総政100本の映画Part 16:男の野望と挫折:ジョン・ヒューストンについて

2014 3/26 総合政策学部の皆さんへ

ハリウッド映画のパターンの中に、“男の野望と挫折”というテーマがあります。Wikipediaでは、「男性的で骨太なタッチの作品が多く、また、目的を持って行動する主人公たちが徒労の果てに挫折していくというストーリーをしばしば取り上げる」と評される映画監督ジョン・ヒューストンこそ、その典型とも言うべき映画作家です。

そして、この“男の野望と挫折”にもっともふさわしいものとしては2作、1948年制作、アカデミー監督賞・脚本賞を勝ち取った『黄金』(主役は自分の父親ウオルター・ヒューストン、準主役にはハードボイルド・ヒーローの誇りも微塵も見られぬ、卑屈で自己中心的なハンフリー・ボガード。傑作です!;映画番号#63)と、その30年後、本当はハンフリー・ボガードで撮りたかったノーベル文学賞作家キプリングの中編小説の映画化『王になろうとした男』(1975年;映画番号#64)をあげるべきでしょう。

同じように、男の野望を追いかけながら、さらに複雑で微妙な結末に、苦い思いをかみしめるクリント・イーストウッドが、このヒューストンへのオマージュとして制作したのが(しかし、興行的にはみごとに失敗)、1990年制作の『ホワイトハンター ブラックハート』です。なお、この作品で描かれれるヒューストンがアフリカロケを敢行した傑作は『北アフリカの女王』(この作品で、ついにボギーはアカデミー主演男優賞を獲得;映画番号#65)です。

Wikipediaでは、この作品の撮影について「リアリズムを追求するべく、アフリカで本格的なロケを敢行したこの映画の撮影は困難を極めた。天候不順でセットが流されるやら、体調悪化や病気で倒れる出演者やスタッフが続出するやらで、撮影は長引いた。にもかかわらず監督のヒューストンは、映画そっちのけでひたすらハンティングに興じる始末だった。キャサリン・ヘプバーンはこの時の監督の態度によほど憤懣やるかたなかったか、後年『アフリカの女王とわたし』という本を出版して一矢報いた」とあります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 それでは、「男の野望と挫折」の巨匠ヒューストンに、そのあたりを自ら語らせると、

ルイキ川の撮影基地にアフリカのどの河川でもまずお目にかかれない奇妙な船団が組まれた」「母船の後ろに4隻(の筏)が従う船体を組織し、第1の筏には、そしてこれは私の発案だったのだが、アフリカの女王号のレプリカを載せた。言い換えれば、この筏は撮影用のステージだった」。しかし、「四艘の筏はアフリカの女王号には少々荷がかちすぎていた。やむな四艘目をあきらめ、ケィティ(=キャサリーン・ヘップバーン)には私たちと同じくジャングルのなかのトイレを使ってもらった。大きな姿見はすぐに割れ、半分のサイズになった鏡もさらに割れて、最終的にはケイティは小さな破片を手鏡にしてメイキャップをおこなうようになった

 しかも、ロケ中に、肝心のアフリカの女王号が浸水で沈没してしまう! ヒューストンはアメリカまで電話をかけて、プロデューサーのサム・スピーゲルと話を交わします。

  • どんな具合だ?」「すべて順調だよ。アフリカの女王号が夜の間に沈んだのを除けば」
  • しばらく沈黙が続いた後、スピーゲルは笑い声で「アフリカの女王が沈んだ、と言ったのかと思ったよ」
  • 「そう言ったのさ」
  • 「何だって!」

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 当時、キャサリン・へップパーンは44, 5歳、とはいえ96歳という長い生涯に4度アカデミー主演女優賞に輝く彼女のキャリアでは、まだまだ中途です(1994年の“Love Affair”出演時で87歳、『アフリカの女王』の時には主演女優賞獲得はまだ1本だけ)。それでもすでに大女優、ヒューストンは彼女の1歳年長とはいえ、これまた長い監督人生は始まったばかり(最初の監督作品『マルタの鷹』からまだ10年で、相方である主演男優のハンフリー・ボガードも長い間の下積み暮らしで、堂々と主役を張るのはこれまた『マルタの鷹』のあたりからです。ヒューストンの筆を借りれば、

 「撮影時に初めて合流したときのケィティは、この映画製作そのものをいぶかしげに見ているところがあった。私のことも経験の浅い若造監督とみなしていて、そういう気持ちをとくに隠そうともしなかった。ケィティには、相手が自らを証明するまでその人物に対する不信の念を容易には解かない傾向があったのだと思う

 それで、ヒューストンは愛すべきケィティに“さし”での会談を申し込みます。ケィティが先に発言します。

  • それで、ジョン? 何をはなしあいたいというの?」
  • ケィティ、たがいの意見をぶつけてもしょうがない。まず私の言うことを黙って聞いてくれないか。私の話がすんだあとで、こちらの言い分が正しいか正しくないか決めてもらいたい
  • いいでしょう

誰が「ボス」なのか、若造(未来の巨匠)は扱いにくい大女優(やがて、さらに大女優になってしまう)に、率直に切り出します。

皆さんも、卒業して、会社や組織に入れば、否応なしに直面する“交渉”の世界ですが、きちんと身につけて下さいね。それこそがリーダーシップであり、ハリウッドの超大物プロデューサー、ダリル・ザナックの名セリフ「俺が話し終える前に、“イエス”と言うな(”Don’t Say Yes Until I Finish Talking”)」につながるものです。

コメント:0

この記事にはコメントすることができません。

プロフィール


高畑由起夫
◆研究分野:生態学、自然人類学、霊長類学 ◆研究内容:主な研究対象はニホンザルやチンパンジー、ワオキツネザル等ですが、潮間帯の巻貝類や水生昆虫、カラス等も調べたことがあります。霊長類学の視点で、近縁...

月別記事