挑戦などを積極的にするようになりました。私が何か新しいことに挑戦する時や悩んだ時には、いつもこの言葉を思い出します。
最後に、アルバイト先での店長との出会いです。現在、その店長は他の店舗へ異動なってしまったのですが、私の可能性を一番信じていてくれた人です。高校卒業時から働いているアルバイト先では、後輩も多くなり、同級生も多い中、自分の職場での在り方に悩んでいました。一生懸命取り組んでも、馬鹿にされたり、アルバイトに対する価値観の違いで、責任感が強く真面目すぎる自分に嫌気を感じていました。しかし、その一生懸命頑張っている姿を見てくれていたのが、その時の店長です。そして、職場での在り方を悩んでいた私に、アルバイトリーダーとして指名してくださり、私のために上司に相談して今までできた事がなかった役職を作ってくださったのです。肩の荷が下りた気がしました。自分らしく一生懸命働いていたことは、悪いことではなかったのだと実感できた瞬間でした。この出来事を通して、一生懸命努力していると、なかなか報われない事もあるけれど、見てくれている人は、必ずいるからありのままの自分でいいという気持ちの変化とリーダーという役職を自分が担えるようになったのだという発見がありました。小学生からバレーボールをしている私は、副キャプテン向きとよく言われ、リーダーに向いていないと考えていました。しかし、その考えを変えてくれたのはこの店長で、今の私がいろんな場でリーダーを任されるようになったきっかけを作ってくださったと感じています。
③4年前に立てた目標
ここで、私が入学当初に立てた2つの目標は達成できたのか振り返ります。
1.様々な視点から物事を考える
この目標の背景は、特に高校時代は国際分野の特に自分の好きなことだけ興味を示し、勉強していたことで、一方向の視点しか持っていなかったことに気付いたからです。私が総合政策学部を選んだ理由でもある、多彩な勉強が出来ることは、自分にとってとても良い環境でした。様々な授業を取り、自分の興味のないことも勉強することを念頭に1年次から時間割りいっぱいに受講していました。そして、何よりもそのどの学びも無駄ではなくて、一つの問題に対して、違った視点から考えてみることで、その考え方が今の自分に身に付いたと感じているからです。ですから、達成度は、とても高いと考えます 。
2.アメリカの短期インターンシップに参加する
この目標の背景には、高校時に交換留学を1年間しており、英語で日常会話が自然に出来るようになった時に、その先にあるビジネスの場で使える英語を学びたいと強く考えたからです。そして高校時代に、留学費用を全額負担してくれていた両親に参加費を出してもらうのではなく、今回は自分で費用を貯めることを目標にアルバイト・勉強・家事の両立を頑張ることを決めました。実際に、アメリカの短期インターンシップに参加できたことから、達成できたと考えますが、参加費が少し足りなく、両親に負担してもらったことから未達成の部分もあると感じています。その残りの費用分を必ず両親に返すことは来年までに達成したいと考えています。
④これから社会人になる抱負
いよいよ来年の春から、社会人として企業で働く私の抱負を初めてこのブログで綴りたいと思います。
“プラベートも仕事も充実していること”が私の社会人としての抱負です。勿論、新入社員初めは、新しい事だらけで、不安になってしまったり、気持ちの下がることやどちらの充実は難しいのを理解した上で、抱負にしています。具体的には、プライベートは自分の時間や友人、家族との時間を大切に出来ることが私の中でのプライベートの充実です。そして、仕事では年や性別、国籍関係なく沢山の人に出会い、良好な関係を構築することと、仕事をしていく中で、沢山のことを吸収し、自分も成長し、頼れる存在になることが、私の仕事での充実だと考えています。
現段階では、社会人になることがどのようなことなのかという本当の意味での理解には掛けている部分が多々あると思いますが、社会人になっても自分らしく“努力は必ず報われる”ということを忘れずに頑張りたいと考えています。
⑤後輩に伝えたい事
長くなりましたが、最後に後輩に対してのメッセージはこれに尽きます。沢山の人と出会って、色んなことを吸収して、自分の成長へと繋げて下さい。何度も記述しているように、私にとって人との繋がりが人生で一番大切であり、沢山の経験をしました。これからもそれは変わらないものだと感じています。勿論、時には苦手だなと感じる人に出会うこともあると思います。でもそれを、ただ苦手、嫌いだから関わらないと選択することも、一つでもその人の良い所を見つけて、自分なりの関わり方を考えていくことも出来ます。その人との出会いが意外にも自分にとって変化を与えることになったり…なんてこともあります。なので、人との繋がりは大切にしてもらいたいなと感じています。
又、勉強に関しては、自分が好きな分野の勉強を深めることも勿論重要ですが、時には少しその外の分野にも目を向けてみてください。その時に、感じる想いや見える世界は異なってくると思います。それが新たな気付きになり、自分の価値観を広げる機会になるかもしれません。実際に私が、様々な授業を受講したことが自分の視野を広げる機会になったからです。私自身も今でも沢山模索しますし、失敗と挑戦を繰り返して、日々過ごしています。ですから、皆さんも失敗を恐れずに、様々なことに挑戦をしてみて下さい!
これにて、私の関西学院大学 総合政策学部での4年間の振り返りを締めくくりたいと思います。最後までお読みいただき、ありがとうございました。
★小西研究室のホームページはこちらから↓
http://www.konishi-kg.org/language.html
Thank you always for reading Konishi seminar’s blog.
In today’s blog, Ayu Tatsukawa will write about “Reflection of 4 years at University”.
At first, I was wondering how to reflect these whole 4 years. Then, I made this biography.
IMG_7927
The reason why I thought this is my personality is I like designing and I used to made decorated board at part time job also, I like hand writing to look handmade. Therefore, I would like to reflect my 4 years at Kwansei Gakuin University, School of policy studies.
①Comments for 4 years reflection
At the very first time, I thought there were so many things happened. I heard from a lot of people that 4 years at university goes really quickly and it was. I felt time so quickly each year. Especially, I always think I’m already senior recently, but by looking back all stuffs, and I thought it was a long year that contains so many things. Many encounters, farewells, separations and challenges, failures, made today’s me. If I say in one word, “Connecting to people” is my everything in this 4 years.
②Occurrences that made big change to me
There are 4 things that made my life changed.
At first is my precious people and pet’s death. Through these 4 years, I lost my precious person and pet. This was the time I lost my mind even I was tried so hard to get them better. The biggest change is how to think about that sadness. For the first time, I was thinking I need to get over that, but by the time goes, my mind has changed that I don’t need to get over and just stay those feeling in my mind. That’s who I am and being myself. Also, I realized there are many friends and family who always support me at those points. From this experience, I think importantly of these people and tell gratitude honestly more than before.
Second is speech at coming of age ceremony. I wasn’t planning to participate in that ceremony. There aren’t a lot of friends in my neighbor because I didn’t go to high school in my home town. However, I decided to apply when I think of my mother who really wanted to see me on this day. Also, tell people the importance of having gratitude in every day’s life. Three people were selected by lottery and I was the last speaker. I experienced to talk in front of many people by doing presentation at university, but this speech was different to other one. The big difference is tension. I’ve never felt this tension before. I think the reason why I felt that way is there were so many people who know me from very younger age. I couldn’t sleep well and I couldn’t eat anything from early morning. I remember I was nervous that I could hear my heart beat, but I could relax because I was the last speaker. From this experience, I could talk in front of many people with good tension. Before that, when I talk I lost parts to speak or I couldn’t see audience. I still get nervous, but it changed to bring my ability into play. Also, I felt happiness to tell and made audience life better by hearing friend’s comments. I thought this is my role to do and this feeling made me today’s Bridge for Children, KGU’s activities and participate in anything. I thought it won’t change in the future too.
Third is short internship at America. This is my goal at university and also, encounter and learning made changes. For encounter was seeing my host family. I went to study abroad when I was in high school and I didn’t have any good images of host family. In Australia’s host family, I was very rare because I am JAPANANESE. However, this host family was different that understand and treated me equally. They spent time with me as a real family. The biggest change is my host father’s word. It was ““Sometimes you just need to follow your heart and not thinking about anything else. Don’t wait chances to come, just take it.” Through this word, I often think of it when I try and challenge anything.
At last is encounter with my boss at part time job. He moved another store now, but he believed me so well. I work at same store after graduating high school. I was worrying about my own way at part time job, because many younger students started to work and there are many same age students as me. At that time, I didn’t like my seriousness and a deep sense of responsibility because even I work hard, people around me scoffed. However, my boss was looking me that was working hard and he talked to manager to make position, part time job leader. I felt I went down the shoulder of the load. It was the moment I thought working hard wasn’t a bad thing. Through this experience, sometimes there is time people don’t understand or recognizes my work, but there are always people who understand it. Also, I realized I could be a leader. Because from younger age, people often say to me you are better to be sub-leader and not leader. My boss changed my mind of it and gave me opportunities to be selected leader nowadays.
③Goals that I made in 4 years ago
From now on, I would like to reflect two goals whether achieved or not.
1.Consider things from many view points
The reason why I decided this goal is I found out that I only study what I like and only have one view point. To study many subject is my reason to enter this department and this was really good environment for me. I took many subjects even I didn’t have any interest. I could say there weren’t any subjects that waste my time, because I could study different values by looking one problem. Therefore, I think this goal was achieved.
2.Participate short term Internship in America
I thought I want to learn business English that can use for a job, because I went to study abroad for a year in high school and I could speak casual English. Also, I decided to pay all money by myself, because my parents pay all money at high school’s study abroad. I could successfully participate in this internship, so I achieved this goal. However, I couldn’t pay all money that my parents pay a little bit, so in this way, I haven’t achieved yet. I will pay them back until next year.
④The goal from next year
From next spring, I will start to work at company, and I would like to share my goal in very first time.
“Enrich both, private and work”. I know that it is difficult to achieve and for first to three years, it might be difficult, but this is my biggest goal. For private, if I could spend time with my family, friends and have own time is fullness. For work, I could make great relationship by seeing a lot of people are one thing. Other thing is through work, I could absorb many things and I could be a person that is certain.
In this point, I think I didn’t understand the real meaning of “Work”, but even there might be difficult things happened, I don’t want to forget “Efforts are rewarded always” and being myself and try anything.
⑤Messages for younger students
As I writing this long, at very last, I would like to say this words to younger students. Try to meet a lot of people, absorb many things, and connect to your life. As I wrote a lot that connection with people is really important in my life, and I learned a lot from people. It won’t change in my future too. Sometimes, there is people you might don’t like. However you have a choice that you just think you don’t like them and try not to hang out or try to find out at least one good thing about them and talk to them. That encounter sometimes could change your life.
Also, for study, I would like to say  try to focus on other subjects. Studying favorite topic more deeply is important, too. However, I want you to look different view point, because I know you could find out something from that. The reason why I say this is I experienced those things and it changed my values to think about everything. As you know I’m still groping and continuing to challenge and fail. Because of this, please try to challenge anything by not worrying about failures.
This is the end of my reflection of 4 years at Kwansei Gakuin University, School of policy studies.
Thank you very much for reading my blog.
★Here is a Konishi seminar’s home page.↓
http://www.konishi-kg.org/language.html
  • 投稿者:
  • 投稿日時:2017/11/1 15:03

プロフィール


NAOMI KONISHI
研究分野のキーワード 国際協力、国際人事政策、能力開発・キャリア開発 研究内容 私は着任前、国内の外資系企業及び国際機関にて、組織の人事政策や人材戦略に基づく人事管理業務に携わっており、...

カテゴリー一覧