カテゴリ : “研究”について : 研究関係外部リンク集(外の世界へ) :

ResearchGateでみる自分の論文の“読まれ方”について#2

2016 12/16 総合政策学部の皆さんへ

 ResearchGateでみる自分の論文の“読まれ方”について#2ですが、今度はどの論文がよく読まれているのか、自分の論文がネタではちょっとつらいところもありますが、話を続けましょう。

 さて、全部で686件の“Reads”を集めました(国別のデータと数値に差がありますが、これはResearchGateの集計に若干時間差があることに、はじめは気付かなかったためです)。文献の数にすると57編が並んでいますが、このうち上位10編で46.5%を占めます。対象(ニホンザルか、チンパンジーか、ワオキツネザルか?) とか、テーマで結構差があるようです。

 ということで調べて見ると、私が関係した論文でもっとも読まれているのは、1960年代から1980年代にかけ、西部タンザニアのマハレ山塊国立公園で起きたチンパンジーの単位集団、K-groupの消滅について、隣接集団のオス間競争という視点で捉えた1985年に発表の“Group Extinction and Female Transfer in Wild Chimpanzees in the Mahale National Park, Tanzania ”で、57回(全体の8.3%)でした。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 この論文は長年マハレで研究されて、先年なくなられた西田(利貞)さんが筆頭で、現東大教授の長谷川寿一さんが第2著者、私は末席の第3著者ですが、30年たってもまだ読まれている! という点に感謝すべきかどうか? 霊長類学のこの30年を踏まえると、ちょっと複雑な気持ちもします(つまりは、もう忘れられてもよいかもしれない、という気もしないではない?!)。

 というのも、この論文は著者らの視点がオス間競争に偏っている、という批判もあるからです(例えば、ハート&サスマンの『ヒトは食べられて進化した』(日本語訳は 2007)等)。そんなこともあって、昨年、本当に久しぶりに私一人の単著”Disappearance of K-group male chimpanzees: re-examination of group extinction”を、30年ぶりの再考察を書きました。もっとも、こちらは雑誌ではなく単行本(“Mahale Chimpanzees: 50 Years of Research”)に掲載したこともあって、いまだ引用されていません。力足らずですね。

 もっとも、私はチンパンジーとニホンザルでそれぞれ観察対象の集団が“消滅”してしまった、というちょっと希有な体験の持ち主ということになります(なんだか、“呪われた研究者”という印象ですが)。幸い、ワオキツネザルではそういう事態がなんとか避けられたのですが。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 それでは、2番目に読まれている論文は“ A ten-year summary of reproductive parameters for ring-tailed Lemurs at Berenty, Madagascar ”で、日本モンキーセンターから発行されている学術雑誌Primatesに2001年に掲載したものです。47回で全体の6.9%を占めています。これはワオキツネザル(原猿です)における“メスの繁殖パラメーター(出産率、幼児死亡率等)”を、母系集団における二重の競争(集団間競争と集団内競争)のバランスをベースに論じたものです。

 基本的に“人口学的データ”あるいは“繁殖データ”は、資料の蓄積自体に時間がかかりますから、作製にはそれなりに時間がかかります。したがって、本数もすくないので、結局、長い年月にわたって引用されることがある、という一例かもしれません。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 そして、3番目が、1985年にヨーロッパで出版されているFolia Primatologicaという雑誌に載せていただいた“Adult Male Chimpanzees Kill and Eat a Male Newborn Infant: Newly Observed Intragroup Infanticide and cannibalism”です。これはタイトルを見ればおわかりの通り、上記のマハレ山塊国立公園でのチンパンジー集団内でのオトナオスによるアカンボウ殺しと共食いの記録です。ちょっとセンセーショナルな話題に受け取られるかもしれません(詳細はまた別の機会に)。

 以上、締めて上位3件はチンパンジーが2件、ワオキツネザルが1件、第4位からはニホンザルが出てくるものの、世界的な霊長類研究の相場観からすると、地域限定銘柄かもしれぬニホンザルよりも、チンパンジーと原猿類に注目が集まるということかもしれません。ということで、この項はto be continued…とします。

ResearchGateでみる自分の論文の“読まれ方”について#1

2016 10/30 総合政策学部の皆さんへ

 SNSばやりの昨今、科学者・研究者向けソーシャル・ネットワーキング・サービスもまた登場します。それが今回ご紹介のResearchGate、公刊済みの論文はもとより未公開資料の(pdfとしての)共有や、相互の質疑・交流も可能ということで、かのビル・ゲイツも出資しているというものですが、どんなものでしょう? もちろん、批判的な意見もあるようです。

 それはともかく、自分の仕事がどんな国の、どんな人に読まれているのか、ある程度把握できる、というところがミソかもしれません。研究者というのは所詮「名聞の餓鬼」に過ぎず、かの“工学部ヒラノ教授”こと今野浩教授によれば、ノーベル経済学賞受賞者P・サミュエルソンはアメリカ経済学会での会長演説で「経済学者というものは、この世でただひとつ価値のある貨幣のために身を粉にする。その貨幣とは経済学者からの称賛である」と喝破しているそうです。

 さて、この“称賛”を計る一つのメルクマールは“論文の引用”にほかならないのです(もっとも、やたらに引用されたからと言って、進化理論の分野では“グループ選択”で一世を風靡しながら、その後、個体選択の大波で奈落に引きずり込まれるVC・ウィン=エドワーズのように、否定されるために引用されるのでは、たまったものではありません)。

 その昔、マダガスカルでそのウィン=エドワーズの弟子に会ったことがありますが、すごく暗い顔で「君たちもよく知っているあのウィン=エドワーズが僕の先生だが・・・」と自己紹介していました)。その前に、そもそも“自分の論文を読まれているのか?”、このResearchGateである程度把握できる、ということに気がつきました。引用数はGoogle Scholarでも分かるのですが、購読数までわかるところがResearchGateの最大の特徴の一つかもしれません。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 ということで、今年の1月31日から10月23日までの週に、私の論文がどのぐらい読まれたか、酔狂にも数えてみました。まずは、どの国の研究者が私の論文を“読んだ”のか? 見てみましょう。なお、この“読む”には”Summary reads”、”On-page reads”、”File downloads”の3種類が入っているそうです。これら一つ一つの差は些細なことだと無視しましょう。

 それでは、どの国の研究者が私の論文を読んでいるのか? 国別の統計では、まず“reads”の総計が718回、全部で54の国・地域(例えば、Hong KongとChinaが分かれています)ですが、このうち19国・地域(アルバニアからチュニジアなど)は1回しか読んでくれていません。

 対照的に、上位10カ国で77.9%です。ということは、やはり“サル”等を研究している“脳天気”な国は、世界からみればごく少数ということになるのでしょうか。この上位10カ国は、United States(194件、27.0%)、China (77 件、10.7%)、United Kingdom (67 件、9.3%)、Japan(66件、9.2%)、Germany(51件、7.1%)、Australia(33件、4.6%)、India(20件、2.8%)、Indonesia(18件、2.5%)、Spain(17件、2.4%)、Brazil(16件、2.2%)という順番です。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 つまり、圧倒的にアングロサクソンかゲルマン(英米、オーストラリア、ドイツ)、それともアジア(中国、日本、インド、インドネシア)です。一つは霊長類学が基本的に英米と日本で発達したこと、そして私の仕事が類人猿とニホンザル、ワオキツネザルという3点セットのためでしょう。私が南米の新世界ザルをやっていたら、南米あたりからももう少し読まれていたかもしれません。

 それにしても、せっかく無料なのだから途上国の研究者ももっと利用して欲しいとも思いますが、アメリカなどの留学先から“読んでいる”方もそれなりに多いようです。ちなみにキツネザルの本場であるマダガスカルは13位でした。

 それでは、次に、どんな論文が読まれているか、についても調べてみたいと思います。to be continued…..

外部リンク集4:各種団体・機関等

2009 11/27

 以下は、各種の団体についての紹介&リンクです。玉石混交かもしれませんが、どれが玉で、どれが石かは皆さんの御心次第でしょう。

#1:関西学院大学総合政策学部同窓会:何を隠そう、皆さんの先輩、第1期生から第11期生(2009年3月卒業)まで、総合政策学部で学んだ方々の同窓会のHPです。この11月には、リサーチ・フェアで同窓OBG車座企画をプロモートしていただきした。ご関心がある方は、是非このHPをご覧ください。そして、(先の話ですが)卒業したら、同窓会のMLに加盟してくださいね。http://member.kwangaku.net/kgspsalumni/

#2:国際協力機構:ご存じのように「日本の国際協力を包括的に実施する機関」です。英名の略称(JICA)は”ジャイカ”と読みますが、私の赴任地タンザニアではスワヒリ語でローマ字読みが一般なため、”ジカ”と呼ばれていましたhttp://www.jica.go.jp/。私がJICAの派遣専門家として、ODAの末端にいたのは1982~84年ですが(東アフリカ・タンザニア共和国、勤め先はタンザニア天然資源観光省http://www.mnrt.go.tz/)、その頃は国際協力事業団と言いました(JICAという通称は同じ)。主に技術協力と無償・有償資金協力、専門家+青年協力隊等の派遣等+(逆に)海外からの研修員の受け入れ等が主な業務ですが、そのあたりは上記HPをご覧ください。この機関は、1962年設立の海外技術協力事業団、63年設立の海外移住事業団(当時、日本から海外への移住者支援が盛んだったのです! そうやって各地に移住された方々のご子孫が、逆に日本に労働者として訪れている現在、時の流れを感じます)、65年設立の日本青年海外協力が74年に合体し、さらに2008年に国際協力銀行と統合したものです。

#3:サザンクロスジャパン:東京農業大学系のNGOで、「南十字星(サザンクロス)を望むマダガスカルの国で、人と自然との調和をめざし、ボランティア活動をしているグループです」。10年前に、マダガスカルで調査した時にお世話になりましたが、日本の里山のような(現地産の樹木で)萌芽更新による薪炭林を作り、炭焼きを普及しようと苦労されています。http://homepage2.nifty.com/vsja/

外部リンク集3:博物館

2009 11/26

 以下は、各地の博物館等のリンクです。

#1:兵庫県立人との自然の博物館:ご存じ、三田市内(フラワータウン)にある自然系の博物館です。名誉館長の河合先生はサルの研究者としては、私の大先輩にあたります。他に鳥や昆虫、魚等、生態系には知人が何人かいます。何かコンタクトをとりたい場合は高畑までご連絡を(ちなみに、環境教育の田中哲夫先生は、30年来の知り合いです)。そういえば、客野先生も2009年3月までここにお勤めでした。http://hitohaku.jp/top/director.html

#2:国立科学博物館:日本の自然系博物館の総本山です。通称「科博(カハク)」。http://www.kahaku.go.jp/。とくに過去の特別展示等をデジタルアーカイブ化しています(http://www.kahaku.go.jp/exhibitions/old/index.html。いわば、バーチャル・ミュージアムです)。

#3:国立民族学博物館:人類学・民族学の総本山。千里万博公園内にありますが、基本的に「がらくた=日常的な道具で、骨董品的価値はまったくない」ものを集めた博物館です(大学院もあります)。「1日で世界旅行ができる」というのをキャッチコピーにしておきましょう。アクセスが悪いのが玉に傷です。http://www.minpaku.ac.jp/

#4:大英博物館:老舗中の老舗、通称、ブリティッシュ・ミュージアム。英語HPはhttp://www.britishmuseum.org/default.aspx、日本語バージョンはhttp://www.britishmuseum.org/visiting.aspx?lang=ja。基本的に無料です。人文・社会のことならば、「なんでもあります!」と言ってしまいたくなります。なお、自然科学系はロンドン自然史博物館(Natural History Museum)として、別組織かつ別の場所です。ここも「自然史ならばなんでもあります」と言ってしまいたくなるような場所です(20年前、アフリカから日本に帰る途中でトランジットして、コウモリやカエル、ヘビ、ヒル(魚に寄生する方)等の標本を預けたことがあります。コウモリとヒルは、数週間後に同定結果を知らせてくれました)http://www.nhm.ac.uk/index.html。自然史博物館の隣が科学博物館(http://www.sciencemuseum.org.uk/)です。スチーブンソンの蒸気機関車ロケット号、世界初のジェットエンジン等目白押しです。たしか、ドーバー海峡を超えた人力飛行機”ゴッサマーアルバトロス”も、天井からぶら下がっていたのではないかと思います。ロンドンを訪れる際は、是非、お立ち寄りください。

外部リンク集2:各種団体(高畑ゼミ)

2009 11/25

 ここでは、各種の団体の簡単な紹介とトップページへのリンクを公開します。広い世界に触れてみたい方は是非閲覧して下さい。

#1:WWF:世界野生生物基金。世界の自然保護関係のNGOの老舗です。http://www.wwf.or.jp/

#2:天神崎の自然を大切にする会:日本でのナショナル・トラスト運動の発祥の地のひとつ、和歌山県天神崎の運動のHPです。http://www.tenjinzaki.or.jp/

#3:屋久島オープンフィールド博物館:屋久島の研究者が立ち上げているウェブ上の博物館です。http://www.dab.hi-ho.ne.jp/yakuofm/

#4:マハレ野生動物保護協会:東アフリカ、タンザニア共和国のマハレ山塊国立公園(私がかつてチンパンジーを研究していた場所です)の野生生物保護を目的とした団体です。http://mahale.web.infoseek.co.jp/

#5:ジェーン・グドール・インスティテュート・ジャパン:チンパンジー研究の先駆者(京都賞受賞)のJ・グドールさんに関係するHPです。各種の情報が載っています。http://www.jgi-japan.org/

#6:ポポフ(ポレポレ基金):アフリカの野生ゴリラを対象とした保護基金です。http://jinrui.zool.kyoto-u.ac.jp/Popof/index.htm

#7:タンテリさんのマダガスカル紹介:日本に留学したタンテリさんが、日本語でマダガスカルを紹介するHPです。マダガスカル語の説明や観光案内、写真集も完備されています。http://tantely.org/

#8:市民ZOOネットワーク:動物園を通して、ヒトと動物の関係を考えるHPです。http://www.zoo-net.org/

外部リンク集1:学会・研究会等(高畑ゼミ)

2009 11/25

 より専門的な研究等を目指す方のため、関係する学会等の紹介とリンクを公開します。それぞれトップページにリンクします。勉強されたい方は、是非、“スペシャリスト”の世界に触れてください。

#1:日本アフリカ学会:私が最初に入会した学会です。“アフリカ”という地域を対象とした地域学(Local Study)で、文学・歴史から地質学まで幅広い分野の研究者の集まりです。http://wwwsoc.nii.ac.jp/africa/

#2:日本生態学会:こちらは、日本の生態学や環境関係でもっとも大きな学会です。大会は、迷子になりそうなぐらいです。http://www.esj.ne.jp/esj/

#3:日本人類学会:「人類学会」と言いますが、実際は「自然人類学」の学会です。明治の東大教授、坪井正五郎が創設した由緒正しい(?)学会です。http://wwwsoc.nii.ac.jp/jinrui/

#4:生態人類学会:人々と自然の関係を明らかにする生態人類学の学会です。http://wwwsoc.nii.ac.jp/ecoanth/index.html

#5:日本霊長類学会:私の本職、霊長類(ヒトとサルの仲間)を扱う学会です。http://wwwsoc.nii.ac.jp/psj2/

#6:マダガスカル研究懇談会:マダガスカルを対象とした地域研究の研究会です。http://www.africa.kyoto-u.ac.jp/~malagasy/index.html

#7:応用生態工学会:自然と調和のとれた工法を研究する学会です。http://www.ecesj.com/

 ひとまず、このあたりで一段落しましょう。

プロフィール


高畑由起夫
◆研究分野:生態学、自然人類学、霊長類学 ◆研究内容:主な研究対象はニホンザルやチンパンジー、ワオキツネザル等ですが、潮間帯の巻貝類や水生昆虫、カラス等も調べたことがあります。霊長類学の視点で、近縁...