カテゴリ : 自己紹介 :

2021年度 ゼミ生紹介⑮

皆様こんにちは。

小西ゼミ3回の宮本美華子です。

 

本日も前回に引き続き小西ゼミの3回生のメンバーを紹介させて頂きます。

今回でゼミ生紹介は最後になります。

 

①名前:八木ちひろ

②出身:大阪府箕面市

③趣味:ダンス

④ゼミ活動を通しての目標:社会で活躍出来る人材になる

⑤研究テーマ:現在は、sdgsと企業の関連性というテーマで研究を進めています!

 

3年生の前半は、主に

・企業分析、比較

→ホンダとトヨタ

・個人研究

を進めています。

また、小西ゼミは皆それぞれ課外活動を行なっております。

私は、

1.ベンチャー企業で長期のインターンシップ

2.CAMP×US(総合政策学部の公認団体)

3.Super⭐︎Nova(公認ダンスサークル)

に所属しております。

 

これらの経験を通じて私は、考え方の違う人々を巻き込む力を身につけることができました。

4年ある大学生活をいかに有意義にして過ごすのか、日々考えながら行動しています!

 

Hello, everyone.

My name is Mikako Miyamoto, a 3rd grade in Konishi seminar.

 

Today, I would like to introduce members of 3rd grade of this year in Konishi seminar.

This is the last introduction of it.

 

①Name: Chihiro Yagi

②Birthrate: Minoh, Osaka

③Hobby: dancing💃

④Goals in this seminar: to be a person who can active worldwide✊

⑤Research topic: Now, I researched “how companies relevance to sdgs”

 

I studied the what comparison and how analyze corporation, Honda and Toyota.

I also continue to attack my research.

 

In addition, I joined the Intership program to have experiences, working.

I am also a member of “CAMP×US”, and I produce my bottle with students and teachers to solve the environmental problems.

 

According to their experiences, I can get skill of involving diverse people!

I always act with thinking how spend meaningfully while I an a university students.

 

▼小西ゼミホームページはこちら▼

https://konishiseminar.wordpress.com/

▼小西ゼミインスタグラムはこちら▼

https://www.instagram.com/kg_konishiseminar/

2021年度 ゼミ生紹介⑭

皆様こんにちは。

小西ゼミ3回の宮本美華子です。

 

本日も前回に引き続き小西ゼミの3回生のメンバーを紹介させて頂きます。

 

私の名前は村上裕基です。国籍は日本、大阪府茨木市出身です。趣味は山登りや温泉など自然に触れる形で運動する事が自分にとって最高のリフレッシュです。ゼミでの活動を通して、自身は消極的な自分から積極的な自分になりたいと思います。具体的にはめんどくさいや無理そうなど自分からあきらめる心を作るのは止めて、大変な経験や失敗経験を積んで、成長しつづける人物になりたいと思います。

 

自身が最も取り組んでいる事は語学力の研鑽です。特にスペイン語と英語の語学力を向上させたいと考えています。その主な理由は英語とスペイン語は様々な国々の母国語として使用されており、広く且草の根レベルの視点から物事を見る際に有効な言語だと考えたからです。今後も言語の研鑽を積む際には本や新聞記事などから様々な単語を吸収して、それらで学んだ内容を日本語以外で自分から相手に簡潔かつ正確に伝える事を心掛けたいと思います。次に自分がお勧めする書籍を紹介したいと思います。お勧めする書籍のタイトルは「FACTFULNESS」という本です。この本は思い込みを乗り越え、世界を事実に基づいて正しく見る方法について述べている。具体的には小さいころから何となく当たり前だと思っていた事の中には実は統計に基づくと違っていたという事を様々な分野で述べている。その例として、極度の貧困率や世界中の1歳児の予防接種率等が挙げられる。誤った形で情報を理解する事を防止する為、この著書では人々がなぜ誤った思い込みをしてしまうのかについて述べている。他にも機会があれば、「自由の命運」という本も読んでみてください。この本は主に民主主義(程よい自由)を維持の困難性について様々な歴史的事例に基づいて述べている。内容は難しいですが、様残な国々の政治体制を比較する上で非常に有効な知識を得ることが増す、ですから、国際分野に興味がある方は是非「自由の命運」という本を読んでみてください。最後に進級論文の研究についてですが、自分は今後、途上国における第四次産業革命に関わる産業について調べたいと思います。将来は途上国でロボットやAI産業に関する経営サポートを行える人材になりたいと考えます。皆様最後までお読みいただきありがとうございます。

 

Hello, everyone.

My name is Mikako Miyamoto, a 3rd grade in Konishi seminar.

 

Today, I would like to introduce members of 3rd grade of this year in Konishi seminar.

 

My name is Yuki Murakami. My nationality is Japan. I was born in Ibaraki city, Osaka. My hobbies are hiking and hot springs. Doing exercise in the natural place is best moment for me to refresh myself. Through research seminar class, I would like to transform myself from passive person to positive person. To be more specific, I will keep improving my self by accumulating the experience of hard work and failure and stop giving things up from myself.

 

I buckle down to improve linguistic abilities than anything else. In particular, English and Spanish are languages that I want to improve. This is because, English and Spanish are spoken as a mother language in more countries than any other languages, That is why, I thought that learning those languages are effective language to see things broadly from grass-roots viewpoint. Thus, I would like to absorb more vocabulary from materials such as news paper and book, and attempt to tell the context of materials to people concisely and accurately without using mother language. Next, I would like to recommend some books. The title of recommended book is 「FACTFULNESS」. This book tells about useful method to overcome prejudice and examine the world based on facts. To be more specific, it tells that many things that was recognized as a common fact were incorrect from many aspects. For example, the extreme poverty and rate of immunization in one year-old today across the world. In order to avoid from comprehending the facts incorrectly, this book tells about the fundamental factors of causing incorrect prejudice. If you have a chance, I will also recommend reading book called The Narrow Collusion. This book tells about the difficulty of sustaining democracy (Moderate freedom) by introducing historical incidences. The context of this book is hard to comprehend, however, it is very useful knowledge to compare the politics between countries. Please read 「The Narrow Collusion」, if you are interested in international area. Finally, I would like to examine about the fourth industrious revolution in developing countries for promotion thesis. In the future, I hope I could be one of the people who could support the industry related to  robotic technology and Artificial Intelligence from the aspect of management, Thankyou for reading the entire story.

 

▼小西ゼミホームページはこちら▼

https://konishiseminar.wordpress.com/

▼小西ゼミインスタグラムはこちら▼

https://www.instagram.com/kg_konishiseminar/

 

2021年度 ゼミ生紹介⑬

皆様こんにちは。

小西ゼミ3回の宮本美華子です。

 

本日も前回に引き続き小西ゼミの3回生のメンバーを紹介させて頂きます。

 

①名前:木村汐里

 

②出身:大阪 / 大阪女学院高校

生まれも育ちも大阪です。高校は英語科で、1年生の夏に学校のプログラムでカルフォルニア州のモントレーにホームステイしたことが、語学や異文化への関心がさらに強まったきっかけだと感じています。その後、2回ホストファミリーに会いに行き、その度に思う「次に彼らに会う時までにもっと勉強してスキルアップしよう!」という気持ちが、私の英語学習のモチベーションに繋がっています。

 

③趣味:フルート

5歳からピアノを始めたことがきっかけで、楽器を演奏することが趣味です。小学校でトランペット、中高はハンドベル部に所属していました。20歳になったのをきっかけに、何か新しいことにチャレンジしたいと思い、始めたのがフルートです。まだまだひよっこですが、夏の発表会に向けて猛練習中で、今私にとって1番の趣味です。

 

④ゼミでの目標

私は、小西ゼミでのゼミ活動を通じて、「伝える力ーを向上させたいと思っています。小西ゼミならではの、プレゼンテーションの機会が沢山与えられることを最大限に活かします。また、小西ゼミは本当に多様なゼミ生が集まっており、日々彼らから刺激を受けています。私も、「他のゼミ生へ良い刺激を与える存在でありたい」という想いのもと、様々なアクションを起こしていきます。

 

Hello, everyone.

My name is Mikako Miyamoto, a 3rd grade in Konishi seminar.

 

Today, I would like to introduce members of 3rd grade of this year in Konishi seminar.

 

①Name: Shiori Kimura

 

②Birthplace: Osaka/Osaka Jogakuin High School

I was born and raised in Osaka. I was in English department of high school, and In the summer of my first year, I had a homestay in Monterey, California. I feel that it was an opportunity to deepen my interest in languages ​​and different cultures. After that, I went to see my host family twice, and each time I thought, “Let’s study more by the time I meet them!”, My motivation for learning English is motivated.

 

③Hobby: Flute

I started playing the piano when I was 5 years old, and my hobby is playing musical instruments.  In elementary school, I played the trumpet, and in junior & high school , I belonged to the handbell club.  When I became 20, I wanted to try something new, so I started playing the flute.  I’m still immature but I’m practicing for the summer recital, and now it’s the most fun hobby for me.

 

④Goals in this seminar

I would like to improve my ability to communicate through the activities at Konishi Seminar.  We will have advantages of the many opportunities for presentations that are unique to the Konishi seminar. In addition, Konishi Seminar is a collection of a wide variety of seminar students, and I am inspired always.  I will also take various actions based on the idea that I want to be a person who gives good stimulation to other seminar students.

 

▼小西ゼミホームページはこちら▼

https://konishiseminar.wordpress.com/

▼小西ゼミインスタグラムはこちら▼

https://www.instagram.com/kg_konishiseminar/

 

 

2021年度 ゼミ生紹介⑩

皆様こんにちは。

小西ゼミ3回の宮本美華子です。

 

本日も前回に引き続き小西ゼミの3回生のメンバーを紹介させて頂きます。

 

①名前:木本 航

②出身:京都

③趣味:サッカー

④ゼミの活動を通しての目標:多様な考えに触れる事で視座を養う

⑤研究テーマ:発達障害者(主にASD,ADHD)が企業に与えるメリット

 

研究テーマついて

研究テーマにあるASD、ADHDとは、頻度の高い精神疾患(発達障害)の一つで、罹患率は年々増加しており、最近の報告では全人口の約2%(50人に1人)が発症すると言われています。また、日本は少子高齢化や、産業構造の変化により圧倒的に人材不足と呼ばれているのが高度IT人材です。ASD、ADHDを指導した経験からも、「発達障害者」、「少子高齢化」、「IT人材不足」この3つの課題を発達障害者の活躍により、解決することが可能なのではないかと考え、研究テーマとしました。ASD,ADHDを抱える人はコミュニケーションの障害から、対人関係や社会性を持つことが難しいという問題があります。これは、集団、組織においてはネガティブなイメージを持たれるというだけではありません。障害者雇用や支援学校の整備といった制度は本来持っている発達障害者の能力を十分に生かすことはできず、積極的に障害者を雇用するには至っていないのが現状であると考えられます。働くという意思がありながらも十分に能力を発揮しながら働けていない人達の活躍を促進することは、十分に能力を発揮することによる企業側のメリットが出てくると予想します。海外の大手IT企業においては「ニューロダイバーシティ」という捉え方で、発達障害者を積極的に採用する事例もあることを踏まえて、「メリットがなければ持続可能な働く人と企業の関係性は築けない」この思いのもと、欧米を中心とした先行事例を分析し日本においても発達障害者の活躍が促進されるような研究を行いたいと思います。

 

Hello, everyone.

My name is Mikako Miyamoto, a 3rd grade in Konishi seminar.

 

Today, I would like to introduce members of 3rd grade of this year in Konishi seminar.

 

①Name: Wataru Kimoto

②Birthplace: Kyoto

③Hobby: Soccer

④Goals in this seminar: To cultivate perspectives through exposure to diverse ideas

⑤Research topic: The benefits of developmental disabilities (mainly ASD and ADHD) to companies

 

ASD and ADHD, which is also my research theme. There are the most frequent mental disorders (developmental disabilities), and their incidence is increasing every year, with recent reports showing that about 2% of the entire population (1 in 50 people) is affected. In addition, there is an overwhelming shortage of advanced IT human resources in Japan due to the declining birthrate, aging population, and changes in the industrial structure. I thought that the activities of people with developmental disabilities would help solve the three issues of “people with developmental disabilities,” “declining birthrate, aging population,” and “shortage of IT human resources”. They are not good at interpersonal relationships and social skills. This does not only give a negative impression in groups and organizations. I believe that systems such as the employment of people with disabilities and the development of support schools do not fully utilize the inherent abilities of people with developmental disabilities and do not lead to the active employment of people with disabilities. I believe that promoting the activities of people with developmental disabilities who are willing to work but are unable to fully demonstrate their abilities is beneficial for companies as well. Some of the major IT companies overseas are actively hiring people with developmental disabilities based on the concept of “neurodiversity. Therefore, I would like to conduct research on how to promote the activities of people with developmental disabilities in Japan by analyzing advanced cases mainly in Europe and the United States.

 

▼小西ゼミホームページはこちら▼

https://konishiseminar.wordpress.com/

▼小西ゼミインスタグラムはこちら▼

https://www.instagram.com/kg_konishiseminar/

 

2021年度 ゼミ生紹介⑨

皆様こんにちは。

小西ゼミ3回の宮本美華子です。

 

本日も前回に引き続き小西ゼミの3回生のメンバーを紹介させて頂きます。

 

①名前:今村祐望(イマムラユミ)

②出身:兵庫県 尼崎市

③趣味:登山やピクニックなど自然巡り、美術館巡り、絵を描くこと、韓国ドラマを見ることなど

④ゼミ活動を通しての目標:業界企業研究などを通してリサーチ力やプレゼンテーション力、語学力の向上など社会人基礎力を高めていきたい。

⑤研究テーマ:研究テーマは広告効果についてで、リサーチクエスチョンは社会問題などの情報をメディアを通して発信することで間接的に社会問題の解決に繋がるのかです。

 

私が取り組んでいる活動は二つあり、一つ目は現役大学生七人がメディアを通して社会問題を発信し、大学生の等身大としてその問題にアプローチしていくmilleniumsという団体です。その中でもSNSの発信とコンテンツ作成を担当しています。二つ目の活動はメディア政策学科の学生と映像制作をしており、現在は昨年表現という授業で制作した「関西学院大学混声合唱団EGOLADO」という上ヶ原キャンパスを拠点に活動する合唱団の方々を三ヶ月間密着したドキュメンタリー作品を再編集して映像コンテストに出すということをしています。この映像作品が完成後には、社会問題に関連した映像作品を作成する予定です。また、一回生の時は、フィリピンのセブ島を拠点とした途上国衛生教育プロジェクトを友人三人と立ち上げ行なっていました。実際に長期休暇を利用して、セブ島とダバオ島の小学校・中学校に訪問し、現地のナプキン問題の現状などに関して調査を行いました。また、スラム街と呼ばれる地域に行き、子供達のためにイベントを開催するなどのボランティア活動もしました。一回生の夏は他にカンボジアに行き、現地の小学校の建設と日本語教育のボランティアも経験しました。どの経験も私にとって初めてであり、ものすごく新鮮で、非常に学びが多かったと今振り返っても感じます。

 

Hello, everyone.

My name is Mikako Miyamoto, a 3rd grade in Konishi seminar.

 

Today, I would like to introduce members of 3rd grade of this year in Konishi seminar.

 

①Name: Yumi Imamura

②Birthplace: Amagasaki City, Hyogo Prefecture

③Hobby: Nature tours such as climbing mountain and picnics in the beach, visiting museums, painting, and watching Korean dramas, etc.

④Goals in this seminar: I would like to improve the basic skills of working adults, such as improving research skills, presentation skills, and language skills through industry company research.

⑤Research topic: The research theme is about advertising effectiveness, and the research question is “does indirectly lead to the solution of social problems by disseminating information such as social problems through the media?”

 

There are two activities that I am working on. The first is an organization called milleniums, in which seven active university students send out social issues through the media and approach them as life-size university students. Among them, I am in charge of sending SNS and creating contents. The second activity is video production with students of the Department of Media Policy, and we produced a documentary movie about a chorus based in the Uegahara campus called “Kwansei Gakuin University Mixed Chorus EGOLADO”. in the class of expression last year. In addition, we are re-editing a documentary movie and putting it in a video contest. After this video work is completed, we plan to create a video work related to social issues. Also, when I was in my first year, I started a developing country hygiene education project based in Cebu, Philippines, with three friends. We actually used a long vacation to visit elementary and junior high schools on Cebu and Davao islands to investigate the current state of local napkin problems. We also went to an area called a slum and volunteered to hold events for children. In the summer of my first year, I also went to Cambodia and experienced the construction of a local elementary school and volunteering for Japanese language education. Looking back, I feel that each experience was new to me, very fresh, and very much learned.

 

▼小西ゼミホームページはこちら▼

https://konishiseminar.wordpress.com/

▼小西ゼミインスタグラムはこちら▼

https://www.instagram.com/kg_konishiseminar/

 

2021年度 ゼミ生紹介⑥

皆様こんにちは。

小西ゼミ3回の宮本美華子です。

 

本日も前回に引き続き小西ゼミの3回生のメンバーを紹介させて頂きます。

 

①名前:魚谷峻平

②出身:大阪

③趣味:自然との触れ合い

④ゼミ活動を通しての目標:自分とゼミ生とがお互いに高めあうことができる環境を作っていくこと

⑤進級論文のテーマ:多文化共生社会構築のための「多文化教育」の在り方とは何か

 

本パートでは、私が去年参加したGlobal Career Seminar in Canadaについて執筆させていただきたいと思います。このセミナーは、関学のCIECが提供している日加大学協働・世界市民リーダーズ育成プログラム(CCC)の科目の一つであり、秋学期を通して実施される事前講義を受講した後、5日間という短期間でカナダの大学に通う学生と共に企業が実際に抱える課題の解決案を立案し、セミナー最終日には企業に向けてプレゼンを行うと言うような授業となっています。

この授業の最大の特徴は、なんといっても「海外の他大学」の学生と「英語」を使って議論を重ね、解決案を練り上げることです。当時はそのような経験をしたことがなく大きな不安に包まれていましたが、グループのメンバー達の優しさのおかげで良好なチームワークを構築することができ、最終的にはグループメンバー全員が納得のいく解決案を立案し、提案することができました。無事セミナーは終了し、オンラインであるにもかかわらず彼らとの仲も深まりましたが、それに加えて本セミナーで私は多くのことを学びました。特に、「英語で議論を行った経験」、「オンライン上で実施した経験」の二つの経験は私にとって大きなものでした。

「英語で議論を行った経験」は、自分の英語力を再認識する機会であったとともに、課題解決のプロセスや議論での表現、議論の進め方など多くのことを学ぶ機会となりました。

また、「オンライン上で実施した経験」は、時差による時間的制約やZoomでもコミュニケーションなど、今後の社会では当たり前になると思われる環境に適応する練習にもなり、今後のキャリア形成に大いに活きる経験となりました。

以上で私が体験した経験の説明を終わります。最後まで読んでいただき有難うございました。

 

Hello, everyone.

My name is Mikako Miyamoto, a 3rd grade in Konishi seminar.

 

Today, I would like to introduce members of 3rd grade of this year in Konishi seminar.

 

①Name: Shunpei Uotani

②Birthplace: Osaka

③Hobby: Spend time in nature

④Goals in this seminar: Creating a environment where I and members of this seminar can enhance each other

⑤Research topic: What is “multicultural education” for building multicultural symbiosis societies

 

I will explain Global Career Seminar in Canada I participated in last year. This seminar is one of the courses of Canada-Japan Collaborative Program for Educating World Citizens as Future Leaders (CCC). Students who take this course should take online pre-lectures through Fall semester, and after that they should make a solution of problems an enterprise has and finally make a presentation of it with students from universities in Canada in five days.

The biggest feature of this course is to discuss and make a solution with students from “foreign universities” in “English”. Because I did not experience such a discussion, I was very nervous before it started. However, thanks to group member’s kindness, we were able to build a good teamwork and finally we made a solution and did a presentation all of them were satisfied with.

I was able not only to build a good teamwork in spite of online seminar, but also to learn many things. In particular, two experience, “discussing in English” and  “participating in the seminar online” were bigger than any other experiences.

The experience of “discussing in English” was an opportunity for me to realize my English level and to learn many things such as problem solving process or how to proceed with a discussion in English.

In addition, the experience of “participating in the seminar online” was an opportunity to practice adapting the environment where it will be common to communicate through Zoom or have time constraint due to time difference online in the future.

In short, it becomes the great experience that will be useful for my future career development.

That is the end of my explanation of my experience. Thank you very much for reading it through the end.

 

▼小西ゼミホームページはこちら▼

https://konishiseminar.wordpress.com/

▼小西ゼミインスタグラムはこちら▼

https://www.instagram.com/kg_konishiseminar/

 

 

2021年度 ゼミ生紹介⑤

皆様こんにちは。

小西ゼミ3回の宮本美華子です。

 

本日も前回に引き続き小西ゼミの3回生のメンバーを紹介させて頂きます。

 

①名前:森井菜桜

②出身:兵庫県神戸市

③趣味:ドライブ

④ゼミ活動を通しての目標:多様な知見を身に着け、論理的に物事を考えられるようになる。

⑤進級論文のテーマ:CSR活動が社会に与える影響の実態

 

主な活動として、大学1.2回生の時にアカデミック・コモンズプロジェクトSDGsタイプでプロジェクトを立ち上げ、フィリピンの小中学生向けに衛生教育、衛生用品の開発を行いました。実際フィリピンに渡航し、現地の学生と話してみると、ほとんどの学生が正しい知識を得る機会がない現状にありました。この経験から、私が現地で教育を行うことは一部の問題解決にしかならず、根本的な解決には、企業のような影響力を持った立場が行動を起こす必要があると考えるようになりました。そのため、研究テーマは「企業のCSR活動」に焦点を当てています。

私が最近取り組んでいることは、1日のTodoリストの作成と読書です。

コロナ禍で移動時間が減り、空き時間が増えたので、1日を充実させるために、夜寝る前に必ず次の日のTodoリストを作成するようにしています。質より量になりがちなので、質を意識した1日を心がけています。

また友人に会える機会も減ったので、今行っているプロジェクトでは毎週必ずミーティングを行う、友人と勉強会を開いて朝活するなど、人とコミュニケーションを取る機会を増やすようにしています。そうすることで、1日が豊かになり、充実した生活を送れています!

最近では「嫌われる勇気」という本を読みました。読書をして、自分にはない考え方や価値観を知り、物事をポジティブに考えることができると、自分自身もステップアップし、心も健康に過ごすことができると思います!

 

Hello, everyone.

My name is Mikako Miyamoto, a 3rd grade in Konishi seminar.

 

Today, I would like to introduce members of 3rd grade of this year in Konishi seminar.

 

①Name: Nao Morii

②Birthplace: Kobe city, Hyogo

③Hobby: Drive

④Goals in this seminar: Acquire various knowledge and become able to think logically.

⑤Research topic: Actual situation of the impact of CSR on society.

 

As a main activity, from the 1st to the 2nd year in university, I started a project with the Academic Commons Project SDGs type, and conducted hygiene education and development of hygiene products for elementary and junior high school students in the Philippines. In fact, when I visited to the Philippines and talked to local students, most of the students did not have the opportunity to acquire the correct knowledge. From this experience, I came to think that teaching locally would only solve some problems, and that a fundamental solution would require an influential position like a company to take actions. Therefore, my research theme focuses on “corporate CSR activities.”

What I’ve been working on lately is creating todo list and reading.

Since the travel time has decreased and the free time has increased due to the Coronavirus, I always make a todo list for the next day before going to bed at night. It tends to be quantity rather than quality, so I try to keep quality in mind during the day.

Also, It’s hard to meet friends, so I try to increase opportunities to communicate with people by holding meetings every week and holding study sessions with friends to live in the morning. By doing so, your day will be enriched and you will be able to lead a fulfilling life!

Recently I read a book called “Courage to be hated”. If you can read, get to know ideas and values that you don’t have, and think positively about things, you will be able to step up and keep mental health!

 

▼小西ゼミホームページはこちら▼

https://konishiseminar.wordpress.com/

▼小西ゼミインスタグラムはこちら▼

https://www.instagram.com/kg_konishiseminar/

 

2021年度 ゼミ生紹介②

皆様こんにちは。

小西ゼミ3回生の宮本美華子です。

 

本日も前回に引き続き今年度の小西ゼミの3回生のメンバーを紹介します。

 

①名前:射場慶太

②出身:山口県岩国市

③趣味:バドミントン

④ゼミ活動を通しての目標:いろんなことを経験して自分の視野を広げること

⑤進級論文のテーマ:日本と諸外国の人事制度について

 

皆様こんにちは。小西ゼミに所属している3回生の射場慶太です。いつも本ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は、私がタイのチェンマイに語学留学に行った際の話をさせて頂きます。

 

私は大学一年生の時に、タイのチェンマイに三週間ほど関学のプログラムを使って、留学に行きました。タイのチェンマイは、バンコクの北方にあるタイの第二の都市で、タイの京都とも言われるような都市であります。

その様な魅力溢れる都市で生活して数日経過した時、私は現地でとある日本人と出会いました。その出来事が後の私の大学生活に影響を与える出来事でした。それ故に、ここで紹介させて頂きます。

その日本人と出会ったきっかけは、日本の関学の友人が、チェンマイの慣れない環境下で体調不良気味である私に対して元気づけるために紹介してくれたことでした。それ故に、現地でその方と会ってみると、その方は私を励ますために、自分の家から近くのお店や施設まで沢山の場所に私を連れてってくださいました。

そして、その道中で、彼は私に現地で数多くの学生や社会人と話す機会を作ってくれました。その結果、日本に帰ってからも現地で会った人が私に積極的に英語の勉強法を教えてくれたり、コロナの状況など近況をLINEで送ってきたりしてくれています。

もしこの出来事が無かったら、保守的な私が、未だに現地にいる彼らとLINEをしていることは決して考えられなかったと思っています。

皆さんもコロナで海外に出かけることは難しいでしょうが、改めて普段話していない友人と話してみて自分の視野を広げてみるのはいかがでしょうか。

ご愛読ありがとうございました。

 

Hello, everyone.

My name is Mikako Miyamoto, a 3rd grade in Konishi seminar.

 

Today, I would like to introduce members of 3rd grade of this year in Konishi seminar.

 

①Name: Keita Iba

②Birthplace: Iwakuni City, Yamaguchi Prefecture

③Hobby: playing badminton

④Goals in this seminar: broaden my horizons by experiencing various things

⑤Research topic: human resource systems in Japan and other countries

 

Hello everyone. I am Keita Iba, a third-year student of Konishi Seminar. Thank you for checking this blog.

This time, I would like to explain the time I went to Chiang Mai, Thailand for language study.

 

When I was in my freshman year of college, I went to Chiang Mai, Thailand to study abroad for about three weeks through a program provided by Kwansei Gakuin university. Chiang Mai is the second-largest city in Thailand, located to the north of Bangkok, and is often known as the Kyoto of Thailand.

After a few days of staying in such an attractive city, I encountered a Japanese person there. It was an incident that would influence university life. That is why I would like to introduce it here.

The reason why I met this Japanese person was that a friend of mine from Kwansei Gakuin university in Japan introduced me to him in order to encourage me since I was feeling unwell in the unfamiliar environment of Chiang Mai. Therefore, when I met him there, he drove me to various places, from his house to nearby stores and facilities, to give me encouragement.

Moreover, on the way, he gave me the opportunity to talk with many local students and working people. As a result, even after I returned to Japan, some people I met there have been actively teaching me how to study English and sending me information about the situation of coronavirus and recent happenings via LINE.

If it hadn’t been for this experience, I never would have thought that I could still be in touch with them, since I am a conservative person.

I understand that it may be difficult for you to go abroad with coronavirus, so why don’t you try talking to friends you don’t usually communicate with again to broaden your horizons?

Thank you for reading.

 

▼小西ゼミホームページはこちら▼

https://konishiseminar.wordpress.com/

▼小西ゼミインスタグラムはこちら▼

https://www.instagram.com/kg_konishiseminar/

 

 

2021年度 ゼミ生紹介①

皆様、はじめまして。

小西ゼミ3回生の宮本美華子と申します。

いつも本ブログをご覧いただきありがとうございます。

本日からブログ係の私と射場慶太が投稿させて頂きます。

 

春学期の期間では、今年の3回生のゼミ生のメンバー15人を紹介させてただきます。

 

①名前:宮本美華子

②出身:福岡県福岡市

③趣味:音楽鑑賞

④ゼミ活動を通しての目標:様々な視点から物事を捉えて、自分の意見を積極的に伝えられるようになる

⑤進級論文のテーマ:サステナブルツーリズムの推進と地方創生

 

私は大学でEco-Habitat関西学院という国際ボランティアサークルに所属しています。このサークルは国際NPO団体「Habitat for Humanity Japan」 の学生支部として居住問題を切り口に活動しており、その活動の一環として年に2回発展途上国に赴き、貧困や災害など様々な理由で劣悪な居住環境で生活されている方々の、新しい家を建てる活動のお手伝いをさせてもらっています。今回は私が1年生の春休みに参加したネパールでの家建築活動についてお話しします。

 

今回の活動では2015年に発生したネパール地震により、安全に住める家を失ってしまった2家族(ホームパートナー)の新しい家の建築に携わりました。私たちはこのホームパートナーさんと現地の大工さんと一緒にセメントを作ったり、レンガを積んだりする作業を行いました。ネパールに渡航する前は活動の具体的なイメージが湧いていませんでしたが、実際に現地で活動し、「家」という生活の基盤になるものを作る作業に関るこの活動の重みを強く感じました。

 

私はこの活動を通して最も心に残った言葉があります。それはホームパートナーさんがおっしゃった「あななたちが作業をすることで私たちの家はより良いものになる」という言葉です。私たち学生には家建築のスキルはもちろんありません。そんな学生が日本からやってきて自分たちが将来住む大切な家を建てていることをどう思っているのだろう、ということこの活動中常に考えていました。しかしこの言葉をかけてもらえたことで、丁寧に一生懸命作業すること、その姿をホームパートナーさんに見せること、そしてたくさん交流して私たちのことを記憶に残してもらうことが自分のやるべきことだと強く感じました。

 

ホームパートナーさんにとっては安心して住める家を手に入れることが何より重要なことです。しかし、そこに付加価値として「日本からきた学生が一緒に建ててくれた」という思い出を付けれたことがこの活動の1番の意味であったと私は思います。4年しかない大学生活の中でこのような貴重な経験をさせていただけたことにとても感謝しています。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

Hello, everyone.

My name is Mikako Miyamoto, a 3rd grade in Konishi Seminar.

Thank you always for reading this blog.

From today, I and Keita Iba post this blog.

 

We will introduce 15members of 3rd grade of this year in Konishi seminar during spring semester.

 

①Name: Mikako Miyamoto

②Birthplace: Fukuoka city, Fukuoka prefecture

③Hobby: Listening to music

④Goals in this seminar: Seeing things from various perspectives and giving my opinion actively

⑤Research topic: Sustainable tourism and regional revitalization

 

I belong to international volunteer club called Eco-Habitat Kwansei Gakuen in this university. This club actives focused on residential problems as a student branch of International NPO organization, “Habitat for Humanity Japan”. We visit developing countries twice a year, and we help people who living in bad residential environment because of poverty, disasters, and so on, building a new house. Today, I would like to write about house building activity in Nepal that I joined during 1st grade’s spring vacation.

 

In this activity, we worked with the building of two families(Homeowners) who had lost safe houses by Nepal earthquake in 2015. We made cement and stacked bricks with homeowners and local carpenters. I could not have clear image of this activity before I visited Nepal, but I actually worked there, and I felt the weight of this activity that build “houses”, a foundation for their life.

 

There is a unforgettable word through this activity. It is the word that a homeowner said, “Your work will make our house better.” Of course, we students don’t have skills of house building. Therefore, I was always thinking, “What do they think that such students from Japan is building the important house that they will live in the future?”. However, when they spoke to us this words, I strongly felt that working hard, showing this work, and communicating with them are what I should do.

 

It is the most important for homeowners to get a safe house. However, I think that it is the  best meaning of this activity that we could add memories of building this house with Japanese students to it as added value. I am very grateful to have had such a grate experience during university life.

 

Thank you for reading this blog to the end.

 

▼小西ゼミホームページはこちら▼

https://konishiseminar.wordpress.com/

▼小西ゼミインスタグラムはこちら▼

https://www.instagram.com/kg_konishiseminar/

 

3回生 自己紹介ブログ15

いつも本ブログをご覧いただきありがとうございます。今回は私が執筆させて頂きます。

 

 

1. 名前:田畑 亮馬

 

2. 出身/出身高校:福岡県/筑前高等学校
福岡県福岡市にて、中学、高校時代を過ごしました。しかし、小学校時代は愛知県、千葉県、神奈川県を転々と転勤を繰り返し、生まれ故郷は宮崎県というなかなか珍しい学生生活を過ごしてきました。

 
3. 趣味:読書・サッカー
中学生時代より、歴史小説に興味を持ち、読み進めていくうちに様々なジャンルの本を読むようになり、現在でも1週間に1冊のペースで空き時間を見つけ読書をしています。また、幼稚園時代からサッカーを始め今現在も、友人と月に1回ほどサッカーをしています。

 
4. 今まで頑張ったこと:サークル活動
これまで頑張ってきたことのひとつは、サークル活動です。
国際NGO団体の学生支部に所属しており、副会長というポストを務めていました。毎年冬休み期間には、貧困など様々な理由で家を持つことが困難な方々のために、東南アジア諸国へ赴き、家建設活動のお手伝いを行っています。また、週に1回、ボランティアに関する意識向上のためミーティングを開催し、その運営に主に携わっています。

 
5. ゼミでの抱負や目標
自分の明るい性格、誰とでも仲良くなれる性格を生かして、ゼミの雰囲気をよくするとともに、ゼミでの1つ1つの活動を大切にし、情熱をもって取り組み、周りを巻き込んでいきたいと考えています。また、主体的に行動することを大切にし、自分のキャリア形成に役立てていきたいと考えています。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
小西研究室のホームページはこちらから↓
‭http://www.konishi-kg.org/language.html‬

 
Thank you for visiting our blog.

My name is Ryoma Tabata, junior student of Kwansei Gakuin University.
I would like to introduce myself today.

 
1. Name: Ryoma Tabata

 
2. Place of Birth/ High school
Fukuoka/ Chikuzen High School
I spent my junior high and high school days in Fukuoka city, Fukuoka prefecture. However, in elementary school, I repeatedly relocated from Aichi, Chiba and Kanagawa prefectures and relocated and my birth town was Miyazaki Prefecture, which has been a very rare student life.

 
3. Interest: Reading Book and Playing Soccer
Since junior high school days, I am interested in historical novels, I am reading various books of genres while reading, and I am still reading books at one pace a week at a pace. Also I started soccer since kindergarten and I am playing football once a month with my friends.

 

4. What I put my effort the most: Club activities
I belonged to a student branch of an international NGO organization and served as a vice chairman. Every year during the winter holiday, I am going to Southeast Asian countries to help house construction activities for people who have difficulty in having a house for various reasons such as poverty. In addition, once a week, we hold meetings to raise awareness about volunteers and are mainly engaged in the management.

 
5. My Goals in this Seminar
I hope to take advantage of each person’s activities in the seminar and to work with enthusiasm and involve the surroundings, while taking advantage of my own personality, the personality who can become friends with anyone, and improve the atmosphere of the seminar. Also, we value self-acting actively and hope to use it for forming my own careers.

Thank you for reading.

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2018/11/20 17:05

プロフィール


NAOMI KONISHI
研究分野のキーワード 国際協力、国際人的資源管理、キャリア開発、ダイバーシティ&インクルージョン政策 研究内容 私は着任前、国内の外資系企業及び国際機関にて、組織の人事政策や人材戦略に基づく...

カテゴリー一覧