オスマン朝大宰相と軍隊と人民:国際帝国の本質について#4

2015 3/27 総合政策学部の皆さんへ

 「オスマン朝皇帝と人民:国際帝国の本質について#3」では、トルコ皇帝がかぎりもなくトルコ民族と遺伝子的に離れていくことに触れましたが、それでは、トルコ皇帝はどのように巨大な帝国を維持していたか、とくに大宰相について少し解説したいと思います。

 上記のブログで触れたスレイマン大帝(スレイマン1世)は、義弟でもあるイブラヒム・パシャを大宰相に抜擢しますが、イブラヒムは実はイスラームの生まれではありません。もちろん、いわゆるトルコ人でもない。

 Wikipedia英語版から引用すると、“Ibrahim, born a Christian, was enslaved during his youth. He and Suleiman became close friends as children. In 1523, Suleiman appointed Ibrahim as Grand Vizier to replace Piri Mehmed Pasha, who had been appointed in 1518 by Suleiman’s father, the preceding sultan Selim I.”とあります。

 イブラヒムの出身についてさらに触れると、“Ibrahim was a Greek born to Greek Orthodox Christian parents, in Parga, Epirus, Northern Greece, then part of the Republic of Venice.”、“He was the son of a sailor in Parga, and as a child, he was carried off by pirates and sold as a slave to the Manisa Palace in western Anatolia, where Ottoman crown princes (şehzade) were being educated”とあります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 北部ギリシャのパルガ(後にヴェネツイアの植民地化)生まれのギリシャ正教徒、それが海賊にさらわれ、奴隷として宮廷入りし、後の大帝スレイマン王子とお友達になって、やがては帝国の官僚のトップになる。数奇な運命です。

 なお、イブラヒムの前任者でセリム1世の大宰相であったPiri Mehmed Pashaはトルコ生まれのイスラーム教徒出身ですが、さらにその前任の大宰相Yunus PashaのEthnicityは“Unknown; of Christian origin”とあります。Wikipediaでは“It has been debated but never definitely resolved whether Yunus was of Greek, Pomak, Serbian, or Croatian origin”とあって、正確な出身地はわからないようです。

 さて、この“奴隷”というシステムは、オスマントルコの社会に深く組み込まれた社会的システムで、Wikipediaではとくに一項が立てられています(Slavery in the Ottoman Empire)。

 少し紹介すると、“Slavery in the Ottoman Empire was a legal and important part of the Ottoman Empire‘s economy and society until the slavery of peoples of the Caucasus was banned in the early 19th century, although slaves from other groups were allowed.”、“A member of the Ottoman slave class, called a kul in Turkish, could achieve high status. Harem guards and janissaries are some of the better known positions a slave could hold, but slaves were actually often at the forefront of Ottoman politics.

 The majority of officials in the Ottoman government were bought slaves, raised free, and integral to the success of the Ottoman Empire from the 14th century into the 19th. Many officials themselves owned a large number of slaves, although the Sultan himself owned by far the largest amount. By raising and specially training slaves as officials in palace schools such as Enderun, the Ottomans created administrators with intricate knowledge of government and fanatic loyalty.”

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 「奴隷制度はオスマン帝国では合法的で、かつ重要な社会システムであった」と堂々と記述されています。さらには、この奴隷たちから優秀な官僚を育てるため、学校まであるのです。

 なお、Yunus Pashaは奴隷とはまたちょっと異なるデヴシルメ制(“the devşirme system (taken from his family and converted to Islam in order to become an Ottoman bureaucrat/soldier)”でスカウトされたものです。

 このデヴシルメ制について、Wikipediaでは「「強制徴用」を意味する。アナトリア地方やバルカン地方に住むキリスト教徒の少年を定期的に強制徴用(デヴシルメ)し、イスラム教に改宗させて教育・訓練した。この制度は奴隷(マムルーク)を商人から買い、軍人化するイスラムの伝統の発展形で、デヴシルメ制によって徴用された者はスルタン個人の奴隷でもあった」と説明しています。

 いずれにせよ、オスマン・トルコでは、トルコ人民から遺伝子的に離れてしまっているかもしれない皇帝の元、これもまた異教徒出身の官僚たちによって支配されることもある(現在の“民族国家”の概念とは少なからず異なる)世界だったと言えるでしょう。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 さて、こうして“奴隷”という身分さえ厭わなければ、才能のある者は異教徒出身でも皇帝の側近になれる。あまりにも対照的に、家柄でしばられていたヨーロッパの知識人にとって、ある意味での理想かもしれない。これが中世イスラームの“帝国”の本質である、とも言えるかもしれません。

 逆に皇帝からすれば、自分の一存ですぐさま“首を切れる”官僚たちは、便利な存在かもしれません。背後に勢力を持ち、簡単には抹殺できない“貴族”よりも、異邦の生まれ、異教徒出身、頼るのはひとえに皇帝の恩顧のみの“大宰相”ならば、自分にとってまずいことはするはずがないかもしれません。

 イブラヒム・パシャを例に出せば、Wikipediaでは“He attained a level of authority and influence rivaled by only a handful of other grand viziers of the Empire, but in 1536, he was executed on Suleiman’s orders and his property was confiscated by the state.”、すなわち1536年、長年の友人であったはずのスレイマン1世の命令で殺され、財産は没収(結局、皇帝のふところに入る)になります。

 この背景には、「最初の遠征終了後の1536年にこの遠征の責任者だったイブラヒム・パシャは処刑されたが、決着を着けられなかったことが一因とも、増長したためスレイマン1世の不興を買ったとも、宮廷闘争に敗れたためともいわれているが、いずれも伝聞に過ぎず真相は不明」(Wikipedia日本語版)。

 一説には、自ら見いだしてスレイマンに献上したロクセラーナに疎まれてのこと、とも言われています。

 さて、“民族国家/国民国家”の誕生前、“外国人”でさえも重職につける。あるいは、外国人の軍隊に守ってもらう。これはヨーロッパの世界も常識でした。

 例えば、ルイ15世の統治初期、フランスの財政を破綻させたと言われる、真手形主義 や稀少価値論 を提えて、フランスの財務総監としてフランス初の紙幣を発行、そのあげく未曾有の大恐慌を引き起こしたジョン・ローはスコットランド人ですし、ルイの孫のルイ16世が最後に頼った財務長官ジャック・ネッケルはスイス人です(ネッケルも財政改革に失敗、それがルイ16世の致命傷になります)。そして、そのルイ16世のため、最後まで奮戦して、パリ市民に虐殺されるのがスイス人傭兵たちでした。

 ということで、次回はトルコ皇帝下での“兵士たち”ということにしましょう。

コメント:0

この記事にはコメントすることができません。

トラックバック:0

トラックバックURL
http://kg-sps.jp/blogs/takahata/2015/03/27/10639/trackback/
この記事へのトラックバック

まだトラックバックはありません。

プロフィール


高畑由起夫
◆研究分野:生態学、自然人類学、霊長類学 ◆研究内容:主な研究対象はニホンザルやチンパンジー、ワオキツネザル等ですが、潮間帯の巻貝類や水生昆虫、カラス等も調べたことがあります。霊長類学の視点で、近縁...

月別記事