新着エントリー

2016-5-24 チャペル

講話 吉川寛さん(本学部卒業生)
レインボーウィークによせて
DSC08002_R

(参加者の声)
・レインボーウィークは総政の人が働きかけて始まったと聞いて驚きました。LGBTが13人に1人いるのに、カミングアウトされたことがないということは言える環境がない、と聞いて、私たちがそういう事を話せる環境をつくっていかなければならないと思いました。
・KGはレインボーウィークがあるというのは知っていましたし、理解はあると思っていました。しかしKGとしては理解があっても、学生の中にLGBTをバカする人がいたり、カミングアウトしにくい環境があると分かった時はショックを受けました。理解者の一人と思っている自分もレインボーウィークの手伝いをしたいです。
・私も中高生の時に性別のことで悩んだ時期があって、ネットの中でLGBTの人たちとたくさん関わりをもちました。だから関学に入ってレインボーウィークがあってきちんと取り組んでいるという現状を知ってすごく良いなと思っていたし、今日もチャペルで話を聞けて良かったです。
・軽い気持ちでレインボーウィークを考えていたけど、今日の話を聞いてもっとしっかり理解する必要があると感じた。私自身が気づかないうちに偏った考えを持っていたことを認識した。
・ジェンダーの問題について知っていたし、特に偏見はありませんが、総政の先輩がお話しして下さったことで身近なこととして考える機会になりました。そのような人たちにとっても関学がありのままでいられるような場所にしたいです。
・セクシュアルマイノリティの人たちにとっても安心できる場所をつくっていくこと、全ての人が孤立しない社会にすることが大切だと思った。いろんな人がいるということを考えて話したりしてゆきたいです。
・LGBTの人たちが安心してカミングアウトできる世の中になれば良いのに、と思います。もっと理解を深めたいし考えていきたいです。つらいのを隠すために笑っていた、という話がとても苦しかったです。

  • 投稿者:murase
  • 投稿日時:2016/05/24 13:19

私にとっての「旅する」ということ

みなさま、こんにちは。

総合政策学部国際政策学科4回 小西ゼミの高橋由莉と申します。

 

さて、今回は、旅行についてお話ししたいと思います。

 

皆さんにとって、旅行とはどんなものでありますか?

娯楽であり、趣味であり、母国に帰ることであり、

自分をさがすための時間であるかもしれません。

 

私自身、旅行、特に海外旅行が好きで、

よく長期休暇に入ると友達とどこかへ行くために、

予定を立てたりもします。

そこで、ふと、「私がこんなに旅行が好きなわけはなんだろう?」と考えました。

 

私にとっての旅行とは、

もちろん、楽しむため、新しい何かにであうためでもあります。

しかし、そこでたどり着いた答えは、「旅行とは、故郷を増やすこと」でした。

私は、これまで旅をした国や時間を思い出すと、真っ先にそこで出会った人々や景色が思い浮かびます。そしていつも、「ああ、あの場所に戻りたいな」としみじみ思います。

そんな、「第二の故郷」を増やすことが旅行であるのだと気づきました。

 

また戻りたいと思い、そしてそこで待っていてくれる人々がいるとは、

幸せなことだなぁと、この「自分にとっての旅」について考えた際に感じたことです。

 

 

もうすぐ夏がやってきます。

是非、この夏は、世界のどこかにある、

「第二の故郷」に出会いに行ってはいかがでしょうか。

 

 

小西研究室のホームページはこちら↓

http://www.konishi-kg.org/language.html

 

小西研究室のFacebookはこちら↓

FB:https://www.facebook.com/Bridge-for-ChildrenKGU-305080959623563/

 

 

Hello.

Thank you for visiting our blog

I am Yuri Takahashi who is one of the members of Konishi seminar.

 

This time, I would like to talk about “trip”.

 

What is the meaning of “trip” for you?

It may be your hobby, the time to find yourself, and spending with your family.

 

Actually, I love travelling since I was a child because my family members love travelling, too.

I travelled to Canada, Malaysia, Cambodia, Vietnam…and so on.

For me, “trip” is the one of my hobbies, and it is also the time to meet or experience something new.

 

However, “trip” is not only just a hobby, but also “to meet my second-home”.

When I remember my experience through travelling, I always remember the people who I met there and beautiful scenery I saw.

Moreover, they make me feel “I would like to go back there.”

 

I realized that “trip” is not just a “going to somewhere” for me.

“Trip” is meeting my second-family and second-home.

 

Summer is coming soon.

What is your plan of this summer?

If you do not have the plan, I recommend you to go to somewhere in the world to meet your new family and home.

 

Thank you for reading.

 

 

HP: http://www.konishi-kg.org/language.html

 

FB: https://www.facebook.com/Bridge-for-ChildrenKGU-305080959623563/

  • 投稿者:yuritakahashi
  • 投稿日時:2016/05/20 21:18

デンマーク留学記6

こんにちは、三回生の瀧原です。

 

今回は私が興味をもっているデンマークのオーガニック食材事情についてお伝えしようと思います。デンマークといえば世界一幸福度が高い国などで知られていますが、実は国民一人当りのオーガニック生産物購入量が世界一の国でもあったりします!

 

オーガニック食材には政府が認定したマークがついていて、どのスーパーでも簡単にオーガニック食材を見つけることができます。

6.1

オーガニック食品のマーク。このマークはデンマーク語でオーガニックという意味のøkologiの頭文字øからできています。また、デンマークは1998年に世界で初めてオーガニック食品の生産に関する規則と法律を制定した国です。

 

6.2

こちらはオーガニックフードばかりが並んでいるコーナーですが、他にも野菜、果物、乳製品売り場などでたくさんオーガニック食品を見かけます。また、デンマーク農業理事会によると、2015年、デンマークの全体の約20%の野菜や卵がオーガニックです。実際スーパーに行くと、野菜や果物に関しては価格が普通のものと比べて少しだけ高いぐらいで購入しやすいです。

 

また、スーパーだけでなく、もちろん専門店に行けばよりたくさんオーガニック食品を見かけます。写真は私のお気に入りのショップなのですが、たまに新しい製品の試食会をやっていたり、レジ前では色々な野菜のおかずをテイクアウトできたり、カフェスペースもあって大変雰囲気のよいお店です。

6.3 6.4

6.6 6.5

そして、私がデンマークのオーガニック食品専門店で発見したことは日本食品の多さです!醤油とお寿司を作るのに必要な材料は普通のスーパーでも買えるのですが、味噌、豆腐、しいたけ、梅干しなどはアジアンショップにしか売っていないものだと思っていたので見つけたときはなんだか嬉しかったです。(笑)あとはお茶を点てる道具なんかも売っていました。日本食は健康にいいんだなあと再確認しました。そして私も思わず抹茶パウダーを買ってしまいました!ちなみに抹茶パウダーのパッケージの左のマークはEUのオーガニック認証マーク、真ん中はフランス政府のオーガニック食品認証マークだそうです。政府の認証マークがあると一目でわかる上に信頼度が高まりますね!

6.7  6.8

 

参考

デンマーク大使館http://japan.um.dk/ja/guruden-en/organic-denmark/

 

  • 投稿者:瀧原 友里奈?
  • 投稿日時:2016/05/20 03:23

2016-5-19 チャペル

講話 小杉崇浩氏(NPO法人WELnetさんだ代表、本学卒業生)
DSC07947_R

(参加者の声)
・自分がまったく知らないことにでも一歩踏み込んでみると新たな世界が見えてくるのだと思いました。私もこれからいろいろなことにチャレンジしたいです。
・初めてのことに対して、自分たちに出来ることは何なのかを常に考えて行動していることが分かり、そういう姿勢が大事なんだと思いました。
・今日の話を聞いて、人って、誰と出会うかによって人生が変わっていくんだなと思いました。今自分がまったく関心がない分野を将来仕事でやるかもしれないし、本当に何が起こるか分からないから人生って楽しいんだと思いました。
・”障害があるから不幸なのではなく、障害によって機会が与えられないことが不幸だ”という言葉が心に残った。障害者があきらめてしまうような社会ではなく、周りが支え合って、あたりまえのことができるような環境をつくることが大切だと思った。
・法学志望だったのに総政に入って、ここまで考えに変化があって、現在の仕事をされているのがすごいなと思いました。障害がある人と関わるからこそ気づけることがあって、そういう経験をしている方のお話しを聞けるのは貴重でした。
・学生の頃に何もわからない手探りの状態で障がいのある人のサポートをしはじめた話を聞いて、すごい方だなあと思った。とてもお話しが興味深くおもしろかったです。
・お話を聞いてボランティア活動や福祉のことに興味がわきました。一番印象に残ったのは小杉さんが大学の頃の話や今のお仕事の話をする時にとても楽しそうにイキイキと話をしていらっしゃる姿です。
・実際に総政で学んだ先輩の話を聞いて、今から自分の道を固定する必要なんてないんだと思いました。何にでもなれるし、どんな道にでも進むことができると分かりました。

  • 投稿者:murase
  • 投稿日時:2016/05/19 15:33

卒業論文進捗報告 5/18

*今週の成果

・文献調査

『メディア誘発型観光現象の地域振興に向けた地元住民たちの取り組み, 鈴木, 2010』

宮城県南市飫肥地区を事例として。

1992年に「男はつらいよ」、2004年には朝ドラ「わかば」の舞台となりメディア誘発型観光現象が発生した。Riley(1998)によれば、メディア誘発型観光が起きると、過去の経験から予測される自然増分よりも有意に観光客が流入し経済効果も4年は続くとされているが、『わかば』の場合入込客数は翌年には再度減少傾向に転じ2年後には過去最低を記録している。Connell(2005)によるとこのメディア誘発型観光の持続性はきっかけとなる映像の知名度やストーリーの正確に左右される。また、環境収容力を超えた観光客がマイナスの効果をもたらすことがある。

 

・大河ドラマの視聴率と経済波及効果の相関関係

ドラマ / 平均視聴率(%) /  経済波及効果(億円)

花燃ゆ 12 / 138    軍師官兵衛 15.9 / 240    八重の桜 14.6 / 113    平清盛 12 / 150

江 17.8 / 162    龍馬伝 18.7 / 535    天地人 21.1 / 204    篤姫 24.4 / 262

風林火山 18.7 / 109    巧名が辻 20.1 / 135    義経 19.4 / 179    新撰組! 17.4 / 203

武蔵―MUSASHI― 16.7 / 148    葵 18.5 / 240

相関関係 r= 0.297653 (弱い相関関係あり)

 

*今後の計画

視聴率と観光客数、経済効果と交通の便などの相関関係を調べ地域活性化に結び付くドラマの要因を見つける。

大河ドラマ・朝ドラ以外にも地域活性化に活用されたドラマの事例を調査する。

 

  • 投稿者:柳瀬梨甫
  • 投稿日時:2016/05/19 03:09

卒業論文進捗報告 5/18

○成果

文献調査(「男性性」「女性性」の定義について調べた)

 

『化粧に関する研究 第2報』(平松, 2003)における「男性性」「女性性」はBSRI – Bem Sex Role Inventory(Bem, S. L.1974)に基づいたものであった。

BSRI…男性性と女性性を測定するスケールであるアンドロジニー・スケールのなかで最初に作成された。アメリカ社会において女性よりも男性にとって望ましいと評定された男性的項目,男性より女性にとって望ましいと評定された女性的項目,そして中性項目の各20項目,計60項目よりなる。

男性性と女性性を兼ね備えた心理的両性具有群は、男性性のみが高い群や女性性のみが高い群、男性性も女性性も低い未分化群に比して、心理的に最も適応的で健康的であるとしている。

 

『ジェンダー意識に関する検討―男性性・女性性を中心にして―』(高井・岡野, 2009)ではM-H-F scale(性役割測定尺度)を用いていた。

M-H-F scale…『性役割の評価に関する研究』(伊藤, 1978)で作成されたもの。Masculinity、Humanity、Femininityの各10項目より構成されており、社会一般・自己・女性・男性にとってこれらの性質を備えることがどれほど重要であると考えているかといった個人の性役割に関する価値観を測定するものである。男性役割語の因子にも、女性役割語の因子にも共通して高い負荷を示したものはHumanityとして分類されている。

 

高井らの研究結果からは、伊藤(1978)の調査時期から約30年近く経てもほぼ共通した特性が挙げられており、「男らしさ」や「女らしさ」に対する考え方は年月を経てもあまり変化がないことが分かった。

 

○課題

BSRIの全項目が調べられていないので、調べる必要がある。しかし、アメリカで作られていて、なおかつ40年以上も前のものなので、現在においては当てはまらないことも多いのではないかと思った。

 

○来週までの予定

リサーチクエッションを明確にする

調査の手法を考える

 

  • 投稿者:倉橋 葵
  • 投稿日時:2016/05/19 01:28

卒業論文進捗報告 5/18

●成果
・Jリーグを見に行きたいと思う動機
観戦行動に対する刺激として働く心理的特徴として、ドラマ性・地域の誇り・競技の審美性・選手への愛着・サッカーへの愛着・クラブへの愛着・観戦頻度の7項目があげられている
これらの項目を分析すると、試合にドラマ性を求めない者の方がクラブへの愛着が強い、地域の誇りはクラブへの愛着に対して有意な規定力を示さない、などの関連性が存在した

・今後の展望
スマートフォン、ソーシャルメディア、IT を用いた顧客関係管理によるマーケティング手法は入っていないため、調べる価値があると考えられる
プロ野球を含めた他のスポーツとの違いについても調査する必要があると考えられる

【参考文献】
仲澤眞・吉田政幸・岩村聡, “Jリーグ観戦者の動機因子:Jリーグの導入期における二次的データの検証”, 2014

●今後の予定
方向性を明確にする
文献調査を続ける

  • 投稿者:林 裕也
  • 投稿日時:2016/05/18 23:57

【第3回 里山実習】人と自然の博物館

はじめまして。佐山ゼミ4期生の辻です。

5月も中旬となりだいぶ暖かくなってきました。連休の疲れで体調を崩していませんか?最近ではツバメが巣作りをはじめて、飛び回っています。新しいの命の誕生、楽しみですね!

さてさて、今回は私が受講している「里山実習」について紹介します!里山実習は佐山先生が開講している課外実習です。

5月14日の第3回はフラワータウンの近くにある「人と自然の博物館」で里山についての講義と植生調査を行いました。講師は植物に詳しい橋本 佳延さんです。

10:30から施設で里山についての講義を受けました。約1時間半にわたる講義で、里山の意義や保存方法などいろいろなことを学びました!

お昼ご飯のあと、首にタオル・帽子と水筒をもって「ブイブイの森」へ出
発!森の中を一周しながら、いろいろ木や植物の植生を学びました。先生の豆知識が面白いです!笑

image

最後に2チームに分かれて植生調査をしました。正確に10m四方を取る方法や、高さや密度を測る方法を教わり、学生だけで実践しました。数学的知識やユニークな道具を使うことには驚きました。

共同で活動することによって学生同士も仲良くなれたと思います。やはりみんなで汗をかくことは良いことですね!実習終わりにはみんなでソフトクリーム食べました!これからの活動も協力しながら頑張ります!

image

  • 投稿者:辻 伽名子
  • 投稿日時:2016/05/17 13:52

2016-5-17 チャペル

学生スピーチ  関西学院大学YMCA 神戸三田キャンパス
澤田和奈さん(総政2)、大下優奈さん(総政2)
kscy chapel_R

(参加者の声)
・自分が知らない所で先輩たちが本当によい活動をしているといつもチャペルを通して思います。YMCAの活動を知れてよかったし、自分も何か活動をしてみたいなあと思いました。
・YMCAの皆さんの活動内容を聞いて、私の知らないことばかりで、新しいことを学べておもしろかったです。ボランティアの本当の意味を考えられる活動はとても良いと思いました。
・今日のチャペルでの聖書の言葉は日常で忘れないようにしようと思いました。相手が求めることをできる人になりたいと思います。求めれば与えられる、というのを信じて努力したいです。
・ニュースやネットでは海外の事象が多く取り上げられ目に留まることが多いけど、国内の貧困や社会問題は多く残されているとあらためて思いました。
・日雇い労働者を助ける措置がある一方で、拒絶するような行政の動きがあり矛盾していると思った。根本からこのような課題を解決する必要があると思った。
・チャペルでは貧困や福祉などの世界の問題に目を向けている先輩たちが多く、私も考えるだけでなく行動に移さなければと思わされます。
・「国内のことを知らなくて、外のことに目を向けられるのか」というのは本当にそうだと思いました。また無意識の差別というのは、実際にその人たちの話を聞いたりしないと気付けないことなんだろうなと思いました。
・今日の聖書の朗読が心に響いた。私も海外にばかり目を向けているなあと感じました。自分が今やるべきことは何なのか、をしっかり考えて大学生活を送ろうと思いました。

  • 投稿者:murase
  • 投稿日時:2016/05/17 13:01

台湾留学レポート(38) 熊本地震と台湾

大家好!みなさんこんにちは!

佐山ゼミ4回生の栗本です。

 

今回は、面白い写真とか特にないんですが、、

日本と台湾の関係、熊本地震について書こうと思います。

昨日で熊本の震災から1カ月が経ったからです。

 

普段から日本と台湾は文化交流があったり、お互いの災害の際には助け合ったりしています。

 

東日本大震災のときには、台湾の人々は世界最大規模の200億円の義援金を送ってくれました。

それに恩返しするかのように、今年の2月に台湾の南部で地震が起きた時には日本も台湾にすぐさま義援金を送りました。

今回の熊本地震もこのような助け合いの例外ではありません。

 

今日のニュースでは、台湾の高雄市の募金が総額3925万9206台湾元(約1億3085万円)集まったと発表されました。

高雄市では、地震が起こった翌日の先月16日に募金口座を開設し、大手コンビニエンスストア4社と協力し、少額募金を受け付けていたそうです。

高雄市以外の市も募金口座の開設や、それぞれの市の市長が1か月分の給料を寄付してくれたそうです。

 

また、こういった国家レベルの助け合いだけではなく、

台湾に留学している日本人だからこそ感じたこともあります。

熊本の地震が発生したあと、多くの台湾人の友達や先生、知り合いが「日本の地震大丈夫だった?家族は無事?」と声をかけてくれました。

実家も大学も熊本からは遠く離れているので、家族も親戚も無事なのですが、すぐに大丈夫?と声をかけてもらってとても感動しました。

 

なぜこんなにも日本によくしてくれるのかというと、

世界一の親日国ということもありますが、台湾も日本と同じようにしょっちゅう地震が起こるので、災害に関しての意識や関心が他の国よりも強いことも関係しているのではないかなぁ、と台湾で過ごしてみて思いました。

日本の人口の約5分の1しかいない台湾の人々が、こんなにも日本に関心を持ってくれて、困ったときには支援をしてくれています。

こういった助け合いの関係を続けていくためにも、もっと多くの日本人がこれらの事実を知ってくれるといいなと思い、ブログに書きました。

 

では、今回は文章だけとなりましたが以上です。

  • 投稿者:栗本 優美子
  • 投稿日時:2016/05/17 00:01

新しい映像表現の時代が始まっている「Eスクール」開講。

スライド③

ビデオグラファー・CGクリエイト・ゲーミフィケーションの融合でエンパワーメントする、
映像表現を先駆する「Eスクール」が開講!

ビデオグラファーとは?
テーマの発見、企画書の発案、取材交渉、撮影&取材、デジタル映像編集、映像デザイン、
サウンド制作、ネット配信、ソーシャルビジネス などの一連制作を一人で担う。

これまでの映像制作が「撮影・編集・音楽」など複数プロフダクションにより成り立ち、
時間が長く制作費が高いために高度な専門職の仕事であった。

今や、写真系カメラマンに「動画も撮れますか?」という依頼が急増している。
カメラや編集技術の向上、デジタル化により、個人や少数で創れるようになりました。

小説家のような仕事を写真家がするようになったのが20世紀後半、
今は、写真家(フォトグラファー)のような仕事をビデオカメラマンができる環境になり、
時代の必然としてビデオグラファーが誕生しました。

ビデオグラファー・CGクリエイト・ゲーミフィケーションの融合をめざすのが「Eスクール」の役割です。

  • 投稿者:畑 祥雄
  • 投稿日時:2016/05/16 15:41

デンマーク留学記5

こんにちは、佐山ゼミ三回生の瀧原です。

最近のデンマークはもう夏が来たのかと思うほど暖かく過ごしやすい日々が続いています。ですが、来週からまた天気が悪くなるそうなので今のうちに良い天気を楽しもうと思います!

 

さて、今回は私の通う大学と語学学校について紹介したいと思います。

大学について

私の通う大学、Syddansk universitetはデンマークの五つの都市にキャンパスをもっており、今年で創立50年を迎えます。大学には五つの学部があり、私は人文学部のScandinavian Area Studiesというところで勉強しています。今学期は英語で開講されている授業を三つとっており、スカンジナビア諸国の歴史や社会について、アンデルセンの文学について学んでいます。私の受けている授業は受講者15人ほどの少人数クラスでほとんどの人が交換留学生です。各授業は四時間ずつで関学での授業に比べると長いですが、約一時間ごとに休憩があるので慣れればそこまで長いと感じることはないかなと思います。今年の二月から春学期が始まり、今週で今学期の授業は終わってしまったのですが、これからテストがあるので最後まで手を抜くことなく頑張りたいです!

5.1 5.2

メインエントランスの様子です。大学の教授がキャンパス内を案内してくれた際に聞いた話では、どのエントランスから入ってもイコールになるようにと設立当初は大学内にメインエントランスというものを作っていなかったそうですが、やっぱりメインエントランスがないと不便だということでこのポールのようなものを立て、後からメインエントランスを作ったそうです。(笑)

5.3

エントランスの階段を上がったところ

5.4

なんだかお洒落だなあと思った建物。工学部の新しい建物だそうです。

 

語学学校について

私は大学にはデンマーク語の授業がないので週に三回語学学校に通っています。学費はデンマークの税金で賄われており、住民登録をしていれば無料で受けることができます。一日の授業は六時間ほどで、最初の二時間はオンライン上で課題に取り組む個人作業、その後は先生から学ぶ、そして最後の一時間はまた個人作業で読書といった感じです。デンマーク語はアルファベット+æøåという音で出来ているのですが発音が本当に難しいです。デンマーク語の発音はジャガイモを口に入れて喋っているようと言われたりもします。(笑)発音が難しい分、読み書きは文法が英語と似ていたり、英語と同じ綴りの単語があったりでそこまで難しくないかなと思います。クラスメイトはアジア、ヨーロッパ、アフリカなど様々な地域から様々な理由でデンマークに来た人達ですが、皆すごくモチベーションが高いので私も帰国まであと少しですが頑張ります!

5.5

 

 

  • 投稿者:瀧原 友里奈?
  • 投稿日時:2016/05/13 03:45

2016-5-12 チャペル

学生スピーチ Eco Habitat 関西学院
坂井明日香さん(理工2)、吉川未栞さん(総政2)、高山健祐さん(総政3)
DSC07898_R

(参加者の声)
・エコハビの活動を実際に動画で見せてもらい、とても衝撃を受けました。自分たち自身ができることは思い浮かんでも実際に行動に移す難しさを知っているので、行動に移しているのが一番すごいなと思いました。
・「家をつくる」ことや「家がある」ことの大切さを聞いて、もっとよく知りたいと思いました。ビデオから、とても充実した活動の様子が伝わってきて、すごくすてきでした。
・自分の家があることは自分にとって当たり前になっていますが、とても大きな存在であることに気づかされました。やすらぎの場所、常に温かさのある場所を大切にしたいです。家づくりってすばらしいなと思います。
・EcoHabitatって、最近まで何をしているか分からなかったのですが、先輩たちが長期休みを使ってインドネシアや貧困で困っている人の国へ行って家を建てるというのは大変だけど、大学生にしかできない経験ができる団体なのだと分かりました。
・家があるということは世界的に見れば当たり前ではないことを学びました。自分が毎日何も考えずに当たり前に家に帰れることは本当に幸せなことなのだと実感しました。
・Eco-Habitatの講演を聞いて、家を自分たちで立てる中で現地の人々と交流していて驚きました。生き生きとしていて、インドネシアの人々の笑顔が輝いていました。
・旅行と違って、ボランティアで海外で活動することは、自分にとっても現地の人々にとっても有意義だと思った。自分で現地の文化などにふれたい、肌に感じたいと強く思いました。

  • 投稿者:murase
  • 投稿日時:2016/05/12 12:10

卒業論文進捗報告 5/11

○成果

・化粧行動を規定する諸要因の関連性の検討(笹山・永松, 1999)

顕示欲求が強い人ほど化粧をよく行い、化粧の持つ他者への影響力を高く評価する。また、内向的な人が化粧をすると積極的になる。化粧行動に影響を与える要因としては、各個人の心理的要因だけでなく、大学の雰囲気や自由に使える金額などといった社会的要因の影響も考えられる。調査結果からは、自由になる金額が多い人や、共学よりも女子大学に在籍している人ほどよく化粧をしていたということが分かった。

・化粧に関する研究(第5報)―化粧行動の文化化と化粧意識の社会化の一過程としての人物・メディア接触の検討―(平松, 2005)

男女で内容は異なるものの、人物・メディア接触が化粧行動や化粧意識を規定している。それらは人物やメディアが持つ化粧への積極的・消極的情報の影響を受け、それぞれ促進・抑制されている。

・現代における女装行動に関する文化心理的考察(平松, 2008)

女性用の衣服を着て、化粧も行う「ギャル男」は女の子に近づきたいからという理由でそのようなファッションをしている。これは『化粧に関する研究 第2報』(平松, 2003)で明らかにされた、化粧をよく行う男子学生は、性役割としての男らしさが高いということと関連していると考えられる。女性に近づきたいという「男らしい」欲望が、男性に化粧をさせているといえる。

・現代における「男らしさ」の構築と男性ファッション誌の役割:1980年代以降、メンズノンノ誌を中心に(北方・大石・木村・菊田・廉, 2013)

メンズノンノにおいては1995年頃からユニセックスな雰囲気の男性モデルが登場し、多様な「男らしさ」を描き出していた。これは従来の「男らしさ」から「自分らしさ」問う時代の傾向とも一致する。「男らしさ」を表す言葉を問う調査で最も多かったカテゴリは“やさしさ”であった。また、服装や外見への関心が「男らしさ」と関係している可能性があること、そのような男性役割観をもつ男性が現代の新しい「男らしさ」を体現し、その新たな男性像を再生産している可能性が示唆された。

 

○今後の課題

化粧に関する研究(平松, 2005)では、対象とするメディアの中にSNSやECサイトなどが含まれていなかったため、現在は変化があると思われる。

男性性の高い人ほどよく化粧を行うということだが、その人のファッションのジャンルなどにも関係があるのではないかと考える。

 

○来週までの予定

文献調査を続ける。

 

  • 投稿者:倉橋 葵
  • 投稿日時:2016/05/12 02:20

卒業論文進捗報告 5/11

●成果
・Jリーグ発足
1980年代の日本経済の好調に目を付けた当時のFIFA会長が新たなサッカー市場を開拓するため日本に着目

・社会的背景
1. チーム名に企業名を入れない…利益にならないと反発されるが、企業の社会的貢献を強調する企業メセナが強調され始めた時期でもあり、企業にも経済的余力があり、最終的には企業の利益となると判断される
2. ドーハの悲劇…国民に対してはサッカーに注目させる絶好の機会となり、同時に、最後まで何が起こるかわからないサッカーの面白さを広める
⇒多くの人がサッカーに魅せられてJリーグの応援のため、スタジアムへ行くようになる
3. これまでと違う面白さ…プロ野球や大相撲にはない、自由とスピードが注目される

・若者消費文化としてのJリーグブーム
1. 競技特性が若者に受け入れられた
⑴野球との対比…ゲームのテンポや間において、野球にくらべ遥にスピーディー、且つエキサイティング
⇒スピーディーな時代感覚にマッチ
⑵選手達の個性あふれるキャラクター…有名サッカー選手がTV コマーシャルを飾らなかった日は無く、プロ野球に無い海外からのビッグネームの招致も目を引いた
2. ポストバブルの新時代に相応しい文化性
70年代から90年代にかけて消費文化が変わり、スピード感・テンションの高さ・個性・地域重視といった、Jリーグのセールスポイントは全てこの時期の文化状況にとって待望久しいものであった

【参考文献】
清水正典, “スポーツ社会システムの構造形成 日本サッカーの発展過程と社会的背景”, 2013
梅津顕一郎, “消費文化としてのJ リーグの行方”, 1996

●今後の予定
文献調査を続ける

  • 投稿者:林 裕也
  • 投稿日時:2016/05/11 23:46

卒業論文進捗報告 5/11

*今週の成果

『物語を旅するひとびと コンテンツツーリズムとは何か, 増淵, 2010』

・大河ドラマ巡りの魅力とは実在の人物をめぐるというエアリズムと、ドラマというフィクションの中を旅行するというロマンチズムのコンバージェンスにある

・大河ドラマやゲームに触れたことをきっかけに「歴女」が登場した

・コンテンツ作品の消費サイクルが早ければ、地域振興で結びつく地域の消費化も進捗する

・交通の発達やインターネットの普及は全体的に消費サイクルを早めることに寄与している。

 

『ロケツーリズム事例集』

・ロケ誘致を行っている行政やフィルムコミッションが観光客増加・リピーター確保のためにしている取組み

スタンプラリーによって周遊性を高める(神奈川県藤沢市)、オリジナルグッズを地元商店街で販売(神奈川県藤沢市)、雑誌への記事型広告の掲載(東京都)、ロケ地ツアーも含めて旅行商品化(山形県)、映画村をオープン(山形県)、ファン参集企画の提供(長野県上田市)、ロケ地修学旅行の開始(福岡県北九州市)

 

また、秋田県(2014年人口減少ワースト1位)、沖縄県(2013年有効求人倍率ワースト1位)、奈良県(2014年宿泊者数ワースト1位)の3県についてどのような地域活性化(主にコンテンツツーリズムについて)を行っているのか調査した。

・秋田県…大手出版社のKADOKAWAと地域コンテンツ事業「クール・リージョン」の協定を結んだ。KADOKAWAの映画作品展の開催や秋田に関する書籍の出版を行う

・沖縄県…沖縄フィルムオフィスがテレビドラマや映画のロケ誘致活動を行っている

・奈良県…県が2020年の東京オリンピックイヤーにおいて、奈良を舞台に「日本のはじまり」をテーマにした大河ドラマを制作してもらうようNHKに要請している

 

*今後の課題

文献調査を進める

  • 投稿者:柳瀬梨甫
  • 投稿日時:2016/05/11 16:43

2016-5-11 春季キリスト教週間 合同チャペル(第2日)

メッセージ 「神戸三田キャンパスの発展を願って」 村田 治 学長
DSC07852_R

DSC07855_R

演奏 KG Blessed Choir
DSC07824_R

  • 投稿者:murase
  • 投稿日時:2016/05/11 12:16

2016-5-10 春季キリスト教週間 合同チャペル(第1日)

メッセージ 「Mastery for Serviceを生きる」 田淵 結 院長
DSC07624_R

DSC07716_R

演奏 KSCハンドベル&アンサンブル
DSC07639_R

DSC07752_R

  • 投稿者:murase
  • 投稿日時:2016/05/11 12:14

一輪のきっかけ

こんにちは

いつも小西ゼミのブログをご覧いただきありがとうございます。

本日の記事は、小西ゼミ4年生岩﨑大地が担当いたします。

 

私は以前まで、花に対して全く興味がありませんでした。花をあげるのも「母の日」のカーネーションぐらいで、その日以外花屋に立ち寄ったりする事はありませんでした。

しかし、最近、実家が花屋の友人ができ、その友人と花の話をする事が多くなり、花について興味を持つようになりました。例えば、花の種類や季節の花などを調べることが多くなりました。そのおかげで、以前よりも花屋に立ち寄る機会や人に花を贈る機会が増え、自分のちょっとした変化に驚いております。

 

私はきっとこの友人がいなければ、桜が散る儚さやラナンキュラスの美しさなどに目を向けることはなかったでしょう。たった一人の人間との出会いが私の価値観や人生に少しながらも影響を及ぼしたと思います。

人生は本当に何が起きるかわかりません。誰が自分の人生に影響を与えるかもわかりません。なので、皆さんの周りにある些細なことも皆さんの人生を彩る「きっかけ」になるかもしれませんね。

 

そういえば、今年の「母の日」は5月8日でした。「母の日」はお母さんへと日頃の感謝を伝える「きっかけ」です。皆さんはお母さんに感謝を伝えましたか。「母の日」といえば、赤いカーネーションですが、カーネーションは色によって花言葉が変わります。

赤は「母の愛」

ピンクは「感謝」

黄色は「軽蔑」

オレンジは「純粋な愛」

白は「尊敬」 *白いカーネーションは亡くなったお母さんへ贈ることが多いです。

 

「母の日」は終わってしまいましたが、こういった些細な「きっかけ」から行動してみませんか。例えば、日ごろから感謝をしている人に対して、ピンクのカーネーションと一緒に普段なかなか伝えられない「ありがとう」を伝える「きっかけ」にする。

そういったことがあなたの人生を少し変化させる「きっかけ」になるかもしれませんね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

小西研究室のホームページはこちら↓

http://www.konishi-kg.org/language.html

小西研究室のFacebookはこちら↓

FB:https://www.facebook.com/Bridge-for-ChildrenKGU-305080959623563/

 

Hello

Thank you for visiting our blog.

This article is written by Daichi Iwasaki, a senior of Konishi Seminar

 

I was not interested in flower at all. I have never given flower without mother`s day. However, I recently met my friend who is familiar with flower and he told me a lot. Then, I have started to learn about flowers, for example, a name of flowers, and seasonal flowers. Thanks to that, I surprisingly notice that little change in my interest, like going to flower shop and giving someone flower.

 

If I have not met this friend, I would never pay attention to beautiful flowers. Encountering a person changed my outlook on life.

Life is really unpredictable. And I think I could learn from anyone and small things in life. Therefore, same thing might happen to you guys.

 

Anyway, May 8th is “Mother`s day” in this year. Did you say thank you? Carnation is known as a gift of Mother`s day. Each color has different meanings. For example,

Red is “Love of mother”

Pink is “thanks”

Yellow is “contempt”

Orange is “pure love”

White is “respect” *A lot of cases are giving dead mother.

 

“Mother`s day” finished, but I suggest you to take some action from those little opportunity.

For example, you can make opportunity you can say thank you to person who you appreciate anytime with pink carnation.

That little opportunity might enrich your life.

 

Thank you for reading.

 

HP: http://www.konishi-kg.org/language.html

FB: https://www.facebook.com/Bridge-for-ChildrenKGU-305080959623563/

  • 投稿者:daichiiwasaki
  • 投稿日時:2016/05/10 22:40

台湾留学レポート(37) 野柳地質公園に行ってきた!

大家好!みなさんこんにちは!

佐山ゼミ4回生の栗本です。

少し遅れてしまいましたが、先週1週間分の更新です。

今回は、野柳地質公園についてレポートします!

 

【野柳地質公園って?】

IMG_9954

野柳地質公園は、台湾の最北端近くに位置する風景特定区です。

台北市内からバスで1時間半ほどで到着します。

最近は観光客増加の傾向があるらしく、、

『観光客急増に伴い、今年 2012年10月から混雑する時間帯に「入場制限」を実施します。
■「入場制限」概要
*
入場制限実施期間: 毎年 301日~531日、1001日~1130
*
入場制限実施時間: 0930110013301500
*
人数制限内容:1回につき 3,000名以内
※添乗員・ガイドが案内するツアーは、少人数でも入場制限時間内に入園予定の場合は、3日前までに入園時間を予約が必要です。
※予約が出来なかったツアーは、当日公園入口でも入場申請出来ますが、人数制限に達した場合はしばらくお待ちいただくことになります。
※またお客様自身で入園される場合も、人数超過の場合は入口でしばらくお待ちいただくことになります。』

(引用:『台北ナビ 野柳地質公園』http://www.taipeinavi.com/miru/165/

こーんなふうに書かれていたりもします。

 

ただ日本人観光客の間ではあまり有名ではありません。

野柳地質公園を訪れる観光客の多くが、中国大陸や韓国からの観光客です。

 

【結局何があるの?】

見るべきものは一つ、「奇怪な岩々」です!!!!!

IMG_9939

岩にはそれぞれ「こういう風に見える!」っていうことから名前がついています。

※クリックで画像拡大

◆女王頭

IMG_9861

これは女王様の横顔。一番有名で人気のある岩です。

ただ、正面から見ないと女王の頭には見えないので、完璧なポイントから写真撮影をするために長蛇の列ができます。私が行ったときは比較的すいていたので、20分ほど待って撮影できました。

 

◆仙女のサンダル岩

IMG_9930

こんな平べったくどうやってできたんでしょうか!

 

◆ゾウ石

IMG_9927

耳が小さいなぁという印象のゾウさんです。水浴びしてるのかなぁ。

 

◆アイスクリーム岩

IMG_9901

アイスの入った器がカップなのかコーンなのか気になる。

みなさんはどっちに見えますか?

 

◆キャンドル岩

IMG_9896

かわいいですね。

◆マリンバード岩

IMG_9923

◆プリンセス岩

IMG_9914

女王と何が違うかっていうと、髪が少し長くてポニーテールっぽいところでしょうか。

◆ハート岩

IMG_9913

 

【なんでこんな変わった形なの?】

『野柳地質公園は、萬里郷にあり、北海岸に突出した細長い岬。

1000万年におよぶ地殻運動、海蝕、風蝕の影響を受けて、奇怪な岩石が奇抜な海岸景観を展開しています。』

(引用:同上)

今も浸食は進んでいるので、女王頭もあと20年以内に首がぽっきり折れてしまうかもしれない、といわれています。

一緒に行った台湾人の友達も、「前に行った時よりも首が細くなってる!(気がする!)」と言っていましたので。。

気になる人はお早めに行きましょう!

 

【その他、公園の管理などについて】

IMG_9933 ←公園の周囲には赤い線が引かれている。

・公園内には赤い線が引かれていて、その線を超えると係員の人がすかさず笛を吹いて注意してきます。安全管理が徹底されています。

・また、岩に触ったり登ったりしようとすると、またまたすかさず笛を吹いて注意されます。結構激しく怒鳴られるので、注目の的となって恥ずかしいと思います(笑)

・岩には名前がついているのに、実際にその岩の前には看板がありませんでした。

なので、いくつか見つけられなかった岩もあります。なんで看板作らないんだろう…?

 

では今回は以上です。

  • 投稿者:栗本 優美子
  • 投稿日時:2016/05/10 21:10

カテゴリー一覧

月別記事

他のゼミ室へ