2016年6月

山中研究室の新動画配信サイト「みて、きいて、はなしてnet」が開始

関西学院大学総合政策学部メディア情報学科山中速人研究室発 多声的実験ネット番組「みて、きいて、はなしてnet」アクセスは↓
http://tcc117.jp/fmyy/yamanaka-semi/
スタジオ収録

新番組が続々と登場
2016年4月から、ネットラジオ局として再出発したエフエムわいわいと協力して、「地球レベルで考え、足元で行動する」という総合政策学部の教育モットーを実践するインターネット番組「みて、きいて、はなしてnet」の制作と配信が始まりました。毎週、新しい番組が配信されています。

過去の番組アーカイブも充実
山中速人研究室では、ゼミ生たちとともに、地域の市民メディアと協働して、コミュニティのよりよい発展にとって、メディアはどのような役割を果たすべきかを考え、実際にメディアをつかって実践する活動を続けています。
2006年から10年間、神戸市長田のコミュニティラジオ局エフエムわいわいの電波をかりて、阪神淡路大震災の被災地復興を被災市民ともに考え進める番組「耳をすましてリスニングトゥゲザー!」を毎週欠かさず放送してきました。その番組アーカイブも同じサイトからアクセスできます。学生たちが作った優れた番組をぜひ聴いてください。

時代を捉える特別番組も公開
また、特別番組として、原発事故と放射能汚染、戦争と平和、ヘイトスピーチと極右運動、歴史認識と歴史修正主義、難民問題、集団的自 衛権と安保関連法案、言論の自由とジャーナリズムの危機、辺野古基地建設問題、イスラーム社会と多文化主義など、現代の私たちの社会が直面するテーマをと りあげたトーク番組を、一線で活躍する研究者やジャーナリスト、市民活動家を招いて放送してきました。これらの番組のアーカイブ、そして、あたらしい特別番組もどんどん公開されています。

プロフィール


山中速人
研究分野のキーワード 文化社会学、メディア論、オセアニア地域研究 研究内容 社会学、メディア研究、地域研究にまたがる分野の研究を続けています。 一例として、人々が自分とは異なった文化や民...