総合政策学部同窓会OBG車座企画シリーズ#3:就活10年後 分科会4のご紹介(11月26日午後開催)

2011 11/15 総合政策学部の皆さんへ

 #1(教員)そして#2(システムエンジニア)に続いて、“総合政策学部同窓会OBG車座企画”の分科会のご案内です。その第4弾は「就活10年後」。意味が深そうですね。

 就活10年後、すでに転職された方も多く(チューター4名全員が転職経験者!)、たんなる“就活”を越えて、ご自分の人生を考えてみる! つまりキャリアプランニングということです。キャリアアドバイザー・コンサルティング関係の方が多く、皆さんの悩みに応えてくること間違いないでしょう。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 Iさん(5期生、鎌田ゼミ;教育関係事務職)のテーマは「10年後をわくわく考えよう」です。その要旨は「鎌田ゼミ、SCS、卒業パーティ実行委員、エコハビタットにチャペル委員と、手当たり次第チャレンジした大学時代でした。充実した大学時代だったはずなのに、いざ進路選択になると、「私って何がやりたかったんだっけ・・」と迷路の中に入ってしまった私。

 もがきながらの就活で1社目は人材派遣の営業をしたが、自分が何をしたいか、明確なものがもてないまま、目の前の仕事に没頭する毎日でした。辛いこともあったけど、それから思いもよらない人や機会との出会いを経て、少しずつ自分のできる事、したい事が見えてきた10年後。

 就活生の時想像もついていなかった10年後ですが、自分と向き合い、世の中と向き合うことを繰り返した結果が今かなあ、と実感。皆さんとは、今だけの話ではなく10年後をわくわく考えるような話がしたいと思っています

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 続いてTさん(5期生、Greeneゼミ、現職は秘密[=開けてびっくり! ということのようですが]のテーマは「10年たった今だからわかる2,3のこと 」です。

 要旨ですが「卒業後、上京しユニリーバでマーケティングとして、何百万人ものターゲット消費者を相手に製品開発や広告制作、販売戦略策定などに従事した8年間の後、今春から目の前の1人と向き合う、ともすれば地味な仕事にキャリアチェンジし、関西へUターン。想像以上に周りから賛否両論がおきた私の決断。卒業するときには考えもしなかった今の仕事ですが、8年のキャリアを通じて自然とたどり着いたものでした。(随分悩みましたが…)就活セミナーでは話題にならない、違った視点でのキャリアディベロップメントについて、お話したいと思います」

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 そして、3人目はKさん(5期生渡部ゼミ、人材コンサルティング会社でキャリアアドバイザー)のテーマは「本当に「やりたい仕事」は、働いてみてから見えてくる!」 。

 そのKさんのプロフィールと要旨は「1979年10月生まれ(32歳)。浪人して関学の総合政策学部に入学。文学部志望だったため、学校がおもしろくないまま2年が過ぎたが、渡部律子先生に出会って、学ぶ楽しさを知る。夢中で研究に没頭し、就職活動をせずに卒業。第二新卒として就職活動をするも、リクナビに登録さえできないことに疑問を感じてリクルートに問い合わせのメールを送る。それをきっかけに面接の案内がきて、2003年7月に3年間の期間限定社員としてリクルート入社。高校生向けの進路情報誌を配布促進する部署でキャリア教育と出会い、「キャリア」という領域に一生携わることを決意。

 契約期間満了後は、リクルートHRマーケティングに正社員として転籍。リクナビやリクナビNEXTなどの新卒・中途採用の総合提案営業に携わる。2年半営業を経験したのち、キャリア教育に携わりたいと思い、株式会社キッズシティージャパンに入社し、キッザニア甲子園にて、学校法人営業とアクティビティ企画に携わる。

 現在は、リクルート時代の上司・同僚と人材コンサルティング会社を創業メンバーとして「会社づくり」に携わりながら、キャリアアドバイザーとして転職者支援を行っています」とのことです。

 話のポイントは「仕事なんて、どんなに企業研究したり自己分析しても働いてみないとわからない。なぜなら、 「仕事している自分」の価値観は学生の間ではわからないから。仕事してみて初めて、自分のやりがいを感じたり、好きな領域を見つけることも多々あります。新卒で入社した会社の仕事がすべてではなくて、目の前の仕事を一生懸命やっていて、チャンスと出会いを見逃さないスタンスさえあれば、おのずと「やりたいこと」への道がクリアになってくると思います

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 そして、最後はAさん(6期生、Greeneゼミ、現在はイラストレーターの卵として、セツモードセミナーで学生中) です。

 要旨は「大手電機メーカーで海外営業、カレンダーメーカーでデザインディレクターを経て現在東京でセツモードセミナーに通いながらイラストの勉強中。美大じゃなくてもいつでも根気と環境を整える力があればなんにでもなれるはず 」   

 皆さん、話はディープになりそうですね。

 なお、同窓会HPはhttp://member.kwangaku.net/kgspsalumni/、同Facebookはhttp://www.facebook.com/kgsouseidousoukaiです。

コメント:0

この記事にはコメントすることができません。

プロフィール


高畑由起夫
◆研究分野:生態学、自然人類学、霊長類学 ◆研究内容:主な研究対象はニホンザルやチンパンジー、ワオキツネザル等ですが、潮間帯の巻貝類や水生昆虫、カラス等も調べたことがあります。霊長類学の視点で、近縁...

月別記事