“枯れた技術”とは何か?

2012 11/25 総合政策学部の皆さんへ

 今回のタイトルを観て、ぱっとわかる方はどのぐらいいらっしゃるでしょうか? “枯れた技術”? なかなかぴんと来ませんね。では、Googleで検索してみましょう。

 すると、「ソフトウェアやハードウェアが発売・公開されてから長期間が経過し、多くの人の手によって不具合などが検証・修正され、利用に当たっての注意点などの情報が大量に蓄積されている状態のこと。安定した導入・運用ができるという良い意味で使われる」とでてきます(IT単語帳;http://www.keyman.or.jp/it-word/15/61003702//)

 以前から存在している技術で、「古臭い」としか言いようがない。しかし、長年磨き上げられた安定性も捨てがたく、それなりのスキルも発揮する。さらには、いまさらそれを上回るだけの新製品を開発するコストをかけるより、なじんだ腕で“枯れた技術”を駆使した方がましだ、ともいえる。

 こういった技術は、実は大事です。なによりも任務・目的達成にはそれで十分な場合には。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 その“枯れた技術”でなおかつ現役である典型例が、例えば、かつてのソ連、現在のロシアが誇る宇宙船システムソユーズです。

 1967年4月23日に打ち上げられたソユーズ計画最初の一人乗りソユーズ1号は、翌24日の帰還時にパラシュートが作動せず、乗員のコマロフ大佐が死亡(最初の宇宙飛行時の事故死)、1971年6月のソユーズ11号では、やはり帰還時に気密が保てず、行士3人が窒息死したほか、いくつかの事故で操縦士の生命が危機にさらされたり、重傷を負ったりする事故が多発します。 

 しかし、そうした初期のシステム事故を克服した現在、今やもっとも安全なシステムとして、高く評価されているというのです。

 例えば、Wikipdeiaでは「現役の有人宇宙船としては最も安全で経済的であるとされ、極めて高く評価されている。商業用の宇宙観光が全てソユーズで行われたのもこの為である。特に、1981年の初飛行以来2度死亡事故を起こした「スペースシャトル」に比べ、ソユーズは基本設計は古く、技術的に「枯れた」機体であるが、極限まで改善が進んでいるため確立された性能を誇る。既に30年以上に渡って死亡事故を起こしておらず、その信頼性は極めて高い」。これが「枯れた技術」です。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 そんな「枯れた技術」のもう一つの双璧は、アメリカ空軍の巨大爆撃機B-52でしょう。

 最初にターボプロップ機XB-52として構想されたのが1946年(第2次大戦終結の翌年、今から66年前!)、ターボジェット機に変更されてから、YB-60との競争にも勝ち、初飛行が1952年。運用開始は1955年、冷戦時のアメリカ軍の基本的戦略=大量報復戦略をになうものとして、自由落下型核爆弾を搭載しながら空中で警戒する戦略パトロール任務(airbone aleart duty)を担い、スタンリー・キューブリック監督の傑作映画『博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか』にも登場しながら、実戦ではその膨大なペイロード(最大で32トン)を活かして、ベトナム戦争での北爆や、アフガニスタン侵攻、イラク戦争では通常爆弾の絨毯爆撃に従事します。

 生産機744機のうち、例えば北爆時のラインバッカー作戦等では17機をベトナム側の対空ミサイルで失い(かわりに計15万トンの爆弾を投下;Wikipedia)、かつ、1966年と1968年にはスペインとグリーンランドで水爆を載せたまま事故をおこして放射能汚染を引き起こします。

 そうした経緯を経て、初飛行からちょうど60年が過ぎた現在もなお、「多種多様な兵器を、大量に搭載し、遠方に投入・投下する」性能を称揚され、2045年頃まで使用されるだろうとされています。しかもこの間、B-58B-70B-1B-2等の数々の後継爆撃機が開発されながら、結局、老骨にむち打ちながら、現役を続ける羽目になっているのです。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 最後に、もう一つ、“枯れた技術”を紹介すれば、それは“ブローニングM2重機関銃”かもしれません。第2次大戦突入前のアメリカ陸軍がこの機関銃を正式採用したは1933年、実に80年前。

 しかし、「費用を考慮しての、基本構造・性能トータル面でこの機関銃を凌駕するものは、現在においても現れていない」(Wikipedia)。

 そして、「戦車(現代ではM1エイブラムズ)や装甲車(同じくM2ブラッドレー歩兵戦闘車 、トラックやジープ等の車載用銃架、地上戦闘用の三脚架、対空用の背の高い三脚銃架、連装、または四連装の動力付き対空銃架、艦船用対空銃架、軽量銃身型の航空機用固定機銃(例えば、翼内に8丁も搭載したP-47航空機用旋回機銃架(例えばUH-1)、動力付き航空機用旋回機銃架など、様々な銃架に載せられ陸・海・空軍を問わず広く配備」されてきました。

 そのなかには、狙撃銃としての単発使用まで含まれています(アメリカ海兵隊のスナイパー“白い羽”ことカルロス・ハスコックはベトナム戦で距離約2500ヤード(約2300m)で狙撃に成功、後にフォークランド紛争でアルゼンチン軍が同様の手法を使って、イギリス軍に大きな損害を与えます)。

 確実な技術なら、時代遅れ気味であっても、任務は達成できる。しかも、手慣れたやり方で、システム上の故障も少なく。となれば、あなたはどちらを選びます? 枯れた技術か? それとも、今を盛りの流行のものか? この二律背反は、戦場でなくても、ビジネスも含めたどんな世界でも起こりうることでしょう。

コメント:0

この記事にはコメントすることができません。

トラックバック:0

トラックバックURL
http://kg-sps.jp/blogs/takahata/2012/11/25/8897/trackback/
この記事へのトラックバック

まだトラックバックはありません。

プロフィール


高畑由起夫
◆研究分野:生態学、自然人類学、霊長類学 ◆研究内容:主な研究対象はニホンザルやチンパンジー、ワオキツネザル等ですが、潮間帯の巻貝類や水生昆虫、カラス等も調べたことがあります。霊長類学の視点で、近縁...