2020年5月

「老い」を考える1:ヒトとヒト以外の生き物を比べるとPart 1

2020 5/28 総合政策学部の皆さんへ

 今回のテーマは「老い」です。その中でも、他の生き物と比較した際にとりわけユニークなヒトの「老い」が持つ特徴、ということになります。わかっていただけますか?

 例えば、私が大学生だった頃にちょっとかじった水生昆虫の中でも、カゲロウトビケラカワゲラの仲間はいわゆる成虫期が著しく短いことで知られています。カゲロウは幼虫期を河川等の水中ですごしますが、それは半年~1年に及びます。一方、孵化して成虫になると、異性個体を探して交尾をし、産卵すると死にます。

 この成虫期のあまりの短さは学名にも反映され、カゲロウ目の学名はEphemeropteraですが、前半のephemera の「原義は epi = on, hemera = day (その日1日)で、カゲロウの寿命の短さに由来する」、つまり1日限りの命ということで(Wikipedia)。まさに“陽炎(かげろう)”に通じるはかなさです。

 しかし、よく考えてみると、成虫になるのは人生の数百分の1の間だけですから、ほとんどの人生は“幼虫期”、つまりコドモとして過ごす(この場合、コドモとは「性的に成熟していない時期」とほぼ同義)。一方で、成虫期はほとんど“性”にかかわるだけであり、かつ交尾・産卵(=次世代の再生産)が済めば、あとは死ぬしかない。彼らにとって大人とは、生と性と死が凝縮した1日になります。したがって、この世界に老いはほとんど存在しないのです。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 もちろん、生態学の目線からは、繁殖と生を終えた彼らにも、果たすべき使命がまだ残っています。それは川の中の魚等の餌になることです。生態学でいう食物連鎖のピースとして、自分にとっても、また子供たちにとっても無用になった身体を他の生物の餌として捧げる(もちろん、意思があってそうしているわけではさらさらなく、ただそういう宿命をたんたんとこなしているだけなのですが)。

 そうした光景は、例えば、コミック『ヴィンランド・サガ』に登場する飲んだくれの修道士ヴィリバルドが、クヌート(のちのクヌート1世)に「あなたが愛と思っていたものは差別に過ぎない」と断じて、欲望の果てに戦死した者たちの死体がやがて他の生き物の糧になっていく様を指して「あれこそ[真実の愛です」と教えるくだりそのままです。

 もっとも、世の中にはさらに“悪い奴ら”がいます。そのカゲロウを模して、疑似餌(Fly)を作って、魚をだましたりします(=フライ・フィッシングのことで、もちろん、我々人間の業なのですが)。

 そういえば、昔、サマセット・モームの『作家の手帳』を読んでいたら、「彼はマス釣りが趣味なので、ポケットにいつもハエを入れていた」という一文に出くわして、よくわからなかった記憶があるのですが、もちろんこれはfly(毛バリ)をハエと誤訳していたのでした。皆さんも翻訳には注意しましょう。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 それにしても「老い」とは何でしょう? Part2以降で詳しく説明したいと思いますが、それは「次世代の再生産が終わってもまだ生きている時期」が該当するでしょう。そうした老人が社会においてどのような処遇を受けているか? これが文化人類学が長く関心をよせたテーマの一つです。

 それでは、「老人」とは何歳からか? 皆さんはどう思いますか? (チコちゃんに叱られないように)日本では8世紀の養老律令が「61を老と為よ」と明記しています(令巻第4・戸令第8の6)。律令では近親者/近所の者に老齢者の扶養義務を課しますが、その対象は61歳以上で妻のない者、50歳以上で夫のいない者、61歳で子のない者、および66歳以上の老人(耆老)等です。律令時代、すでに老人介護が問題として取り上げられていたわけです。

 その一方で、律令での規定とまったく対照的な言説が“姥捨て伝説”です。Wikipediaでは「姥捨ての実際については、はっきりしたことは分かっていない。少なくとも古代から現代に至るまで、姥捨てやそれに類する法令などが日本国内にあったという公的記録はないが、民間伝承や姥捨て由来の地名が各地に残っている」としています。そんな言い伝えを巧みにフィクション化した作品に深沢七郎の小説『楢山節考』(1957)が有名です。近年では、ネイティブ・アメリカンの口承を小説化した『二人の老女』等があげられます(ウオーリス、1995)。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 このように、老いは死に結び付いて考えられてきました。死をめぐる諸現象も民族・文化ごとに多様ですが、死者を社会的に「この世」から「あの世」に送り出す「社会的装置」が存在することは、全世界的に共通です。人生最後の通過儀礼としての葬制埋葬は、ネアンデルタール人から始まったと言われていますが、時代が進むにつれて儒教のような精緻な祖霊儀式を産みます。やがて死は公的色彩をおび、葬制が逆に社会を創り出すことにもなる。それが中世ヨーロッパの「兄弟団」だったり(阿部、1983)、アフリカの都市スラムでの民族共同体の形成です(松田、1996)。これらはヒトにこそ見られる特徴です。
 それでは、ヒト以外の霊長類について、こうしたヒトの「老い」や「死」に結び付く道筋をどこまでたどることができるのでしょうか? これが霊長類学の一つの課題だったのですが、to be continuedとします。

ビゴーの絵をもとに、日本の近代化を学ぼう!

2020 5/18 総合政策学部の皆さんへ

 その昔、ジョルジュ・フェルディナン・ビゴー(Georges Ferdinand Bigot, 1860~1927)という画家がいました。生まれはフランス、1882~1889年に日本に滞在、“優れた”風刺漫画を描き残します。

 この“優れた”とは、人類学的目線=「他者からの視点で、己の真実を知る」作品を意味していると思って下さい。ノーベル賞作家スタインベックの親友にして、傑作『キャナリー・ロウ』の主人公ドックのモデルにして海洋生態学者のE・リケッツが裁判沙汰に巻き込まれ、裁判所での審判の帰りにスタインベックに言った「みんな真実を憎んでいるんだ!」というセリフにあるように、本当はみんな気づきたくない己の真実の姿(それはギリシャ悲劇の登場人物メドゥーサの顔=「宝石のように輝く目を持ち、見たものを石に変える能力を持つ」(Wikipedia)のようなものですが)、それを示してくれる傑作というべきでしょう。

 もちろん、ビゴーによって「西洋人の目線から見た日本人の姿」を突き付けられた日本人にとって、それはあまり楽しいものではないかもしれません(もちろん、我々自身も、真実が嫌いなのです。真実を突き付けられた者は、私でもあなたでも、それがまるでメデューサの首であるかのように、視線を避けてしまう。あるいは、トランプ君のように怒り出す!!)。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 それではWebでビゴーの絵を鑑賞できる手軽なサイトを探してみましょう。

 なかなかきちんとした紹介が見つからなかったのですが、川崎市民ミュージアムの「漫画コレクション」(http://kawasaki.iri-project.org/)に「『TOBAE』トバエ(第二次)ジョルジュ・ビゴー」というページがあり、ここにビゴーの主著の一つ『TOBAE』のNo.1、No.3~18、そしてNo.21が載っています。

 なお、解説文ではTOBAEとは「1887(明治20)年2月15日、ジョルジュ・ビゴー(Georges Bigot)が、横浜居留地で創刊した月2回刊行の時局諷刺漫画雑誌。チャールズ・ワーグマンの『ジャパン・パンチ』のあとをうけて、居留外国人に人気を博した。全号の表紙にピエロ姿のビゴー像が描かれている。月2回刊行で、3年弱の間、69号まで刊行された」と紹介されています。

 ところで、居留フランス人向けに出版されたTOBAEですが、「中江兆民とその門弟も協力して日本語のキャプションを付けていた」ので(Wikipedia)、日本人に対するメッセージ性もある程度意識していたのでしょう。

例えば、TOBAE(第二次)No.1は「制作年(西暦):1887年2月15日:創刊号。 収録作品「漁夫の利」 朝鮮を釣り上げようとしている日本と清国、スキあれば横取りしようとするロシアという構図で、日清戦争直前の極東情勢を諷刺している。ビゴー作品の中で最も有名な作品で、中学校・高校の歴史教科書や参考書などで紹介されている」とあります。皆さんもどこかで眼にしたはずのビゴーのカリカチュア、URLはhttp://kawasaki.iri-project.org/content/?doi=0447544/01800000HKです。あとは、ご自分でじっくりとこのカリカチュア(戯画)の神髄を味わってください。

 TOBAE創刊から10年後の1897年を描いた『『LE JAPON EN 1897』(1897年の日本)』も公開されており、「『神戸ヘラルド』『ジャパン・デイリー・メール』などの記事から、この1年間の珍しい話を漫画風にまとめた本。「日光物語」は英文、ほかの記事は仏文で書かれている」とのこと(http://kawasaki.iri-project.org/content/?doi=0447544/01800000HF)。

 さらにもう一つ、『LES AVENTURES DU CAPITAINE goudzougoudzou』(グズグズ大尉の色事)は同じ1897年ですが、説明文によると「好色なフランス人・グズグズ大尉が退役して日本へやってくる。しかし、その好色ぶりで失敗を繰り返し、失意のうちに帰国する、という物語が描かれている」。なにやら異国に滞在している自分自身を皮肉っているようにも見えないわけではありません。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 川崎市民ミュージアムのアーカイブには、同じビゴーの『Croquis Japonais』(1886年)も掲載されています。こちらに掲載の絵は風俗画という範疇で、歴史学的には興味深い資料ですが、その昔、服部之総等が再発見して、日本の教科書類を席巻した風刺画の類はほとんどないようです。

 このあたり、画家ビゴーとしては日本をテーマとして風俗画と、時局的な戯画とどちらに個人的な重きを置いていたのか、そのあたりが気になるところです。

 なお、ビゴーの日本滞在は1882年1月(21歳)から始まり、1899年6月(39歳)に日本で結婚した佐野マスと離婚し、フランス国籍の長男を連れてフランスに帰国しています。彼の日本滞在後半とほぼ重なる時期に、フランスを離れて異郷の地で死んだ芸術家にポール・ゴーギャンがいます。彼のタヒチ滞在は1890年に始まり、いったんフランスに帰国するものの、再度タヒチに渡り、1903年、マルキーズ諸島で客死します。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 ビゴーの作品、とくにそのカリカチュア的に表現された日本人像は日本人には嫌われ、あるいは無視されたため、その再評価は第2次世界大戦での敗戦を経て、マルクス主義歴史学者の服部之総主催の近代史研究会が日本の近現代史を取り上げる時まで待たねばなりません。そして、この研究会以降、ビゴーの絵は外国人から見た近代日本像として、戦前での一貫した無視をちゃぶ台返しをし、日本の教科書をいまも席巻しているのです。

 こうした本人ならびにその作品の数奇な運命を意識しつつ、その作品を日本の近代化の理解にあらためて役立てることこそ、総合政策にそうテーマかもしれません。

青べか物語にみるフィールドワーカーの苦悩と原罪:高畑ゼミの100冊#28

2020 5/15 総合政策学部の皆さんへ

 その昔、山本周五郎という文士がいました。Wikipediaでは「作風は時代小説、特に市井に生きる庶民や名も無き流れ者を描いた作品で本領を示す。また、伊達騒動に材を求めた『樅ノ木は残った』や、由井正雪を主人公とした『正雪記』などの歴史小説にも優れたものがある」とあります。本名清水三十六、1903年生まれで1967年死去、享年63歳。

 さて、山本が遺した作品のなかに『青べか物語』という逸品があります。文庫で出版している新潮社のHPでは「根戸川の下流にある浦粕という漁師町を訪れた私は、沖の百万坪と呼ばれる風景が気に入り、このうらぶれた町に住み着く。言葉巧みにボロ舟「青べか」を買わされ、やがて“蒸気河岸の先生”と呼ばれ、親しまれる。貧しく素朴だが、常識外れの狡猾さと愉快さを併せ持つ人々。その豊かな日々を、巧妙な筆致で描く自伝的小説の傑作」とあります。

 この“浦粕”とは、いまやTDL/TDRで日本はおろか、アジア一円に知られる浦安市です。あまりにもあからさまで、ほとんど匿名とは言えないぐらいですが、この「貧しく素朴だが、常識外れの狡猾さと愉快さを併せ持つ人々」を“巧妙”に描くことは、描かれた方々からすれば、あまり面白くないことかもしれない=これが今回のテーマであり、フィールドワークを志す方にはぜひ肝に銘じてほしいところなのです。

 調べてみたら、青べか物語はなんと『青空文庫』にはいっているのですね。以下の文章にご関心があれば、皆さん、ぜひ、ご照覧下さい。総合政策的視点でも、様々なインスピレーションをあたえてくるかもしれません(青空文庫『青べか物語』)。

 ちなみに、こうした「貧しく素朴だが、常識外れの狡猾さと愉快さを併せ持つ人々」を描いた傑作としてはほかにも後述するきだみのるの『気違い部落周游紀行』や、スタインベックの『キャナリー・ロウ』をあげておきましょう。あるいは、ツルゲーネフの『猟人日記』もあげておきたいところです。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 さて、学生の皆さんは授業でフィールドワークを学び、いろんな場所で実践されるかもしれません。その際、覚えておいていただきたいことがあります。

 それは、フィールドワーカーが研究終了後に、応えなければいけない対象があることです。それは言うまでもなく、研究の対象とされた人々へのご報告です。人類学という業界ではすでに多くの批判がよせられていることですが、多くの研究報告や基づいた著作は先進国の言葉で書かれ、現地で情報を提供してくれたインフォーマントはおろか、現地の人々に読まれることさえ期待されていない、という状態が長年続きました。つまり、先進国あるいは知識階級による“情報”の搾取、独占です。

 イギリスの下層階級の子供たちを活写したポール・ウィリスの傑作『ハマータウンの野郎ども:学校への反抗・労働への順応』でも、“野郎ども”がウィリスの調査結果を眼にしたのか、文章だけでは読み取れません。したがって、一見、理想的な参与観察であるかのようなウィリスと彼らの関係も、旧来の“文明と未開”の構図とさして異ならないかもしれのです。

 あるいは、これは私自身の実見ではなく、他の方からの伝聞ですが、ある離島で訪れた学生の人がその島の良さをしきりに称揚していると、それを聞いていた島の人が静かに「では、あなたは、この島に住みますか?」とつぶやいたところ、その場が一気に凍り付いてしまった、とのことでした。余所者がどういおうと、そこでの暮らしについてはなかなかに言い尽くせぬ感慨と言い分があるはずです。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 この点、描かれた人たちからの視線が絶えず基調低音として感じられ、さらには作者の含羞・とまどい・不安がさりげなく表されているのが、この『青べか物語』です。

 作中で“浦粕”と呼ばれる漁師町の細緻なルポルタージュとも言えるこの作品の後半で、作者は浦粕から脱出後8年目、ある作品の主人公、留さんに出くわします。すでに留さんの「頭があったかい」所業を小説に書いてしまった作者は当惑するのですが、当の留さんは「おら(その小説を)宝にするだ」と羞かみ笑いをうかべて去っていきます。

 そして、さらに20数年後、再び浦粕を訪れた作者はまるで“罰”を受けるかのように、町の誰もが自分を覚えていないことに直面して(読者とともに)とまどいます。この結末の背景に浮かぶ作者の表情には、フィールドワーカーが感じるある種の苦味に通じるものが漂っていたかもしれません。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 同じような“罰”を被った例がきだみのるかもしれません。パリ大学で社会学・人類学を学んだ後、第二次大戦中から戦後にかけて一山村にすみついた彼が著した『気違い部落周遊紀行』はベストセラーになりますが、その内容は村人たちからの反感を買い、「地元では「気違い」扱いへの反撥が激しく、きだに鎌を振りかざして寺からの立ち退きを迫った」(Wikipedia)とのことです。

 さて、冨山百科文庫版のあとがきに、きだの子息である山田彝が印象的な話を記しています。この『紀行』の本文にも登場するカッシングという民族学者は、かつてネイティブ・アメリカンのズニを知るため、彼らとともに暮らす。ズニたちはカッシングを「彼らの心を完全に理解した人」として受け入れ、やがて彼を“弓の祭司”に任命する。それ以後、カッシングはズニのことを何一つ外へは語らなくなってしまう[きだみのる、1981:249]。

 この寓話めいたこの話が事実かどうかの詮索は、どうでもよいかもしれません。ただ、この話を聞かされたフィールドワーカーはふっとため息をつきます、できもせぬ理想を説かれた後でわが身を省みるように。

 20世紀を代表するフランスの知識人レヴェ=ストロースが説く“人類学者の祖”としてのルソーの原点に返るのならば、“我々”と“彼ら”の出会いによって、どちらも気がつかなかったものに気づき、それを共有することこそ望ましいことと言えるのかもしれません。

集まることの意味~ヒトとサルのマイクロ・デモグラフィー2~

2020 5/7 総合政策学部の皆さんへ

 先回の続きです。生き物が動くことと集まることについて、もう一つ気づくことがあります。リンゴは両性花をつける雌雄同体なため、子の分散に性差はあらわれません。しかし、陸上動物は雌雄異体が多く、その場合、分散に性差が生じることがあります。

 例えば、哺乳類では両性とも分散する種もいますが、オスがより遠くへ分散する種が目立ちます。対照的に、メスが分散する種はチンパンジーやリカオン等少数にとどまっているといわれています。

 この結果、“去らぬ性”同士が集まり=集団をつくるパターンが登場します。例えば、ニホンジカでは緩やかな母系的集団程度ですが、ライオンやアフリカゾウは母系で結びついた群れを形成します。そこでは相互認知にもとづき、血縁者がサポートしあいながら、次世代への子孫/遺伝子を多く残すことで包括適応度を上昇させています。これが“血縁選択”で、産仔数を減らしながら少数のコドモを世話するK戦略(=少産少死)が展開します。

 具体例をあげれば、ニホンザル等多くの狭鼻猿類(旧世界ザル)ではオスが出自集団から去る一方で、メスは出自集団にとどまることで、母系的血縁をベースに群れが形成されます。対照的に、メスが分散する傾向にあるチンパンジーは父系的集団となります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 ところで、ニホンザル研究の初期、オスにとって宿命的な“群れ落ち”、すなわち生まれた群れから去る(動く)という現象が理解されるのに時間を要しました。言うまでもなく、彼らの生活史の全体像をおさえていなかったため、ピースの一つとしてうまく嵌め込むことができなかったのです。

 日本の霊長類学をリードした伊谷純一郎は『霊長類の社会構造』(1972)で、霊長類学の黎明期を振り返りながら「これまでの研究の過程において、幾度か当惑すべきとしか表現しようのない幻想に出会ってきた。それは例えば、ニホンザルの孤猿であり、離合集散するチンパンジーのグルーピングであり、一つの集団から別の集団へ移籍するチンパンジーのメスであった」、「とくに初期の研究においては、「離れる」は等閑に付され、(略)集中の社会学に没頭してきたという反省があり得てよい」と述懐しています。集まることばかりに注視したため、そこから動く(離れる)ことの重みに考えが及ばなかったのかもしれません。

 ところで、こうした群れ落ち・移籍には“性”が大きく関わります。ニホンザルのオスもチンパンジーのメスも出自群/集団からの離脱するのは、性的存在になりかかるadolescence(ワカモノ)の時期にあたります。とくにチンパンジーのメスが新たな集団に入る時等などは、性が“パスポート”として機能します。屋久島のニホンザルでもオスは数年ごとに群れを移籍するが、出入りは交尾季前後に集中します。つまり、繁殖相手を求めること自体が移動のきっかけなのです。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 それでは、彼ら/我々が動く範囲は限定されているのか、それとも無限に広がっているのでしょうか?

 生き物のなかでも、周期的に長距離移動を繰り返しながら、移動ルートが定まっている例に渡り鳥やサケの廻遊/回帰移動があげられます。彼らが移動するのは季節変化がもたらす食物資源の変動や繁殖によるのですが、そうした移動回路の閉鎖性は、遊動生活を送る狩猟採集民や牧畜民等が絶えず移動しながら、しかし、一定の範囲にとどまる様を連想させます。

 もっとも、ヒトでは農耕等で定住性が強まると、自らの周囲を行動圏や通婚圏、交易圏、領土等で区切ることで“地縁”が生まれました。同時に彼ら/我々の活動は環境を変え、耕地や二次的自然(里山等)が広がります。これが“定住革命”です(西田 1980)。

 とは言え、今度は、木地師漂海民ロマの人たちのように定住民の境界をすり抜ける者もでてきます。定住民自身も一時的に地縁から抜け、一定の(お約束ごとの)ルートを辿りながら、帰還を前提とした巡礼等に旅立ったりします。宮本常一は『忘れられた日本人』(1971)で、「日本の村々をあるいてみると、意外なほどその若い時代に、奔放な旅をした経験をもった者が多い」として、「世間師」という言葉を紹介しています。

 その一方で、二度と戻らぬ、行方も定かならぬ移動の典型がアフリカから新天地に拡散し続けた人類大移動にほかなりません。旧約聖書の「産めよ、増えよ、地に満ちて地を従わせよ」を思いおこしますが(皆さん、旧約聖書もきちんと読みましょうね)、そのきっかけには3つのモデルが想定されているようです。

 (1)引き寄せモデルでは、魅力的な環境・資源に引き寄せられる。対照的に、(2)押し出しモデルでは、環境変化や人口圧等で周密地から弱者が押し出される。最後に、(3)拡散モデルでは、生活場所を求めて動くうちに偶然、新天地にたどり着くことになるのです。ですから、必ずしも強者がぐいぐいと自らの欲望に促されて、新天地を目指すばかりではない、というところで、to be continued…とします。

プロフィール


高畑由起夫
◆研究分野:生態学、自然人類学、霊長類学 ◆研究内容:主な研究対象はニホンザルやチンパンジー、ワオキツネザル等ですが、潮間帯の巻貝類や水生昆虫、カラス等も調べたことがあります。霊長類学の視点で、近縁...