フィンランド留学中ゼミ生 坪倉さんの近況報告第2弾

今回の近況報告は、フィンランドの冬とおすすめの食べ物についてです。
フィンランドの冬ですが、こちらは曇りがちですし、日照時間がほとんどなく、
この前まで気分が落ち込みがちだったり朝起きるのがつらかったりしました。。
最近はビタミン剤を取っていて、気分もすっかり安定しています。
今年は割と暖かいようで毎日0度程度ですが、雪は毎日降っていて今は30センチくらいになっています。
不思議なことに、こんなに雪が積もっているのに街中で未だに雪だるまを見た事がありません。
子供達や留学生以外の学生達が雪合戦をしている姿も見た事がないです。ソリはしているようですが。。
雪の積もっている光景が当たり前すぎて、特に心が踊らないのかなぁ。。と。

それからフィンランドで美味しくて、オススメの食べ物はシナモンロールです!
スーパーだと1ユーロで買えますし、大きくてお得感もあります。
シナモンが効いていて、甘すぎない味が癖になります。
また近頃は、ルームメイト2人+ルームメイトの彼氏1人で
なんとなく交代でご飯を作って、一緒に食べることが多いです。
わいわい喋りながら食べるご飯は何と言っても美味しいし楽しいです。
ちなみに明日は私が晩御飯を作って振る舞います。
前回はちらし寿司とクリームシチューを作って好評でしたが今回はパスタにするつもりです。。
日本食はヨーロッパでも人気で、いつも喜ばれます。それからみんな箸の使い方が上手で驚きました。

ゼミ生の坪倉さんからのフィンランド便りその1.

山田先生
こんにちは。
授業の準備など先生は忙しい時期でしょうが、いかがですか?

私は先週から授業が始まり、少しずつこちらでの生活にも慣れてきました。
私の住んでいる寮からヘルシンキまでは電車で1駅なので
休みの日や放課後に街に出て遊んだり観光したりしています。
先生が以前おっしゃっていた通り、本当に町並みが綺麗ですね。
人も親切で、日本程ではありませんがpanctualですね。
日本人に似通っていると感じることが多く、毎日心地よく過ごしています。

ヘルシンキは確かに小さい街ですが、毎日イベントがあり飽きることがありません。
先週、先生にお気に入り登録して頂いたFilm Fastivalについて少しお話しします。
Film Fastivalでは20時から22時まで屋外で映画見?ました。
みんな防寒対策ばっちりで、会場には軽く1000人を越える人が集まっていました。

映画自体も素晴らしかったですが、屋外で大勢の人と映画を見るという体験も本当に貴重で素晴らしかったです。
ちなみに、上映中は自分が後ろの人の邪魔になっていないか、と後方を確認する人がいたり、
目配せや声かけをして場所を譲り合うなど、心が温かくなる場面もよく見られました。

9/4~14まではHelsinki Design Weekというイベント期間です。
今年は開幕10周年で、毎日さまざまな場所でデザインにまつわるイベントが開かれています。
また、殆どのイベントが参加無料です。
私も時間を見つけて、何個か参加する予定です。

長くなりましたが、他の学生と交流したり文化の違いを感じたり、充実した日々を送っています。
そして日を追う毎にフィンランドが大好きになっています。
それから、近いうちにゼミ生にはがきを出そうと思っています。

日本もそろそろ秋の気配を感じる時期でしょうか?
体調に気をつけてお過ごしください。

第一回合同ゼミ ブログ

5月29日(木)の4限・5限を使い、山田ゼミ 第一回合同ゼミを開催しました。
3回生・4回生により、卒論テーマについて議論を行いました。
今回の卒論テーマは4件です。 主要な質疑応答は、安易にアンケート調査をしてはいけないということでした。学生の卒論では自分の力でできることをまず考え、すぐにアンケートを実施する事を考える前に、よく調べられることがないかを考えるべきだということです。安易なアンケートは他人の迷惑になってしまうということでした。たとえば購買行動や店の客人数を調べる時はまず自分達が店の前に立って数えたり、自分で可能な調査を行うべきであって、そこまでしてもわからないものをアンケートとして聞くべきであるという議論でした。
次回の全体ゼミでは、今回の卒論テーマをさらにブラッシュアップし、質疑応答を重ねていきます。また、三回生の進級論文のテーマ発表も行います。

山田ゼミ6月19日レポーター

6月19日5限にレポーターを務めました平井です。今回のテーマは予算配分についてです。広告予算を配分するにあたって気をつけるべきポイントを紹介している章でした。三年生の時にオペレーションズ・リサーチの階層構造化モデルの担当をして以来、一年ぶりのレポーターでした。発表するにあたって、しっかりと読みこんで、プレゼンを作っていたはずなのに時間を大幅に余らせてしまいました。次回からは多めにやるつもりで臨みたいと思います。時間が余ってしまった分は、カンヌライオンのCMを視聴しました。Perfumeのダンスと合わせてプロジェクションマッピングされるもので海外からもとても評価の高い映像です。

6月12日4限 レポーター報告 by 米田

6月12日4限にレポーターを務めた3回生の米田です。
内容は「予算設定・予算配分を確認する」というものでした。
図表の多い範囲でした。図表をどう読み取り、どう説明すればいいのかとても悩みました。
私は今まで図表の読み方がよく分からなくて、図表に対してきちんと向き合ったことがなかったからです。
レポーター準備の際には、図表の読み方やそれが何を表しているのか理解することに苦戦しました。
ゼミでの発表では、山田先生やゼミ生の方の意見を聞くことができ、いろいろな解釈の仕方を知れて楽しかったです。
次からは図表の隠れた意味をもっと考えるようにしなければいけないと思いました。
図表の大切さを学ぶことができました。
また、図の説明が上手くできなかったのが反省点です。
文字の少ない図だからこそレポーターによる説明がより重要であるのに、わかりやすい説明をすることができませんでした。
どういう説明をすれば、わかりやすい説明になるのかもっと考え、説明の練習をしてレポーターに臨もうと思いました。

6月12日 メディア工房Ⅰの5限 レポーター報告 by 長野

週、私は初めて一人でレポーターをするという経験をしました。
グラフを利用したメディア予算(投下量)設定を説明するにあたって、回帰分析を一生懸命勉強しました。
私の学力では、統計学の基礎から学ぶ必要があると思ったため、まずは図書館で、読めそうな統計学の本を三冊読みました。
それからインターネットで少しでも疑問に思った点は調べました。レポーターの経験がなかったため、不安でいっぱいでしたが、
一週間かけて勉強したことで、自信を持ってレポーターをすることが出来ました。終わった後、分かりやすかったと何人か言ってくれてとても嬉しかったです。
知識だけでなく、準備をすることの大切さを学びました。また人前で話す自信もつきました。これからも精一杯頑張りたいです。

6月4日4限にレポーター報告

6月4日4限にレポーターを務めた瀧野です。
今回私は主に3ヒットセオリーとリーセンシーをレポートさせて頂きました。発表は担当箇所が少なかったこともありスムーズに進み、特に質問もなくさらっと終わってしまいました。原因としては抽象的な説明で具体例がなかったため、ゼミ生が理解したつもりになっていたことが挙げられます。
その為レポーターは単に担当箇所を発表するだけではなく、ゼミの限られた90分間の中でより多くのメンバーが議論を交わし、意義のある時間を創り出すことが重要だと思いました。次回はゼミの時間にもっと貢献できる発表を行えるようにしたいです。

5月22日5限ゼミレポータ報告

レポーターを務めた三回生の宅間です。今回初めてのレポーターでしたが、一番身に染みて感じたことは、何よりも「準備」が大切だということです。自分自身では十分に用意をして臨んだつもりが、本番ではただ教科書を読むだけになってしまいました。自分の頭の中では理解できていてもそれをレポーターとしてほかのゼミ生に言葉で、口に出して内容を説明することがこんなに難しいとは思いませんでした。この時に頭に浮かんだのは、EC5のプレゼンの授業でした。この授業の中で、自分としてはしつこいなと思う程プレゼンの前に準備を求められました。それは、やはり普段使わない英語という言葉を使うこともあってのことだと思っていました。しかし、今回のレポーターを経験して、使う言葉が日本語であるか、英語であるかはそんなに問題ではなく、人前に立って、何かを人に伝えるということは想像以上に準備が必要だということに気が付きました。その認識の甘さが今回のレポーターの仕事を満足いくものにできなかった大きな原因だと思います。だから、次にレポーターが回ってきた時には、自分にできる範囲の最高の準備をして臨みたいです。

5月1日 5限レポータ報告(Y.F)

5/15限にレポーターをさせていただきました、藤田です。
今回、初めてレポーターをして、
いかに自分が理解できていなかったか思い知らされました。
ピンチヒッターでしたが、本を読んで、理解して挑んだつもりでした。
先生に突っ込まれるたび、あれ、なんでだろうと疑問がうまれ、
次第に、説明してる間に自信を失い、文字を読んでるだけになってしまっていました。
プレゼン力がないと実感しました。
また、もっと自分が疑問におもったことは、ちゃんと言うべきだと思いました。
次は、わかってるつもりにならずに、もっとプレゼン力をあげていきたいです。
ボロボロのレポートでしたが、すごく、いい経験になりました!

5月1日 4限 ゼミ レポータ報告(T.Kより)

今回のレポーターを務めさせていただいた、2回生加藤貴裕です。担当箇所は、「POEメディアとメディアプランニング」でした。内容は、従来はマスメディアのみのプランニングだったが、現在はPOEメディア、トータルをプランニングする必要があるというものでした。なぜ、従来はマスメディアしかプランニングされなかったのか、やプランニングする上で重要になってくる生活者のデータ=KPIについて、議論しました。
私はプレゼンの経験が少なかったので、しっかりと準備した上でレポートをしようという意識の上で、レポートの練習もして本もしっかりと読みこんでいったつもりだったのですが。結果は悲しいものでした。突っ込まれても答えることができず、自分の無知さに気づかされたゼミでした。ただ、まだ担当箇所が半分残っているので来週リベンジしたいと思います。みんなにしっかりと理解してもらえるように、本をしっかりと読みこみ、わかりやすい資料を作って準備したいと思います。最後に、今回のゼミは炎上しましたが、とても有意義な時間で楽しかったです。