保守と革新:“革新官僚”とは誰のことか?

2018 9/29 総合政策学部の皆様へ

 最近、「自民党や維新の会は新しいことをやろうとしているので“革新”では?」、そして「共産党などは現状を守ろうとするので“保守”では?」という話題がささやかれているとのことですが(「「自民党こそリベラルで革新的」——20代の「保守・リベラル」観はこんなに変わってきている」https://www.businessinsider.jp/post-106486)、ことほどさように我々は、“保守”だとか、“革新”だと、あるいは“リベラル”等という、自分たちが使っている言葉の意味をあまり深く考えもせず、発していることが多いようです。

 というのも、かつて(今から80年ほど前には)、“革新官僚”と言えば、「1937年に内閣調査局を前身とする企画庁が、日中戦争の全面化に伴って資源局と合同して企画院に改編された際、同院を拠点として戦時統制経済の実現を図った官僚層のことをさす。のちに国家総動員法などの総動員計画の作成に当たった」(Wikipedia)だったわけで、大陸に対する軍事的傾斜を支えるべく、かつ万一、英、米、ソ連との総力戦に突入した場合に備え、国家体制を整えることに邁進することこそ“革新官僚”だったわけです。その点では“革新”というは“相対的”評価であり、「現状と異なることにもっていきたい」ぐらいの意味でしかないかもしれません。問題は「どの方向に、現状を変えたいのか?」ということにほかならないはずなのですが。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 それはさておき、昭和初期、つまり日中戦争から第2次世界大戦に突入しようという時期、どなたがその“革新官僚”の筆頭だったかと言えば、なにを隠そう、安部現首相の祖父、岸信介こそ、その巨魁にほかなりません。そして彼らは来るべき世界大戦で予想される総力戦に突入すべく、国家総動員のモデルとしたのが「ソ連の計画経済であり、秘密裡にはマルクス主義が研究されていた。現に革新官僚たちはソ連の五カ年計画方式を導入した」(Wikipedia)とされています。

 こうした流れをめざとくも読みとったのは、このブログでしばしば触れてきた阪急の実質的創設者にして、関学の上ヶ原移転でお世話になった小林一三(当時、近衛内閣の商工大臣)にほかならず、「あれはアカの発想である。役人の間にアカがいる」と主張、企画院事件によって部下の商工省事務次官の岸の首をとりますが、その後、自らも辞任に追い込まれます。

 さて、その「国家総動員」と「5ヵ年計画」の関係については、岸自身に語ってもらいましょう(出典は『岸信介の回想』講談社学術文庫版)。

岸:(ソ連の第一次5ヵ年を)初めて知った時には、ある程度のショックを受けましたね。今までわれわれのなじんでいる自由経済とはまったく違うものだし、目標を定めて、それを達成しようという意欲というか考え方に脅威を感じたことを覚えている。しかし果たしてああいうものが計画どおりにゆくものかどうかということに対しては、一つの疑問はもっていた。(こちらも革新官僚である)吉野さんはなどははっきりしていて、こんなものはできるはずがない、と吐き捨てるように言っていた。
矢次食事をする会だったかで、吉野さんはロシアの第一次五ヵ年計画を知って、ソ連は恐るに足りない、成功する可能性はない。しかしこれを俺にやらせてくれれば、必ず大成功させてみるがねと言っていたことがある(笑)。

 この吉野の豪語こそは、“官僚”としての矜持というものでしょう。そして、統制経済とは、当時の常識からすればまさに“革新”的発想だったわけです。とは言え、「ソ連恐るに足らず」とは官僚として判断力不足だったかもしれません(そのあたりは、例えば、第2次世界大戦時のソ連の戦車T-34と、日本軍の最新の主力戦車としての一式中戦車を比較すれば歴然としています)。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 さて、こうした事情を見ると、Wikipediaに“革新官僚”としてリストアップされた方々の、戦中から戦後にかけての履歴=末路はにわかに濃い陰影を帯びてきます。例えば、以下の方々は戦後になるといわゆる左派=社会主義者系として活動しており、「アカの思想だ」と喝破した逸翁こと小林一三の予言通りと言えなくもありません。

和田博雄:第1次吉田内閣で農林大臣、片山内閣で経済安定本部総務長官、物価庁長官、左派社会党政策審議会長・書記長、日本社会党政策審議会長・国際局長・副委員長
勝間田清一:1947年に社会党から立候補して衆議院議員当選、のち日本社会党委員長
帆足計:1947年、東京都選挙区から無所属で参議院議員立候補、当選。のち社会党から衆議院議員

 一方、同じ“革新官僚”ながら、自民党に続く保守政党に属し、1946年に国家総動員法が廃止されるもそののちのいわゆる1955年体制をになった方々としては、
岸信介(商工省時代は、下記吉野の部下、そして椎名の上司)
吉野信次:公職追放後、参院当選、鳩山内閣の運輸大臣。大正デモクラシーで著明な吉野作造の弟。
椎名悦三郎:商工次官から、戦後は自民党代議士、内閣官房長官、通商産業大臣、外務大臣等。
高村坂彦:衆院議員から徳山市長を経て、再び衆院議員(元外務大臣の高村正彦は4男)

 さらに、戦争から敗戦を経て、不幸な道筋(暗殺あるいは挫折)をたどった者として、

永田鉄山:陸軍省軍務局長(陸軍少将)在任中、統制派と皇道派の抗争で相沢三郎陸軍中佐に暗殺されます。
白鳥敏夫:イタリア大使として三国同盟締結にかかわるも、敗戦後、A級戦犯として指定を受けた。巣鴨拘置所に終身禁固刑の判決が下るも、病死。

 こうしてみると、人生のある時期、“革新”という言葉でくくられても、その行く末は定かならず、様々な道行きがあるというべきかもしれません。その岸ですが、実は、東京裁判での(結局不起訴とはなるにせよ)A級戦犯被疑者から釈放されたのち、いったんは日本社会党に入党しようとします(党内からの反対で、結局、自由党に入党)。このあたりも“革新”者がこれからの道筋を選ぼうとする際の迷いのようなものを感じさせないわけでもありません。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 さて、戦前に資本主義リベラリストの小林一三が「アカ」だと評した革新官僚の一人、正木千冬は戦後の回想で「ナチスの社会経済機構なんか研究してみたり、経済統制を強化するという線で提言してみたり、いまになってみれば本当に左翼的な立場で戦争を批判していたのか、あのような資本主義の生ぬるい戦争経済じゃ駄目だから、もっと戦時統制を強化しようという促進のほうに向いていたか、はっきりしません」と漏らします。

 そして、「統制経済というのは、一歩ひっくり返せば社会主義経済に繋がりますからね」との質問に、「そう、その時分、紙一重です。迫水(迫水久常)にしても毛里(毛里英於菟)にしても、その時分の革新官僚の連中は、ほとんど紙一重ですよ。ナチス的とも言えるし、社会主義的とも言えるし、真からの資本主義を信仰していないという点で言えば、彼らもアカだったと言えるでしょう。私もそこにいたんです」と回想しているとのこと(Wikipedia)。

 しかし、こちらの方の議論でも、統制経済/計画経済はあえなくアメリカ合衆国の“資本主義”に圧倒されてしまうわけです(そのあたりは、森本忠夫『マクロ経済から見た太平洋戦争』[PHP新書]をご覧下さい)。

 こうした経緯を振り返れば、皆さんも、“保守”vs.“革新”だとか、“右翼”vs.“左翼”などのレッテル貼りを簡単に信じてはいけない、と思いませんか?

コメント:0

この記事にはコメントすることができません。

トラックバック:0

トラックバックURL
http://kg-sps.jp/blogs/takahata/2018/09/29/12782/trackback/
この記事へのトラックバック

まだトラックバックはありません。

プロフィール


高畑由起夫
◆研究分野:生態学、自然人類学、霊長類学 ◆研究内容:主な研究対象はニホンザルやチンパンジー、ワオキツネザル等ですが、潮間帯の巻貝類や水生昆虫、カラス等も調べたことがあります。霊長類学の視点で、近縁...