キプロスにとって、国王ジャック2世の嫁選び=配偶者選択は良い結果をもたらしたのか? 『ルネサンスの女たち』補遺

2018 1/20 総合政策学部の皆さんへ

 タイトルを目にして、「あの話か」と気付いた方には「西洋史の素養が十分にお持ちの方」と認定したいところですが、塩野七生の出世作『ルネサンスの女たち』の中で、もっとも主体性に乏しい印象が漂う“ベネツィア女”のカテリーナ・コルナーロにまつわるストーリーです。

 カテリーナの夫、キプロス王ジャック2世はカテリーナとの婚姻で強国ヴェネツィアからのバックアップを期待しますが、1年にも満たない新婚生活のあとで急死します。生まれた男子ジャック3世も1歳で死んだあと、カテリーナは数奇な運命に翻弄されていきます。結局のところ、キプロスはヴェネツィアに植民地として併合されるという亡国への道を歩みます。

 ところで、こうした“王様”の配偶者選択の妙手が、皆さんよくご存じのハプスブルグ家、婚姻による領土獲得に邁進し、「戦争は他家に任せておけ。幸いなオーストリアよ、汝は結婚せよ」と詠われます。が、その話はあとにとっておいて・・・・

 さて、ジャック2世(1438/39/40~1473)に話を戻して、彼はキプロス王、名目上のエルサレム王、キリキア・アルメニア王(在位1464~1473)を兼ね、あだなを私生児ジャック(Jacques le bâtard)。ここからおわかりのように、先王ジャン2世が愛妾マリエット・ド・パトラに産ませた庶子です。そのためか、Wikipediaでも生年が1438~1440とはっきりしません。キリスト教社会では、嫡出子(=カトリックの教義における七つの秘蹟の一つ、婚姻の秘跡に祝福された正妻から生まれた子供)以外は、正式な相続はできない=「たてまえ」になっています。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 この庶子は、しかし、父親ジャン2世はかわいがられます。といっても、王としてのたてまえ上、王位につけるわけにはいかず、「1456年には16歳のジャックにニコシア大司教の聖職」を授けます。「お前は俗界での出世を望めぬ以上、聖界の上位で満足してくれ」というわけです。一方で、ジャン2世の正妻エレニ・パレオロギナ(姓からわかるとおり、東ローマ皇帝パレオロガス家出身、皇帝ヨハネス8世の姪)には憎まれ、「母マリエットは王妃に鼻を削がれるなど、迫害を受けた」とのことです。まるで絵に描くような王家の家族内対立です。

 ところで、正妻エレニには嫡出子であるが、娘のシャルロット・ド・リュジニャンがいました。ジャックにとっては異母妹にあたります。ここキプロスでは、女性が王位を継げないサリカ法典があるゲルマン民族と違い、ジャン2世の死後、14歳のシャルロットが王位を継ぐことになります。しかし、その治世は「最初から困難な状況に置かれた。後ろ楯が無く幼い女性統治者の王位の正統性は、王位を狙う庶兄のニコシア大司教ジャックからの挑戦を受けた。1459年10月4日、シャルロットは従兄にあたるジュネーヴ伯ルイ・ド・サヴォワと再婚した。この縁組は、大司教派と争うシャルロット女王派への支持を約束したジェノヴァ共和国がお膳立てしたものだった」(Wikipedia)。

 しかし、「1460年、エジプト・マムルーク朝のスルタン・アシュラフ・イーナールの支援を受けた大司教ジャックの軍勢は、ファマグスタおよびニコシアの制圧に成功した。シャルロットは夫ルイとともに続く3年間、キレニア城での籠城を余儀なくされた。女王夫妻は1463年に城を出てローマに亡命し、大司教がジャック2世として王位に就いた」(Wikipedia)。ここまで出てきた外国権力は東ローマジェノバ、そしてマムルーク朝を数え、この小国キプロスがその地政学的位置によって他国の勢力のバランスの上にかろうじてなりたっていることを示唆させます。

 ということで、本日のテーマは、(1)有力国の影響に苛まされる小国の運命、(2)女性が王権をつげるかどうかという男女同権の話(法的には、サリカ法典的解釈の妥当性)、(3)嫡出子と非嫡出子の関係(財産相続と管理権)、それに(4)小国ゆえの合従連衡を図れば、どこから配偶者を迎えるかという婚姻政策もからんで、思いのほか複雑だと思っていただければ幸いです。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 そこでジャック2世が頼ったのは、もう一つの有力国、ヴェネツィア共和国というわけです。もちろん、婚姻政策=政略結婚です。ヴェネツイアからの援助をあてこみ、1468年7月30日に14歳のヴェネツィア門閥貴族の娘カタリーナ・コルナーロと代理結婚式を挙げたあと、4年も待たせてから、1472年にキプロスのファマグスタにおいて正式の婚礼をあげます。

 このあたりの呼吸はわかりますか? 異母兄妹間の嫡出性をめぐる争いが(当然、政治と宗教と文化がからまっています)、ジェノバとヴェネツィアという当時イタリアの2大海洋王国の“代理戦争”の様態に変化していくわけです。もちろん、両海洋王国にとって、キプロスは通商上、重要な拠点になりうる。そこには、後年の“民族国家”の概念はみじんもなく、そこに生きている人たちの意思を確認する気さえない、わけです(一方に肩入れするにも、“金”がかかるわけで、当然、その見返りを考えないわけはない)。

 そして、結婚の数か月後、1473年にジャック2世はなんと急死してします。「一説によると、彼の死はヴェネツィア共和国のスパイ(おそらくカタリーナの叔父)による毒殺だった疑いがある」(Wikipedia)。あっと驚くべき展開なのですが、ジャックの死がヴェネツイアの陰謀であるかどうかは別にして、残された新婦カテリーナが妊娠中であることを奇貨として、ヴェネツィアはカテリーナの権力維持に腐心します(すでに、あわよくばこのままキプロス乗っ取りをめざしていたにちがいありません)。せっかく生まれたジャック3世ですが、こちらも戴冠して1年後に幼くして死にます。すると今度はカテリーナを女王の座につけて、陰謀をはりめぐらします。そのあたりは、是非、『ルネサンスの女たち』をご覧下さい。

 こうした一連の(昼ドラさながらの)過程を経て、カタリーナは1474~1489年にかけて女王として治めたのち、故国ヴェネツイアに王国を譲渡する形でキプロスを去ります。「2月14日に、黒いドレスをまとった女王は男爵や侍女らに付き添われつつ、馬に乗って王宮を離れた。6名の騎士が女王の騎馬の手綱をとっていた。王都ニコシアを去るときの女王の目には涙が溢れていた。すべての民草が女王との別れを惜しんで嘆き悲しんだ」(Wikipeida;原文はThe chronicle of George Boustronios, 1456-1489)。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 よかれと思って実行した政略結婚が、かえって故国の主権を失う事態を招く。これはデーン人の侵略に耐えかねて、ノルマンディー公国との婚姻政策をすすめながら、それが1066年のノルマン・コンクエストの遠因となってしまうイングランド王エゼルレッド2世無思慮王にも比すべき政治的失敗かもしれません。

コメント:0

この記事にはコメントすることができません。

トラックバック:0

トラックバックURL
http://kg-sps.jp/blogs/takahata/2018/01/20/12004/trackback/
この記事へのトラックバック

まだトラックバックはありません。

プロフィール


高畑由起夫
◆研究分野:生態学、自然人類学、霊長類学 ◆研究内容:主な研究対象はニホンザルやチンパンジー、ワオキツネザル等ですが、潮間帯の巻貝類や水生昆虫、カラス等も調べたことがあります。霊長類学の視点で、近縁...