近代化の象徴としての“帽子”、あるいは帽子屋の憂鬱:ファッションの人類学Part12

2017 11/23 総合政策学部の皆さんへ 日本に帽子がいつ入ってきたか? 皆さん、考えたことはありますか? 例によって、(あまり信用しすぎてはいけないが、一方ではひどく便利な)Wikipediaをひもとくと、「日本では、明治4年8月9日(1871年9月23日)の散髪脱刀令(いわゆる断髪令)により髷を結う男性が激減し、代わって帽子が急速に普及した。西洋から来た帽子は「シャッポ」「シャポー」などと呼ばれ、「和服にシャッポ」というスタイルで男性に普及した(後に洋服も普及)」とあります。

 この「和服にシャッポ」というところがミソですね。一度、小学校の卒業写真を時代を追ってWebで調べた事がありますが、日本の小学生にどのように“洋装”が入ってきたか? それは“頭”、すなわち学帽からなのです。

 例えば、港区教育委員会 デジタル港区教育史の「目で見る港区の教育のあゆみ」には、「卒業記念写真(明治21 桜川小学校)」(https://trc-adeac.trc.co.jp/Html/image/1310305200/1310305200100230/k004-1.jpg)が載っていますが、男の子は全員学帽をかぶり、かつ和服です。残念ながら男の子の足下はわかりませんが、写真前列の女子生徒は全員下駄のようです。ちなみに、男の子は学帽=近代化の象徴をかぶりながら、女子生徒は全員丸髷のようです。こんなところにも近代化における男女差がでてきます(これは先生方も々で、男性教員が洋装なのに対して、初期の女性教員はたいてい和装です)。

 このようにして学帽 ⇒ 制服・靴、さらに男性教員 ⇒ 男子児童 ⇒ 女性教員 ⇒ 女子児童の順に服装が変わっていく=これが日本の教育現場の近代化をめぐる一景です。さらには、その学帽や制服、靴を生産する企業の勃興となれば、いくらでもレポートのネタはあるはずです。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 さて、Wikipediaの「学生帽」には「学生帽を最初に導入した例としては、開成学校が、1873年(明治6年)に制定したことが挙げられる。大学の角帽は東京大学(旧制)が1886年(明治19年)に定めたのが始まりと伝えられている」とありますから、上記桜川小学校の明治21年の卒業式は、かなり早い展開とも思われますし、さすがは東京港区とも言えます。

 なお、小学校での洋装化は都市部で急速に進み、同じ「目で見る港区の教育のあゆみ」に掲載の「水飲み場(明治40 本村小学校)」では、女子生徒に洋装かつ靴が普及していることがわかります。

 こうして、学帽は一般的なものとなり、私の子供の頃まで連載されていた横山隆一の新聞連載マンガ「フクチャン」の主人公は最初、「江戸っ子健ちゃん」のフク主人公だったものの、「着物に下駄、大きな学生帽という容姿の幼い男の子で、やがて主人公の健ちゃんよりも人気が出たため、改題のうえ、フクちゃんを主人公に昇格させた」「フクちゃんは元々、学生帽を被っていなかった。前作『江戸っ子健ちゃん』の初期、大学受験のために健ちゃん宅に居候していた「チカスケ」という登場人物が、合格するために自分を追い込むつもりで先に学生帽を買ったが受験に失敗し、進学を断念して帰郷することになったため、フクちゃんがそれを譲り受けて以来、トレードマークになったものである」というストーリーになっています。少なくとも、当時の新聞読者にとって、学帽をめぐるこうした展開はごくあたりまえのこととしてうけとられていたわけです。

 ところで、私にとって「帽子屋」と言えばつい思い出すのが、20世紀初頭のイギリスのベストセラー作家アーチボルド・ジョゼフ・クローニンの出世作『帽子屋の城』です。ただし、何しろ中学時代に読んだっきりですから、利己的な主人公(=帽子屋)とその一家がやがて悲惨な人生をそれぞれたどっていくという陰惨な印象しか残っていません。
 そしてもう一つは、言うまでもなく、皆さんご存じの『不思議の国のアリス』の「狂ったお茶会」に登場するいかれ帽子屋( The Mad Hatter)ですね。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 帽子の普及は当然、帽子屋あるいは帽子屋産業の勃興をともないました。ところが、その帽子が、近年、生産数が落ち目になっている。例えば、大阪府が平成12年に出しているpdf資料では「帽子屋業界の構造」として、「全国の帽子業界の規模をみると、平成9年で事業所数301、従業者数3,299人、製造品出荷額等313億71百万円となっている(通商産業省『工業統計表』、従業者数4人以上の事業所)。近年の推移をみると、事業所数、製造品出荷額等は7年にピークをつけており、9年は7年に比べ、それぞれ9.9%減、19.3%減となっている。5年と比べても、1.0%減、5.7%減となっている。このように帽子製造業は、事業所数、製造品出荷額等ともに減少及び低落傾向で推移している」とあります。

 こうして日本の近代化の一側面として発展してきた帽子が、いまどんな状態にあり、また、今後どうなっていくのか、そのあたりをしばらく見ていくことにします。

 to be continued ・・・・・・

コメント:0

この記事にはコメントすることができません。

プロフィール


高畑由起夫
◆研究分野:生態学、自然人類学、霊長類学 ◆研究内容:主な研究対象はニホンザルやチンパンジー、ワオキツネザル等ですが、潮間帯の巻貝類や水生昆虫、カラス等も調べたことがあります。霊長類学の視点で、近縁...