2017年度 フィリピンフィールドワークのご報告3

こんにちは。小西ゼミ3回生の瀧尻和子です。

 

長かった夏休みもついに終わり、9月20日より秋学期が始まっています。休暇中、学生の皆さんは様々な経験をされたかと思います。小西ゼミでは、8月29日から9月1日にかけてフィリピンにてフィールドワークを行いました。

 

フィールドワークでは、アジア開発銀行への訪問、street childrenやゴミ山の子供たちへの教育支援活動などのプログラムを実施しました。今回は、ゴミ山の子供たちへの教育支援活動についてお話させていただきます。

 

フィールドワーク3日目、私たちは宿泊していた高層ビルが立ち並ぶマニラの中心部から車で1~2時間移動し、ゴミ山に住む子供たちを支援しているフランスのNGO団体、TNK(Tulay Ng Kabataan)へ訪問しました。

 

皆さんは、ゴミ山での生活を想像したことがありますか?

訪問前、私は、昨年フィールドワークに参加された先輩や先生からのお話や写真を参考に、ゴミ山の状況について様々な想像をめぐらしていました。しかし、実際現地に着いてみると、その環境は想像を絶するもので、大量のゴミの隙間で人々が生活しているという感じでした。臭いもきつく、大きなハエが大量に飛んでいました。もちろん道路なども整備されておらず、少し雨が降っただけで、ひざ下まで泥水がたまっていました。

 

このように、現地の環境はとても子供たちが心身ともに健康に生活できる環境とはいえませんでしたが、子供たちは決してネガティブな様子は見せず、私たちが用意したプログラムに目を輝かせて参加してくれました。

以下が、私たちが現地で実施したプログラムです。

1.自己紹介

2.オリンピックの紹介

3.またくぐりリレー

4.ゴム飛び

5.歌

6.エビカニクスのダンス

7.ミサンガ・あめのプレゼント

(詳しくは前回のストリートチルドレンの投稿をご覧ください。)

 

今後は、このフィールドワークでの経験を多くの人に共有していき、少しでも多くの人が途上国における教育問題に目を向けてくれればと思っています。

 

ブログ写真

 

小西研究室のHPはこちらから↓

http://www.konishi-kg.org/index.html

 

Hello everyone. I am Wako Takijiri, a student in Konishi seminar.

 

The long summer vacation has ended. The fall semester started on September 20 and students return to the campus. I think students went through a variety of experiences during summer vacation. In Konishi seminar, students went to Philippine on our field trip for four days.

 

We visited Asia Developing Bank and did educational support activities for the street children and the children in the Garbage Mountain.

Today, I am going to talk about the educational support activities in the Garbage Mountain.

 

We stayed in the center of Manila with tall buildings. The third day of the field trip, we moved to TNK (Tulay Ng Kabataan), which is a French NGO supporting children in the Garbage Mountain. It took an hour or two from hotel by the car.

 

Have you ever imagine the life in the Garbage Mountain?

Before I visited there, I heard the story about last year’s field trip and imagined the environment of the Garbage Mountain. However, it was beyond our imagination. People lives in garbage. It has a strong odor, and a lot of fly was flying. There is no road in good condition.

 

Like this, the environment of the Garbage Mountain is bad. It is hard to believe people live in there, but children are not negative. They participated in our activities positively.

We did some activities:

  1. Self-introduction
  2. Introduction of Olympic
  3. Creep between somebody’s legs
  4. Jump rope
  5. Sing a song
  6. EBIKANICS
  7. Present

 

From now on, we are going to share this experience in Philippine. We would like a lot of people to think about the educational problems in developing countries.

 

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2017/11/10 17:01

コメント:0

まだコメントはありません。

コメントを投稿する

トラックバック:0

トラックバックURL
http://kg-sps.jp/blogs/konishi/2017/11/10/3396/trackback/
この記事へのトラックバック

まだトラックバックはありません。

プロフィール


NAOMI KONISHI
研究分野のキーワード 国際協力、国際人事政策、能力開発・キャリア開発 研究内容 私は着任前、国内の外資系企業及び国際機関にて、組織の人事政策や人材戦略に基づく人事管理業務に携わっており、...

カテゴリー一覧