~フィリピンにある愛の連鎖~

皆さま、はじめまして。こんにちは。いつも本ブログをご覧いただきありがとうございます。

小西ゼミ3回生の浦野羽菜です。

 

今回は、私が深く関わらせていただいている団体のことについて、このブログを通して少しでも多くの人に知ってもらいたいと思い、執筆させていただきます。

その団体とはKanlungan sa ER-MA Ministry Inc.というフィリピンのNGO団体です。この団体はフィリピンの子どもたちが安心して暮らせる社会を目指し、マニラで設立されました。マニラでは、肉体的・精神的・性的虐待や売春、薬物の売買などが行われていて、それらから子どもたちを守り、保護するのがこの団体の目的であります。私がカンルンガンにもっと関わりたいと思うきっかけである、フィリピンの人たちの魅力をここで一番伝えたいと思います。

カンルンガンの人々はフィリピンの気候のように、とてもあったかいです。

いつ訪れても受け入れてくれる、施設の方々。

カンルンガンでもらった愛情を返すように、カンルンガンの先生となる子どもたち。

誕生日というおめでたい行事を一緒に楽しみたくてカンルンガンを訪れる近所の子ども。

自分は虐待を受けていないのに、兄弟のために一緒に家族から逃げる子どもたち。

子犬を大事そうになでる男の子。

私たちが無事帰国できるように祈ってくれる男の子。

次は自分の番だと、正しい職を青年に提供するストリート出身の男性たち。

出会う人、全ての人が愛おしい。

みんな、愛に溢れています。

 

カンルンガンは設立から30周年を迎え、これらの愛がつながり合い、強みになっていると思います。

愛が子どもたちを守り、成長させ、またその子が愛を与える。

ボランティアもその愛を感じ、もっと関わりたくなる。

 

「あなたも一度カンルンガンの愛に触れてみませんか?」

もし、このブログを通して興味を持って下さる方がいたら嬉しいです。

ホームページ:http://kanlungansaerma.8m.net/

 

ご愛読ありがとうございました。

 

Hello, everyone. Thank you for always viewing our blog.

 

My name is Hana Urano, the three grade Konishi seminar.

 

This time, I would like to write about an organization I am deeply involved in for many people to know it.

 

The organization is a Philippine non-governmental organization named Kanlungan sa ER-MA Ministry Inc. It was founded in Manila with vision that Filippino children can live with peace of mind. In Manila, many children have suffered from physical, mental and sexual abuse and prostitution. Kanlungan protects children from them. From this blog I want you to know the people.

 

Filipinos are always warm like summer.

Workers are always welcome to us.

Children become teacher to return love they got.

Children visit Kanlungan to enjoy a happy birthday event with the children of Kanlungan.

Children get away from abuse together for their siblings, even though they have not been abused.

Boys care about their puppy carefully.

Boys pray for us to return home safety.

Men from street provides the right job for young men after he got help of Kanlungan.

 

I love all people I met.

Everyone is full of love.

 

Kanglungan celebrates its 30th anniversary.

Their love conect next love and this connection of love is their strength.

Love protects and grows children, and they give love.

We feel the love and want to get more involved with them.

 

How about touching the love of Kanlungan once?

 

Thank you for your kind reading. I’m grad for you to be interested in the organization.

コメント:0

まだコメントはありません。

コメントを投稿する

トラックバック:0

トラックバックURL
http://kg-sps.jp/blogs/konishi/2019/06/12/3812/trackback/
この記事へのトラックバック

まだトラックバックはありません。

プロフィール


NAOMI KONISHI
研究分野のキーワード 国際協力、国際人事政策、能力開発・キャリア開発 研究内容 私は着任前、国内の外資系企業及び国際機関にて、組織の人事政策や人材戦略に基づく人事管理業務に携わっており、...

カテゴリー一覧