2013年2月

3/16 座談会開催!「世界で生きるチカラ」~グローバル社会であなたはどのように生きていくのか~

関西学院大学はスクールモットー“Mastery for Service”(奉仕のための練達)のもと、世界市民の育成に向けて様々なプログラムを展開しています。

今回、受験生・学生の皆さんを対象に「世界で生きるチカラ」というテーマで座談会を開催します。

チラシ

日 時:2013年 3月16日(土) 14:00~

場 所:関西学院大学 西宮上ケ原キャンパス
B号館101教室

パネリスト:

◆村尾 信尚
(経営戦略研究科教授、NEWS ZERO メーンキャスター)

◆關谷 武司

(国際教育・協力センター准教授)

◆椎野 佑梨

(国連学生ボランティア参加者、国際学部 3年生)

※入場無料、参加申込不要

※当日は混雑状況により入場いただけない場合がありますので予めご了承ください。


***************************************
お問い合わせ先:入試部(Tel.0798-54-6135)

【2013・冬・H教授の環境行政時評』 アップ!】

最終時評―2013年の環境政策のみどころ

  「いよいよ最終講になりました。原発はどうなるのか、温暖化対策はどうなるのか、憂慮しつつキョージュは教壇を去ります。本講では安部政権のアキレス腱を鋭く抉り、アベノミックスの危うさにも言及していきます。さらに隠れたベストセラーである孫崎亨の陰謀論に見紛う「戦後史の正体」を紹介するなど、イタチの最後っ屁ではないですが、脱線の限りを尽くします。もっとも水俣条約、奄美・琉球の世界自然遺産登録に向けての暫定リスト、北京の大気汚染と日本への影響、など正当な環境政策論もア・ラカルトとして述べることを忘れていません。ところで、ひとりキャンパスに取り残されたAさんはこれから何処へ行くのでしょうか…?」
記事はこちらから。

 http://semi.ksc.kwansei.ac.jp/hisano/2013_winter01.html

 

あなたの参加を待つ!-実践型“世界市民”育成プログラム-

関西学院大学は平成24年度文部科学省国際化拠点整備事業補助金(グローバル人材育成推進事業)に採択されました。これはグローバルなフィールドにおいて積極的に挑戦し、活躍できる人材を育成するというプロジェクトです。

近年、メディアなどでよく「グローバル」という言葉を見聞きします。それだけ社会が産業界がグローバル人材を必要としているといえます。語学力はもちろんのこと、異文化に柔軟に適用する力、広い視野で物事の課題を分析し、課題解決につなげる力、これらもすべてグローバルに活躍することのできる人材です。

今回の実践型“世界市民”育成プログラムは、国連学生ボランティアの成果をもとに実践的な力を身につけるために作られた関学独自のプログラムです。
詳しくはここの専用サイトから最新情報を更新していきますので、ぜひご確認ください。

なお、パンフレットについては、Ⅰ号館事務室内、Ⅰ号館1階中央資料コーナーに設置しています。ご自由におとり下さい。

20130121_173541