指導者の立場から見る「スポーツの面白さ」

みなさま、はじめまして。こんにちは。

小西ゼミ3回生の藤田淳平です。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

 

今回より、2019年度の小西ゼミのブログ投稿をはじめていきます。よろしくお願いいたします。

 

今回は、指導者の立場から見る「スポーツの面白さ」について執筆させていただきます。

 

去年の春頃から、私は地元の公立中学校の外部コーチと言われる、いわば部活の顧問の先生のお手伝いのようなものをしております。きっかけは、自分が中学の時の顧問の先生のお誘いで始めました。お手伝いの内容としては、主に、練習メニューを作ることや、生徒のタイムなどのデータの管理、挨拶や礼儀を徹底させることです。顧問の先生よりも、学生との距離も年齢も近く、話しやすいことから、よく学校についての悩みや、勉強についての悩みをしてくる場面もあり、自分自身の中学生のときに悩んでたことだなと、懐かしく感じる場面もあります。

 

こうして外部コーチをしていく中で、どんな生徒にも共通して言える点が一つあることに気づきました。それは、「生徒の可能性の大きさ」です。どんな生徒も、指導したことに対しては、その指導が適切か適切でないかに関わらず、嫌々ながらもやり遂げようと、守ろうと努力します。例えば、長距離の苦手な女の子がいたとします。その子が長距離の練習が苦手なら、とりあえず頑張れと指導します。すると、とりあえずは一生懸命頑張ろうとします。

このように、苦手なことをやるように指導することは、生徒の気持ちをうまく尊重できず、関係に亀裂を生むリスクを背負うことになるかもしれませんが、指導者から見るスポーツの面白さはこの後の展開にあると、私は考えます。実はこの後の展開、生徒の個性を発揮できるか否かは、指導者の判断に委ねられると考えます。例の話で言うと、この女の子に長距離の可能性があるのかを練習内で見分けれるかによって、その子の競技人生を左右させるのです。例えが重複しますが、競泳の北島康介選手を、みなさんはご存知でしょうか。中学生からメキメキと進化を遂げ、高校生ではオリンピックに出場し、名言を残した世界的にも有名な選手ですが、高校生の時に出会った、平井伯昌名将のご指導があって、あの大舞台で活躍する選手になったのです。指導者の力量によって、選手の可能性が変わってくるということは、活躍している選手を見れば見るほど共通して言えることであります。実際に、自分自身が指導している男の子で、平泳ぎの選手なのですが、バタフライもいい泳ぎをしているため、バタフライの選手へ転向するようオススメしています。今後の彼のノビが楽しみです。

 

ただ、今まで述べたことに関しては、スポーツだけではなく、どんな場面に関しても言えることなのです。親から子へ、先生から生徒へ、指導者から競技者へ。教える側は、教えられる側に対して、色んな面において配慮しながら、その子自身の可能性を引き出していくのが使命なのです。私も、貴重な中学3年間をよかったと思ってもらえるよう、指導に力を入れていこうと思います。

 

ご愛読いただきありがとうございました。

 

 

Hello, everyone.

My name is Jumpei Fujita, the three grade Konishi seminar. Thank you for always viewing our blog.

From this time, we are going to start posting a blog post for the year of 2019.Thank you.

This time, I would like to write about the “interest in sports” from the point of view of the leader.

Since spring last year, I’ve been assisting a teacher who is a local public junior high school adviser. I started with the invitation of a teacher who was an adviser when I was in junior high school. Our main help is to create practice menus, manage student time and other data, greet and decorate. There are times when I often worry about school and study because I’m closer and easier to talk than teachers, and there are times when I feel nostalgic that I was worried about my own junior high school student.

As I worked as an outside coach, I realized one thing that every student could say in common. It’s the “big chance of a student.” Every student’s instruction, regardless of whether it’s appropriate or inappropriate, is an effort to protect it. For example, suppose there are girls who don’t like long distances. If the child is not good at long distance practice, I’ll teach him to do his best. Then, for the time being, I’ll try my best.

While coaching students to do things that they don’t like may be at risk of breaking relationships because they don’t respect their feelings well, I think the excitement of sports from the leaders is in the future. In fact, it is up to the leaders to decide whether they will be able to demonstrate their individuality in the future. As an example, the possibility of a long distance for this girl depends on whether you can tell her in practice. There are many examples, but do you know about swimmer Kosuke Kitajima? He has evolved steadily from junior high school, competed in the Olympics and remained famous worldwide for his reputation, but he became an active player on that grand stage with the guidance of a high school captain, Mr. Hirai. The ability of the coach changes the potential of the players, and the more common a player can say when looking at the athletes who are active. In fact, I’m a boy I’m coaching and a breaststroke swimmer, but I recommend that you turn to a butterfly because you swim well. I’m looking forward to seeing him in the future.

But with regard to what I have said, I can say not only in sports, but in any context. From parents to children, from teachers to students, from leaders to athletes, the task of educators is to bring out their own potential in a variety of ways to the side where they are taught. I will also work hard on teaching so that you can feel that you have enjoyed your precious three years of junior high school.

 

Thank you for your kind reading.

コメント:0

まだコメントはありません。

コメントを投稿する

トラックバック:0

トラックバックURL
http://kg-sps.jp/blogs/konishi/2019/05/27/3805/trackback/
この記事へのトラックバック

まだトラックバックはありません。

プロフィール


NAOMI KONISHI
研究分野のキーワード 国際協力、国際人事政策、能力開発・キャリア開発 研究内容 私は着任前、国内の外資系企業及び国際機関にて、組織の人事政策や人材戦略に基づく人事管理業務に携わっており、...

カテゴリー一覧