2015年1月

オスマン朝皇帝と人民:国際帝国の本質について#3

2015 1/31 総合政策学部の皆さんへ

 オスマン朝トルコの皇帝は遺伝的(生物学的)にはどんな人物であったのか? 考えたことはありますか?

 例えば、オスマントルコ第10代皇帝にして、西へはるばるウィーンまで遠征したスレイマン大帝(スレイマン1世)は、皇帝たちの中では異例なことに、後宮(いわゆるハーレム)の女奴隷だったヒュッレム・スルタン(ロクセラーナ)を愛して、1534年、正式な皇后として結婚します。

 このヒュッレムは通称ロクセラーナ、つまり“ルーシ人の女”という意味で、ロシアかポーランドの出身、ポーランドの伝承では本名アレクサンドラ・リソフスカが、タタール人に捕まり、奴隷として売られてスレイマン1世の後宮に落ち着くことになります。

 ヒュッレムが産んだ二人の息子セリムとバヤズィトは、ヒュッレムの死後、スレイマン1世の後継を狙って衝突、結局、バヤズィトはセリムの手で処刑され、セリム2世として即位しますが、したがって、彼の遺伝子の半分はトルコ人ではなく、ロシア/ポーランド人の遺伝子が流れていることになります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 そのセリム2世の後宮に、ヴェネツィア貴族の娘が一人、やはり奴隷として入れられます。

 通称ヌール・バヌ(本名チェチーリア・ヴェニエル=バッフォ)。彼女はセリム2世に気に入られて、やがて息子ムラト3世を産み、セリム2世の死後、摂政としてオスマントルコの政治まで動かします。

 Wikipediaでは「ヌール・バーヌーは後宮の実権を握ったのみならず、大宰相ソコルル・メフメト・パシャと協力し皇帝の摂政として政治を後宮から動かした。

 彼女は、ハレム女性の最高位であるヴァリデ・スルタン(Valide Sultan 皇帝の生母。母太后)の称号を得た初めての女性だった 摂政であった1574年から1583年まで、ヌール・バーヌーはカトリーヌ・ド・メディシスエリザベス1世らと協力関係を結び、親ヴェネツィア共和国の強力な同盟を築いた」とあります。

 彼女の手腕もさることながら、ムラト3世の遺伝子はトルコ人4分の1、ロシア/ポーランド人4分の1、ヴェネツィア人2分の1になってしまうことにお気づきでしょうか?

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 さらにそのムラト3世が寵愛したサーフィエ・スルタンは本名ソフィア・バッフォ、すぐお気づきのように上記ヌール・バヌの親戚です(同じように、海賊にさらわれて後宮入りする)。

 したがって、彼女が産んでムラト3世を継いだ第13代皇帝メフメト3世の遺伝子はトルコ人8分の1、ロシア/ポーランド人8分の1、ヴェネツィア人4分の3になってしまいます。どんどん、トルコ人から離れるばかりではありませんか。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 ちなみに、このサーフィエ・スルタンもムラト3世の死後、国政を取り仕切り、「母国の便宜を計るため、ヴェネツィア大使マルコ・アントニオ・バルバロと秘密裏に交信していた。密使には、トルコ人やヴェネツィア人では怪しまれると考えた彼女により、ユダヤ人の女が選ばれた。

 これらの事実上国家反逆罪である彼女の行為により、ムラト3世や大宰相ソコルル・メフメト・パシャの思惑は、既に会談の前にヴェネツィア側に筒抜けとなった。

 そして1575年には、1573年に締結されていたヴェネツィア・オスマン間の条約は、よりヴェネツィア側に有利な条件に改定される事になった。

 サーフィエはヴェネツィア大使のみならず、エリザベス1世とも交信していた。両者の間でのやりとりの内容は不明だが、サーフィエが母国の利益のために、カトリーヌに接触したらしい。

 エリザベスとの交信の方は、彼女達の交信を知ったエリザベスが、イングランドの利益のために、彼女を利用しようと多くの贈り物でサーフィエの心を掴んだという事情があったらしい。このことがきっかけとなり、後にエリザベスからサーフィエの息子メフメト3世に、ハープシコードなどが贈られている」(Wikipediaより)。

 おそらくは、異国のハーレムの過酷な状況で知恵を絞って生き延びることが、ヒュッレムに始まる母后たちにたぐいまれなる政治的スキルを磨かせたことでしょう(さらに付け加えれば、母国ヴェネツィアでは女性がこのような政治的パワーを得る機会はほとんどあり得なかったはずです;そのあたり、塩野七生の傑作『ルネサンスの女たち』を是非お読み下さい)。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 とまあ、ここまで紹介したらおわかりになるかと思いますが、かつての“帝国”では皇帝の遺伝子と人民の遺伝子が異なっても、それでかまわない(というよりも、そんなことは考えない)。いわゆる国民国家(人民と支配者は同一民族、同一人種だという共同幻想のもとに振る舞う)とはずいぶん違ったものである、とも思っていただければと思います。

 それでは、母后サーフィエ・スルタンに裏切られながら、なおかつ、無能だとの評判の高い彼女の舅、夫、息子たち、すなわちセリム2世、ムラト3世、そしてメフメト3世を支えたオスマントルコの大宰相ソコルル・メフメト・パシャは何者か、と言えば、なんと彼も異邦人、「1506年、ボスニアに住む正教徒の家に生まれる。10歳のときデヴシルメによって徴集されイスラム教に改宗したが、イェニチェリではなく軍学校に送られ(Wikipedia)」、そこで大帝スレイマン1世に見いだされて、息子たちの「暗愚さを知るスレイマンが息子のために残した懐刀がソコルル・メフメトである。大宰相就任から没までの約15年間は、ソコルル・メフメトが事実上の国のトップであった」という人生を送ります。

 それでは、デヴシルメと何か? イエニチェリとは何か? そのあたりはto be continuedとしましょう。

ものを食うということについてPart1:“保守”と“革新”、そして“共に食べる”ことの意味について

2015 1/25 総合政策学部の皆さんへ

 「ワニの心地よきまどろみ」に引き続き、“保守”について考えましょう。例えば、人類学では“ものを食らう”ということは、なかなか興味深い事柄です。まず、サル・類人猿のたぐいから、“食”についてずっと保守的な傾向があると思っています。

  これはただ単純に“自然”には“”がいっぱいで、“消化”できないものもあるからでしょう(したがって、私自身は“自然食品”という言葉にいつも戸惑いと疑いを持ってしまいます。自然だからといって、良いことばかりではないのに!)。

  何でも食えるわけでないのならば、食えるものを覚えておかねばならないし、その上で、食ってもよいかわからないものには、手を出さない方がよい。これが“保守”の一つのあり方ではないか、と私は思っています。

  つまりは、新しいこと(=新儀)停止、武家諸法度から鴻池家訓まで、日本におなじみの台詞ですが、それなりの根拠はある。なぜなら、新しいことには必ずコストがかかり、かつ、リスクがある。それならば、“新しいこと”には手を出すまい、と堅く心に誓うのです!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 それでは、食について保守的立場をとるべきか? それとも新でいくか? 例えばチンパンジーは(キイロヒヒのようなオナガザル科のサルたちに比べても)かなり“保守”的という印象です。つまり、食べることができるものにもなかなか手をつけない。

  私がその昔つきあっていた東アフリカのマハレ山塊国立公園のチンパンジーでは、10年一日、ヒトが導入した移入種(作物)であるアブラヤシ、マンゴー、レモン、グアバ、パイナップル、パパイヤの脇を行進しながら、いっこうにそれらに手を出さない。対照的に、“がさつ”なヒヒ等はあっという間に農作物の味を覚えて、畑荒らしをしてしまうのに。ちょっと不思議な気がしました。

 それが1980年代前半、私がJICAの専門家をしていた頃ですが、ある日突然レモンを食べ出す。すると、あっという間にチンパンジーたちに広がり、“常食”になってしまう。

  いったん“納得”してしまえば、伝播は早いのです。しかも、もっともらしげに木に登り、レモンの実をしげしげと眺め、指で堅さを確かめて、おもむろに選んだやつにかぶりつく。

  なんとなく、微笑ましいというか、ほのぼのとした印象でした。“保守”であるが、いったん食べ始めると“軽躁”な印象さえ感じられる“流行”ぶりです。我々のご先祖であるアウストラロピテクスあたりもこんな風だったかもしれません(このケースを報告した私の論文のURLがhttp://link.springer.com/article/10.1007/BF02436585です)。

 ちなみに、同時期、マンゴーとグアバも口にし始めますが、それでもレモンへの嗜好に比べると、ちょっと食べてみる、程度の印象にとどまります。それでは、なぜ、彼らが突然、レモンに目覚めたのか? そして、流行の度合いが他の2種とどうして違うのか? そのあたりはいまだ謎のままです。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 さて、もう一方で、動物学者と人類学者を両方兼ねている視点から見れば、ヒトは“動物”的な気配を示すことを嫌います。何が動物的か? 例えば、“性”ですね。“寝る”こともそうかもしれません(みんなにじろじろ観られながら、寝入ることは結構難しいのでは)。これらはきわめて“個人的なこと”、人目をさけて行われます。

  そして、もう一つ、動物として必須の行為が“食”かもしれません。ヒトにじろじろ見られては、食べる気がしませんよね。こうして食はきわめて“個人的”なことになります。他の方が食事しているところをのぞき込めば、それはかなり不躾なことですよね。逆に、群衆の中で、独りで孤立して食べている光景が、それを見られることさえ、苦痛になってしまうかもしれない。それがあまりに特化した一つのイメージが、“トイレ飯/便所飯”(いわゆるランチメイト症候群)をめぐる言説かもしれません。

 さらに、その一方で、はなはだ逆説的ながら、「きわめて“個人的なアフェア”であるはずの食を、ともにする/ともにしない」ということで、食はコミュニケーションの手段にもなります。それは、ひょっとしたら、毒があるかもしれない食物を分かち合うことでもある。

  また、本来互いに好き嫌いがあるはずなのに、“一つの食”をわけあうことでもある。それを行うこと自体が、互いの関係を確認しあうコミュニケーションになる。これが人類学でいうところの“共食”であり、“会食”なり、“一宿一飯”なり、“同じ釜の飯”になるわけです。

 なお、Wikipediaでは共食(共同飲食)について「 広義では特定の機会に家族・親族・地域社会・職場・趣味の仲間などの成員が集まって、同じ飲食物を共に飲食すること。狭義では同じ神を崇拝する集団(神職及び氏子)が祭りの後などに神饌や供物を共同して飲食すること。狭義のものを、「神と人が共に飲食すること」と捉えて神人共食(しんじんきょうしょく)と呼ばれる場合もある」と説明しています。神棚に食をささげることも、また“共食”の一つの形であり、神との共食、あるいは神の前での共食は人にとってきわめて重大なことになります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 もちろん、こうした共食のあり方は、もちろん、文化によって異なります。例えば、私が前後3年暮らした東アフリカでは、共食は男たちの食事と女子供の食事に分かれます。とくにイスラームの社会では、基本的に男女の性を強調するため、そうした光景がふつうにみられることになります。つまり、“子供”は性が重視されない年代で、その性が気になってしまうと、それが若者→大人への移行期になる、というわけでしょう。 

 そこでまたもう一つ感じることは、“共食”は言うまでもなく、食にまつわる文化を共有するところであり、また、その文化を伝承するところでもある。食べ物一つとってみても(何を食べるべきか?)、料理でも(どう料理すべきか?)、そして作法でも(どう食べるべきか?)、そして掟破り(とんでもない食べ物を持ってきたり、とんでもない料理をしてみたり、そしてエチケットにあわぬ食い方をしたり)にはもちろん“制裁”を課す(子供には叱る、ルール破りには避難する、陰口をきく、シカトする)。

 ここまで書いてみると、どうやら私でもやりかねないかもしれません。こうした制裁を避けようとすれば、言うまでもないことですが大勢に従う=ついに、“保守派”の勝利となる、となってしまいそうです。そのあたりも含めて、シリーズ化してみましょう。

ワニの心地よきまどろみ:生き物を紹介しましょうPart10:生き物として“保守”を貫くこと

2015 1/15 総合政策学部の皆さんへ

 皆さんは動物園やいわゆる“ワニ園”等以外の場所で、ワニをじかに目視されたことはありますか? 3年間のアフリカ滞在中、私は2度ほどワニのひなたぼっこを見かけたことがあります。JICA専門家としての任地、西部タンザニアはキゴマ州マハレ山塊国立公園タンガニイーカ湖畔をボートで行くと、砂浜で横たわっていました。

 ずいぶん大きなヤツで、たぶん4~5mの長さかと思います。しかも、私がいつも水浴びしている浜から1kmと離れていないあたりなので、ちょっと引いてしまうところです。ワニたちは、実際にはもっぱら魚を食べているようですが(漁網にかかった魚をおそうので、網が破られてしまう、とも聞きました)、分布から言えば結構危険なナイルワニのはずですから、あまり良い気分はしません。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

  さて、このワニ類の出現はかなり古く、中生代三畳紀中期にさかのぼります。なんと、現生の動物群の中では鳥類に最も近い。そして、絶滅種も含めれば“恐竜”や“翼竜”(彼らは“主竜類”にまとめられます)の仲間なのです。

 わかりますか? 三畳紀前期、爬虫類の中から①歯がまるでソケットに収まったように顎骨にはまっている、②二心室、二心房の心臓で高機能、③移動の際に、四肢が体軸から真横ではなく、斜め下か真下から生えているため、すばやく動ける等の特徴をもつ主竜類が進化します。

 そして彼らはやがて恐竜や、翼竜、そしてワニなどに分化する。さらに、その恐竜の一部から鳥類が生まれるものの、肝心の恐竜・翼竜は滅びてしまう。その結果、ワニ類と鳥類が生き残る、そんな進化の道筋をたどってきた連中なのです(Wikipediaより)。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

  このワニ類の生態学的特徴は、何よりもおよそ2億5000万年~2億年前の三畳紀より、形態がほとんど変わらないことにあります。そして、形態が変わらないことは、生活様式もあまり変わっていない。

 つまり、ワニ類は2億5000万年も前に、己の生存のために最適なニッチ(主に魚類等の水棲生物や水辺に近づく陸上動物を捕食する)を見いだして、そのまま(砂浜でひなたぼっこしながら)我が世の春を楽しんできた、ということになるのです。

 なんという省エネ人生! その間、分類上はいわばイトコにあたる恐竜類がすべて滅び、マタイトコにあたるトカゲ・ヘビ類(有鱗類)も哺乳類たちに主役の座をあけわたしているのを横目で見ながら、淡水域での主役を占め続けてきたわけです。これこそ“保守”の権化かもしれません。

 こうして保守派もうらやむ(はずの)ワニの長きまどろみ、が本日のテーマです(保守とは「古くからの習慣・制度・考え方などを尊重し、急激な改革に反対すること」Wikipedia)。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 このワニの心地よきまどろみは、“人間”という直立二足歩行をするがさつな霊長類の台頭によって、はかなくも崩れ去ります。言うまでもなくハンドバックや財布等、様々に使われるワニ革のため、乱獲される、というお定まりの道です。

 保守派がいつまでも心地よきまどろみに安住できないのは、周囲がいつの間に変わってしまい、昨日の楽園が今日の地獄に化すからであり、それに対応するためには、“保守”をかなぐり捨てて、自らも変わらねばならない。これはいうまでもなく、進化生物学でいう“赤の女王”仮説です。

 ネットで調べてみると、例えばアメリカ合衆国のミシシッピ州では、野生のワニのハンティングはかなり厳密な許可制のようのです。Webを検索すると“Public Waters Alligator Hunting Info”というサイトが出てきます。そこでは、

Permits for alligator hunting are by Special Permit only. Applications for an opportunity to hunt alligators may be submitted electronically from June 2-9 only, via this website. (REQUIRED: applicants must have a valid MS hunting license to apply). Each person who gets drawn for a permit must attend (or have previously attended) a MS Alligator HUNTING TRAINING COURSE in order to qualify for their Permit to hunt and harvest an alligator in MS. Applicants must be at least 16 years of age and a resident of MS (MS Lifetime License holders are eligible to apply, as well).”とあります。

 このサイトにはワニ猟についての懇切丁寧な説明用pdfファイルも添付され、“Only legal methods of capture for the Mississippi Alligator Hunting Season are described in this Hunting Guide”とあります。そのlegal methods of captureとはどんなものかというと、(1) Snatch Hooks (hand thrown or rod/reel)、(2) Harpoon (with attached line and/or buoy)、(3) Snare (hand or pole type)、(4) Bowfishing equipment (with attached line and/or buoy)とあります。

 つまり、針で引っかけるか(ワニ釣り)、銛か、罠か、弓矢のようです。なかでも針でひっかけるのがポピュラーなようで、“A snatch hook is the common term used for describing a weighted treble hook attached to a line and thrown or cast over and beyond the alligator”とあります。たぶん、火器を使えば、あっというまに乱獲ということになるのでしょう。そこはアメリカ人の大好きな力業でワニをねじ伏せるというわけです。もっとも、そうやって捕まえたワニにとどめをさすのはショットガンのようです。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

  現在、ワニは世界的に乱獲が進み、野生個体が減ったために養殖が主流とのこと。Webで調べてみると、全日本爬虫類皮革産業共同組合のHPが見つかります。

 そこには、現生の3科9属23種のワニのうち、「ワニの背の部分を割き、腹(肚)部の鱗(腹鱗板)をいかしたタイプ」として、“肚(はら)ワニ”として、①イリエワニ(Saltwater Crocodile、Crocodylus porosus);パプアニューギニア、オーストラリア、インドネシア)、②ニューギニアワニ(Freshwater Crocodile、Crocodylus novaeguineae;パプアニューギニア、インドネシア)、③ナイルワニ(Nile Crocodile、Crocodylus niloticus;アフリカ諸国の淡水の沼や河川)、④メガネカイマン(Spectacled Caiman、Caiman crocodilus;南米・中米の沼や河川)、⑤パナマメガネカイマン(Central American Caiman、Caiman crocodilus fuscus;中央アメリカ)が使われるそうです。

 一方、“背ワニ”は、ワニの肚(腹)の部分を割き、頸部から背部の凹凸(頸鱗板・背鱗板)を活かしたタイプ」なのだそうです。

 これは上記の①イリエワニ、②ニューギニアワニ、③ナイルワニ、④シャムワニ(Siamese Crocodile、Crocodylus siamensis)、⑤ミシシッピーワニ(American Alligator、Alligator mississippiensis)、それと⑤上記メガネカイマンが該当するとか。皆さん、知っていました?

 こうした養殖ワニの片方で、ヨウスコウアリゲーターAlligator sinensis)やインドガビアルG. gangeticus )等、少なからぬ種が乱獲や生息環境の悪化でcritically endangered speciestとされているようです。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 しかし、ヒトはいつからワニ革を利用するようになったのでしょうか? ちょっと判然としません。近代ワニ革産業の勃興について、さらに調べてみる必要がありそうだ、というところで、to be continuedとします。

プロフィール


高畑由起夫
◆研究分野:生態学、自然人類学、霊長類学 ◆研究内容:主な研究対象はニホンザルやチンパンジー、ワオキツネザル等ですが、潮間帯の巻貝類や水生昆虫、カラス等も調べたことがあります。霊長類学の視点で、近縁...