2020年1月

考え方が変わったきっかけ

みなさま、こんにちは。

いつも本ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は、小西ゼミ3年生の東浦由真が執筆させていただきます。

 

今回は、私の経験とそこから考えたことについて書きたいと思います。

みなさん、「阪神淡路大震災1.17のつどい」を知っていますか?阪神淡路大震災でお亡くなりになられた方を追悼するともに、震災で培われたものの大切さを次世代へ語り継いでいくために、毎年117日に中央東遊園地で行われています。私は、そこで1年生の時から先輩のお誘いでインタビューや写真のアーカイブ活動を行ってきました。多くの方が足を止めてくれて、当時のお話をしてくださったり、写真を持ってきてくださいました。最近では防災に関しての学びを深めるため、メディア関係の方やある企業さんへお話も伺いに行きました。

 

この経験を通して、震災を経験していない世代であること、防災への取り組みの難しさを実感しました。正直この活動を行っていなければ、震災について考えることはなかったと思います。しかし震災を経験した方は、同じ気持ちをしてほしくないと一生懸命当時のことや思いを伝えてくれます。震災を経験していない私たちができることを考えて今まで活動してきましたが、本当に難しいことでした。

近年は自然災害が増え、防災に対しても関心が高まっています。今までの災害を通して取り組みが改善されているのも事実です。例えば、非常食やメディアの取り上げ方などです。個人でも対策をした方が良いのは間違いがありませんが、私からみなさんに「自然災害への対策をしてください。」というつもりはありません。しかし、少しでもいいので考えてみてください。今自然災害があったらどうしますか。何を持っていきますか。どこへ逃げますか。こうやって考えることが防災へつながる一歩ではないでしょうか。私はこのような機会があったから、この一歩を踏み出すことができました。考えるきっかけは、人それぞれです。考え方が変わるような機会を大切にしてほしいと思います。そして、私自身もたくさんのきっかけを見つけていきます。

 

ぜひ、2020117日「阪神淡路大震災1.17のつどい」にも足を運んでくれると嬉しいです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

ぜひ、小西ゼミホームページもご覧下さい。

https://konishi-seminar.com/

 

Hello, everyone.

 

I’m Yuma Higashiura from Konishi seminar third year. Thank you for always looking at this blog.

 

This time, I will write about my experience and thought from that.

 

Do you know “Hanshin-Awaji Earthquake disaster 1.17 Gathering”? It is held every year on January 17th in the Kobe east park to commemorate victims of Hanshin-Awaji Earthquake and pass down on the importance in the earthquake to the next generation. I have been interviewing and archiving photos since I was first grade in the university. Many people stopped, told me about the story of the day and brought photos. Recently, I talk to people who work media and food company for deepen my learning about disaster prevention.

 

Through this experience, I realized that I was a generation that did not experience the disaster and it was difficult to work on disaster prevention. To be honest, I wouldn’t have thought about the disaster unless I was doing this activity. However, people who have experienced the earthquake will tell their experience and thoughts for they want not the same feeling. We have been working on what we can do without experiencing the earthquake, but it was really difficult.

 

In recent years, natural disasters have increased and interest in disaster prevention have also increased. It is also true that efforts have been improved through past disaster, for example emergency foods and media treatment. We should prepare for the natural disasters, but I don’t say to you “Please take measures against natural disasters” However, just think a little. What if you have a natural disaster now? What do you bring? Where do you run away? I think this thinking is one step to leads to disaster prevention. I can take this step for the opportunity. The thinking catalyst is individual. I want to important the opportunities that change your thinking. And I want find the opportunities.

 

I would be grateful If you could visit “Hanshin-Awaji Earthquake disaster 1.17 Gathering” on January 17th, 2020.

 

Thank you for reading through.

 

Please check the Konishi seminar homepage.

https://konishi-seminar.com/

 

人生理念の重要さ

皆さん こんにちは

小西ゼミ3年の熊野早紀と申します。

いつも本ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

今回は、人生理念について執筆させていただきます。

 

突然ですが、あなたの人生理念は何ですか?

人生理念とは、自分の人生においてある選択に迫られたときに基準とする考えのこと、いわゆる選択指針のようなものです。この人生理念をしっかり確立させていることで自分の選択に一貫性がもたらされます。逆に言えば、その選択が自分の人生理念に添っていれば、自分は納得のいく選択をしていることになります。

 

ここで少し私の人生理念を紹介したいと思います。

私の人生理念は「人とのつながりを大切にすること」です。

 

この理念に至った背景は、ゼミ活動でフィリピンにあるNGO団体Childhopeに、教育支援活動の一環で訪問したときにあります。Childhopeにいた子どもたちは、私たちゼミ生に対して終始笑顔で人懐っこく駆け寄ってくれていました。経済的には決して裕福でない子たちがほとんどです。彼らの中には親がいない子たちもいます。それにも関わらず、それを感じさせない満面の笑みで私たちを幸せにしてくれました。

この経験から私は、本当の貧困とは精神的豊かさの欠如なのではないか、幸せにおいて経済的豊かさよりも精神的豊かさという基盤があってはじめて幸せといえるのではないかと感じました。したがって私はこの時、お金による幸せではなく人との絆による幸せを追求していこうと思ったのが現在の私の人生理念に至った理由です。

 

悩んだとき、ある行動の目的が分からなくなったとき、人生において自分の選択が正しいか不安なとき、

たくさん精神的圧力を感じるときがあると思います。

しかし、人生理念を確立することでそれが生きる目的へとリードしてくれるかもしれない。人生理念という軸があることで自分の選択は決して間違っていないという自信にもつながるかもしれない。

 

皆さんも自己を振り返り、人生理念を確立させることで人生をより有意義なものにしてみませんか。

 

最後までお読みいただきありがとございました。

Hello, everyone. My name is Saki Kumano.

Thank you for reading this blog.

 

In this blog, I would like to talk about the philosophy.

 

Now, I will ask you a question.  “What is your philosophy?”

 

The philosophy is the criteria when you make a decision in your life. it is like a selection guideline. When you build your philosophy, your decision will be consistency. In addition, when your decision belongs to your philosophy, it will mean that you make a convinced decision.

 

Now, I would like to introduce my philosophy.

My philosophy is valuing the connection with people.

 

I built this philosophy when I visited the NGO, Childhope in Philippines to provide the educational support activities. Children in Childhope have smiled and they were very friendly. Most of them were not rich financially at all, and some of them did not have their parents. However, even in this situation, children made us happy by the full of their smile.

From this experience, I learnt that the truth of poverty is the lack of emotional richness, and I learnt that happiness cannot be realized until the emotional richness become a foundation of the financially richness. This is why I built my philosophy aiming for happiness by the connection with people, not happiness by the money.

 

When you were troubled with,

When you lost sight of your aims,

When you are worried about whether your decision is correct in your life,

 

You may feel the mental pressure. However, the philosophy may lead you to the aim of living, and it may lead to your strong confidence that your decision will not be definitely wrong.

 

Why don’t you realize your meaningful life by looking back your own life and by building your philosophy?

 

Thank you very much for reading this blog through the end.

 

https://konishi-seminar.com/

 

☆対応の柔軟性

皆様こんにちは。小西ゼミに所属している3回生の大江さくらです。いつも本ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回のブログでは、私のアルバイトの話をしたいと思います。

今、私は神戸市にあるマンションでフロント業務を行っています。このアルバイトの特殊な点は、お客様である入居者のほとんどが海外の方、そして日本でトップを争うサッカー選手、野球選手、ラグビー選手であることです。そのため、プライバシー保護や言葉遣いなど、多くのことに気を使いながら業務を行っています。しかし、海外出身のこういったいわば「スター選手」よりも言葉遣いやマナーに気を付けなければいけないのが日本人の入居者の方です。今回は、グローバル化が進み、様々な国の方と接する機会の多くなる今後の日本社会の中で、個人差や状況によって多少の違いはあるかと思いますが、日本人に向けてと、海外の方に向けての対応の仕方を私なりに説明できればなと考えています。

まず、日本人に向けてですが、私が接するうえで大切だと考えるのは「マナー」です。皆さんご存じかと思いますが、日本は「お客様は神様社会」であり、接客態度がいいことは当たり前のことだと考えられています。そのため、お客様と自分の間にしっかりとした距離を置き、正しいマナーをもって接客対応をすることが求められます。

次に海外の方への対応ですが、私が海外の入居者の方と接するときに大切にしているのが「適度な親密さ」と「寄り添う対応」です。お声がけをするときには名前で呼ぶこと、休日に何をしていたのかを聞くことなど、たわいもないことですが、海外の方とコミュニケーションをとるうえで大切なことだと思っています。

上記で説明したことは、もちろん対応する相手や状況によって変わると思います。しかし、日本人のお客様と海外のお客様への対応は様々な点で変わってくると思います。これからの社会では、対応する人によって接し方を変えるなどの柔軟な姿勢が大切だと考えます。皆様も一度、自分の職場に例えば、アメリカ人のお客様が来られたらどのような対応をすればいいかなど考えてみても面白いのではないでしょうか。

ご愛読ありがとうございました

 

Hello everyone, who is reading this blog. I am Sakura Ohe, third years student belong to Konishi Seminar.

Today, I would like to tell you about my part time job. I am now working at the front reception in the apartment. The special thing about this part time job is that the most of residents are from overseas and moreover, many of them are famous sports players. They are not only famous in Japan but also around the world. Because they are very famous, I really need to be careful about privacy, however, there are another group of people I need to be more careful about privacy and manner. It is “Japanese residents.” It is little bit ridiculous but even though I am fluent in Japanese, I sometimes in trouble because of my choice of words. I think this is exactly what makes it difficult to work in Japan. In this blog, I would like to explain how I manage to communicate with foreign people and Japanese people.

First, Japanese people. When you talk with them, you need to make sure that you speak very politely. In Japan, customer tend to think polite service is normal thing, so if you want to work in japan, especially in hotel or front reception, polite service is the key to manage customers.

Second, foreign people. When I talk with them, I think staying considerate of their feeling and friendly service are very important. Sometimes, living in Japan is hard for them, so it may be important to be their both helper and friend.

Of course, what I talked about is depends on the situation and who you would speak with, but thinking about these things would help you to be a global citizen.

Thank you for reading.

 

https://konishi-seminar.com/

プロフィール


NAOMI KONISHI
研究分野のキーワード 国際協力、国際人事政策、能力開発・キャリア開発 研究内容 私は着任前、国内の外資系企業及び国際機関にて、組織の人事政策や人材戦略に基づく人事管理業務に携わっており、...

カテゴリー一覧