オスマン朝とイエニチェリ:国際帝国の本質について#5

2015 5/4 総合政策学部の皆さんへ

 #4ではオスマン朝の皇帝たちを支えた大宰相たちが必ずしも“トルコ人”ではなかった、という話をしましたが、次は、オスマン朝の最強軍団、イエニチェリです。このイェニは「新しい」を、チェリは「兵隊」を意味するトルコ語ということで、「新軍」というわけですね。

 従来のトルコ兵ではない、皇帝直属の軍隊、つまりは絶対王政の象徴とも言うべき存在です。徳川家でいえば“旗本”にあたるかもしれませんが、古来、皇帝や王は直属の親衛隊を持っていました。古くはローマ皇帝を支えたプラエトリアニです。

 ローマ帝国の実質的な創設者ジュリアス・シーザーの場合、彼が率いる軍隊はローマ軍団として、マリウスによる志願兵制度によってパトローン=クライエント関係が生じていたとはいえ、あくまでも公的軍隊が建前です。それが、シーザーの甥(養子)で初代皇帝アウグストゥスが就任時、外地の属州配置の軍団と別に、イタリア半島内に駐屯する親衛隊を創って、自らの直属とします。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 オスマン朝でも、始祖とされるオスマン1世がその父エルトゥールルから受け継いだ兵力は、「遊牧を送っていたことを伝えていたり、一方ではキリスト教徒出身者まで含む多様な出自の戦士たちからなる軍事集団となっていたことを窺わせる記述があることから古来、オスマン朝の起源を血縁を紐帯としたトルコ系遊牧部族であったとする説と多様な出自からなるガーズィー(Ghazi;ジハードに従事する戦士)であったとする説があり論争になってきた」とされています。

  この背景には、小さな一民族社会から発展する際、他のイスラム国家を模範にムラト1世(第3代皇帝、1319年もしくは1326年~1389年;在位は1360年頃~1389年)が組織再編を行ったことにあるそうです。その一つが常備軍イエニチェリで、「ムラトが征服地のキリスト教徒を徴用したものが起源とされている」(Wikipedia)。

 自民族ならば、報酬に土地等をあたえ、貴族化してやった挙句に、己の首までかかれかねない。それならば、皇帝の一存で言うことを聞く(はずの)奴隷たちを、(当然、異教徒・異民族ですから)改宗させ、幼い頃からたたき込み、軍人に仕立て上げる。 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 こうしてオスマン朝の基本構造にまで組み込まれた奴隷制度は、やがて、「1360年代のトラキア征服中に施行されたペンチッ制度がイェニチェリを徴収するデウシルメ制度の基と」なり、戦争で獲得した捕虜の約5分の1が皇帝の下に送られ、常備軍に組み込まれていったというわけです。

 常備軍、ルネサンス期の政治思想家マキャヴェッリが夢想し、実践し、そして挫折するスタイルですが、実は、「近代ヨーロッパで最初の常備軍となったのは、帝政ロシアにおける「ストレリツィ」(銃兵隊)であった。オスマン帝国のイェニチェリをモデルにそれまでのモンゴル・タタール式の士族軍にかわる軍隊として創設され、16世紀から18世紀初頭までおかれた。他にプロイセン王国の常備軍が知られている」(Wikipedia)。

 そして、「徴兵制による常備軍の創設は、17世紀のスウェーデン(バルト帝国)の陸軍で、軍事史における軍事改革の画期的な成果の一つであるとされている」。

 なお、このイエニチェリは「君主直属の主力軍団として原則的に首都イスタンブルにある兵営に住まわされ、また妻帯することを禁じられるが、同時に高い俸給を与えられ、免税など様々な特権を享受した」。

 妻帯できない、つまり子供がない。彼ら自身は再生産できないので、新たな補充は新たな奴隷で補われる。すごいシステムですね。戦争に勝つ手段は、絶え間ない戦略によって調達される奴隷たちで埋め合わされる。究極の軍事国家体制といえるかもしれません。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 いずれにしても、この非トルコ人・異教徒出身のイエニチェリは強かった(なにしろ、戦争しかしない人たちなのですから。そして、なおかつ、信用できない傭兵ではない)。

 そして、皇帝とも“親しい”、なにしろ、どちらも非トルコ人の遺伝子を引き継いでるわけです。

 彼らは「君主と食事を共にする特権を持ち、野戦で使用される大きな鍋とスプーンをシンボルとしていた」。「イェニチェリの営舎には大きな鍋が置かれ、反乱をおこすときは鍋をひっくり返した。「なべをひっくりかえす」と言う言葉はトルコでは大騒ぎや反乱という意味とされる」とのことです(Wikpedia)。

コメント:0

この記事にはコメントすることができません。

トラックバック:0

トラックバックURL
http://kg-sps.jp/blogs/takahata/2015/05/05/10726/trackback/
この記事へのトラックバック

まだトラックバックはありません。

プロフィール


高畑由起夫
◆研究分野:生態学、自然人類学、霊長類学 ◆研究内容:主な研究対象はニホンザルやチンパンジー、ワオキツネザル等ですが、潮間帯の巻貝類や水生昆虫、カラス等も調べたことがあります。霊長類学の視点で、近縁...