2011年11月

4年生井上さん 未来エレベーターコンテスト審査員賞受賞!

総合政策学部4年生井上統一郎さん(室崎研究室)が東芝エレベータ株式会社の主催する

未来エレベーターコンテスト2011で審査員賞を受賞しました。inoue_bastup

 

今回のコンテストのテーマは「空港と未来交通」、キーワードは「防災」、「交通ノード」。

Ⅲ号館の掲示で偶然このコンテストを知った井上さん。防災については室崎ゼミで日常から考えていたこともあって、応募を決意。2週間で作品“EENA(*elevator *ecology *network *aquarium)”を作り上げました。

 

これまでのエレベーターは、人やモノを運ぶ機械、というイメージが定着していますが、井上さんの作品EENAはそういった既成概念を取り払う、「海水の水圧を利用したアクアリウム」という新しい提案をしています。水圧を使うことでエコな運搬が可能になり、また縦方向だけでなく横方向の輸送も可能な、都市と空港を結ぶネットワーク手段としてのエレベーター。また内部への海の生き物の出入りを可能とし、天然のアクアリウムとしての機能を持っています。作品タイトルのEENAは、「こんなエレベーターがあったらイイナ」という思いを込めてつけられたそうです。EENAweb用

 

2年生から設計の勉強を始めた井上さん。設計の魅力は?と聞くと「自分の想いを形にして表現できること」と。総合政策学部都市環境デザインプログラムを修了予定。CGのパースの作成方法などは独学で学び、来春からは大学院に進学予定です。

 授賞式は12月1日、東京の府中で開催されます。

【1年生対象】キャリア形成セミナー「人と接するマナーについて」

今回、1年生全員を対象としてキャリア形成セミナー「人と接するマナーについて」を実施
します。皆さんはこれからフィールドワークなど学外で活動をする機会が多く、マナーを
心得ておくことは、他者との信頼関係の構築や円滑なコミュニケーションを図る上で
極めて重要な要素です。

 

セミナー名称:キャリア形成セミナー「人と接するマナーについて」
実施日:2011年12月14日(水)
時間:Ⅰ時間目(9:00~10:30) Ⅵ号館101号教室  
    Ⅱ時間目(11:10~12:40) Ⅱ号館101号教室
    Ⅲ時間目(13:30~15:00) Ⅵ号館201号教室
講師:西村 由美氏(総合政策学部 総合政策学科卒業 第6期生)
経歴:2006年日本航空インターナショナルに入社。国内・国際線を乗務後、
    2009年1月に退社し、就職サポートスクール兼、エアラインスクール
   「キャリアージュ」を設立。その後、法人化し、株式会社美キャリアの代表取締役。
   本学「ライフデザインと仕事」、成城大学「キャリア形成論」、大妻女子大学では
   アントレプレナーに関する授業を担当。                  以上

就職活動生必見!建設業界研究 就職セミナー

総合政策学部の皆さん

 

建設業界を視野にいれている学生の皆さんに下記の通り、セミナーを行うことになりました。

■セミナー名:建設業界研究 就職セミナー
■日程:11月28日(月)18:30~20:00
■会場:Ⅲ-101
■対象:主に学部3年生および大学院1年生(他の学年の皆さんの参加も歓迎です)
■講師業者:総合資格学院
■セミナー内容   1.就職環境について
             2.業界動向について
             3.後悔しないための就活について

事前申し込みは一切不要です。業界理解を深めて自らの進路選択につなげましょう。

 

以上

リサーチ・コンソーシアム連携公開ゼミナール「工場は生きている 地域産業の現場から」開催について

関西学院大学総合政策研究科リサーチコンソーシアムは、関西学院大学地域・まち・環境総合政策研究センター(代表:関根 孝道 総合政策研究科教授)と共同で下記の研究会を開催します。

(参加無料・事前申込不要)
 

「工場は生きている 地域産業の現場から」

講師:加藤 正文 氏(神戸新聞経済部次長)
   綱本 武雄 氏 (地域環境計画研究所代表取締役
            関西学院大学地域・まち・環境総合政策研究センター客員研究員)
日時:2011年12月7日(水)18:00~20:00

場所:大阪梅田キャンパスアプローズタワー 10F 1001教室 

*****************

 〔講師紹介〕illust
加藤正文:1964 年、兵庫県西宮市生まれ、尼崎育ち。大阪市立大学商学部卒(地域経済論専攻)。1989 年、神戸新聞社入社。経済部、北摂総局、阪神総局などに勤務。論説委員兼編集委員を経て2011 年3月から経済部次長。著書、論文に『工場を歩く―ものづくり再発見』(神戸新聞総合出版センター)、『アスベスト禍』(岩波書店・雑誌「世界」2010 年8月号)。『主体としての都市―関一と近代大阪の再構築』勁草書房・J・ヘインズ著を共訳)など。

綱本武雄:1976 年に神奈川県で生まれ、転居先のオランダで洋画家の吉屋敬に水彩画を学ぶ。帰国後は高校卒業までを静岡県磐田市で過ごす。多摩美術大学美術学部建築学科で建築デザインを学び、関西学院大学総合政策研究科では片寄俊秀(都市政策)に師事。2001 年に(株)地域環境計画研究所に入社し、2011 年より代表取締役。地域づくりや製造業への関心から、商店街や工場の情報発信のコンサルティングを行う。また、尼崎南部再生研究室の研究員として、伝統野菜「尼いも」の栽培や運河網を活かしたクルーズにも取り組んでいる。著書に『工場を歩く』(神戸新聞総合出版センター)、『僕はアマイモ』(尼いもクラブ)がある。 

 

お問い合わせ : 関西学院大学大学院 総合政策研究科
         〒669-1337 兵庫県三田市学園2-1  TEL:079-565-7601                
         E-Mail:spswebmaster@ml.kwansei.ac.jp

PDFのちらしはこちらです。

◇講演会◇「金融経済情勢と金融の未来」

講師 : 長野 聡 (ながの さとし) 氏
    (日本銀行大阪支店副支店長)

日時 : 11月30日(水) 13時30分~15時00分

場所 : 関西学院・神戸三田キャンパス
     Ⅱ号館101号教室

主催 : 総合政策学部研究会

【※日本経済論(担当:小池)の振替授業とします】

<講師紹介>
1962年大阪府出身。日本銀行入行後、ロンドン事務所、人事部署、北九州支店長等を経て
2011年7月より現職。

<お問い合わせ先>
関西学院大学総合政策学部(神戸三田キャンパス事務室)
三田市学園2丁目1番地  TEL. 079-565-7601 

PDFでご覧になりたい方はこちらから