2015年4月

日本と東西南北Part1:どこを南日本と、そしてどこを西日本と呼ぶか?

2015 4/7 総合政策学部の皆さんへ

 日頃、なにげに使う“東西南北”の方位、具体的な地域にどのように使われているか、意識されたことはありますか? というのが、本日の話題です。つまり、皆さんは“西日本”という言葉を聞いたら、どの範囲を連想するのか? “北日本”と言えば、どの地域か? ということです。

 例えば、全国各地に存在する企業に“新聞”があります。とくに全国紙をのぞくブロック紙、地方紙(第一県紙、第二県紙等)が狙い目です。例えば、“南日本新聞”と言えば、どの地区をカバーするのか? これは鹿児島県の地方新聞なのですね。それでは、“西日本新聞”は? これは福岡県を中心としたブロック紙です。

 それでは、“北日本新聞”はどこか? 想像がつきますか? 北海道でも東北でもありません。富山県の県紙なのです。よく似た名前に“北國新聞”がありますが、これは石川県の県紙です。

 最後に“東日本新聞”は? とWebで探すと、東京都豊島区上池袋3丁目20-18に東日本新聞社という会社があるようですが、実態がよくわかりません。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 それでは銀行は? “南日本銀行”はやはり鹿児島県の第二地方銀行でした。それでは、“北日本銀行”はどこにあるでしょう? これが岩手県の第二地方銀行なんですね。

 一方、“西日本銀行”はめでたく福岡県博多に本店がある地方銀行でしたが、その後福岡シティ銀行を合併して、現在は西日本シティ銀行となっているそうです。そして、“東日本銀行”は、これはやはり東京本店の第二地方銀行とのことです。ちなみにこの東日本銀行ですが、無尽講からの出発らしく、以下の変遷をたどります(Wikipeidia)。

1924年:茨城県水戸市に、常磐無尽株式会社を設立
1951年:商号を株式会社常磐相互銀行に変更
1952年:本店を東京都千代田区飯田町に移転
1973年:商号を株式会社ときわ相互銀行に変更する。
1989年:金融機関の合併及び転換に関する法律に基づく認可によって普通銀行に転換し、商号を株式会社東日本銀行に変更
2001年:破綻した新潟中央銀行の営業を一部譲り受ける。
2014年:横浜銀行との経営統合を発表。

 金融業界に就職されたい方は、是非、こうした銀行の変転などを勉強して下さいね。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 さて、前節で見たように、日本の地域と方位にはある程度の共通理解があると言えるかもしれません。すなわち、

 南日本は基本的に鹿児島である(ということは「琉球/沖縄は日本とは別国である」という、江戸時代の薩摩藩による琉球国支配での建前に基づいているとも言えそうです)。ちなみに、南日本新聞社は1881年の創立当初は“鹿児島新聞”と称して、1942年国策(戦時下ですね)によって鹿児島朝日新聞社と合併、“鹿児島日報社”となり、それが1946年南日本新聞社と改名される(当時、沖縄は米軍の完全な占領下)。

 それでは南日本銀行はというと、1913年に 同仁貯金合資会社として設立、1951年相互銀行法施行に伴い株式会社旭相互銀行に商号変更、1989年に 普通銀行へ転換し、株式会社南日本銀行に商号変更となります。

 上記の東日本銀行でもそうですが、商号変更はなかなか興味深いものがある、と思いませんか? 最初はそれぞれ具体的な名前で出発しながら、成長にともない商号を変更、とくに合併や法律施行、そして(とくに第二次大戦下の)国策等(=安倍現首相のじいさん、昭和の妖怪こと当時の革新官僚トップ岸信介が辣腕をふるったわけですが)をきっかけにより包括的な名前を採用する際に、“方位”を使って自らを定義づける=それが日本人の地域感を形作っていく。立派な民俗学的研究とも言えそうですし、商号の変遷を考えるとビジネス=商学的な研究とも言えそうです。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 一方、西日本は福岡を中心とした北九州一帯(西日本新聞社のエリア;山口県は含まない)ということになるかもしれません。なんだか、邪馬台国北九州説のようです。その西日本新聞の変遷では

1877年:「筑紫新聞」創刊(西南戦争と同じ年ですね)
1878年:「めさまし新聞」創刊。
1879年:「めさまし新聞」が「筑紫新報」に改題。
1880年:「筑紫新聞」と「筑紫新報」が合併して「福岡日日新聞」創刊。
1887年:「福陵新報」創刊。
1898年:「福陵新報」、「九州日報」と改称。
1931年:「西日本新聞連盟」結成(福岡日日新聞が盟主、他に関門毎夕新聞、佐賀日報、長崎民友新聞、佐世保民友新聞、九州日日新聞もしくは九州新聞のいずれか一方、大分日報、日州新聞及び鹿児島毎日新聞)。
1940年:「九州日報」、旧読売新聞社の経営に移る。
1943年: 新聞統制により福岡日日新聞合資会社と株式会社九州日報社が福岡日日を実質の存続会社として合併、西日本新聞社発足。
1950年:中部日本新聞社(現・中日新聞社)、北海道新聞社と「新聞3社連合」(現在の「ブロック紙3社連合」)創設。

 ということで、なかなか蘊蓄がある結果です。

 それでは、このあたりでto be continued・・・・としましょう。

プロフィール


高畑由起夫
◆研究分野:生態学、自然人類学、霊長類学 ◆研究内容:主な研究対象はニホンザルやチンパンジー、ワオキツネザル等ですが、潮間帯の巻貝類や水生昆虫、カラス等も調べたことがあります。霊長類学の視点で、近縁...