2017年12月

三年生ブログ 自己紹介⑨

皆さん、こんにちは。
いつも小西ゼミのブログをご覧いただきありがとうございます。
自己紹介企画の8回目として、瀧尻和子が執筆いたします。
1.名前
瀧尻和子(タキジリワコ)
2.出身/出身高校
奈良県生駒市/私立育英西高校
生まれは奈良市内ですが、4歳からは生駒山の麓の新興住宅地に14年住んでいました。大学入学後は、三田の駅前で一人暮らしをしています。
地元は、住宅地なのでこれといった名所はありませんが、高校の最寄り駅の富雄駅周辺はラーメン激戦区で、帰省した際はよく友達と食べに行きます。
3.趣味
ヨガ/絵本鑑賞/お笑い鑑賞/マンガ/ドラマ/カラオケ
基本はインドア派で休日は家でマンガを読んだりDVDを見ることが多いです。特に、お笑いは高校時代から好きで、難波の劇場まで見に行くこともあります。最近はマルセイユというコンビにはまっていて、ゼミ生と一緒に単独ライブにも行きました。
また、絵本を集めることも好きで、一番好きな絵本は、佐野洋子さんの『100万回生きたねこ』です。愛し、愛されることの尊さ、そして命の尊さを教えてくれる、心温まり、そして少し悲しくなる話です。
4.海外経験
旅行で、カナダ、アメリカ、台湾に行ったことがあります。また、今年の夏には、小西ゼミのフィールドワークでフィリピンに行ってきました。
カナダには、クリスマスの時期に行ったので、日本と違ったクリスマスを経験でき、とてもいい思い出になりました。
5.ゼミでの抱負や目標
私は、小西ゼミに入るまでグループワークをした経験があまりありませんでした。幼いころは、6年ほど体操競技と水泳をやっていて、高校時代は陸上部に所属し、個人競技しかやったことがなくチームというものに所属したことがありませんでした。また、大学に入ってからもサークル活動なども積極的に行ってこず、小西ゼミに入り、オープンキャンパスやフィールドワークの準備の際に、はじめてチームワークの大切さ、そしてその難しさに気づくことができました。残りのゼミの活動でも、小西ゼミの一員として、小西ゼミが最大限の力を発揮できるように貢献していきたいと考えています。
6.私から見た岡田優苗
ゆうなちゃんはとても面白くて、ゼミ生の雰囲気を常に明るくしてくれます。また、しっかり者で、締め切りやみんな仕事の進捗状況も気にしてくれ、リマインドなどもしっかり行ってくれています。とても頼れる人です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

Hello, thank you for reading our blog.
I will write about introduce myself as a 8th student of Konishi seminar.
1. Name
Wako Takijiri
2. Place of birth/a graduated high school
Nara/Ikuei Nishi High School
I was born in Nara city. I moved to new town near Mt. Ikoma when I was 4 years old, and I had lived there by entering university. Now, I live near Sanda station.
In my hometown, there are no place to see, but there are a lot of Ramen shop near Tomio station, the nearest station from my graduated high school. I often eat Ramen with my friends when I come back mu hometown.
3. Hobbies
Yoga/Picture book/Comedy/Manga/Drama/Karaoke
I am an indoor person. I usually stay home on my day off, and I read Manga and watch DVD. Especially, I really like Comedy since I was a high school student. I sometimes go to the live house in Namba. Recently, I am crazy about comedy duo, Marseille I went to their solo live with the seminar students.
In addition, I like to collect picture books. The most favorite picture book is “The Cat that Lived a Million Times” written by Yoko Sano. This book show me the importance of love and life. It is a heartwarming story and a tragic story.
4. Experience in overseas
I have been to Canada, America, and Taiwan. In addition, I went to Filipina as a field trip.
I went to Canada in Christmas season. Christmas in Canada was difference from Japanese one. It was a good memory for me.
5. Hope in Konishi Seminar
I had not have much experience of group work by entering Konishi Seminar. When I was childhood, I did gymnastics and swimming, and when I was a high school student, I belonged to track and field club, so I had never belonged to team. In addition, after entering university, I had not act of participation in club activities positively. When I entered Konishi Seminar, I had first experience group work, for example, preparation of Open Campus and fieldwork, and I noticed the importance of teamwork and difficulty of teamwork. I will continue to contribute to Konishi seminar.
6. Introduce about Yuna Okanda
Yuna is a funny girl; she always brightens up the atmosphere. In addition, she is a very stable person; she always warry about other students’ work, and remind other students to meet the dead line.

Thank you for reading to the last.

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2017/12/29 21:55

三年生ブログ 自己紹介⑦

こんにちは。小西ゼミ3回生の図師葉月です。

いつも学部ブログを読んでいただき、ありがとうございます。

今回は、自己紹介の7人目として投稿させていただきます。

 

 

  • 名前

図師 葉月(ずし はづき)

 

  • 出身・出身校

兵庫県宝塚市・兵庫県立宝塚高等学校

 

21年間宝塚市に住んでおり、宝塚市から出た事がありません。

宝塚市には宝塚大劇場があり、様々な場所からファンの方々が集まりいつもにぎわっています。「宝塚」といえば大劇場ですが、実はウィルキンソンの炭酸水の発祥の地でもあります。ウィルキンソンは、英国人ジョン・クリフォード・ウィルキンソンが狩猟に行った宝塚の山中で炭酸鉱泉を発見したことから始まりました。自然も豊かでのんびりと暮らせる宝塚市がとても好きです。

 

  • 趣味

旅行

 

幼いころから両親とともに旅行によく行っていたことがきっかけで、大学に入ってからも、海外旅行や国内旅行に行きます。国内ではほぼ1年に1回のペースで、長野県に行っていたため、長野県の自然の豊かさ(特に上高地)などがとてもお気に入りです。海外ではまだ、韓国・台湾・フィリピンにしか行ったことがないので、これからもたくさんの国に訪れたいです。

 

  • 海外経験

海外旅行(韓国・台湾)・フィールドワーク(フィリピン)

 

上記でも記載しましたが、海外旅行では韓国と台湾を訪れました。韓国はとても食べ物の味が日本人の味覚に合い、どのご飯をたべても美味しかったです。逆に台湾は人によって好みが分かれると思いますが、私的にはとても優しい味で、また訪れたいと思った国でした。

フィリピンでは、小西ゼミのフィールドワークにて訪れました。詳細は「フィリピンフィールドワークのご報告」で記載しましたが、メディアでしか見た事のない貧困の地に実際に目で見、肌で感じる事ができたのでとてもいい経験になりました。

 

  • ゼミに対する意気込み・抱負

私たち小西ゼミ生はゼミ長が存在しないので、全員がゼミの一員として責任感をもつことが必要です。私はゼミにおいて学部ブログの係りを担当していますが、イベントがあると、そのイベント内の係りも担当する事になるので、係りの仕事が二重三重となることがあります。小西ゼミに入ってもうすぐ1年になりますが、先輩方を見ていても、私はまだまだスケジュール管理が怠っている部分があるので、上回生になる責任感と共に、足りない部分を補っていきたいと思っています。

 

  • 私から見た○○

わたしの次の投稿者は瀧尻さんなので、瀧尻さんについて紹介したいと思います。

和子ちゃんの第一印象は、「しっかりしていて真面目な子」でした。しかし、フィリピンフィールドワークで仲良くなった際、実は真面目だけではなく強烈に面白い子だと判明しました。彼女にはまだまだ秘密が隠されていると思っているので、もっと仲良くなって和子ちゃんの本性を暴きたいです。

 

ブログを読んで頂きありがとうございました。

引き続き、自己紹介ブログをお楽しみください。

 

小西ゼミHPはこちらから↓

http://www.konishi-kg.org/23567351991247612511.html

 

Hello everyone. I’m Hazuki Zushi, 3rd year student in Konishi seminar.

Thank you always for reading our blog. I will write about introduce myself.

 

  • Name

Hazuki Zushi

 

  • Place of birth

Takarazuka Hyogo/ Takarazuka high school

 

I’m living in Takarazuka and I haven’t ever left Takarazuka.

Takarazuka city has Takarazuka grand theater and many people visit it.

Speaking of Takarazuka is a grand theater, but the carbonated water of Wilkinson is famous in there. Person who makes carbonated water discovered it in Takarazuka. I really like Takarazuka city because it has beautiful nature and comfortable.

 

  • Hobbies

My hobby is a trip. When I was a child, I often trip in Japan with my family so I like to visit somewhere. In Japan, my family visits Nagano once a year, so Nagano prefecture is especially favorite place among Japan. I don’t have been only to South Korea and Taiwan yet so I want to visit foreign country more.

 

  • Experience overseas

As you know, I wrote about trip the above, I have been to South Korea and Taiwan. The meal in South Korea in very delicious for me and it fits the taste of Japanese people. On the other hand, the meal in Taiwan is divided among people but I liked it. It was soft taste.

I’ve been to Philippine to do field work. As I said before, I had precious experience because I could see real poverty area.

 

  • Aspirations for seminars

There is no reader in Konishi seminar, so we have to be responsible. I’m person in charge of this blog. However Konishi seminar have several event so we need something to do at the same time. A year has passed since I’m member of Konishi seminar, but I have a few skill of making schedule still. That’s why I want to compensate my missing skill.

 

  • Introduce next contributor

Next contributor is Wako Takijiri. Her first impression is only serious. But I found that she is very funny when we went to fieldwork. I think she has more interesting things so I want to find her true character.

 

Thank you for reading this blog.

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2017/12/22 15:00

三年生ブログ 自己紹介⑥

皆さま、こんにちは。

いつも小西ゼミのブログをご覧いただきありがとうございます。

小西ゼミ3回生の小林孝祐と申します。

自己紹介企画の第6回目として、今回は私の自己紹介をさせていただきます。

1名前

小林孝祐(こばやしこうすけ)

2出身/出身校

京都府船井郡/京都府立亀岡高等学校

幼少の頃から自然が豊かな場所で育ちました。あまり馴染みのない地名だと思いますが、地理的には京都府の中心に位置しています。松茸や黒豆、栗が特産品です。

母校は私の実家から少し離れていたため、毎日1時間かけて電車で通っていました。また、高校時代にはサッカー部に所属し、部活動に励んでいました。

3趣味

ロードバイク 映画鑑賞

1回生が終了した春休みに、貯めていた自らのバイト代でGIANTのロードバイクを購入しました。今までで1番高い買い物でしたが、購入して本当に良かったと思っています。私にとってそれは、運動と旅をする理由を与えてくれているからです。1人や仲間と三田から天橋立やしまなみ海道に行ったり、四国1周をしたりしたことは良い経験となっています。

また、映画が好きでクリストファー・ノーラン監督の作品が特に面白いと感じます。

4海外経験

旅 英語中期留学 フィリピンフィールドワーク

私は大学生になるまで海外経験はありませんでした。関学には海外経験をもつ学生が多かったので、私は少なからずコンプレックスや必要性を感じていました。そこで、1回生の春休みに初めて1人でオーストラリアのケアンズに行きました。異国の地において頼れるのは自分だけだったので様々な面において少し成長できたと思っています。

また、2回生の秋学期には英語中期留学に参加しアメリカへ行きました。勉強はもちろん、現地の寮で生活したり、アメリカ大統領選挙を生で見られたりしたことは私に刺激を与えてくれました。

5ゼミに対する意気込み・抱負

私がゼミを志望したのは様々なスキルを得られると考えたからです。具体的には対人関係において必要とされるコミュニケーションの力やゼミのメンバーと共同する力です。これらは直接自らの力となり、ゼミにおいてだけでなく生活していく上で、あると大変嬉しい力です。私は今のところ研究職には就かないので、人と関わる能力が必要な場にこの先必ず出くわします。また、私は対人関係が得意ではないので、個性豊かなゼミのメンバーと関わるうちにそれを解消していくつもりです。私は大学に入学する前に「大学に入ったら自分の価値観が変わるような経験をしよう」と考えていました。すでにいくつかありますが、ゼミにおいてもそのようなことがあったらいいなと思っています。

6私から見た図師葉月

次回の投稿者はずっしーの愛称でみんなから親しまれている葉月です。ずっしーはよく笑い、周りを楽しくさせる雰囲気があると思います。フィリピンフィールドワークで一緒の係になった時は、言ったことをやってくれて私の力になってくれました。頼りになるゼミ生です。

お楽しみに!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

小西研究室のホームページはこちらから↓

http://www.konishi-kg.org/index.html

 

Hello everyone, and thank you for visiting our blog.

My name is Kosuke Kobayashi and 3rd grade student in Konishi seminar.

Today, I will write about introduce myself as the sixth writer.

1 Name

Kosuke Kobayashi

2 Place of birth / a graduated high school

Funaigun, Kyoto / Kameoka high school

I grow up the place that has natural beauty in my childhood. Perhaps, you do not hear the name, but it is located in central Kyoto. Matsutake mushroom, chestnuts and black beans are famous as a special product.

My graduated high school was a little far from my house, so I commuted by train. It took one hour to do that. Also, I belonged to soccer club in high school, and I practiced hard every day.

3 Hobbies

Road bike / watching movies

I bought a road bike of GIANT with my saved money from a part time job in 1st grade spring vacation. I have never bought such an expensive product, but I think my choice was not wrong. Since the road bike is my means that I do exercise and travelling, I really satisfied with buying it. I enjoy going Amanohashidate or Setouchi Shimanami Kaido with my friends and making trip Shikoku round alone.

In addition, I like watching movies, especially Christopher Edward Nolan’s work.

4 Experiences in overseas

Trip / studying abroad in medium term / Philippine fieldwork

I have not been abroad until I entered university. I had a complex or necessities to have experience in overseas because there were many people who had experiences in overseas in Kwansei Gakuin University. Therefore, I went to Cairns in Australia by myself for the first time. In foreign country, I must do anything by myself, so I felt I could make progress.

Also, I studied abroad to learn English in US. Not only studying English, I could live in dormitory and watch US presidential election in real. I think these build what I am.

5 Hope in Konishi seminar

The reason I wanted to enter Konishi seminar is that I thought I could get various skills. Specifically, it is skills of communication and working together. These are necessary abilities not only in seminar, but also in life. As I will not take lab work, I am going to face the opportunity that is needed interpersonal ability. In addition, because I am not good at interacting person, I will overcome my weak point through the activity of seminar. Before becoming university student, I had thought “I will have many experience that changes my value”. Now, I have already had a few, and I hope it will happen thorough the seminar.

6 Introduce about Hazuki Zushi

The next writer is Hazuki Zushi, and she is called “Zusshi” from everybody. She often laughs and makes us happy. When I worked together with her, she worked hard for me. She is reliable woman.

Don’t miss it!

Thank you very much for reading our blog through to the end.

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2017/12/15 13:48

大学での4年間とは…

こんにちは! 小西ゼミ4回生の守本美咲です。

いつも小西ゼミのブログをお読みいただき、ありがとうございます!

今回は私が、関西学院大学での4年間の振り返りを行いたいと思います。

 

ありきたりな表現になってしまいますが、

この4年間はたくさんの挑戦と学びがあったなと思います。

私のこの4年間の目標は「後悔しないこと」だったのですが、

今はとても関西学院大学での学生生活に満足していますし、やりきった感でいっぱいです。

入学前は、大学生活は自己責任で、充実するかどうかは本人次第とよく聞いていました。

確かに大学生活の4年間は何をするも自由で、その中で行ってきた一つ一つの選択が今の自分を作ってくれているんだな、と今実感しています。

だからこそ、自分を見失って悩んだこともありましたが、

学業、部活動、アルバイト、就職活動などの経験や、友人や先生との出会い、全てが意味のあるものだったと思っています。

 

私の大学生活はとても目まぐるしく過ぎていった、というのが正直な感想です。

常に時間に追われていたように感じます。

1.2回生の頃は、週5日の部活動、アルバイト、そして授業の課題に追われて、気づけば1週間が終わっている、というような生活を送っていました。

その中でも目標を決めて生活していたので、時間を効率よく利用する方法やスケジュールの管理方法、どうしてもやる気が出ない時にどうすればやる気が出るのか、など、自分に合った方法を見つけられたことがとても大きな収穫だなと思っています。

 

3回生になると、ゼミが始まり、就職活動もあったので、より自分に向き合う時間が増えたように思いました。自分がこれから学んでいきたいことは何か、進級論文や卒業論文で研究したいことは何か、自分が働く際に大切にしたいことは何か、生きていく上で大切にしたいことなど、深く考える機会が増えました。

また、フィリピンで行なったフィールドワークは、私の価値観や考えを根底から変えてくれるような経験でした。

就職活動の際には、自分が何をしたいのか、中々見つけることができず、たくさんの企業の説明会に参加し、その中で自分の将来に関する選択をしてきました。

 

この4年間は、学業面での学びだけでなく、課外活動や友人との交流によって得ることができたものが多かったように思います。

これから大学生になる高校生や、在学中の学生には、「後悔なく過ごすこと」、少しでも興味のあることや人には、積極的に関わっていくことをお勧めします。大学在学中だけでなく、大学卒業後も活かすことのできる経験や、交流を持てる友人を持つことは本当に幸せなことだと思います。

 

卒業後は、日系の民間企業で働きます。

関西学院大学での4年間を糧に、さらに成長していけるように精進していきたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

 

Hello everyone, I’m Misaki Morimoto, a member of Konishi seminar.

Thank you for reading this blog.

I would like to write about a look-back of my 4 years in Kwansei Gakuin University.

 

There are so many challenges, and I’ve learned a lot from school life in this 4 years.

My goal for university life is “having school life without any regrets”, and I’m satisfied in my school life. I also feel so accomplished.

When I was high school student, my teacher often said that “you can do anything if you want, so it’s all up to you whether you make or break”.

That is true for sure, you can do anything in this 4 years.

I feel like every choice of my school creates what I am now.

That’s why sometimes I worried…

I think every experiences (study, club activity, part time job, job hunting, time with my friends and teachers) in school life was meaningful.

 

I am going through hectic days in this 4 years.

In first two years of school life, I was always pressed for time because of club activity (5 days a week), part time job, and class assignment. When I was realized, it was end of a week.

However, I could learn a lot from it and also learn about myself, because I was set some goals.

 

In third and fourth years of school life, there was more time to face myself because of Konishi Seminar or job hunting.

I thought about that “what I want to learn in last two years of university life? What I put a priority on when I work or living?” In addition, experience of Field work in Philippine completely changes my perspective and values. When I was job hunting, I couldn’t find what I want to do as a job, so I attended many job fairs.

 

I’ve learned a lot from my friends and teachers the most.

To the high school students and students in University, I would recommend that if you have things or people you are interested in, you should actively involve them.

I feel really lucky to have lots of experiences that I can use for the future, and friends that I want to stay close with after the graduation.

 

After I graduate, I will work for Japanese company.

I’d like to make the most of what I’ve learned in Kwansei Gakuin University.

 

Thank you for reading!

 

 

 

三年生ブログ 自己紹介⑤

みなさんこんにちは。

小西ゼミ3年生の稲岡美咲です。いつも小西ゼミのブログをご覧いただきありがとうございます。

 

今回は、3年生自己紹介ブログを投稿させていただきます。

1. 名前

稲岡美咲/Misaki Inaoka

 

2. 出身・出身校

兵庫県加古川市・加古川東高等学校

加古川市は神戸市と姫路市の間に位置しています。市内には一級河川の加古川が流れており、自然豊かな場所です。小学校の授業では実際に田んぼに稲を植えて育てるなど、小さいころから自然と触れ合って育ちました。三田までは少し遠いですが、住みやすい街です。最近では、加古川ニッケパークタウンにスターバックスカフェ併設のTSUTAYA BOOKSTOREがオープンし話題となりました。

 

3. 趣味

岩盤浴/温泉めぐり

私の趣味は、岩盤浴です。あまり頻繁にはいけないのですが、岩盤浴で汗をいっぱいかいて、そのあと温泉でゆっくりするのが最高です。また、旅行に行くときは、そこで温泉を探して入ります。岩盤浴や温泉に入ると、体も心もスッキリしてとてもリラックスできます。まだ行ったことのない温泉地がたくさんあるので、制覇することが目標です。

 

4. 海外経験

私は、留学等に行ったことがないので、この夏行ったフィリピンが始めての海外でした。それまではあまり興味がなかったのですが、夏にフィリピンに行って考えが変わりました。フィリピンへ行って、もっとほかの国へ行ってみたいと思うようになりました。自分の知らない世界がたくさんあり、それを知ることで自分が成長できると分かったので、これからはもっと海外に旅行したいと思います。

 

5. ゼミに対する意気込み・抱負

私は、このゼミで自分を成長させたいと思っています。このゼミでは、社会に出て必要なスキルを求められます。私は、このゼミで少しでも自分の力を伸ばしたいと思い選びました。人前で話すことも、積極的に動くことも苦手です。でもそれではダメなので、少しでも克服できるように頑張りたいです。

 

6. 私から見た小林孝祐

孝祐はサッカーや、ロードサイクルもするなど運動神経がいいです。その反面、すごくマイペースです。ものすごくマイペースですが、やるときはやってくれるので、ゼミではなくてはならない存在です。

 

次回の自己紹介ブログも是非ご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

小西ゼミHPはこちらから↓

http://www.konishi-kg.org/

 

 

Hello, Thank you for visiting our blog.

I’m Misaki Inaoka, a 3rd year student of Konishi seminar.

 

Today, I’m going to introduce myself as a 3rd student of Konishi seminar.

1. Name

Misaki Inaoka

2.Place of birth/ a graduated high school

Kakogawa City is located between Kobe City and Himeji City. In the city, the Kakogawa of the first-class river flows, and it is a natural rich place. In elementary school classes, I grew up interacting with nature from a small time, such as planting rice in rice fields. It’s a little far from Sanda, but it’s a livable city. Recently, the TUTAYA BOOKSTORE of the Starbucks Café was opened in Kakogawa and became a topic.

3.Hobbies

My hobby is bedrock bath. It is the best to do a lot of sweat in the bedrock bath, and to relax after that by the hot spring though it is not very frequent. Also, when I go on a trip, I will find hot springs there. When I enter the bedrock bath or the hot spring, I can relax very refreshing the body and mind. Because there are a lot of hot springs which I have not gone yet, the goal is to conquer.

4.Experiences in overseas

I have never been to study abroad, so I went to the Philippines this summer for the first time. I didn’t have much interest in the past, but I went to the Philippines in the summer and changed my mind. I wanted to go to the Philippines and try to go to other countries. I know that there are many worlds that I do not know, and knowing that I can grow by myself, I would like to travel more abroad in the future.

5.Hope in Konishi seminar

I want to make myself grow in this seminar. In this seminar, I will be required to get the skills I need in society. I wanted to extend my strength even a little in this seminar. I’m not good at speaking in public or actively moving. But it is not good, so I want to work hard to overcome even a little.

6.Introduce about Kosuke Kobayashi

Kosuke is a good athletic nerve, such as playing soccer or a road cycle. On the other hand, he is very my pace. he is extremely my pace, but he does not have to be a seminar because it does when doing.

 

Thank you for reading.

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2017/12/11 16:01

大学生活を振り返って

みなさん、こんにちは。
いつも小西ゼミのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
小西ゼミ4回生の浦野紗友美です。
今回は私が「大学生活の振り返った個人ブログ」を担当させて頂きます。

________________________________________

🔲 入学前の目標

高校の受験時、私は専攻したい分野が定まらず、進路に迷っていました。そんな私が総合政策学部を選んだ理由は、「幅広い分野の知識を蓄えた上で、自分が学びたい分野に打ち込むことができる学部」であったからです。その中でも、高校で発展途上国に住む少年への支援をしていた経験、また将来国際的に活躍する人材になりたいという想いから、国際政策学科に興味を抱き、入学しました。
そんな私が大学入学前に設定した目標は、2つあります。

1、「行動力を身に着ける」
2、「プレゼンテーションを上達させる」

これは、社会人になる前に私に足りないものは何か、どんなスキルを身に着けておくべきか、と考え設定しました。

🔲 目標達成状況と4年間の学生生活の振り返り

1、「行動力を身に着ける」・・・〇
「行動力を身に着けたい」、「やりたいと思ったらすぐ行動に移す」そう心に決めていた私は、大学1回生の夏に、カンボジアのスタディーツアーに参加しました。ツアーでは、カンボジアの歴史や現状、また子どもたちの様子を知り、とても心が痛みました。しかし、現地を見てみたいという思いだけで参加したため、目の前で繰り広げられる現状に対して何もできない自分に腹立たしさを感じました。
そこで、発展途上国に住む子どもたちとの交流、またその計画からすべて自分たちが関わることができる小西ゼミのフィールドワークでリベンジしたいと強く思い、3回生の夏に参加しました。前回のスタディーツアーの反省を生かし、出発前に「子どもたちを笑顔にする」という目標を掲げ、そのためにはどうしたらよいのかを懸命に考えて準備を進めました。現地でも常に目標を軸として行動したため、子どもたちの笑顔をたくさん見ることができました。今では、あの時フィールドワークに行く決断をして良かったなと感じています。「やらない後悔」だけはしないように、今後も何事にも果敢に挑戦していきます。

2、「プレゼン力を身に着ける」・・・△
大学3回生の夏、「フィールドワークで自分が目で見たこと・感じたことを自分だけの中で閉じ込めておきたくない。もっと多くの日本の学生にこの現状を伝えていきたい。」という思いからBridge for Children, KGUに所属しました。その中でも、大学の目標に設定していた「プレゼン力の向上」を達成するため、学生に向けてプレゼンをする国際理解教育に積極的に参加しました。人前で話すことが苦手、原稿を丸暗記し当日でセリフを忘れてしまう、途中から自分で何を話しているのか分からなくなってくる、、、、などと恥ずかしながら私は本当にプレゼンが下手で大嫌いでした。
そんな私は、入団してからのこの1年半、何度も練習したり、メンバーからのフィードバックを受けて課題を改善したり、メンバーのプレゼンの良いところを真似したりと、より良いプレゼンにするために自分なりに試行錯誤を繰り返しました。その結果、人前で話すことの恐怖心が減り、気付けば何百人もの前で自分の想いを自分の言葉で堂々と話すことができるようになっていました。国際理解教育を行った学生のアンケートからもお褒めの言葉を頂くことが増え、自分の自信へと繋がりました。
しかし、上達したとはいってもまだまだ私のスキルは低いです。残りの学生生活、そして社会に出てからも引き続き特訓していきます。

🔲 後輩たちへ・・・「大学は自分次第」

就職活動での自己分析を通して気づいたことがあります。それは、育ってきた環境、出会ってきた人々、またこれまでにしてきた経験は今の私に大きく影響しているということです。これは言い換えると、今起こすアクションは将来の私を作る一つの要素になるということです。そのため、将来なりたい姿に近づくために、今どんな経験を積むべきか考えて行動する必要があると私は思います。
大学生活をどう過ごすかは自分次第です。なりたい姿、挑戦したいことの実現に向けて努力するか、それを単なる願望で終わらせるかも自分で選択できます。是非悔いの残らない大学生活にして頂けたらなと思います!

🔲 卒業後の目標・・・「ボーダーレスに活躍する人材になる」

大学卒業後は、日系メーカーに務めます。私は海外事業部を志望しており、海外への営業、または海外向け商品の企画に携わりたいと考えています。私の「プレゼン力」や「語学力」などはまだまだ至らない点があるため、仕事と並行して自己啓発にも力を入れていきたいと考えています。
「ボーダーレスに活躍する人材になる」ことを目標とし、一日一日の小さな目標設定、100%の努力、一日一日の振り返り、課題の改善を繰り返し、頑張ります!

長くなりましたが、私の大学生活を振り返ったブログはこれにて終わらせて頂きます。
最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

次回以降のブログもよろしくお願いします!

小西研究室のホームページはこちらから↓
http://www.konishi-kg.org/language.html


 

 

Hello, everyone.
Thank you very much for visiting our blog.
I am the 4th grade students of Prof. Konishi’s seminar, Sayumi Urano.
Today, I would like to write about a look-back of my 4 years university life.

________________________________________

🔲 My Original Goals for University Life

It was difficult for me to settle on a major and to make my career choice when I was a high school student. The reason why I decided to learn at School of Policy Studies is SPS is possible for me to be dedicated to study the field I like after I acquire knowledge of a wide range of fields. In addition, I was interested in the international Policy and Studies, because I had an experience of supporting a boy living in a developing country at high school, and I have a dream of being a woman activing internationally in the future.

There are 2 goals for my university life.

1.”to gain an ability to take action”
2.”to improve my presentation skill”

I set these goals by considering what I need for work.

🔲 Looking Back on My University Life and Status of the Goal Achievement

1.”to gain an ability to take action”………..〇
I took part in the study tour of Cambodia when I was in 1st grade. I learned the history, actual condition, and the real situation of the children in Cambodia. However, I did nothing for such a terrible situation because I had no plan for supporting Cambodia at that time. I was really sad and feel anger at myself.
Then, I decided to participate in the fieldwork of Konishi seminar as a revenge. At this time, I had a clear set of goals of making children smile and planed many activities for children to enjoy. I could see many children smiling so I was really happy to take part in this fieldwork. I learned it is important and good to take action without fear when I want to try something.

2.”to improve my presentation skill”……..△
I belonged to Bridge for Children, KGU and tried to get actively involved the International Education for broadening the view to developing countries, it is because I would like to practice speaking in front of many people. I used to be not good at the presentation, but I got used to do and I gained more confidence by practicing many times.
However, I have not been satisfied with my presentation skill yet, so I will try to continue practice from now.

🔲 To University Students

I strongly believe that people who around you affect you very much. In addition, experiences that you had in your university life affect you very much. So please take action and try something that you think important for your future.
I hope you live without regret for 4 years in university.

🔲 My Goals of the Future

After I graduate from university, I will work for Japanese manufacturing company. I would like to work at oversea division such as sales and marketing for overseas products. In order to success in my work, I need more skills of presentations and languages. Then, I want to be committed to personal development and become a woman working actively and internationally.

Thank you for reading!

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2017/12/7 23:17

大学4年間を振り返って

こんにちは。小西ゼミ4回生の村上夏希です。今回は、大学4年間の振り返りと、卒業後についてお伝えしようと思います。

私は関西学院大学に入学した当初、自分が何をしたいのか定まっていませんでした。総合政策学部は様々な分野を幅広く学ぶことが出来る学部なので、教養を深めながら、4年間の大学生活の中で自分が本当にやりたいことは何なのかを見つけたいと思っていました。

私がこの4年間の大学生活の中で一番力を入れたと自信を持って言えることは、自分が所属している国際ボランティア団体である「フィリピンの女性と子どもと一緒に歩む学生団体 くじら」での活動です。初めて発展途上国を訪れたのも、くじらで参加したスタディツアーでした。今まで生きてきた中で、貧困問題や国際開発などの分野に触れることなど無かったのですが、自分が現地で目の当たりにしたスラム街の風景や、現地の方々からの温かい言葉は一生忘れないと思います。

この4年間の活動の中で、マネジメント能力、スケジュール管理能力、批判的思考や論理的思考などを培うことが出来たと思います。また、それだけではなく、様々な価値観を持った集団を一つの方向に向けて進めていくことの難しさ、そして一人一人の価値観を尊重することの大切さを学ぶことが出来ました。しかし、私がボランティア活動を継続して行っていく中で、なぜ私達がやるべきなのかという、ボランティア活動の意義を考え悩む日々もありました。そんな中、4年間活動を続けられたのは、壁にぶち当たった時に一緒に乗り越えられる仲間や、私達のことを家族のように思ってくれている現地のお母さん達のような、一緒に目標に向かって歩んでくれる人達の存在があったからだと思います。

これらの経験から、私は人との繋がりの大切さや、誰かの為に全力で活動に取り組むことで得られる充実感を身に染みて感じることが出来たと思います。そう考えた時に、私は人と深く関わりながら、人の成長や学びの為に力を注げるような仕事がしたいと強く思い、入学当初から進むかどうか悩んでいた教職の道に進むことを決心しました。

私のこれまでの大学生活は、きっと他の学生と比べると、寄り道が多くて効率の悪い時間の使い方をしたと思います。ですが、自分がその時にやりたいと思って全力を注いだことは、きっと学びとなって自分の糧になるんだと思います。一見すると、一貫性の無いような事柄でも、やり続ければ自分の将来に繋がっていくと思います。

来年からは社会人として働き始めます。自分が目指す理想の教師像に少しでも近づけるように、日々の研修を怠らず、なぜ自分が教員を目指したのかという、自分の中の軸をしっかり持って生徒と関わっていきたいと思います。また、何年後になるか分かりませんが、海外でも子どもたちに勉強を教えることが出来ればなと思っています。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

小西研究室のホームページはこちら↓

http://www.konishi-kg.org/language.html

 

Hello, I’m Natsuki Murakami, a member of Konishi seminar. Today, I’m going to share with you what I have learned in KGU and what I’m going to do after I graduate from KGU.

When I entered university, I didn’t decide what I wanted to do. Since the Faculty of policy studies is able to learn a wide range of fields, I wanted to find what I really wanted to do in my four years of college life while deepening my education.

What I can say with confidence that I have put the most effort in my student life over the past four years is the activities of the International Volunteer Organization “Kujira, a student group that walks with women and children in the Philippines”. Visiting developing countries for the first time was a study tour attended by Kujira. I had never studied the field of poverty or international development in my life, but I will never forget the scenery of the slums and the warm language from the local people.

I think I have been able to cultivate management skills, schedule management skills, critical thinking and logical thinking in these four years of activity. I also learned the difficulty of advancing a group with various values in one direction and respecting the values of each individual. However, as I continued my volunteer work, there were days when I was worried about the significance of volunteer activities, which is why we should do it. In spite of that, we were able to continue our activities for four years. I think it is thanks to the presence of people who can get over together when faced with the wall, and those who walk toward the goal together, such as a local mother who thinks of us like a family.

From these experiences, I think I was able to feel the importance of connecting with people, and the sense of fulfillment that I gained by working with my best for someone. When I thought about it, I strongly felt that I wanted to do a job that would dedication my strength for the growth and learning of people, and decided to go on to the path of teaching that I was worried about whether or not I would proceed from the beginning of the entrance.

I think that my college life has been a lot of side by side compared with other students, and I have been using the time that is inefficient. However, I think that I have poured my best into what I want to do at that time, and it becomes my experience by learning. If you continue to do things that are inconsistent at first glance, I think you will be connected to your future.

I will start working as a social person from next year. I would like to get close to the ideal teacher image of my own, without having to neglect my daily training and get involved with my students with a strong axis of what I was aiming for as a teacher. Moreover, I don’t know how many years later, I want to teach children abroad to study.

 

Thank you for reading.

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2017/12/6 2:54

4年間の振り返り 4回生 中西美南海

みなさんこんにちは。4回生の中西美南海です。
今回は私の大学生活の振り返りと卒業後について書きたいと思います。
今こうして大学生活4年間を振り返ると、大して大きな出来事はありませんでしたが、少しずつ自分の気が付かない部分で成長していたのかなと思います。

私は高校生の時、途上国の貧困問題について学び、少しでも子供たちの助けになるような活動をしたいと思いこの学部に入学することを決めました。小西ゼミに所属し、フィリピンへ行って、子供たちと触れ合い、貧困の残酷さを目にしました。メディアでは知り得ない真実を前に、自分にできることを考え行動することの難しさと重要さを感じました。そしてその後もフィリピンの子供たちに向けて支援活動にも取り組みました。真実を目にしたからこそできる支援があり、伝えたい感情が生まれることを知りました。それは高校生の時には気付いていないことです。

それ以外でもたくさんの新たな感情に出会いました。2回生の時に一人で1か月間イギリスに旅立った時のことです。私は高校時代に一年弱イギリス留学をしていたのですが、それから2年が経ちまったくの一人きりで以前生活をしていた場所に帰ると、また新たな視点でイギリス生活を楽しむことができました。高校生の時はホームシックにかかり行き詰った生活をしていた時期もありました。初めて親元を離れて他人と生活をすることの大変さ、すべてが自己責任で行動をしなければいけないこと、様々な国の人々と接し価値観を共有することなど初めてのことばかりで本当に大変だったことを思い出します。しかし2回生の時に訪れた際は、少し気持ちにも余裕ができ、その街の良さ、ホストファミリーの優しさ、友人がいることの心強さなどを改めて感じ、温かい気持ちになりました。人との繋がりの大切さを再確認できた旅でした。

これ以外にもたくさんのきっかけがありましたが、今思うと、必要なタイミングで必要な感情に出会い行動ができていた大学生活だったと思います。こうした感情の積み重ねが今の私を構成し未来の私に繋がっていくのだと分かりました。そして人と関わることが自分を一番成長させるということにも気が付きました。

卒業後、社会人になり新たな人生がスタートします。今まで通りたくさんの感情と出会い、考え、行動していけるように努めたいと思います。また、私の新たな人生の目標として、人々の幸せを生み出せるようなことに取り組んでいきたいと思います。22年間生きてきて、たくさんの人と出会い思うことは、人の幸せが自分の幸せだということです。この気持ちを軸にこれからの人生を謳歌させていきたいと思います。

最後までお読みいただき有難うございました。

Hello everyone. I am Minami Nakanishi, a forth year student.
This time, I would like to write about my total university life and my future.
I think that I did nothing special in my university life, but realized that I was glowing gradually.

When I was a high school student, I thought that I wanted to study about poverty and help children there, so I decided to enter this university. I belonged Konishi seminar and visited to Philippines. I met children there and saw the real situation of poverty. That fact was not broadcasted in Japan. I was thinking what I could do for children there, so I was acting for them in Japan through volunteering. The reason why I could continue to help children is that I did see the real fact in my eyes. I met the new feeling then. I did not know this feeling when I was a high school student.

I met the new emotion in other situations too. This is when I visited to the U.K. two years ago. I was going to study abroad in the U.K. when I was a high school student, but in this time, I could find the new point of view and enjoyed in unique way. When I was a high school student, I was homesick and struggled with the life in the U.K., because this was the first time to leave the parent and live others, all responsibilities what I did was mine and communicate with people from all over the world. That was a hard experience. However, when I visited two years ago, I felt kindness of my host family, the good point of town and the heartening of my friends. I could remember the importance of connection with people.

I experienced a lot of things except these stories. I think now that I could feel what I needed and meet the people when I wanted. I realize that these feelings are making me what I am and connecting to my future. The things that makes me glowing is communicating with people.

After I graduated university, my new future will start. I will try to find new feelings, think about what I want to do and act for my future. The new target of my life is that I want to try to make people happy. I think that my happiness is people’s happiness. I want to enjoy my life with this feeling.

Thank you.

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2017/12/4 2:40

三年生ブログ 自己紹介④

みなさんこんにちは。小西ゼミ三回生の藤木湧紀です。

今回は自己紹介ブログ4人目として投稿させていただきます。

 ①名前

藤木 湧紀
②  出身地/出身校
大阪府 泉南郡 熊取町 / 開智高等学校

ぼくが生まれたところは大阪の南部で、和歌山に近いところに位置しています。大阪といっても田舎の方なので豊かな自然に囲まれ、かつ関西国際空港まで20分ほどしかかからず、また3つの大学のキャンパスがあります。また、秋はだんじり祭りという全国的にも有名な祭りがあり活気ある町だと思います。今は三田まで電車で通っていますが2時間半かかるので朝起きるのが早いのが少しつらいです。

③  趣味
ドライブ、スノーボード
ぼくの一番の宝物は何かと聞かれたら車と答えます。小さい頃から大人になったら自分の好きな車に乗りたいと夢見ていたのでとても大切にしています。自分たちの行きたいところに友達と車行くことが何より楽しいと思えることです。
また、冬にはスノーボードによく行きます。まだそこまでうまいわけではないのですが今年は新しいボードを買ったので上達できるように頑張ろうと思っています。

④  海外経験
今年の2月から3月にかけてオーストラリアのシドニーに1か月の短期留学に行きました。初めての海外だったので文化の違いに驚くこともありましたが、留学先で様々な国の人たちと友達になり、海に行ってサーフィンをしたり、バーに行ったり、英語を教えてもらったりとても充実した時間を過ごせました。

⑤  ゼミでの抱負と目標
ぼくはこのゼミに入るまで新しいことに挑戦することがとても苦手でした。やる前にすぐに失敗してしまうことを考えて他人に任せたり、初めから諦めたりしてしまうことがよくありました。でもゼミに入ってから自分で新しいことに挑戦することの面白さに気づけたような気がします。人としての責任や自分たちで新しく企画し実行していく楽しさや人のためになることをする難しさなどこの約半年間で多くのことを学べたと思います。ゼミの中で一番信頼されるような人になれるように頑張っていきたいと思います。

⑥  私から見た稲岡美咲
美咲は塾のバイトをしていて、とてもしっかりものです。オープンキャンパスの時には一緒にアンケートの作成などをしたのですがきっちりスケジュールを確認し助けられることが多くとても頼れるゼミのメンバーの一人です。普段は周りに合わせてくれることも多いですが、なんでも卒なくこなせる力を持っていると思います。

 小西ゼミHPはこちらから↓

http://www.konishi-kg.org/23567351991247612511.html

 

Hello, everyone. I`m Yuki Fujiki and 3rd years student in Konishi seminar.

Thank you always for reading blog.

I will write about introduce myself as a 3rd years student.

 

  1. Name

Yuki Fujiki

 

  1. Place of birth / a graduate high school

Kumatori town Osaka / Kaichi high school

 

My birthplace is southern part of Osaka where is near Wakayama prefecture. It is surrounded by nature and it takes about 20 minutes from my hometown to KIX. Then, there are three university campuses. In fall, Danjiri festival, which is very famous in Japan, is held, so Kumatori town is lively town. Now, I go to university by train, but it takes 2hours 30minutes. It is very hard for me to wake up early.

 

  1. Hobby

Driving, Snow boarding

 

If I heard what is my best treasure, I will answer my car. I think a great deal of my car, because I have dreamed that I want to get my favorite car since childhood. Going to the place where we want to go with my friends by my car is the most enjoyable time for me. Then I often go to snowboarding in winter. I am not good at snowboarding very well, but I will do my best to be able to progress, because I bought new board in this year.

 

  1. Experiences in overseas

 

From this February to March, I went to Sydney in Australia for short term studying abroad. Because it is the first time to go abroad, I was surprised at the difference of culture between Japan and Australia. However, I have a lot of friends who are foreigner, and I went to surfing or bar with my friends, sometimes they teach me English. I had very good time in Australia.

 

  1. Hope in Konishi seminar.

 

I was not good at trying new things until I got into Konishi seminar. I usually think about failure, and leave it others, or give it up, before I try a new thing. However, I may notice the interest of trying new thing by myself after I get into Konishi seminar. In this six months, I learn about responsibility, the fun of planning and pursuing a new things by ourselves, the difficulty of doing for others. I will do my best to be the most trusted person in Konishi seminar.

 

  1. Introduce about Misaki Inaoka

Misaki is a cram school teacher, and she is a very stable person. In open campus, I created survey with her, and she frequently checked the schedule. Then, she helped me, so she is one of the seminar members who are trusted. She usually pay attention to around, I think that she has a power to handle anything.

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2017/12/2 8:47

プロフィール


NAOMI KONISHI
研究分野のキーワード 国際協力、国際人事政策、能力開発・キャリア開発 研究内容 私は着任前、国内の外資系企業及び国際機関にて、組織の人事政策や人材戦略に基づく人事管理業務に携わっており、...

カテゴリー一覧