カテゴリ : 未分類 :

留学生活

こんにちは。小西ゼミ4回生の西田奈生です。

いつも本ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

新型コロナウイルスが蔓延し、海外に行けない状況が続いています。私は2019年8月から約8ヶ月間ノルウェーのオスロ大学で交換留学を経験しました。3月に新型コロナウイルスが理由で帰国となってしまいましたが、今でも海外に簡単に行くことができないことを考えると、私の経験した8ヶ月間は本当に幸運で、実りあるものでした。今回は、その私の海外経験について執筆させていただきたいと思います。

 

私はオスロ大学で社会福祉の勉強をしていました。授業以外の時間では、学内のカフェでバリスタとしてボランティアをし、休日には小学生の授業補佐としてボランティアをしていました。毎日が新しいことの連続で、日々刺激を受けながら生活していたのを覚えています。留学初期はノルウェー語がわからなくて、スーパーでの買い物もままならず、日本から持ってきた食べ物ばかり食べていた時もありました。しかし、少しずつノルウェー語を友人から教えてもらい、今では何不自由なくノルウェーで生活できるようになりました。多くの方と知り合う中で、世界中に友人ができました。常に自分とは異なるバックグラウンドを持つ方々と関わる環境の中では、自分について見つめ直すことも多く、少し疲れてしまう時もありました。そんな時は、寮の近所にあったSognsvannという湖の周りを散歩していました。人もまばらで、人工的なものが何もなく、自然を肌で感じられて良いリフレッシュになっていました。今まで、普段はかなり忙しくて自然に触れるという時間を意識して作ったことが無かったのですが、自然の中で一人になる時間の大切さを知り、どれだけ忙しくても一人でリフレッシュできる時間は必ず取ろうと思うようになりました。冬になると気候の条件が揃えばオーロラが見られるということで楽しみにしていましたが、私がいた時はかなり暖冬だったので見ることが出来ませんでした。次行った時はSognsvannでオーロラを見たいと思っています。

 

私のノルウェーで経験したことをかなり端的に書いてしまいましたが、私はノルウェーに行って自分の世界の見方が変わりました。海外に行くことは言語も文化も違うので、かなり勇気がいることでしたが今では経験して良かったと思っています。早く海外に行けるようになって欲しいものです。皆さんの海外経験もぜひ聞いてみたいです!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

Hello, everyone. My name is Nao Nishida of 4th grade of Konishi seminar.

Thank you always for reading this blog.

 

We’ve not gone abroad since the covid-19 pandemic began. I went to Norway as an exchange student of Oslo university for almost 8 months from August, 2019. I was so lucky that I could study abroad because we cannot go abroad easily. I experienced many precious things when I was in Norway. I would like to introduce my life in Oslo.

 

I studied about social welfare in UiO. I also experienced the volunteer of ballista in the university café and the supporter of students in elementary school on weekend.  I remember that every day was a series of new things. In particular, I didn’t understand Norwegian, so I couldn’t just go shopping at a supermarket in the early days of my study abroad, and I had eaten the food that brought from Japan. However, my friend taught me Norwegian, and I could live in Norway comfortably. As I got to know many people, I made friends all over the world, and in an environment where I was always involved with people who were different from me, I often looked back at myself and sometimes I felt a little tired. At that time, I was walking around a lake called Sognsvann near the dorm. There was the place that people were sparse, nothing artificial, and I felt nature on my skin, which was refreshing. Up until living Norway, I have been so busy that I had never thought about having time to touch nature, but now I know the importance of being alone in nature, and no matter how busy I am, I always want to take time to refresh myself. I was looking forward to seeing the aurora in winter when the weather conditions were right, but when I was there, it was a very warm winter so I couldn’t see it. I want to see the aurora in Sognsvann the next time.

 

I wrote pretty succinctly about my experience in Norway, but when I went to Norway, my view of the world changed because the language and culture are different. I’m glad I experienced it. I hope I can go abroad soon. I’d like to hear about your overseas experience.

 

Thank you for reading.

S__334487561

▼小西ゼミホームページはこちら▼

https://konishiseminar.wordpress.com/

▼小西ゼミインスタグラムはこちら▼

https://www.instagram.com/kg_konishiseminar/

2021年度 ゼミ生紹介⑫

皆様こんにちは。

小西ゼミ3回生の射場慶太です。

 

本日も前回に引き続き今年度の小西ゼミの3回生のメンバーを紹介させて頂きます。

 

自己紹介

① 名前  周 大晃(ちゅう てふぁん)

 

② 出身  大阪府大阪市

 

③ 趣味  バスケ、ギター、音楽dig

 

④ ゼミでの活動を通しての目標      小西ゼミは個性的な経験を持つメンバーだらけなので、一つでも多く吸収して人間力を高めていきます!また役割も多様で、みんなで協力しながら最高の学びの場を作っていきます!

 

⑤研究テーマ        多文化共生教育と”ナショナリズム”の関連性

 

読んだ本の感想

題名:「仕事の答えは、すべて「童話」が教えてくれる。」

著者:千田琢哉

発行日:2013.2.20

発行元:朝日新聞出版

 

概要

本作は世界中の人々に長年、愛され読まれ続けてきた「童話」を“一般的”とは異なる視点から読み解いていく。多くの人々が一度は読んだことがあるであろう、日本の童話(ex:猿蟹合戦、金太郎、鶴の恩返しなど)と海外の童話(ex:人魚姫、シンデレラ、白雪姫など)を幼い頃とはまた違った、今だからこそ理解できる話の奥深さを体験できる。また童話の解釈だけでなく、それぞれの話が私たちに説いている教訓を、仕事や人間関係などにどう生かすかという考え方を気づかせてくれる。本の構成としては、イラストや余白が効果的に挿入されており、読書が苦手な人も1時間ほどで一気に読むことができる。

 

 

感想

古今東西に渡って愛されてきた「童話」が、なぜ愛されてきたのかを理解できた。本書に出会うまで「童話=主に子供が読む本」という印象を多くの人々が持っていた。しかし読み終わった後、印象はすっかり変わった。幼少期から現在に至るまで、「あの時はどうすればよかったのだろう」だとか「人間関係をうまく築くにはどうすればいいんだろう」という心のモヤモヤを抱える、大人こそ読むべきだと感じた。

本作は直接的には描かれていないキャラクターの心理や戦略を第三者の視点から客観的に解説しており、「そういった解釈もできるのか~」と気づかせてくれた。読み終わった頃には、世界をより多面的に見る必要があると改めて認識することができた。

 

 

Hello, everyone.

My name is Keita Iba, a 3rd grade in Konishi seminar.

 

Today, I would like to introduce members of 3rd grade of this year in Konishi seminar.

 

Self-introduction

①Name  Daehwang Joo 주대황

 

②Birthplace          Osaka city, Osaka prefecture

 

③ Hobby               Playing and watching Basketball, Playing Guitar, Digging Music

 

④Goals in this seminar       Because the guys in Konishi seminar have individual experiences, I am going to learn lot of them. In addition, we have various rolls to manage our seminar actively, so I am going to make a marvelous learning place.

 

⑤Research topic  relationship between Multicultural symbiosis education and “Nationalism”.

 

 

Title: Fairytales can tell you everything to work.

Author: Takuya Senda

Published date: 20.2.2013

Publisher: Asahi Shimbun Publications Inc

 

Summary

This book will give us another perspective of fairytales that have been read by people all over the world. Most people have read Japanese fairytale (ex: Battle of the Monkey and the Crab, the Grateful crane) and Foreign fairytale (ex: The Mermaid, Cinderella, Snow White) at least once ever. However, through reading this book, we can realize what they want to tell us truly, and it notices us not only interpretation and lesson of the fairytale but the way to reflect them to our life. The structure of this book is very simple; being added illustrations and blank spaces effectively, so even people who do not usually read books can read it easily.

 

Impression

I can understand why fairytales have been being read and loved by people until now. Before I read it, I had an impression that fairytales are the book for kids. However, after reading it, the impression was completely changed. Through reading this book, my mind was changed that fairytales are the very thing for adults. This is Because the lesson that fairytales give us helps adults who have a lot of regret and concern as if “how should have done at that time”, “how can I make good relationship with colleagues”. What is more, this book explains character’s mentalities and strategies which are not described directly in the fairytale, it makes me reacknowledge that I have to see the world more multi-faceted.

 

 

▼小西ゼミホームページはこちら▼

https://konishiseminar.wordpress.com/

▼小西ゼミインスタグラムはこちら▼

https://www.instagram.com/kg_konishiseminar/

近未来の飛行機

皆様こんにちは。

小西ゼミ4年の岩田 陽と申します。

いつも本ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

今回は私の一番好きなものである航空機、その中でも特に次世代機について執筆させていただきます。

 

航空機は日々新しい航空機が開発されていますが、その中でも特に私が特に注目している航空機はアメリカのBoom Supersonicが開発しているOvertureという超音速旅客機です。

つい最近では、アメリカのユナイテッド航空が購入契約を結び、話題になっています。

この飛行機の魅力は特に二つあります。

一つ目は飛行速度です。その最高速度はマッハ1.7。日本の主要航空会社が運用しているボーイング787の飛行速度がマッハ0.85なので、私たちが普段乗っている航空機の2倍の早さで飛ぶことになります。航空路線で考えてみると通常の航空機なら10時間15分ほどかかる東京-サンフランシスコ間がOvertureなら6時間で飛ぶことができます。

二つ目の魅力は巡航高度です。Overtureは高度約6万フィート(約18000m)で飛行できます。通常の航空機は約3万フィートで飛行するので約2倍の高さを飛ぶことができるのです。乗客はこれまで見たことがない景色を楽しめます。

速度と高度が普通の航空機の2倍ということを想像するだけでもとてもワクワクしますね。

 

Overtureは魅力的な航空機ですが、残念ながら問題も多く存在します。

一つ目はソニックブームの問題です。ソニックブームとは飛行機が音速を超えて飛行することで起こる衝撃波によって非常に大きな音が発生する現象です。2003年に引退した超音速航空機のコンコルドは、この影響で飛行できるエリアが制限されていました。

二つ目の問題はコスト面です。コンコルドは採算が取れなかったことが理由で引退に追いやられてしまいました。通常の航空機と比べ、超音速航空機は機体の製造や燃料などに多額の費用が掛かり、その航空券の値段が上がってしまうのです。

 

問題も多く見られますが、これらの問題に対処するための技術開発が進められており、今後の動向に注目していきたいです。

将来、Overtureが実際に飛んでいる姿を見られる日を楽しみに待っています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

Hello, everyone.

My name is Yo Iwata of 4th grade from Konishi seminar.

Thank you always for reading this blog.

 

I would like to talk about the airplane that is my favorite thing.

I like airplanes so much that I go to the airport to see them once a week.

The theme is the Next-generation airplane.

 

Airplanes are developed day by day.  In particular, I am interested in supersonic airplane named Overture which is developed by Boom Supersonic. Recently, it becomes a hot topic that United Airlines makes a purchase contract with Boom Supersonic.

Overture particularly has two attractive points.

The first is flying speed. The maximum flying speed is Mach 1.7. That of Boeing 787 which major Japanese airlines operate is Mach 0.85.

Overture flies two timed faster than conventional airplanes. When we think about the air route, it takes 6 hours to Tokyo from San Fransisco by Overture. Normally, it takes 10 hours and 15minutes.

The second is cruising altitude. Overture flies at sixty thousand feet. Conventional airplanes fry at thirty thousand feet, so overture also flies at double cruising altitude of conventional airplanes. Passenger can enjoy seeing the view from the airplane window that they have never seen。

I get excited just thinking about twice speed and altitude of ordinary airplane.

Overture is very attractive airplane. However, unfortunately, it has many problems.

The first problem is sonic boom. Sonic boom is a phenomenon of making a loud noise caused by shock waves when the airplane travels through the air faster than speed of sound. Supersonic airplane named Concorde that was retired in 2003 was restricted area of fright because of a sound problem.

The second problem is cost. Concorde was retired because it is too costly for airlines. Compared to conventional airplane, supersonic aircraft costs a lot of money for manufacturing aircraft, fuel and so on. Thus, the price of an air ticket is increased.

 

There are many issues, but technical development for them is in progress. So, I would like to pay attention to it.

I am looking forward to seeing Overture flying in the sky in the future.

Thank you for reading this article.

2021年度 ゼミ生紹介⑪

皆様こんにちは。

小西ゼミ3回生の射場慶太です。

 

本日も前回に引き続き今年度の小西ゼミの3回生のメンバーを紹介させて頂きます。

 

初めまして、天立愛佑(あまだつ あゆ)と申します!我ながら、かなり珍しい苗字を持っているのですが、日本で約70人しかいないそうです!(唯一の自慢です笑)出身は、兵庫県川西市です。自然いっぱいな環境とたくさんの優しいご近所さんに囲まれて育ちました。また、川西市は歴史で登場する源氏と夏にぴったりな飲物、三ツ矢サイダーの発祥の地でもあります。そんな私の趣味は、絵を描く事と音楽を聴く事です。アルバイト先で、POPのイラストよく描いています。思うままに描くのではなく、どうしたらお客さんの購買欲を高められるのかという事を意識しながらデザインしています。そして、音楽に関してはKing Gnuさんの曲を常に聴いています。彼らがつくる音楽は全く違うレベルのものであり、歌詞における言葉の表現や透き通るボーカルの井口さんの声はとても心に響きます。是非、みなさんも聞いてみてくださいね!

続いて、ゼミについてお伝えします。ゼミ活動を通しての私の目標は、言語化能力を向上させることです。みなさんも、どうしたらよりわかりやすく相手に伝える事ができるのかと一回は考えたことがあるのではないでしょうか。私もこの一人であり、このままの状態で社会人になるのは非常に危ないと感じています。目標達成のため、ディスカッションやプレゼンテーションを通してアウトプットの機会を増やし、人にうまく説明できる能力を身に着けたいと思います。

私たち、小西ゼミ生は進級論文に向けて各自動き出しています。ここで、私の論文テーマについて紹介させていただきます!テーマは、「空き家」です。年々、この空き家問題は深刻化しており、近い将来、4軒に1軒が空き家になると言われています。みなさんが住んでいる地域に空き家はありますか?長年放置され、今にも崩れそうな建物、不衛生な建物は単なる空き家ではなく、「特定空き家」と別の名前がつけられています。私は、この特定空き家に指定される建物の数を防ぐため、空き家の段階で何か解決できる手はないか考えています。また、空き家の増加は少子高齢化の影響だと言われていますが、現在の住宅税や法律の在り方も大きく影響していると考えています。まだまだ、まとまっていない部分が多々ありますが、多くの資料に目を通しながら完成にむけて頑張っていきたいと思います。

 

今回は、天立愛佑がブログをお届けしました!次回もぜひ楽しみにしててくださいね!

 

Hello, everyone.

My name is Keita Iba, a 3rd grade in Konishi seminar.

Today, I would like to introduce members of 3rd grade of this year in Konishi seminar.

 

 

Hi guys!I‘m Ayu Amadatsu from Kawanishi city, Hyogo. Kawanishi is surrounded by mountain and a lot of nature. I feel great to have those and kind neighbors all the time. Also, my city is famous for having deep history which started from more than 2300 years ago and carbonated drink called “Mitsuya-cider”. This drink is loved from many people for long time.  By the way, my last name, “Amadatsu” is very rare that there are only about 70 people who have this last name in Japan! I think it’s kind of cool to have this name.

I spend most of my free time listening to variety of music and sketching. These are my favorite things to do and feel stress-free. Favorite artist of all is Japanese band called “King Gnu”. They named it like this because gnu is the most cool and unique animal for them. So simple, isn’t it? Their songs are always on different level and can’t listen without goosebumps. The lyrics, tone, and the voice are amazing. I strongly recommend listening to it right away.

Waiting for the comments!

Next is about my Zemi class. First of all, my goal in class is to acquire ability to verbalize what I’m thinking about and my feelings. I guess many people struggle how to express their thoughts in a word. I thought this is going to be my last chance to improve this skill until becoming a member of society. Through making presentations and doing discussions with the members, I want to make much opportunities to out put what I’ve learnt and explain it more clearly.

We zemi members are already start working on their thesis. So here, I would like to introduce little bit about my theme. I’m working on about “Vacant house” in Japan. This social problem is becoming serious every year. Surprisingly, 1 in 4 houses will be vacant in near future. Are there any vacant houses which been left for long years and about to collapse around your home? Those are called “Specific vacant house”. It is not just a vacant house. Not only spoiling the scenery, but also make it unsanitary too. I’m wondering if there are any solutions for the vacant house stage to prevent the number of buildings designated as the “specific vacant house”. It is said that this is due to the declining birthrate and aging population, but I think that the current housing tax and the law are also creating this situation. There are still many parts that are not organized yet, but I would like to do my best to complete it by reading many materials and books.

Hope you enjoyed reading my vlog! See you guys in next vlog!!

 

 

▼小西ゼミホームページはこちら▼

https://konishiseminar.wordpress.com/

▼小西ゼミインスタグラムはこちら▼

https://www.instagram.com/kg_konishiseminar/

小西ゼミ卒業生の方を迎えての合同ゼミ

皆さま、こんにちは。

小西ゼミ4年生の濱田希帆です。

いつも本ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

今回は、先日行われた合同ゼミについて執筆させていただきます。

7月10日(土)の3・4年生合同ゼミでは、小西ゼミの卒業生の方をゲストにお招きし、ご講演いただきました。

今回ご講演いただいた卒業生の方は小西ゼミ1期生の先輩であり、ご卒業後は海外留学や大学院進学、在カンボジア日本国大使館での勤務などの幅広い分野でご活躍されてきました。講演は、学部や大学院のお話、ご自身のキャリアについて、学生時代にしておくべきことなどをお話ししていただき、最後にゼミ生からの質疑応答といった内容で行われました。

多様な経験とキャリアを積まれてきた先輩のお話はとても興味深く、今後進路選択やキャリア選択をしていくゼミ生にとって貴重な機会となりました。

 

私が特に印象に残ったのは、自分の「軸」についてのお話です。卒業生の方は、学部生のときに小西ゼミに所属し、国際協力や国際開発に興味を持たれてから今日まで一貫して「国際関係の仕事(英語)・東南アジア・日本」という3つの軸をもとにご自身のキャリアを選択されてきたとおっしゃっていました。

なぜこのお話が印象に残ったかというと、私自身就職活動を通して自分の「軸」を持つことの重要性を実感したからです。就職活動をしていると、「就職活動の軸は何ですか?」と聞かれることがよくあります。私も自分なりに「就職活動の軸」を持っていましたが、この軸は少なからず自分が企業に採用されることを意識して作ったものであったため、本質的な自分の軸や成し遂げたいことを見失ってしまった時期がありました。

そのため、今回のお話を聞いて、私も卒業生の方のように目先のキャリアだけでなく、10年後や20年後に自分がありたい姿を改めて考え、自分の人生における確固たる軸を見つけたいと思いました。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

Hello, everyone.

My name is Kiho Hamada a fourth-year student in Konishi seminar.

Thank you always for reading this blog.

 

This time, I would like to talk about a class which was held the other day.

In July 10th, we invited a graduate from Konishi seminar in our class, and she gave us a lecture.

She is a first graduate in Konishi seminar. After she graduated university, she went abroad and graduate school. She also has an experience of working at Royal embassy of Cambodia.

She’s lecture was very interesting for us, because she has various experiences and careers.

We have to choose our path for the future, so it was a good opportunity to think about our career.

 

What impressed me most was a story about “core values”. After she graduated university, she always chose her career based on her three core values (1. English, 2. Southeast Asia, 3. Japan).

The reason why I impressed with this story, I realize that importance of having my core values through a job hunting.

When I was hunting for job, I often had to tell my core values of job hunting to interviewer.

However, when I decided my core values of job hunting, I had to consciously think about to be employed by companies. Therefore, I sometimes lost myself and what I really want to do.

As well as graduate, I want to look for consistent core values in my life.

 

Thank you for reading until the end.

スクリーンショット (6)

 

 

 

 

 

▼小西ゼミホームページはこちら▼

https://konishiseminar.wordpress.com/

▼小西ゼミインスタグラムはこちら▼

https://www.instagram.com/kg_konishiseminar/

2021年度 ゼミ生紹介⑧

皆様こんにちは。

小西ゼミ3回生の射場慶太です。

 

本日も引き続き今年度の小西ゼミの3回生のメンバーを紹介させて頂きます。

①名前:荻田十百朗(オギタトモロヲ)

②出身:兵庫県神戸市

③趣味:アメリカンスポーツの鑑賞

④ゼミでの活動を通しての目標:小西先生を爆笑させる

⑤進級論文のテーマ:子供の教育レベルと親の収入の相関と、再分配システムに関する政策提言

 

「英語を話すって緊張するな、、、」こんな悩みを抱えている人は多いと思います。たしかに緊張しますよね。英語は日本語とは語順も違うし、なにより発音が全然出来ないし。僕も大学入学時はそんな気持ちを持っていて、英語で話す時は緊張していました。ただ、僕が1年次から継続的に学習を続けた結果、現在では日常会話レベルの英会話が出来るようになりました。このパートでは僕が英語を話せるようになった方法をご紹介します。

 

結論から言うと、僕はNBAの実況や有名人のスピーチをモノマネすることで英会話が上達しました。簡単にお話すると、Youtube上の英語の音声をシャドーイングして覚えるという作業をするということです。具体的には、僕であればNBA(アメリカのバスケ最高峰リーグ)の実況音声が大好きでしたので、それを何度も聞いてモノマネ出来るレベルにまで落とし込みました。また、スティーブ・ジョブズの大学でのスピーチなども大好きでしたので、スティーブ・ジョブズになりきってモノマネしました。これを続けた結果として、NBA・スティーブ・ジョブズがさらに好きになっただけでなく、スピーキング・リスニング能力が劇的に向上しました。今では英会話で相手とほとんど問題なく会話することが出来るまでになりました。

 

ここで僕が強調したいのは「大好きなもの」で学習するということです。一般的には、「学習は忍耐」のような風習もありますが、僕は「学習は楽しむ過程」だと考えています。なぜなら、大好きなものを学習する中で、自分が知らなかったことも自然と知ることが出来ます。実際に、僕はバスケが好きだったのにも関わらず、「スリーポイントシュート」を英語で何と言うのか全く知りませんでした。ただ、実況を真似するうちに「From the way downtown」がそれであることを学びました。いわゆるスラングと言われる言語形態です。まさか英語学習においてスリーポイントシュートのスラングを学ぶとは思っていませんでした。このように、自分が予期しなかった形で言語習得は進んでいきます。ただ、そこが英語学習の最も魅力的な部分です。

 

もし、あなたが言語習得に悩んでいるのであれば、「モノマネ」から再スタートしてみませんか?きっとあなたの「From the way downtown」を見つけられます。Trust the process.

 

 

Hello, everyone.

My name is Keita Iba, a 3rd grade in Konishi seminar.

 

Today, I would like to introduce members of 3rd grade of this year in Konishi seminar.

 

①Name: Tomorowo Ogita

 

②Place of birth: Kobe, Hyogo Pref.

 

③Hobby: Watching American sports

 

④Goal in seminar: Make Professor Konishi big laugh

 

⑤Research theme: Relationship between child’s education level and parent’s income, and policy proposal on the redistribution system in Japan.

 

 

“Speaking in English makes me nervous though,,,” A lot of people may have this kind of trouble. I can relate you because I was in the same situation. This is because English grammar is different from japan, and pronunciation is totally foreign for us Japanese. I felt that way when I entered university, speaking in English made me so nervous. However, As a result of continuing my studies, I am now able to speak English at the level of everyday conversation. In this part, I will introduce why I became so fluent in speaking English.

 

In conclusion, I impersonated the NBA’s live commentary and celebrity speeches, which improved my English conversation skills. To put it simply, I learned by shadowing the English audio on Youtube. Specifically, I loved the NBA’s live audio, so I listened to it many times and dropped it to a level where I could impersonate it. I also loved Steve Jobs’s college speech, so I impersonated him. As a result of this, not only did I like the NBA and Steve Jobs more, but my speaking and listening skills improved dramatically. Now I can talk to the other person with almost no problems.

 

What I want to emphasize is learning with “loved things”. In general, there is a custom that “learning is patience”, but I regard it as “learning is a process of enjoying”. Because, in the process of learning what you love, you can learn what you didn’t know. In fact, even though I liked basketball, I didn’t know what to say “three-point shoot” in English. However, in the process of imitating the actual situation, I learned that it was “From the way downtown”. It is a so-called slang language form. When I learned about it, I was using it all day long. In this way, language acquisition progresses in a way that you do not expect.

 

If you have been struggling with language acquisition for a long time, wanna start with imitation? I’m sure you will find your “From the way downtown” in the process of enjoyment. Trust the process.

 

Thank you.

 

 

▼小西ゼミホームページはこちら▼

https://konishiseminar.wordpress.com/

▼小西ゼミインスタグラムはこちら▼

https://www.instagram.com/kg_konishiseminar/

2021年度 ゼミ生紹介⑦

皆様こんにちは。

小西ゼミ3回生の射場慶太です。

 

本日も前回に引き続き今年度の小西ゼミの3回生のメンバーを紹介させて頂きます。

 

①名前:山口菜々果

 

②出身:兵庫県姫路市

 

③趣味:写真を撮ること

 

④ゼミ活動を通しての目標:多角的に物事を見ることができるようになること。自分の意見や考えを効果的に伝えられるようになること。

 

⑤進級論文のテーマ:東南アジアの初等教育における教員養成について

 

私は高校生の頃から「貧困」について興味を持っていました。実際に途上国に行く機会はありませんでしたが、テレビCMや広告などでよく目にする世界中で貧困に苦しむ子どもたちの映像や写真を見て、「世界には私よりもっと幼い子どもが苦しんでいる」と知り、将来はそのような貧困に苦しむ子どもたちの役に立つような仕事がしたいと強く思いました。

大学入学後、1年生の夏休みにミャンマーのFWに参加したことが私の価値観・考え方を大きく変える経験となりました。FWでは農村部の幼稚園と小学校、都心部の幼稚園から大学まで授業分析を行い、生徒や先生へのインタビュー調査を実施しました。調査や分析を通して、農村部と都心部の大きな違い(施設の整備、塾、over age、教員の経歴)を知ることができましたが、中でも私が最も関心を持ったことは、「教員の指導について」です。農村部や都心部に関係なく教員中心の授業が行われ、生徒に注意が向けられていないという現実に強く衝撃を覚え、日本に帰った後も教員の質について深く知りたいと思うようになり、3年生の進級論文で教員養成に関する研究を実施しようと決意しました。

将来は途上国で教育開発に携わる仕事について、多角的な視点から政策提言ができる人材になりたいと考えています。そのために、現在は様々なトピック(難民、国際関係、プロジェクトマネジメント、環境、外交)を学んでおり、多様な立場からの教育へのアプローチについて考えています。また、ゼミ活動を通して相手に自分の考えや意見を簡潔にわかりやすく伝えることや、多様なバックグラウンドを持つメンバーと一緒に一つのものを作り上げることの重要性を学びたいと思っています。

ゼミの素敵な先生と多様な個性を持つメンバーと一緒にこれから2年間を共に過ごすことができるのを楽しみにしています。

 

 

Hello, everyone.

My name is Keita Iba, a 3rd grade in Konishi seminar.

 

Today, I would like to introduce members of 3rd grade of this year in Konishi seminar.

①Name: Nanaka Yamaguchi

 

②Birthplace: Himeji city, Hyogo prefecture

 

③Hobby: Taking pictures

 

④Goals in this seminar: I will try to take things from various points of view. I want to tell my opinions effectively and more logical.

 

⑤Research topic: Teacher Training of Primary Education in South-East Asia

 

 

Since I was in high school, I’ve been interested in “poverty”. Although I had not visited developing countries when I was a high school student, I learned “A lot of children younger than me are suffering from poverty” from some advertisements on TV or internet. Therefore, I strongly thought I want to work for children suffer from poverty.

After entering the university, I participated in field work in Myanmar when I was in first year. This experience changed my opinion and value a lot. In this FW, I analyzed classes of kindergarten and primary school in rural area and from kindergarten to university in urban area and interviewed to teachers and students. Through this analyzing and research, I knew large differences between rural and urban area, for example, facilities, cram school, students’ ages, and teachers’ career. However, I was most interested in the “way of teaching”. I was surprised the situation that almost all classes were not focused on students. This means teachers did not pay attention to their students. Therefore, I decided to research about teacher training system through my dissertation.

Through this experience, I want to work educational development field and suggest policies from different perspective in the future. To achieve my dream, I learn various topics such as refugees, international relationship, project management, environment and diplomacy, so I can think approaching to “education” from many positions. In addition, I would like to learn the importance of telling my opinions effectively and logically and diversity through this seminar.

 

I am looking forward to spending 2 years with great teacher and friends who have different backgrounds.

 

 

▼小西ゼミホームページはこちら▼

https://konishiseminar.wordpress.com/

▼小西ゼミインスタグラムはこちら▼

https://www.instagram.com/kg_konishiseminar/

 

「Hygge」

皆さま、こんにちは。

小西ゼミ4回生の松本瑞季と申します。

いつも本ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は、私が過去にスタディツアーとして参加したデンマークの興味深い考え方をテーマにしていこうと思います。

皆さんは「ヒュッゲ」という言葉を聞いたことがありますか?

デンマーク語では、「Hygge」と書き、デンマーク人たちが大切にしている考え方です。

日本語で直訳できるような単語はありませんが、基本的な意味としては「居心地の良い空間・時間の過ごし方・心の持ち方」といったような感じになります。

世界の幸福度ランキングでトップになることもあるデンマークということで、そのような考え方があるのもイメージしやすいのではないでしょうか。

では、「Hygge」が現地の人達の生活にどのように表れているのか、私が実際に現地で見てきたことを中心に伝えたいと思います。まず、一番目に気がついたのは、夜になると街のレストランのほとんどの席にあるキャンドルに灯がともり、昼とは違ってとても魅力的な空間になっていたことです。蛍光灯などではなく、キャンドルになることで、暖かな空間を作り、ゆったりとして時間を過ごせるのだと思います。

「対話」というのも大事な点になります。まずデンマーク人は家族との時間を大切にしており、残業をせずに定時には帰って、家族や友人との食事を楽しんでいるようです。また、普段の生活だけでなく、対話を尊重することは教育にも表れていました。例えば、幼児教育の分野で、「森の幼稚園」という森林の中に施設がある幼稚園があります。森の中には自然の素材で作られた遊具がたくさんあります。この幼稚園の大きな特徴は特にカリキュラムは決められておらず、園児たちの自主性が重んじられて、それぞれが自分のやりたいことを好きなようにできることです。たとえ園児同士でけんかがあっても、先生は介入しすぎず園児を1人の人間として見て、自身で答えを導き出せるようにしています。

このように例を挙げるときりがないですが、Hyggeには人との対話を大事にしたり、人々の個が尊重されるといった様々な要素が含まれて、冒頭で述べた意味合いとなっています。

私は、コロナで家にいる時間が長いことから外でリフレッシュできる機会が少なくなっており、無意識のうちに自分に負担をかけないようにする必要があると感じています。そこで、自分が自分らしくいられる場所や時間の使い方も改めてしっかり考えておきたいと思いました。

皆さんもぜひHyggeの考え方を自分の生活に取り入れてみてください。

最後までご愛読いただきありがとうございました。

Hello, everyone.

My name is Mizuki Matsumoto of 4th grade from Konishi Seminar.

Thank you always for reading this blog.

This time, I would like to talk about interesting ideas of Denmark that I participated in as a study tour in the past.

Have you ever heard the word “Hygge”? In Danish, it is written as “Hygge”, which is a concept that Danish people cherish. There is no word that can be translated directly into Japanese but the basic meaning is something like “ a cozy space, how to spend time, and mind”. Since Denmark has been ranked at the top in the world happiness ranking, it is easy to imagine that there is such a way of thinking.

Now, I would like to tell you how “Hygge” appears in the lives of local people, focusing on what I have actually seen in the field. First of all, the first thing I noticed was that the candles in most of the restaurants in the city were lit at night, it was a very attractive space unlike the daytime. By using candles instead of fluorescent light, I think they can create a warm space and spend a relaxing time.

Also, “Dialogue” is an important point. Danish people value their time with people and seem to enjoy eating with family and friends by returning on time without working overtime. In addition, respecting for dialogue as well as everyday life was reflected in education. For example, in the field of early childhood education, there is a kindergarten with facilities in the forest that is called “Forest kindergarten”. The main feature of this kindergarten is that the curriculum is not decided, the independence of the children is valued. Also, each of them can do what they want to do. Even if there is a quarrel between the children, teachers do not intervene too much and see the children as one person so that they can come up with their own answers.

There is no time to give an examples like this, but Hygge has various elements such as valuing dialogue with people and respecting the individually of people, and it has the meaning mentioned at the beginning.

I feel that because of the COVID-19, I had a lot less chance to refresh outside because I spent at home for a long time, so I need to avoid unknowingly burdening myself.

Therefore, I would like to think carefully about where I can be myself and how I spend my time.

Please try to incorporate Hygge’s ideas into your life.

Thank you for reading.

▼小西ゼミホームページはこちら▼

https://konishiseminar.wordpress.com/

▼小西ゼミインスタグラムはこちら▼

https://www.instagram.com/kg_konishiseminar/

文化を楽しむ書店

皆さま、こんにちは。

小西ゼミ4回生の折原七海です。

いつも本ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は私が見た「夢の本屋をめぐる冒険」というテレビ番組で紹介された書店について執筆させていただきます。

この番組で紹介されたのは中国・南京にある「先鋒書店」です。

この書店は「世界の最も美しい書店」の1つに選ばれたこともあります。店内では好きなだけ本を読むことができ、そのためのスペースも多く設置されています。朗読会やライブなどのイベントが開催されると毎回多くの人が訪れるそうです。

創業者である銭小華さんは「単に本を売り買いするだけではない。文化を楽しむための場所を作る。」という考えのもと、先鋒書店を始めました。公共図書館のような市民が読書と文化を楽しむ書店を提供しています。

銭さんは村おこしにも積極的に取り組まれています。人口が100人未満の村で公民館を先鋒書店にすることで、多くの観光客が訪れるようになり、村に活気が出ました。また、他の村から書店目当てで子どもたちが訪れるようになりました。書店ができることで多くの人が訪れ、村の活性化に繋がることは驚きでした。

また、紹介された中で私が特に面白いなと思ったものが「盲選」です。これはいわゆる本の福袋です。中にどんな本が入っているか全くわかりません。私は普段、買いたい本をある程度決めてから書店に行くため、盲選は自分が今まで読んだことのない本や新しい興味の出会いになる良いきっかけになると思いました。誰かにプレゼントするのもいいですし、自分で書店に行き、直接選ぶからこその楽しみもありそうです。日本にもあったら私もぜひ一度は買ってみたいです。

今は書店に直接行かなくてもネットで本が買うことができ、電子書籍も普及していることから書店の経営は厳しい状況です。私がよく行っていた書店も閉店してしまったことがあり、残念に思った経験があります。これからの書店に求められるのは、先鋒書店のようなネットではできない文化を楽しむ空間や経験を提供することではないかと私はこの番組を通して感じました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Hello, everyone.

My name is Nanami Orihara, and I am a 4th grade student in Konishi seminar.

Thank you always for reading this blog.

I will write about a bookstore that I was introduced on a TV show called “Adventure for going to bookstores of dream”.

This TV program featured Library Avant-Grade” inNanjing, China. It has been selected one of the most beautiful bookstores in the world. People can read books as much as they want in this store. There are many spaces for reading books. When events are held such as public reading, a live concert, and other events, many people always visit there.

Qian Xiaohua who opened Library Avant-Grade says, “I will make a space not only to sell and buy books but also to enjoy culture.”

He opened the bookstore based on this idea. He put a bookstore that citizens can enjoy reading books and culture like a library.

He actively works on a village development project. He changed a community center into Library Avant-Grade in the village has a population less than 100. As a result, many tourists have visited this village, and there have revived. Also, children have visited there from other villages. I was surprised at a village was revived by a bookstore.

Also, I am interested in “Blind Selection”. This is a grab bag of books. We cannot know what books there are in a grab bag. I usually go to a bookstore after deciding books I want to buy, so I think that it will be a good chance to run across books I have not read until now and to be interested in new things. We can give it as a present and enjoy selecting it directly. If there is a grab bag of book in Japan, I want to buy it.

Now, we can buy books on the Internet without going to bookstores directly. Also, e-books become popular sobookstores are in financial difficulties.

Bookstores where I often went have closed, so I felt regret.

I felt through this TV show that what bookstores will need in the future is to provide places and experiences where people can enjoy culture that cannot be done on the Internet, such as Library Avant-Grade.

Thank you for reading until the end.

▼小西ゼミホームページはこちら▼

https://konishiseminar.wordpress.com/

▼小西ゼミインスタグラムはこちら▼

https://www.instagram.com/kg_konishiseminar/

お気に入りのお店について

皆さま、こんにちは。

 

いつも本ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は、小西ゼミ4年の内海真優が執筆させていただきます。

 

突然ですが、皆さんはスターバックスを利用したことがありますか?

私はスターバックスのドリンクやフード、雰囲気、店員さんの接客などが好きなため、よく利用しています。

何度も足を運ぶうちに、スターバックスという企業について知りたいと考えるようになりました。

そのとき、地元の図書館で出会ったのがこの本です!

「スターバックス 輝きを取り戻すためにこだわり続けた5つの原則」

 

この本では、タイトルの通り、スターバックスがどのような原則に基づいてサービスを提供しているのかについて書かれています。

インタビューや写真などを用いて分かりやすく説明してあるので、気になる方はぜひ一読してみてください。

 

今回のブログでは、私が特に印象に残った原則について紹介します。

それは「原則② 愛することで愛される」です。

一見当然のことのように思われますが、スターバックスでは顧客だけでなく、従業員にも愛情を提供しています。

例えば表彰制度についてです。たいていの場合は金銭的報酬を付与しません。バッジや手書きのメッセージ、表彰状などの社会的価値を付与することで内的な動機を与えています。また上級リーダーのための研修では、「耳を傾けるツアー」が存在します。この研修は社員の意見に耳を傾けられるリーダーの育成を目的としたもので、参加者はヨーロッパ・アフリカ・中東の地域を定期的に回り円卓会議を開くそうです。

 

スターバックスが大切にしている原則を知り、私自身が社会人として働く際にも活用できると考えました。

誰かにサービスを提供する、また組織のメンバーの一人として働くという点で共通しているからです。

単に目先の利益だけを鵜呑みにしてしまうのではなく、スターバックスのこだわりでもある、顧客や一緒に働く仲間との信頼関係を大切にしたいです。

そして、自分の人生を満足のいくものにできるよう、今後も様々な知識・経験を積んでいきます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

Hello, everyone.

I am Mayu Utsumi a fourth-year student in Konishi seminar.

 

Have you ever been to Starbucks Coffee?

I often go there and have a drink or food, because I like the mood and the services.

As I go there many times, I came to know about Starbucks Coffee.

One day, I ran into this book at my hometown library.

It is “Leading the Starbucks Way -5 Principles for Connecting with Your Customers, Your Products and Your People-”.

 

As the title is, this book shows what principles Starbucks provides customers with the services based on.

Also, it describes about Starbucks clearly with a lot of pictures and interviews.

If you have a chance, please check it.

 

In this time, I would like to introduce the principle that I was impressed especially.

It is “the second principle: that you love and to be loved”.

Starbucks Coffee gives love to not only customers but also employees.

For example, Starbucks Coffee does not often reward monetarily.

It gives the social values such as a badge, a handwriting massage or a testimonial.

In addition, it encourages the employees to increase motivation for working at Starbucks Coffee.

Also, it has the training for senior leaders, which is” the tour of listening to the voice”.

The purpose of this training is to become a leader who can listen to the voice of subordinates. The participants go to the Starbucks Coffee in Europe, Africa and Middle East, and they have the meetings regularly.

 

In my opinion, the principles of Starbucks Coffee are useful when we work as one of the members of society.

this is because it is common to provide someone with services and work as the member of a company.

I want to think a great deal of the relationships with the coworkers or customers, not focus on the just sales.

Moreover, I would like to get various knowledge and experiences more and more to be satisfied with my life.

 

Thank you for reading this article.

 

▼小西ゼミホームページはこちら▼

https://konishiseminar.wordpress.com/

▼小西ゼミインスタグラムはこちら▼

https://www.instagram.com/kg_konishiseminar/

 

プロフィール


NAOMI KONISHI
研究分野のキーワード 国際協力、国際人的資源管理、キャリア開発、ダイバーシティ&インクルージョン政策 研究内容 私は着任前、国内の外資系企業及び国際機関にて、組織の人事政策や人材戦略に基づく...

カテゴリー一覧