ホストマザーとの出会い

こんにちは。小西ゼミ3年生の河本優香です。

いつも小西ゼミのブログをご覧いただきありがとうございます。

自己紹介ブログを終え、今回から9回に渡り小西ゼミ3年生が

・興味、関心をもっていること、または勉強したいこと

・将来のビジョン

・これまでの人生で印象に残っている出来事

いずれかについて、ブログを執筆いたします。

初回は、私のこれまでの人生において、印象に残っている出来事についてお話します。

 

私自身の人生を振り返ってみると、”人との出会い”が自分自身を大きく変えてくれたように思います。

私は高校1年生時に、ニュージーランドでホームステイを経験しました。これが私にとって初めての海外経験でした。英語に興味を持ち始めていた私は、期待に胸を膨らませてニュージーランドへ向かいましたが、現地に到着し、いざホストマザーを目の前にすると、恥ずかしさと自分の英語力に対する自信の無さでいっぱいで、自分の気持ちを上手く伝えることが出来ませんでした。今、改めて当時を振り返ってみると、当時の自分の英語力は本当に拙く、よくマザーは私の生活に付き合ってくれたなと感じます。

私は、60歳のマザーと2人きりで生活を送ったのですが、それが当時の私にとって非常によかったのかもしれません。

ニュージーランドに到着した日の夜、私はマザーにばれないようにベッドに潜り、一人泣いていたのを覚えています。自分が予想していた以上に英語でコミュニケーションを図ることは難しく、これから始まるニュージーランドでの生活に対する不安でいっぱいでした。そんな私の気持ちをホストマザーは見透かしていたようです。

日常会話でどうしても私が英語につまずき、意思疎通が図れなかったとき、マザーはどんなに時間がかかっても私が一人で自分の気持ちを伝えられるまで待ってくれました。それでも会話が困難なときは、マザーは引き出しからノートを取りだしてきました。そこに私は辞書を駆使し自分の気持ちを書き出し、1か月間の留学が終わるころには、ノート1冊が私とマザーの英単語や英文の走り書きでいっぱいになりました。

また、放課後や休日は、必ず私自身が英語を使わなければならない環境下においてくれました。教会など様々な場所に連れて行ってくれただけではなく、私が自立して生活できるような手助けをたくさんしてくれたように思います。

そんなこんなで1か月間が過ぎ、帰国する際は日本に帰りたくない、もっとマザーと一緒に暮らしたいと思うと同時に、マザーに伝えきれなかった思いを伝えることが出来るよう、もっと英語を学びたいと強く感じました。たった1か月という短い期間だと思われるかもしれませんが、当時の私にとっては非常に大きな1か月で、私を強く成長させてくれたと強く感じます。

就職活動がひと段落し、時間に余裕ができたら、卒業までの間にニュージーランドへ行き、マザーに感謝の思いを伝えることが1つの目標です。それが、私が現在、アルバイトを続けられている1つの原動力かもしれません。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

小西ゼミのHPはこちらから↓

https://www.konishi-kg.org/index.html

 

 

Hello, Thank you for visiting Konishi seminar’s blog.

I’m Yuka Kawamoto, a 3rd year student in Konishi seminar.

The blog which introduce 3rd year Konishi seminar’s student had finished, so from this blog, we’d like to write about

・The things which we are interested or we’d like to study

・Our visions towards future

・The incident which impressed us most about our life

(We’ll choose one thing from this.)

Today, I’d like to write about the incident which I can’t forget in my life.

 

When I was a 1st high school student, I experienced homestay in New Zealand which was my first experience in foreign country. At that time, I began to take an interest in studying English, so I went to New Zealand with full of hope. However, even though I wanted to express my feels or thoughts towards my host mother, I was too nervous at the last minute and miss the chance. My English skill was so low, so I think it was so hard for mother to live with me.

I began new life with mother who was 60 years old. I think it was very good for me.

At first night in New Zealand, I slipped into the bed and cried with trying not to be found out by mother. It was harder than I expected to communicate with people in English, so I was full of anxiety towards the life in New Zealand. However, my mother saw through my feels.

When I had difficulties about expressing my feels in English, even if it took a long time, mother was always waiting for me. If it was difficult to express by myself, mother gave me a note and I wrote my feels on it by using a dictionary. When I finished one month life in New Zealand, the note was full with English words or sentences which was written by me and mother.

Also, in after school or holidays, I always was under the environment which I had to use English. Mother not only took me various places as chapel, she also helped me for becoming independent.

A one month had passed very quickly. I really thought I want to stay New Zealand more and learn English to express my thoughts or feels for mother after going back to Japan. It was only one month, but it was precious one month for me at that time. That one month made me stronger.

When I’ll finish job hunting and be able to have extra time, I’d like to go to New Zealand and express my thanks and gratitude for mother. It might be one of motive power why I can continue part time job.

 

Thank you for reading my blog.

This is Konishi seminar’s blog↓

https://www.konishi-kg.org/index.html

 

 

 

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2018/1/28 10:58

コメント:0

まだコメントはありません。

コメントを投稿する

トラックバック:0

トラックバックURL
http://kg-sps.jp/blogs/konishi/2018/01/28/3487/trackback/
この記事へのトラックバック

まだトラックバックはありません。

プロフィール


NAOMI KONISHI
研究分野のキーワード 国際協力、国際人事政策、能力開発・キャリア開発 研究内容 私は着任前、国内の外資系企業及び国際機関にて、組織の人事政策や人材戦略に基づく人事管理業務に携わっており、...

カテゴリー一覧