2018年2月

興味のあること

こんにちは。小西ゼミ3回生の瀧尻和子です。

いつも学部ブログを読んでいただき、ありがとうございます。

今回は、私の興味のある分野についてお話したいと思います。

 

私の興味のある研究分野はざっくりと言うと日本の教育についてです。

私が幼いころ、両親ともに教職に就いており、私にとって先生という仕事はとても身近な存在でした。幼いころからなんとなく先生になりたいと考えていたのですが、どんな先生になりたいかという具体的な理想の教師像というのは描けずにいました。

 

大学に入ってからは、教職に関する授業を取得し、塾でアルバイトをするなど、「教育」に触れる機会が徐々に多くなってきました。教育問題なども、ネットや新聞などで積極的に調べるようになりました。特に影響を与えられた出来事は、西宮市にある中途退学者を対象とした高卒認定取得のための塾「TOB塾」にボランティアスタッフとして参加させてもらったことです。そこには今まで知らなかった世界があり、現代の中高生の抱える複雑な問題に気づき、それを解決できればと思うようになりました。しかし、それと同時に学校現場には様々な問題が存在することに気づかされ、また教師の労働条件や学校や教育委員会の体質にも問題があると考えるようになりました。そこで、私は教師になることで本当に私のしたいことが達成されるのかという思いを持つようになりました。

 

今は教師になるのかならないのかも含め具体的な将来のビジョンを描けていませんが、なんらかの形で教育に携わり、教育問題の解決に関われたらと考えています。

 

では、具体的に今私が何に取り組んでいるのかをお話したいと思います。

一口に中高生の抱える問題といっても様々ありますが、私は特に子供の貧困について学んでいます。貧困家庭では親が共働きであったり、片親家庭であることが多いため親が学習指導をすることが困難であったりするケースが多いと言われています。また、学習塾等に金銭的理由で通えないケースやそもそも親自身の学歴が低く、子供の学歴などに関心が低いケースも多いです。さらに、貧困に陥った場合、親の精神状態が不安定になり児童虐待やネグレクトに繋がるケースもあります。このような様々な要因から、子供の学習習慣が身につかず、とりあえず偏差値帯の低いいわゆる「底辺校」に進学し、非行や中途退学等に陥り、アルバイト等の不安定雇用に就くというケースが多いです。私はこの貧困の再生産を学校教育と福祉を連携させることで食い止めることはできないかと考えています。

 

Hello everyone, I’m Wako Takijiri, 3rd year student in Konishi seminar.

Thank you always for reading our blog. I will write about what field I am interested.

 

It is education in Japan.

When I was a child, my parents were teachers in high school. Teacher was a familiar job for me. I have always wanted to be a teacher since I was a child. However, I did not have a vision what teacher I wanted to be.

 

Since I entered university, I take classes for being a teacher and I do part time job at a clam school. The opportunities that I contact with “Education” have been increasing. I researched about education problem by Internet and newspaper. Especially, the event that influenced on me the most is the participation in volunteer at “TOB zyuku”, the clam school for the students who leave school before graduation. I found the problems that students have. I wanted to solve these problems. However, there are a lot of else problem at school. Therefore, I think that I could not achieve that I want to do the most if I became a teacher,

 

Now, I have not decided my future vision yet. However, I want to solve the problem that students have.

 

Now, I focus to the problem about students at poor families. In some poor families, both of parents work out or there is either mother or father. Because of this, it is difficult for the parents to teach study to their children, some poor families cannot pay the fee for cram school, and some parents in poor families do not focus on their children’s educational background because they did not go higher education facilities. In addition, because of poverty, parents fall into mental illnesses. As a result, they neglect their children. Because of these reason, there are a lot of students who do not have enough opportunities to study. As a result, they fall into the poverty again.

I think reproduction of poverty should be stopped at school.

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2018/2/11 21:22

印象に残っていること

皆さま、こんにちは。小西ゼミ3年生の小林孝祐です。

いつも小西ゼミのブログをご覧いただきありがとうございます。

今回はこれまでの人生で印象に残っていることについて執筆したいと思います。

 

 

印象に残っていること、それは私の高校生時代の担任教師との出会いです。

なぜ印象に残っているのかというと、その先生との出会いが今の私を形成していると思うからです。その先生の特徴ですが、様々な意味においてユニークでおもしろい人間であると言えます。教師になられた経緯は、大学卒業後、民間企業に就職をされたのですが仕事中に自分は地図の上にしるしを残したいのではなく人にしるしを残したいと思いその会社を退職、教師の道に進むために再び大学に通われました。また、学生時代にはヒッチハイクや自転車で日本一周、世界をバックパッキングするなど、おもしろい経験をたくさんしておりよく私たちに話を聞かせてくれていました。私は旅や自転車に乗ることが大好きなのですが、今思えばその頃聞いた話が私のそれらへの興味や好奇心を強くしたのではないかと思います。

また、それだけでなく放課後にはよく先生と友人と話をしており、相談にも乗ってくれました。その中で、印象的な教えだと感じたのは「孤独力」についてです。孤独力とは、孤独に強くなる能力で精神を養うためのものだとされており、肯定的な意味合いがあります。それすなわち、他者との時間ではなく自分自身と向き合うことによって人間は成長できる、ありのままでよいというものでした。高校生時代の私にとって、そのような概念があること、また良い大人になるにはその力が不可欠だと学ぶことができたのは大きな価値観の転換でした。高校生などの年代に影響を受けたものは大人になってからも継続すると言われますが、そのような思考方法は今でも私の中に宿っています。

 

 

大学生の今では、昔に比べ様々な面において成熟していると思いますが、そのきっかけになったのはやはり高校時代だと思うので、この出会いに感謝をしています。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

 

 

Hello everyone, I am Kosuke Kobayashi, a member of Konishi seminar.

Thank you for reading this blog.

I would like to write about what impressed me most in my life.

 

 

What impressed me most in my life is encountering a class teacher when I was a high school student, because it makes what I am today. He was unique person in various mean. He firstly worked at private company after graduation, but he retired because he did not want to leave something on a map but person. As a result, he went to university again to be a teacher. Also, he told me his experiences in his university days, like traveling around Japan by hitchhiking and backpacking in the world. I like travelling and cycling, and I think his story made me more interesting and curious about these things.

In addition, my friend and I often talked and consulted to him. One of the most memorable teachings from him was about force of solitude. It means the becoming stronger about solitude, and it is the ways of foster the spirit. It has positive means. In other words, we cannot grow up by having face others but face oneself. It changed my value to know such thinking, and I learned it was necessary to get the skill. It is said that the thinking influenced on high school days is continuing later life, and it remains in myself.

 

 

I think I am matured in various aspects now, compared with the past, but I am thankful for encountering because I think my high school days made me what I am today.

 

 

Thank you very much for reading our blog to the end.

プロフィール


NAOMI KONISHI
研究分野のキーワード 国際協力、国際人事政策、能力開発・キャリア開発 研究内容 私は着任前、国内の外資系企業及び国際機関にて、組織の人事政策や人材戦略に基づく人事管理業務に携わっており、...

カテゴリー一覧