プロフィール



  • 氏名 : 村田俊一

経歴/自己紹介

■教育研究に関するキーワード
国際開発行政、マクロ開発政策形成・実施、多国間政策ネゴシエーション
ケース・スタディー Method

■教育研究内容
紛争や貧困(従属変数)の因果関係/ROOT CAUSE(原因の源)となる因子(独立変数)を見極めつつ、その問題解決のため政策を具体化し、被援助国のニーズに応じたプロジェクトを迅速に実行されなければならない。この分野においては、発展政策論と社会開発理論・を融合した新しい学問領域が広がってきている。開発関連の行為主体のパートナーシップは複雑かつ多様化しているが、援助調整や援助協調の成功はこのパートナーシップの交渉によるとことが大きい。援助される側もリーダーの利権問題や、プロジェクトを実施するうえで組織の CAPACITYや人材不足が、かえって援助の依存度を助長する傾向にあるともいえる。ここでさらに問題になるのは、緊急援助から復興援助、中・ 長期的援助に移行する変遷期に住民参加型プロジェクトへの実質的な移行をどのように、どういったペース配分で行われるのか。国際機関(UN/ESCAP・UNDP)・研究機関30年の経験を通して、新しい開発行政の在り方を検討・研究したいと考える。

■担当授業科目
国際協力論、国際政策入門、国際政策演習 他

プロフィール


村田俊一
■教育研究に関するキーワード 国際開発行政、マクロ開発政策形成・実施、多国間政策ネゴシエーション ケース・スタディー Method ■教育研究内容 紛争や貧困(従属変数)の因果関係/ROO...

カテゴリー一覧

月別記事