ドナルドの数学教室(ドナルドのさんすうマジック)で、数学を学ぼう!

2013 12/28 総合政策学部の皆さんへ

 ちょっと以前の話になってしまいましたが、8月初め頃に、7大学政策系学部長懇談会という、なにやら物々しげなタイトルの集まりがありました。要するに、慶応、中央、南山、同志社、立命館、関大、そして関学、政策系学部を持っている7大学の学部長が年に一度集まって、いろいろとお話しする会合です。

 そこでお会いした慶應の総合政策学部長の方はなんと数学の先生でした。互いに理系出身者の気安さか、(向こうの総政で)数学を講義することの大変さを嘆かれるので、「リベラル・アーツの基本には数学(幾何学と代数学)が入ってるじゃないですか」と私が言うと、「こちら(慶応)では、誰もそんなことは言ってくれません」とおっしゃいます。

 それで、ついつい、「いや、そんな時こそ、“ドナルドの数学教室”を見せたら、どうですか!」とお奨めしたのが、今日のタイトル、“ドナルドの数学教室”です。ドナルド、もちろんドナルド・ダックのことです。

アヒルをモチーフにしたディズニーアニメのキャラクター」で、「人をからかうことが好き。短気な性格であり、ディズニーキャラクターの中で最も喜怒哀楽が激しい。また、自己中心的な上とても騙されやすい。そのため、短編映画などでは悲惨な目に遭って終わるオチが多く、特にチップとデールとの共演作品では、ほとんど悪役的存在として描かれ、毎回と言っていいほど散々な結末(ドナルド自身に身体的被害・財産に被害を受けるのがほとんど)で終わる。かなり短気のせいなのか、口調は子供っぽいがかなりの毒舌である

という、根っからの“悪ガキ”キャラ、言うまでもなく、“よい子”キャラのミッキーの対極です。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 その悪ガキ、ドナルドがどうしてまた数学(さんすう)など? というわけで、例によってWikipediaを開けてみると、これまた単独の項目として掲載されているではありませんか! しかも、DVDが市販されている。ただし、Wikipediaのタイトルは現在の市販DVDのそれにのっとり、『どなるどのさんすうマジック』です。制作は1959年、ドナルドダック・シリーズの第125作(スタンダード、カラー作品)とのこと(上映時間28分)。教材として購入してもよいかもしれません。

 アメリカ公開が1959年6月26日、日本公開が翌1960年11月22日ですから、私は小学校1年か、2年の時にこれを映画館の併映短編映画で観たことになります。

粗筋ですが、Wikipediaではいたって簡単に、「ドナルドは嫌いな算数の国に迷い込むが、次第に算数が好きになっていく」とだけ書いています。しかし、40年前の記憶をたどれば、ピタゴラス学派の紹介から始まり、音楽の音の高さと数学の関係から、数学の魔宮・迷宮、ラビリンスの世界に誘い込む映像の数々、であったような記憶です。

 Wikipediaでは、「ピタゴラス教団は・・・哲学者のピタゴラスによって創設されたとされる一種の宗教結社。現在の南イタリアのロクリスに本拠を置き、数学・音楽・哲学の研究を重んじた」とあります。ピタゴラス派が、リベラル・アーツの祖であったとは、初めて知りました。

 ちなみに、「ニコニコ動画」の方では、「数学は賢い人のものだと思っていませんか? 数学は自然界のあらゆる所に存在しています。さらにはスポーツやゲームの中にも数学は溢れているのです。そんな不思議な数学の世界をドナルドと一緒に探検してみよう」というのがうたい文句です。

皆さん、興味はわきませんか? 井垣先生ならば、きっとご同意いただけるはず。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 ということで、しばらく、ディズニーネタのシリーズもおもしろいかもしれません。 

コメント:0

この記事にはコメントすることができません。

プロフィール


高畑由起夫
◆研究分野:生態学、自然人類学、霊長類学 ◆研究内容:主な研究対象はニホンザルやチンパンジー、ワオキツネザル等ですが、潮間帯の巻貝類や水生昆虫、カラス等も調べたことがあります。霊長類学の視点で、近縁...