過去の卒業論文のテーマ一覧

2009年度(12期生)

 現在、執筆中

2008年度(11期生)

・ 理想の防災都市-過去の大震災からの教訓-

・ 医療費と平均寿命の関係性

・ 米粉で日本を元気にしよう-食料自給率向上と健康のために-

・ 関西国際空港の利用促進を目指して

 

2007年度(10期生)

  留学のためゼミ休止

 

2006年度(9期生)

  留学のためゼミ休止

 

2005年度(8期生)

・ 健やかな食生活に向けて-三田市学校給食への提案-

・ 教育における地域の役割

・ 「たつの市」誕生に見る合併のまちづくり

・ 時代とともに変わりゆく次世代に残る喫茶店(カフェ)を探る

・ 震災10年目からの地域におけるNPOの役割-ボランティア村「御蔵5の5」の足跡調査から-

・ 日本のベンチャー企業支援-ベンチャーインフラという視点-

・ 自治体病院ビフォー・アフター

・ 高松市中央商店街の活性化

・ 欧州通貨統合の検証と今後の展望

・ 公立図書館は民営化できるのか

・ NHKと公共性

・ リスクマネジメントの構築と企業の持続可能な発展-事例から見るハザード検証-

・ 市町村合併がもたらす福祉の未来-兵庫県豊岡市の事例から-

 

2004年度(7期生)

・ 老朽化マンションの未来-リバース・モーゲージの活用による千里再生を目指して-

・ 郵政民営化の現状と課題-郵政事業の生産性とユニバーサルサービスの観点から-

・ 屋上緑化のすすめ-ヒートアイランド現象の解決を目指して-

・ 住宅環境におけるバリアフリー

・ 明石市のまちづくりと観光-その課題と展望-

・ 川ガキの保護・育成に向けた親水政策-水に親しむ水辺のまちづくり-

・ 水辺空間再生に向けた都賀川の取り組み-住民主導の環境アメニティ保全活動-

・ 中国における自動車増加と環境への影響

・ 自治体内における“ヨコ”の連携-西宮市が策定する計画の比較検証をもとに-

・ 神戸港の復活と再生-市民のための港まちづくりに向けて-

・ 少子社会と女性のライフスタイル-選択できる社会を目指して-

・ 検証:支援費制度-障害者福祉の世界から送る現代社会へのメッセージ-

 

2003年度(6期生)

・ 景観の経済価値評価とまちづくり-旅行費用法を用いた旧乾邸での実践-

・ 心をつなぐ地域通貨-各地域の状況と商店街での利用-

・ 今後外資企業が生き残っていくには-大手製薬会社編-

・ ゆとり教育の行く末

・ 日本の歴史教育の未来

・ 薬害エイズ事件に見る被害拡大の構造と対策

・ ホームレスの就労自立に向けて-自立支援センターの改善策-

・ 建設業界における新規事業開拓の必要性

・ 伝統文化と産業の融合によるまちづくり-京町屋の事例を通じて-

・ これからの観光振興-奈良を習おう-

・ 市民参加によるまちづくり-地域福祉計画における事例による考察-

・ ゆとり教育の意義と課題-新しい学力観形成において-

・ 21世紀の理想的生涯学習とは

 

2002年度(5期生)

・ 放置自転車対策から都市交通システムへ-日本における自転車政策の検証-

・ オーケストラ指揮者の資質-楽器別人格形成論を用いて-

・ トラベルコスト法を用いた政策評価-デカンショ祭のケーススタディ-

・ 日本への空港民営化導入の考察-イギリスにおける民営化を事例として-

・ 総合型地域スポーツクラブにみる住民主導型のまちづくり

・ 地域社会におけるこれからの観光振興

・ 新しい自治体経営-高知県の行政システム改革を事例に-

・ 日本における環境税導入に向けた考察

・ 都市部における住民投票-神戸空港建設に関する住民投票を事例として-

・ 市町村合併を斬る-阪神北部3市1町の場合-

・ 不況下における新規高速道路の存在意義-理想のハイウェイ・ネットワーク構想-

・ 子どもたちのための地域活性化-チルドレンズ・ミュージアムを通して考える-

・ マツモトキヨシ的市政運営にみる地方行政のすがた

・ 健康保険制度の改革-公平性の観点から-

 

2001年度(4期生)

・ グリーン購入法による循環型社会の構築を目指して

・ 分配の公正-潜在能力アプローチの概念-

・ 地域通貨の可能性

・ イスラーム・システム-イスラームの世界観とは-

・ 旧財政投融資制度から新財政投融資制度へ

・ 行政評価の現状と課題-成果主義・住民指向型マネジメントに向けて-

・ 特殊法人改革は何をもたらすか-道路公団民営化を例に-

・ 道路投資の効率性と集団的意思決定

・ 環境保全と利益追求の両立を目指して-社会的コストまで含めた環境会計の意義-

・ 住民参加型まちづくりとしての中心市街地の活性化

・ インターネットが変えるメディア社会

・ 分煙社会実現に向けて

・ パブリック・アート-街づくりにおけるアートの役割-

・ LRTの実現に向けて-岡山市を事例に-

・ 現代社会におけるコミュニティ形成

 

2000年度(3期生)

・ 自治体総合計画評価の可能性-兵庫県高砂市の事例から探る-

・ ボスニア紛争-その原因の諸説-

・ 中産間地域から第三セクターを考える-丹後あじわいの郷を例に-

・ 住民による自主的な地域づくりの核心に迫る-三重県四日市市水沢町宮妻地区より-

・ 歴史的町並み保存のこれからのあり方-広島県竹原の町屋群より-

・ 兵庫県市町HPの実態と考察-情報公開時代の自治体HPを考える-

・ 行政における住民の役割-三田フラワータウンパチンコ店問題から住民の本質を探る-

・ 兵庫県五色町から探るこれからの地域情報化

・ 公的年金制度と世代間格差-世代会計の推計を用いて-

 

1999年度(2期生)

 現在、探しています。

 

1998年度(1期生)

・ 公的介護保険制度と自治体の福祉サービス供給体制

・ 中国における高齢化問題と社会保障の改革

・ 21世紀の女性の生き方

・ 日本の医療と政府の役割

・ 個人的選択の合理性の検証-少子化問題への経済学的アプローチ-

・ 旅行産業の将来-大旅行時代を迎えて-

・ ニュータウンにおけるコミュニティの役割

・ 中国の国有企業改革と株式制導入

・ 住民投票-その実態と可能性-

・ アメリカの地方自治と地方財政

・ 小売業から見た街の活性化

・ 市民参加型まちづくりシステムの構築-分権時代における自治体改革の視点から-

以上

今後の予定

11月17日 ゼミシンポ Ⅱ-102 17:00~

12月4日 合同ゼミ(関学 経済学部 野村ゼミ in 三田キャンパス)

12月17日 合同ゼミ(大阪大学、関西大学 in未定)

長峯・ブログ初投稿

皆さん、ゼミのブログが立ち上がりました。ゼミ活動のサポート役して、ゼミ生間の情報交換の場として、ゼミ活動の外部への情報発信手段として、有効・活発にこの場を活用してください。

プロフィール


長峯純一
研究分野のキーワード 政策分析と評価、公共選択、行財政改革、都市政策、環境政策、社会保障政策 研究内容 現代社会はさまざまな政策的な課題を抱えています。政府債務、浪費的公共支出、社会保障...