プロフィール



  • 氏名 : 井垣 伸子

経歴/自己紹介

研究分野のキーワード
数学、意思決定科学、確率過程


研究内容
中学や高校のときに習った数学は、大人になってから何かの役に立っているでしょうか? 私はこのことを考えていて、あることに思いあたりました。コンピュータを使うときには、みんな自然に数学を使っているのではないかということです。たとえば、表計算にしても画像処理にしても、変数や関数などの数学の概念を存分に使っているわけです。 私は、より科学的な意思決定のための数学モデルの解析と応用について研究していますが、そこではもちろん、高度な数学が必要になってきます。なぜかというと、将来何が起きるかを解析したいとき、その時点ではまだ確定していない要素があるために、確率という概念を持ち込まなくてはならないからです。このように、より深い思考が新しい数学概念を自然に生み出しているのです。そこに数学のドラマがあります。
 学生さんたちには、まずは最先端の研究や応用を楽しんでもらい、数学モデルって面白いなと思ったときにはもう難しい数学の概念を理解していた、というようなドラマチックな教育ができたら最高です。


担当授業科目
メディア情報入門、総合政策のための数学、計画数学、意思決定システム論、基礎演習、メディア制作演習(数理モデル)、メディア工房

プロフィール


井垣 伸子
研究分野のキーワード 数学、意思決定科学、確率過程 研究内容 中学や高校のときに習った数学は、大人になってから何かの役に立っているでしょうか? 私はこのことを考えていて、あることに思いあ...

カテゴリー一覧