ある国の未来を予測する時:西徳二郎の驚くべき炯眼について

2014 10/26 総合政策学部の皆さんへ

 皆さんは西徳二郎という方を知っていますか? まずはどなたも「知らない」と答えるかと思いますが、Wikipediaでも「1847年9月4日(弘化4年7月25日)~ 1912年3月13日)、日本の外交官。外務大臣を勤めた。薩摩藩出身。枢密顧問官、男爵。子に硫黄島の戦いで戦死した西竹一陸軍大佐がいる」と割にあっさりした記述です。

  これを読んで、「おお、あのバロン西の親父さんか!」と感嘆する方がいるとすれば、その方は日本の近現代史に多少は通じているとも言えるでしょう。西は1847年、弘化4年の生まれ、「たった20年後には江戸幕府が倒れる」等とはまだ誰も予想しなかった頃、鹿児島藩士の子として生まれます。

 戊辰戦争ではまさに20歳、従軍後、開成所(東大の前身の一つ)を経て、明治3年ロシアに留学。明治8年にペテルブルグ大学法政科を卒業。ごくごく初期の留学生です。しかも、ロシアの大学卒(留学中、ブハラ、サマルカンド西トルキスタンタシケントウイグル新疆を踏破。これはスタインやヘディンの約20~30年前、現在、ちょっとホットになっている新疆ウィグル自治区のあたりではありませんか)。

 この学歴が彼を外交官としての人生に導きます。ロシア公使や枢密顧問官を経て、第2次松方・第3次伊藤内閣の外務大臣を歴任、対ロシア外交に専念して、男爵を授かる、こんなところがいわゆるキャリアになるのですね。

 その西がキャリアの頂点に達した明治32年10月11日(1898年、日清戦争終結の3年後、北清事変勃発の前年、日露戦争開戦の6年前)、元総理大臣黒田清隆のもとで、同じく薩摩閥の官僚小牧昌成とともに、シベリア鉄道満州鉄道(東清鉄道)完成後の情勢を検討しています(佐々木隆『日本の歴史21』講談社)。つまりは“未来の予想”です。

 西はまず5年程度(=日露戦争をカバーします)の短期展望として、①両鉄道完成でロシア侵略が強化され、英独仏も追随、清国分割が進む、清国人は蜂起するが(=翌年の北清事変を予想)、逆に列強の侵略・権益拡大の口実とされ、清国は土崩瓦解する(=これは外れる)、②清国政府は蜂起を押さえ込み(=これは予想がはずれる)、列強は牽制し合って現状維持が続く(=北清事変後のロシアの進出が日露激突=日露戦争に発展)の2ケースを想定、おおかたは①を説くが、自分は②だと述べています。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 西は続いて、10~15年(第一次世界大戦前後をカバー)の中長期的展望で、①清国の独立国家としての解体(実際には、1911年の辛亥革命によって清朝は倒れますが、“中国”というナショナリティは“中華民国”の形でかろうじて存続します)、②一定の近代化・軍拡に成功(李鴻章袁世凱たちはこの路線を推進しようとしたわけですが)、「陸軍ハ独逸一カ国位ハ追払ヒ得ル程」になる(=はずれる)。③近代化・軍国化は進まないが、国家崩壊には至らず、現状維持(=内戦状態が断続的に続きながら、かろうじてこの範疇にとどまります)の3ケースを想定します。

 西はさらにロシアからの圧力が高まった場合(翌年の北清事変後、現実化)、他列強は対抗できず、清国で内乱・外患が起きて、ロシアは万里の長城以東を占領する。それが進めば、ロシアによる清国保護国化が進行、その場合、清国内陸部には「支那帝国モシクハ共和国」つまり漢民族の国家が生まれ、沿岸は列強に支配され、満州族は北京か奉天を首都としてロシアの保護下に入る、との予測を立てます。現実に、袁世凱は辛亥革命後に帝国化を夢見るわけで、全体の感想では「あたらずとも、遠からず」と言うべきかもしれません。

 西は結論として、日本のとるべき道は「福建省不割譲宣言」以上のものをもとめてはいけない(三国干渉後、「日本も防衛上最低限の要求として、新規獲得した台湾のすぐ隣にある福建省を他国に租借、割譲することがない旨の約束を取り付けた」)。なぜなら、「百年ノ後ハ、支那ハ復タ勢力ヲ得、外人ヲ一掃シ去ルノ時期至るコトアルヘキモ亦シムル」危険があり、不用意に干渉しても成果は乏しく、「支那人ニ一世不和ノ怨恨ヲ抱カシムル」危険があると指摘したとのことです。佐々木孝は「実に恐るべき炯眼である」と感嘆しています。

 その後の日本の動きは、この西の危惧をまったく踏み破ったようなものになっていったことは、皆さんもご存じの通りでしょう。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 まったくの話、西の「百年ノ後ハ、支那ハ復タ勢力ヲ得、外人ヲ一掃シ去ルノ時期至るコトアルヘキモ亦シムル」そして「支那人ニ一世不和ノ怨恨ヲ抱カシムル」危険を、今日、誰れも否定することはできないでしょう。思えば、鄧小平とサッチャーの会談の結果、香港の返還が合意されたのが1984年12月、実際に主権が委譲されたのが1997年7月1日、実に西の予見の99年後になります。

 なお、西は6年後の日露戦争について、「我一会戦似テ彼ノ海軍ヲ覆シ得ハ、彼ニ於テハ運輸ノ便ヲ失ヒ、遼東ノ守兵ハ身体困難、満州ノ経営モ中止」と想定とした上で、対露戦に勝利した場合「露ト協商シ、汝ハ満州ヲ従ヘ北部ヲ経略セヨ、我ハ異議ヲ挟マサルヘク、共ニ手ヲ携ヘテ東方問題ヲ決セントノ協議」も可能になるとしたそうです。時代の子として、帝国主義的発想に立ちながらも、近代戦としての補給に着目、日本海海戦の結果をも見通し、かつ、日ロ戦争後の日露協商を予測した西の予測能力は恐るべきものがあると言えるでしょう。

 なお、西自身はこの翌年、自らの予言の一部が的中する北清事変勃発で、北京に籠城することとなります。

コメント:0

この記事にはコメントすることができません。

プロフィール


高畑由起夫
◆研究分野:生態学、自然人類学、霊長類学 ◆研究内容:主な研究対象はニホンザルやチンパンジー、ワオキツネザル等ですが、潮間帯の巻貝類や水生昆虫、カラス等も調べたことがあります。霊長類学の視点で、近縁...

月別記事