2021年6月

2021年度 ゼミ生紹介③

皆様こんにちは。

小西ゼミ3回生の射場慶太です。

 

本日も前回に引き続き今年度の小西ゼミの3回生のメンバーを紹介させて頂きます。
①名前: 小林嶺旺

②出身: 大阪

③趣味: 吹奏楽と気ままな一人旅

④ゼミ活動を通しての目標: ゼミ活動において今までやってこなかったような新しいことにどんどん挑戦していきたいと思っています!

⑤進級論文のテーマ: 食品ロス

 

私は入学当初から「2年生になったら海外での活動をこれでもかってぐらいやったろ!」とワクワクしながら一年間貯金と学業に励みましたが、コロナの影響で夢は破られました。そこでオンライン企画であった「ベトナム異文化体験セミナー」に参加してオンラインではあるもののベトナム人とコミュニケーションをとり、一緒にグループワークを行う企画に参加しました。ベトナム人の国民性として「楽観的だけどすごく真面目」と活動前に知らされていたのですが、これまで日本を一度しか出たことがなかった自分からしたら、正直「国民性なんかただの迷信やろ」と考えていました。しかし実際にベトナム人と日本人の混合グループで作戦会議を行っていると、まだ全然今日決めておかないといけないことが達成されていないのに「今日はここまでにしますか?」といわれたり、当たり前な感じに遅刻してきたりなど、かなりラフな感じでなかなか歯車が合わず苦戦をしたのですが、いざ作業を割り振り、ベトナム人学生には現地の人にアンケートをなるべくたくさん取って情報収集してほしいと依頼すると、自分が思っていた以上の数をアンケートしてくれていて、学校の友達や教授まで巻き込んで調査してくれたことを知ってとても驚きました。一人ひとりに個性の違いがあるものの、生まれ育った環境や文化がある一定の共通した性格を形成しているのかと、授業ではよく聞く内容でしたが当時改めてそれを感じさせられました。この経験は自分の数少ない異文化経験であったためにとても興味深いものであったと感じていて、自分が思っていた以上に世界にはいろんな人がいるんだなと知りました。これからいろんな人と何かに取り組む機会が必ず増えると思うので、大学の授業やプログラムを通して自身のキャパシティをどんどん広げて、どんな人とも上手に関係を築ける社会人になりたいなと感じさせられた経験だったなと思います。

 

 

Hello, everyone.

My name is Keita Iba, a 3rd grade in Konishi seminar.

 

Today, I would like to introduce members of 3rd grade of this year in Konishi seminar.

  • Name: Neo Kobayashi
  • Birthplace: Osaka
  • Hobby:Blass band/Trip

④Goals in this seminar:Through the seminar activities, I want to challenge a lot of things that I have not done.

⑤Research topic: Food loss problem

 

 

When I enter the university, I hope that “I will do a lot of activities at the overseas!” However, this dream was broken because of the covid-19. Therefore, I participated the “Cross-cultural experience seminar in Vietnam.” This project was held in the online, so I contacted with Vietnam students through the internet. Before the project, we had told that “Vietnamese are Optimistic but serious.” Because of the less my experiences in abroad, I thought “National character is just a superstition.” However, when we started the meeting, they told that “Would you like to finish today?” Even though we haven’t decided what we have to decide today. In addition, they are naturally late. Because of this attitude, we had hard times. On the other hand, when I ask to gather the information through the interview to local people, They have gathered more information than I expected. Surprisingly, they had interviewed to a lot of their university students and professors. Through the experience, I learned that “Even if each person has a different personality, the environment and culture form a certain common personality.” Even I have few experiences at the overseas, this experience was very impressive. This experience told me that there are a lot of people around the world. Perhaps, I have to communicate with a lot of people who has different culture, so I want to expand my capacity through the studying and some programs in the university, and I want to be a person who can build the good relationship between a lot of people around the world.

 

 

▼小西ゼミホームページはこちら▼

https://konishiseminar.wordpress.com/

▼小西ゼミインスタグラムはこちら▼

https://www.instagram.com/kg_konishiseminar/

 

初めてのオンライン留学

みなさん、こんにちは。小西ゼミ4年生の岩本絵理です。

いつも本ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

今回、私は「初めてのオンライン留学」について執筆させていただきます。

 

私は、今年の8月に3週間、タイのチェンマイ大学のオンライン留学に参加することになり、非常にわくわくしています。

 

今回、私が留学に参加する目的は2つあります。

 

1つ目は、「初めてのオンライン留学を経験してみたかったから」です。

私は大学1年生の春休み、1ヶ月半、カナダの大学へ語学留学に参加したことがあります。

その当時の留学は、現地で勉強し、現地の学生とふれ合うことで、語学力やコミュニケーション能力を上げていました。

しかし、オンライン留学となると、授業時間やアクティビティの時間以外は、自分で工夫して現地で留学しているかのように過ごす必要があります。

また、オンライン留学は、このパンデミックの期間でしか経験できないと考えているため、この環境下で、有意義な留学生活を送れると、今後の自分のスケジュール力に自信を持てると思います。

 

2つ目は、「異文化理解力を伸ばしたいから」です。

今回、タイの大学を選んだ理由は、アジアの中でも特にタイの知識がなかったからです。

今までアジアに旅行に行ったことや、関西学院大学が主催している留学のボランティアで、アジア人の友人ができましたが、タイ人の友人はできたことがありません。

そのため、タイのことを知るためには、絶好の機会だと考え、今回の留学に参加することにしました。

そして、私は将来、アジアの人と仕事する機会が多いため、アジアの方とたくさんお話ができるように、異文化理解力を上げておきたいと思っています。

また、日本人の方ともオンラインでコミュニケーションを取ることは難しい中で、オンラインで海外の人とも交流できることは、これからの人生でも大切になってくると考えています。

 

前に経験した留学とは環境とは違う中で、どのように留学を楽しむことができるかを想像すると、非常に楽しみです。

有意義なオンライン留学となるように、今から準備します!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

Hello, everyone. I am Eri Iwamoto of 4th grade from Konishi Seminar.

 

This time, I will write about “My first time studying abroad online” on this blog.

 

I am very excited to attend an online study abroad program at Chiang Mai University in Thailand for three weeks in August of this year.

 

I have two purposes to participate in this study abroad program.

 

The first purpose is “I want to experience online study abroad.”

I participated in a study abroad program to learn a language at a university in Canada for a month and a half during the spring break of a first-year of university.

At that time, I could improve my language skills and communication skills by studying locally and interacting with local students in Canada.

However, when it comes to studying abroad online, I need to devise my own way and spend my time as if I were studying abroad, except during class hours and activity hours.

Moreover, I guess that studying abroad online can only be experienced during this pandemic period. If I can spend a meaningful study abroad life in this environment, I will be confident in my schedule management skill in the future.

 

The second purpose is “I want to improve my understanding of different cultures.”

The reason I chose Chiang Mai University in Thailand is because I do not have any particular knowledge of Thailand in Asia.

Although I have made Asian friends by traveling to Asia and volunteering international students sponsored by Kwansei Gakuin University, I have never made Thai friends.

Therefore, I decided to participate in this study abroad program because I thought it was a great opportunity to get to know about Thailand.

Moreover, I would like to improve my understanding of different cultures so that I can talk a lot, because I am going to have many opportunities to work with Asian people in the future.

In addition, as it is difficult to communicate with Japanese people online, I think it will be important in my future life to be able to interact with people from overseas.

I am very excited to imagine how I can enjoy studying abroad in a different environment from the one I have experienced before.

 

I have to prepare for a meaningful online study abroad program!

 

Thank you for reading until the end.

 

▼小西ゼミホームページはこちら▼

https://konishiseminar.wordpress.com/

▼小西ゼミインスタグラムはこちら▼

https://www.instagram.com/kg_konishiseminar/

2021年度 ゼミ生紹介②

皆様こんにちは。

小西ゼミ3回生の宮本美華子です。

 

本日も前回に引き続き今年度の小西ゼミの3回生のメンバーを紹介します。

 

①名前:射場慶太

②出身:山口県岩国市

③趣味:バドミントン

④ゼミ活動を通しての目標:いろんなことを経験して自分の視野を広げること

⑤進級論文のテーマ:日本と諸外国の人事制度について

 

皆様こんにちは。小西ゼミに所属している3回生の射場慶太です。いつも本ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は、私がタイのチェンマイに語学留学に行った際の話をさせて頂きます。

 

私は大学一年生の時に、タイのチェンマイに三週間ほど関学のプログラムを使って、留学に行きました。タイのチェンマイは、バンコクの北方にあるタイの第二の都市で、タイの京都とも言われるような都市であります。

その様な魅力溢れる都市で生活して数日経過した時、私は現地でとある日本人と出会いました。その出来事が後の私の大学生活に影響を与える出来事でした。それ故に、ここで紹介させて頂きます。

その日本人と出会ったきっかけは、日本の関学の友人が、チェンマイの慣れない環境下で体調不良気味である私に対して元気づけるために紹介してくれたことでした。それ故に、現地でその方と会ってみると、その方は私を励ますために、自分の家から近くのお店や施設まで沢山の場所に私を連れてってくださいました。

そして、その道中で、彼は私に現地で数多くの学生や社会人と話す機会を作ってくれました。その結果、日本に帰ってからも現地で会った人が私に積極的に英語の勉強法を教えてくれたり、コロナの状況など近況をLINEで送ってきたりしてくれています。

もしこの出来事が無かったら、保守的な私が、未だに現地にいる彼らとLINEをしていることは決して考えられなかったと思っています。

皆さんもコロナで海外に出かけることは難しいでしょうが、改めて普段話していない友人と話してみて自分の視野を広げてみるのはいかがでしょうか。

ご愛読ありがとうございました。

 

Hello, everyone.

My name is Mikako Miyamoto, a 3rd grade in Konishi seminar.

 

Today, I would like to introduce members of 3rd grade of this year in Konishi seminar.

 

①Name: Keita Iba

②Birthplace: Iwakuni City, Yamaguchi Prefecture

③Hobby: playing badminton

④Goals in this seminar: broaden my horizons by experiencing various things

⑤Research topic: human resource systems in Japan and other countries

 

Hello everyone. I am Keita Iba, a third-year student of Konishi Seminar. Thank you for checking this blog.

This time, I would like to explain the time I went to Chiang Mai, Thailand for language study.

 

When I was in my freshman year of college, I went to Chiang Mai, Thailand to study abroad for about three weeks through a program provided by Kwansei Gakuin university. Chiang Mai is the second-largest city in Thailand, located to the north of Bangkok, and is often known as the Kyoto of Thailand.

After a few days of staying in such an attractive city, I encountered a Japanese person there. It was an incident that would influence university life. That is why I would like to introduce it here.

The reason why I met this Japanese person was that a friend of mine from Kwansei Gakuin university in Japan introduced me to him in order to encourage me since I was feeling unwell in the unfamiliar environment of Chiang Mai. Therefore, when I met him there, he drove me to various places, from his house to nearby stores and facilities, to give me encouragement.

Moreover, on the way, he gave me the opportunity to talk with many local students and working people. As a result, even after I returned to Japan, some people I met there have been actively teaching me how to study English and sending me information about the situation of coronavirus and recent happenings via LINE.

If it hadn’t been for this experience, I never would have thought that I could still be in touch with them, since I am a conservative person.

I understand that it may be difficult for you to go abroad with coronavirus, so why don’t you try talking to friends you don’t usually communicate with again to broaden your horizons?

Thank you for reading.

 

▼小西ゼミホームページはこちら▼

https://konishiseminar.wordpress.com/

▼小西ゼミインスタグラムはこちら▼

https://www.instagram.com/kg_konishiseminar/

 

 

ありのままの自分でいられる就職活動

皆さんこんにちは。

小西ゼミ4回生の近藤亜花莉と申します。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

 

今回は私が最近観た、印象に残っている動画広告について執筆させていただきます。

早速ですが、皆さんはP&Gジャパンが手掛ける「パンテーン」というブランドをご存じでしょうか?おそらく多くの人が一度はその製品を購入したことや、名前を耳にしたことがあると思います。そんなパンテーンは、「#HairWeGo さあ、この髪でいこう」というブランドメッセージを掲げ、2020年秋より「#PrideHair」と呼ばれるプロジェクトを行っています。

 

私が視聴した広告はこのキャンペーンに焦点を当てたもので、就職活動において自分らしさを表現することの重要性が訴えられています。具体的にはトランスジェンダーとして就職活動を経験した2人が登場し、見た目の性別に合わせて髪型を変えなければならなかった(見た目が女性なら女性らしく髪を伸ばす、男性なら男性らしく髪を短く切る)葛藤が赤裸々に語られていました。初めてそれを視聴した際は、普段は広告を飛ばしてしまう私も思わず手を止めて考え込みました。

 

就職活動をしていると、面接の場で少しでも良い印象を与えるためにはどうすればいいか、気になってしまう学生は多いと思います。どんな経験が評価されるのか、どんな回答が望ましいかなど・・・私にも心当たりがあります。しかし、ある1つの経験をとってもそれをしようと思ったきっかけやそこから感じたことは、人によって異なるはずです。なぜなら、私たちの考えや価値観は生まれ育った土地、家庭環境、周囲の人間関係など様々な要素によって形成されているからです。同じエピソードトークでも、話す人によって内容に個性が表れるのではないでしょうか。私も面接は非常に緊張しますが、このように面接官とのコミュニケーションを通じて“私”にしかできなかった経験や、”私”だから得られた学び、またこれまでの経験を総括して”私”がどのような人間かアピールできることが、就職活動の面白さだと気がつきました。

 

そして、性別も生まれ育った環境や周囲の人間関係と同じように、1人の人間が成り立つ上で欠かせない要素だと私は考えています。髪型を変えて貴重な個性を偽ることが有利になり、評価されるべきではないはずです。この広告をきっかけに、就職活動がありのままの自分を表現し、それが受け入れられることが、全ての人にとって当たり前ではないことを再認識させられました。

 

最後に、パンテーンは就職活動以外にも様々な場面で髪型に「当たり前」の固定概念があることに問題提起をしており、自分らしい髪型をする全ての人々を応援する取り組みを行っています。また、私たちも「#PrideHair」で自分自身の考えや行動を発信することができます。皆さんも興味があれば、本ブログを通じて感じたことを共有してみてください。

 

最後までご愛読いただきありがとうございました。

 

Hello, everyone. My name is Akari Kondo of 4th grade from Konishi Seminar.

 

This time, I would like to tell you about the video ads which were impressive for me.

 

Firstly, I would like to go ahead and ask a question. Have you ever heard “Pantene”, the brand of P&G Japan? Probably, many of you have ever purchased its products or just have heard of it. Under the vision of #HairWeGo, the Pantene has been working on the project, called #PrideHair since 2020.

 

The video ads which I watched aimed for this project and emphasize the importance to express ourselves in job hunting. To be more specific, two LGBT people appear in the video and they tell the conflicts that they had to change their hairstyle to hide their gender while they were job hunting. I usually skip the video ads, but this time, I was really into watching it without thinking.

 

If you have once experienced job hunting, you must have concerned about how to leave better impression during the interview. What kind of experiences would be evaluated, what is the desirable response, etc….I can empathize these concerns a little. However, every one of us must have different reasons and opinions towards the same experience. The reason why we all have different perspectives is because our thoughts and values are formed of various factors, such as our hometowns, family environments, and personal relationships. Therefore, with the same episode, the contents might differ depending on speakers. I get very nervous when I am taking the job interview, but through communicating with interviewers, I can tell who I am and I do really enjoy it.

 

Then, I believe that gender is also the factor which is necessary to form ourselves. Changing the hairstyles and pretending the precious personality should not be advantageous and evaluated in the interview. By watching this video ads, I realized again that expressing ourselves and being accepted our personalities are not common sense in the job interview.

 

At last, the Pantene raises a problem that there are stereotypes of hairstyles in many scenes and carries out some actions to support people with their own hairstyles. Also, we have opportunities to spread our ideas and actions via #HairWeGo on Twitter. If you are interested, I would like you to share what you feel by reading this blog.

 

Thank you for reading.

 

▼小西ゼミホームページはこちら▼

https://konishiseminar.wordpress.com/

▼小西ゼミインスタグラムはこちら▼

https://www.instagram.com/kg_konishiseminar/

2021年度 ゼミ生紹介①

皆様、はじめまして。

小西ゼミ3回生の宮本美華子と申します。

いつも本ブログをご覧いただきありがとうございます。

本日からブログ係の私と射場慶太が投稿させて頂きます。

 

春学期の期間では、今年の3回生のゼミ生のメンバー15人を紹介させてただきます。

 

①名前:宮本美華子

②出身:福岡県福岡市

③趣味:音楽鑑賞

④ゼミ活動を通しての目標:様々な視点から物事を捉えて、自分の意見を積極的に伝えられるようになる

⑤進級論文のテーマ:サステナブルツーリズムの推進と地方創生

 

私は大学でEco-Habitat関西学院という国際ボランティアサークルに所属しています。このサークルは国際NPO団体「Habitat for Humanity Japan」 の学生支部として居住問題を切り口に活動しており、その活動の一環として年に2回発展途上国に赴き、貧困や災害など様々な理由で劣悪な居住環境で生活されている方々の、新しい家を建てる活動のお手伝いをさせてもらっています。今回は私が1年生の春休みに参加したネパールでの家建築活動についてお話しします。

 

今回の活動では2015年に発生したネパール地震により、安全に住める家を失ってしまった2家族(ホームパートナー)の新しい家の建築に携わりました。私たちはこのホームパートナーさんと現地の大工さんと一緒にセメントを作ったり、レンガを積んだりする作業を行いました。ネパールに渡航する前は活動の具体的なイメージが湧いていませんでしたが、実際に現地で活動し、「家」という生活の基盤になるものを作る作業に関るこの活動の重みを強く感じました。

 

私はこの活動を通して最も心に残った言葉があります。それはホームパートナーさんがおっしゃった「あななたちが作業をすることで私たちの家はより良いものになる」という言葉です。私たち学生には家建築のスキルはもちろんありません。そんな学生が日本からやってきて自分たちが将来住む大切な家を建てていることをどう思っているのだろう、ということこの活動中常に考えていました。しかしこの言葉をかけてもらえたことで、丁寧に一生懸命作業すること、その姿をホームパートナーさんに見せること、そしてたくさん交流して私たちのことを記憶に残してもらうことが自分のやるべきことだと強く感じました。

 

ホームパートナーさんにとっては安心して住める家を手に入れることが何より重要なことです。しかし、そこに付加価値として「日本からきた学生が一緒に建ててくれた」という思い出を付けれたことがこの活動の1番の意味であったと私は思います。4年しかない大学生活の中でこのような貴重な経験をさせていただけたことにとても感謝しています。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

Hello, everyone.

My name is Mikako Miyamoto, a 3rd grade in Konishi Seminar.

Thank you always for reading this blog.

From today, I and Keita Iba post this blog.

 

We will introduce 15members of 3rd grade of this year in Konishi seminar during spring semester.

 

①Name: Mikako Miyamoto

②Birthplace: Fukuoka city, Fukuoka prefecture

③Hobby: Listening to music

④Goals in this seminar: Seeing things from various perspectives and giving my opinion actively

⑤Research topic: Sustainable tourism and regional revitalization

 

I belong to international volunteer club called Eco-Habitat Kwansei Gakuen in this university. This club actives focused on residential problems as a student branch of International NPO organization, “Habitat for Humanity Japan”. We visit developing countries twice a year, and we help people who living in bad residential environment because of poverty, disasters, and so on, building a new house. Today, I would like to write about house building activity in Nepal that I joined during 1st grade’s spring vacation.

 

In this activity, we worked with the building of two families(Homeowners) who had lost safe houses by Nepal earthquake in 2015. We made cement and stacked bricks with homeowners and local carpenters. I could not have clear image of this activity before I visited Nepal, but I actually worked there, and I felt the weight of this activity that build “houses”, a foundation for their life.

 

There is a unforgettable word through this activity. It is the word that a homeowner said, “Your work will make our house better.” Of course, we students don’t have skills of house building. Therefore, I was always thinking, “What do they think that such students from Japan is building the important house that they will live in the future?”. However, when they spoke to us this words, I strongly felt that working hard, showing this work, and communicating with them are what I should do.

 

It is the most important for homeowners to get a safe house. However, I think that it is the  best meaning of this activity that we could add memories of building this house with Japanese students to it as added value. I am very grateful to have had such a grate experience during university life.

 

Thank you for reading this blog to the end.

 

▼小西ゼミホームページはこちら▼

https://konishiseminar.wordpress.com/

▼小西ゼミインスタグラムはこちら▼

https://www.instagram.com/kg_konishiseminar/

 

技術が進化しても残り続けるもの


皆様、いつもブログをご覧下さりありがとうございます。

はじめまして。小西ゼミ4年生の瀬戸口龍です。

 

今回のブログでは、私が小さな頃から興味を持っている自動車について書かせていただきます。皆さんは自動車と言うと何を思い浮かべますか?通勤や通学のため足であったり、旅行など遠出をする際の便利な移動手段などかもしれません。

 

最近では脱炭素化に向けた動きの中で、自動車業界でもエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッド車やモーターのみで動く電気自動車、さらには水素を使って動力を得る燃料電池車の量産も行われています。政府も今年1月の施策方針演説の中で「2035年までに新車販売で電動車100%を実現する」ことを表明しています。この発表により将来的にガソリンだけで走る車を見ることが無くなると思うと寂しいです。

 

ここで少し視点を変えてこれらの環境負荷の少ない車から「発生するもの」に注目してみたいと思います。エンジンを動力源とする車はガソリンを燃やしてエンジンを動かし、その過程でエンジンから大きな音を発生させ、最終的に車の後方部に付いているマフラーから二酸化炭素を排出します。一方でテスラに代表されるようなモーターを使って動く電気自動車や、トヨタ自動車から発売されているMiraiなどの燃料電池車は電気を使ってモーターを動かすため、ガソリン車と比較して大きな音を発生させません。また、燃料電池車は二酸化炭素の代わりに酸素と水を発生させ、電気自動車は何も発生させません。

 

このように電気自動車や燃料電池車は大きな音が出ないのでとても静かですが、一方で静かすぎるがあまりに周囲の人が車が近くに存在することに気づかずに事故に巻き込まれるなどの問題も発生しています。そのため日本を含む世界各国でこのような車に「車両接近通報音」をつけることを義務化するなど、これまでの車では無かった装備を搭載しています。さらに私が面白いと思った点は、車から発生させる擬似的な音は安全のためだけではないということです。BMWはいくつかの車種にアクティブ・サウンド・デザイン(ASD)という機能を搭載しており、本来は聞こえないはずのエンジン音や排気音を車内のスピーカーから発生させています。他の自動車会社もこのような擬似エンジン音を出す技術を開発したり、映画音楽を作るプロデューサーと共に走行サウンドを研究開発するなど、消えたはずの音を生み出そうとしています。このように無くなったことによってエンジン音が車を運転する楽しみの一つとして再認識されています

 

私は自動車の電動化が進むことで環境負荷が減り嬉しい一方で、これまで楽しめていたエンジンの音が聞けなくなることを少し残念に思っていました。しかし、環境負荷を軽減するために失われてしまった音を本来とは違う形でさらに質の高いものとして再現しようという世界中の自動車会社の姿勢を見て、現在満足しているものから変わっていくことは必ずしも悪いことではないと改めて感じました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Thank you for reading our blog.

My name is Ryu Setoguchi, and I’m 4th year student.

In this blog, I will write about the car. First, what do you think of when you think of cars? Some of you think that car is a convenient means of transportation for commuting to work or school, or for going on a long trip.

In recent movement toward decarbonization, the automobile industry is producing hybrid vehicles that combine engines and motors, electric vehicles that run only on motors, and fuel-cell vehicles that use hydrogen for power. In the policy speech in January, the government announced that it would achieve 100% of new vehicle sales by 2035. It’s sad for me to think that I won’t see cars that run only on gasoline in the future.

Now, I would like to change perspective and focus on what is generated from these cars. A car powered by an engine burns gasoline, drives the engine, generates a loud noise in the process, and ultimately emits carbon dioxide from the muffler attached to the rear of the car. On the other hand, electric vehicles powered by motors, such as Tesla, and fuel cell vehicles such as the Mirai, which is made by Toyota Motor Corporation, use electricity to power their motors, so they do not generate loud noise compared to gasoline-powered vehicles. In terms of exhaust, fuel cell vehicles generate oxygen and water instead of carbon dioxideand electric vehicles generate nothing.

Electric vehicles and fuel cell vehicles are quiet. On the other hand, they are too quiet, and people around the car get involved in accidents without realizing that those cars are coming. For this reason, all countries in the world, including Japan, have made it mandatory to add “vehicle approach call sound” to such vehicles, and these vehicles are equipped with this item that you have never been seen before. What’s even more interesting to me is that the fake sound that comes from cars is not just for safety. BMW has a feature called Active Sound Design (ASD) in some of theirvehicles that makes sounds like engine noise and exhaust coming from the speakers in the car. Other car companies are also trying to produce sound that should have disappeared, developing technology to produce this kind of simulated engine sound, and developing driving sound together with movie producers.

I was happy that the increasing use of electric vehicles reduces environmental impact, but I was also a little disappointed that I could no longer hear the engine noise that I had enjoyed. However, looking at the attitude of automobile companies around the world,they reproduce sound that has been lost in order to reduce environmental impact in a different way and with higher quality. I felt it is not a bad thing to change from what I am satisfied with now to better things.

Thank you for reading

▼小西ゼミホームページはこちら▼

https://konishiseminar.wordpress.com/

 

▼小西ゼミインスタグラムはこちら▼

https://www.instagram.com/kg_konishiseminar/

 

 

 

プロフィール


NAOMI KONISHI
研究分野のキーワード 国際協力、国際人的資源管理、キャリア開発、ダイバーシティ&インクルージョン政策 研究内容 私は着任前、国内の外資系企業及び国際機関にて、組織の人事政策や人材戦略に基づく...

カテゴリー一覧