4年間の振り返り

こんにちは。小西ゼミ4年の荻野峻宏です。

今回は、大学4年間の振り返りと、卒業後について書こうと思います。

私は、この4年間で少しでも興味を持ったことを突き詰めることの大切さを学びました。

私は、関西学院大学に入学した当初、明確な目標はありませんでした。やっと受験勉強が終わり、ほっとしていたと同時に、大学で何をしたいのか自分でもわかりませんでした。関西学院大学を選んだのも何となく海外、特に途上国に興味があり、海外留学プログラムが充実していたからという漠然とした理由からでした。そのため、入学後、半年ぐらいは大学で学ぶ意味を見出せずにいました。

そんな時に、先輩に勧められ、ベトナムでのフィールドワークに参加する機会がありました。これが大きなターニングポイントだったと思います。このプログラムの中で、ベトナム人学生とディスカッションをする機会がありました。その時に、日本のジェンダー政策や働き方改革などの社会問題について質問されましたが答えられず、自国のことすら知らない自分を恥ずかしく思いました。帰国後、ディスカッションでも話題となった育児休暇やジェンダーにより興味を持つようになり、自ら意欲的に学ぶようになりました。また、そこから次第に関心が広がっていき、3、4年次には、ノルウェーで1年間家族政策を学んできました。1年生の時から比べると、関心は大きく変化しましたが、それはこの4年間で様々な環境に飛び込んでいき、多くの経験をすることで、主体的に考え、行動できるようになった証でもあると思います。

来年からは、社会人として働き始めます。その中で、仕事と私生活の両面において、常にやりがいと楽しさを追求していきたいと思います。仕事面では、定期的にキャリアプランを描きながら、自分の掲げている目標に向けてスキルアップしてきたいと思います。そのために常に挑戦するという姿勢を大切にしたいと思います。私生活面では、積極的にいろいろなことにチャレンジしたいと思います。今は、ハイキングやピクニック、トレーニングなどアクティブな趣味が多いので、今後は、音楽や絵画など芸術にも触れたいと思います。そして、趣味を通じて様々な人々と関わりたいです。

自分自身、この4年間でものの見方や考え方が大きく変わりました。それは、少しでも疑問に思ったことを追求していった結果だと思います。皆さんも、一つの出会いやきっかけを大切にしてくださいね。

 

 

小西研究室のホームページはこちらから↓

http://www.konishi-kg.org/language.html

 

 

Hello, I’m Takahiro Ogino, a member of Konishi seminar. Today, I’m going to share with you what I have learned in KGU and what I’m going to do after I graduate from KGU.

What I have learned in KGU is that it is important to have curiosity and pursue what I get interested in. When I entered KGU, I didn’t have clear goals that I wanted to have done in 4 years. This is because I have never thought about my future profoundly before, and I don’t know where my interests are. Also, I expected almost nothing for KGU, but only various international programs that KGU offers attracted me to come to study. Therefore, I was struggling to find why I was studying in KGU for a while in the first year.

However, a turning point came when I was about to finish the first year. I was asked to join a field trip to Vietnam by my friends, and I went to see a developing country for the first time. In this program, I got an opportunity to discuss social issues in both Japan and Vietnam with Vietnamese students. Then, they asked me what’s going on about gender equality and work environment in Japan, but I couldn’t answer these questions because I was not familiar with the issues. I realized that I didn’t know even about my country and got embarrassed. Since then, I started to put my concern on what happens around me, and I gradually got interested in childcare and gender issues which had been discussed in Vietnam. Through these processes, I ended up studying family policy in Norway for one year. As I mentioned above, my interest has varied many times. This means that I came to be curious and took actions to achieve goals through stepping into new places and encountering various people.

I want to pursue what I can be excited and get fulfilled even after I begin to work from the next spring. Regarding work, I want to be greedy to achieve goals and improve my skills. I believe that I’ll get great achievements if I face hardships and try to overcome such difficulties. I also want to try something new such as music or art. I have played sports for many years so far, so I really like to do physical activities such as hiking and working out. Therefore, I want to enhance my life more thorough enjoying music and art.

I’m pretty sure that the experiences in KGU changed me dramatically because I tried to do whatever I’m interested in. It is important to have opportunities to see someone and go to somewhere, and be inspired by them to change yourself. Therefore, curiosity could help you widen your perspectives.

コメント:0

まだコメントはありません。

コメントを投稿する

トラックバック:0

トラックバックURL
http://kg-sps.jp/blogs/konishi/2017/11/20/3423/trackback/
この記事へのトラックバック

まだトラックバックはありません。

プロフィール


NAOMI KONISHI
研究分野のキーワード 国際協力、国際人事政策、能力開発・キャリア開発 研究内容 私は着任前、国内の外資系企業及び国際機関にて、組織の人事政策や人材戦略に基づく人事管理業務に携わっており、...

カテゴリー一覧