総合政策学部同窓会OBG車座企画シリーズ#1:教職を目指す方々には、是非、分科会1「教育」へ(11月26日午後開催)

2011 11/12 総合政策学部の皆さんへ

 今月25日・26日に総合政策学部恒例のリサーチ・フェア2011が開催されますが、26日午後には卒業生(総合政策学部同窓会員)の皆さんが、在校生の方々に自分の仕事や就活を語る“総合政策学部同窓会OBG車座企画”が予定されています。参加される卒業生の方々から要旨をいただきましたので、これから何回かに分けて、在校生に方々に案内したいと思います。

  同時に、皆さん方も卒業後に入られる同窓会についても説明して、皆さんのキャリアアップの一助にしていきたいと思います(いわずもがなのことですが、「先輩がまったくのボランティアで後輩に仕事について語りに来る」、こんな学部は関学でただ一つ、全国でもほとんどないでしょう、是非、この機会を利用して下さい;なお、総合政策学部同窓会のHPのURLはhttp://member.kwangaku.net/kgspsalumni/、同窓会のFacebookはhttp://www.facebook.com/kgsouseidousoukaiです)。ということで、まず、ご紹介するのは教職を目指す方々へ、「教育」です 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 ところで、私は、総合政策学部に赴任する1996年まで、ある国立大学の教育学部(正確には学校教育学部)で教えていました。その頃は、教員は就職不況でした。そのわけは、実は教員の年齢構成(ヒューマンエコロジー入門で教えるところの人口学的要素)にありました。

 いわゆる団塊の世代の先生方が多数在籍している上に(、児童数が減少したため(いわゆる“少子化”)、新任の先生の採用数が絞られました(その結果、先生方の“高齢化”が進みます)。教育学部を出ても、各県・政令指定都市等の教員採用試験に合格できない、あるいは合格的できても、臨時採用しかないという事態がつづきました。それでも、バブルが続いていた1990年代初頭はいわゆる「民間」=企業に流れることになりましたが、バブルがはじけるとそれもなくなる。つまり、教育学部冬の時代というわけです。

 そして、今、団塊の世代(1947~1949年生まれ)の方々が、今度は大量に退職されて、大都市圏は教員不足が出来する(つまり、日本の少子高齢化の社会を、ある意味先取りしつつある!)。こうした様子を見ていると、教員を目指すには、通常の就活とは違う覚悟がいるはず。教員に興味がある方々は、是非、この“業界”の実態を知るためにも、OBG車座企画へ、と思う次第です。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 そんな前書きはどうでもよいので、本題に入りましょう。今年は現役教員の方々3名ですが、どなたも在学中からよくご存じの方です(2名の方はリサーチ・フェア学生実行委員でもありました)。Kさん(久野ゼミ出身)は中学教員、Yさん(中條ゼミ出身)は中学・高校の一貫制の教員、そしてTさん(今井ゼミ出身)は高校教員です(数学の教員です。総政でも、理系の教員に成ろうと思えば、できないわけではない)。

 すでに学生用掲示コーナーなどに置いておいた要旨集の抜粋をご覧に成ればよいのですが、KさんとYさんは共通テーマとして「   教員の仕事とは?」、その要旨は「実際の教員の仕事とはどのようなものかについて、包み隠さず話をしたいと思っています。教員志望の人、是非実際の教員の仕事について、色々聞いて下さい!」 です。 

 そして、Tさんのテーマは「総政→教員はアリ? 」。要旨として「 現在は、大自然豊かな八ヶ岳南麓の公立高校で高校3年生の担任をしています。受験まっただ中です。大学在学中は、外来種問題(あらいぐま)について研究していました。普通に就活をして、教職や実習や教育インターンを経験しました。総政での学びや経験が教育現場でどう生かされるのか、みなさんとお話しできたらと思っています」   

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 最後に、教職を目指す方々には、是非、このOBG車座企画へ、来ていただくと同時に、総合政策学部編KGリブレットNo.27『卒業生が語る総合政策』  の第6章「高校教諭という仕事-見方が変わると総政への捉え方も変わる」(三宅武志さん×渡部律子先生)をお読み下さい(関西学院大学出版会のURLはhttp://www.kwansei.ac.jp/press/)。

 それでは、#1をひとまず終えることにしましょう。

コメント:0

この記事にはコメントすることができません。

プロフィール


高畑由起夫
◆研究分野:生態学、自然人類学、霊長類学 ◆研究内容:主な研究対象はニホンザルやチンパンジー、ワオキツネザル等ですが、潮間帯の巻貝類や水生昆虫、カラス等も調べたことがあります。霊長類学の視点で、近縁...

月別記事