Konishizemi Times ~being myself~

みなさま、こんにちは。
小西ゼミ3年生の中井咲歩です。

いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

今回は、ホームステイの経験を通して感じたことについて執筆させていただきたいと思います。

今年2月に、本学のプログラムのひとつであるカリフォルニア州でのフィールドワークに参加しました。このプログラムを通して、約1ヶ月間、現地の方の家庭にホームステイさせていただきながら、州立大学にて多国籍のクラスメイト共にボランティア活動をはじめとしたアクティビティに取り組みました。
このプログラムへの参加を決めた大きな理由のひとつがホームステイでした。

ホームステイの魅力を強く感じたのは、姉妹都市交流の一環として、初めてアメリカを訪れた中学生の時でした。英語でスムーズにコミュニケーションをとることができなかった当時の私を歓迎してくださった現地のファミリーのあたたかさと、新たな文化との出会いは、私の人生の中で大きなものとなっていました。大学生になった今、その当時と比べてどのように自分は成長できたのだろうか、また、新たにどのようなことに気付き考えることができるのか試してみたいという思いから、再びホームステイへの参加を決めました。

2度の経験を通してホームステイをするにあったて大切だと感じたことがあります。
それは、自分自身を表現することです。

文化も言語も異なる環境で、ひとつの家族になるには、自分を知ってもらうことから始めなくてはなりません。しかしながら、他言語で自分を表現することは、決して容易ではありません。言葉が足りず、思いが十分に伝わっているのか不安になることもあります。日本にいるときのように自分らしい振る舞いができず、もどかしい思いも経験しました。相手がなんとなく自分の気持ちを察してくれているのではないかと日本にいるときはあたりまえのように感じていた自分を見透かされたようでした。言語の運用能力に関わらず、積極的に自分を表現する姿勢が大切なのだと学びました。そのためには、意思表示だけでなく、自分らしい方法で思いを伝えることも必要だと感じました。顔の表情ひとつだけでなく、相手への気遣いや思いやりを持った行動は、言葉以上に相手に届くものだとわかりました。
このような経験を経て、私は以前より、人との距離が近くなったと感じています。心をオープンにして、人との距離をぐっと縮めるコツのようなものを学んだように思いました。自分の考えを示すことや、自分らしく振る舞うことに抵抗がなくなったからなのかもしれません。この学部での学びやゼミ活動を通しても、日々それぞれの学生の個性豊かな考え方や、生き方に出会います。どれも素晴らしく自分らしく輝いています。それぞれのスタイルは異なりますが、自分自身を表現することは、とても素敵なことだとより感じるようになりました。自分を表現することに楽しみを見いだしながら、人との関わりの中で個性や違いを含めて相手を尊重し、つながりを大切にできる日々を送りたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

小西研究室HPはこちらから↓

http://www.konishi-kg.org/language.html

 

 

Hello, everyone.
Thank you for visiting our blog.
I’m Saho Nakai, junior student of Kwansei Gakuin University.
I would like to write about my homestay experiences.

In this year, I participated in the study abroad program in California.This program had a lot of activities. One of the reason why I chose this program was I could stay with local people while studying.

I went to America When I was a junior high school student and during my stay I stayed at a host family. This was my first time study abroad. Although my English skill was not enough, host family was nice to me and welcomed me at the time. I became a unversity student, I wanted to try my skills and study abroad again.
Therefore I decided to participate again in the homestay program.

Through these two homestays experiences, I learned importance of express myself.

To be a family, I had to get them know about me. However it was not easy because we had different language and cultures. I was not sure my family understood my feelings. When I’m in Japan, I felt like everyone understood my feelings even if I didn’t mention. I realize the most important thing is
attitude to try to express myself.

Now I feel that my distance between people has become closer than before. Even if we have different opinion, I’d like to respect each other and enjoy being myself.

Thankyou for reading.
See you next time.

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2018/11/26 20:14

コメント:0

まだコメントはありません。

コメントを投稿する

トラックバック:0

トラックバックURL
http://kg-sps.jp/blogs/konishi/2018/11/26/3747/trackback/
この記事へのトラックバック

まだトラックバックはありません。

プロフィール


NAOMI KONISHI
研究分野のキーワード 国際協力、国際人事政策、能力開発・キャリア開発 研究内容 私は着任前、国内の外資系企業及び国際機関にて、組織の人事政策や人材戦略に基づく人事管理業務に携わっており、...

カテゴリー一覧